2009年10月02日

シネマコリア2009 〜韓国古典アニメーション特集〜

 日本の動画が、海外に流れて随分と立ちます。
その影響で、アジアのアニメーション制作についての技術は
確かに向上しているといえそうです。
 既に、コミックの世界では、日本でも売れる作品を
出している韓国において、アニメーションの制作がどうなっているのか、
韓国のアニメーション事情を知る上で、
韓国におけるアニメーションの歴史を振り返るようなイベントが
愛知で開催されるようです。
 会場には、韓国のアニメーションの父と呼ばれる作品の監督が
いらっしゃり、韓国アニメーションの黎明期について
語って下さるそうです。
韓流ブームという言葉があります。
日本の近隣の国々の歴史や文化に、関心を持つことは
国際社会のなかでいきるという意味でも、
大切なことであるとおもいます。
興味や関心のあられるみなさん、出かけてみては如何でしょうか

「シネマコリア2009 〜韓国古典アニメメーション特集〜」
 発見! 黎明期コリアン・アニメーションの世界
http://cinemakorea.org/filmfes/

開催日:2009年11月7日(土) 開場12:40〜 開演13:00〜
会場:愛知芸術文化センター 12階 アートスペースA
上映スケジュール:
 15:10〜 『少年勇者ギルドン』(75分)
 15:30〜 『ロボット・テコンV』(80分)
 17:40〜 トーク「韓国アニメーションの黎明期」(80分)

主催:シネマコリア http://cinemakorea.org/
チケット:2009年9月26日(土)より
 シネマレコード、全国のチケットぴあ、@ぴあ電子チケットぴあ、
 ファミリーマート、サークルK・サンクスにて
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:36| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする