2009年10月11日

秋の新アニメ「こばと。」「テガミバチ」「FAIRY TAIL」

秋の新案組、NHKはBSで、CLAMPの新作を
放送開始します。
これまで、NHKの放送してきたCLAMP作品の出来からも
期待の新作といえるでしょう。
ぴえろのジャンプ原作の新作に、
久々の夜7時代放送のアニメと、
原作ものとはいうものの、新しい作品の
出来映えに、注目といったところでしょう。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

「こばと。」
http://www.kobato.tv/top.html
http://www9.nhk.or.jp/anime/kobato/
原作:CLAMP
「こばと。」(角川書店 月刊ニュータイプ連載/角川コミックス・エース刊)
「Wish」(角川書店 角川コミックス・エース刊)
http://www.clamp-net.com/
監督:増原光幸
アニメーション監修:浅香守生
シリーズ構成:横手美智子/大川七瀬
脚本:吉田玲子・池田眞美子・山田由香・平見 瞠・水島 努
キャラクターデザイン:加藤裕美
総作画監督:田崎聡
オープニングアーティスト:坂本真綾
エンディングアーティスト:中島 愛
音楽制作:FlyingDog, Inc.
制作:マッドハウス
製作:こばと。を守る会
http://www.kobato.tv/top.html
http://www.animate.tv/news/details.php?id=1254472641
http://www.kadokawa.co.jp/fair/200908-03/
プロデューサー:小林潤香(バンダイビジュアル)、
 柴田裕司(NHK総合ビジョンアニメ事業センター)、
 中野朗子、武智恒雄(株式会社クロックワークス)、
 青木絵理子、二方由紀子(マッドハウス)、
 原田由佳(NTTドコモ)

 CLAMP+マッドハウス+NHK。これまでも、
みるものを唸らせる作品を送りだしてきました。
今回も、期待される作品のひとつです。
ニュータイプに連載の作品は、CLAMPワールドの
一部を形成していたりします。
シリーズ構成は、ベテランの横手さんとCLAMPの大川さん、
脚本も、ヒットメーカーが揃ってます。監督は、
陽だまりの樹、はじめの一歩、アベノ橋魔法☆商店街、
ちょびっツ、CLAMP IN WONDERLAND2 などの増原光幸。
人魚の傷、カードキャプターさくら、ギャラクシーエンジェル、
ちょびっツ、などの浅香守生が監修に入る組み合わせは
間違いない作品を届けてくれそうです。
作品の最初と最後を飾るのは、マクロスの歌姫です。
こちらも期待の大きなところでしょう。

 地上に舞い降りたこばとちゃん。
天然ぼけの可愛い女の子、
素敵な歌声で、赤ちゃんも泣きやみます。
心のかけらを集めるビンを手にすることが
できて、さあ、これから・・・・・
第一回、こばとの出だしは春の公園から、
さて、次回は・・・・



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

「テガミバチ」
http://www.tegamibachi.com/index.html
原作:浅田弘幸
(月刊少年ジャンプ、ジャンプスクエア)
監督:岩永彰
シリーズ構成:大石哲也
脚本:大石哲也、吉岡たかを、赤星政尚、伊藤美智子、村川康敏
キャラクターデザイン:芝美奈子
アニメーション監修:神戸守
制作:studioぴえろ
http://www.ani.tv/tegamibachi/
製作:テガミバチ製作委員会、テレビ東京

 届け物をお届けする
とはいっても、届けるものも、
届けるための旅路も、ちょっと普通では
なかったりするようです。
夜が明けることのない星の国での物語、
主人公は、「テガミバチ」ゴーシュ・スエードによって
届けられ、そして、優秀なテガミバチになることを目指して・・・





〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」
http://kc.kodansha.co.jp/fairytail/
http://ani.tv/fairytail/
原作:真島ヒロ(講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督:石平信司
シリーズ構成:十川誠志
キャラクターデザイン:山本 碧
デザインワークス: 大河広行/岩永悦宜
美術監督: 清水順子
音響制作: ダックスプロダクション
制作: A-1 Pictures/サテライト
製作:フェアリーテイル製作ギルド・テレビ東京

魔法士ギルド
魔法界一のお騒がせ集団(ギルド)
妖精の尻尾(フェアリーテイル)
仲間たちとの冒険という、定番のスタイルを
継承した作品といったところです。
久々の夜7時代の新作アニメですので、
注目されるところです。



posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:42| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鋼の錬金術師 FULLMETALALCHEMIST 第3クールへ

 好評、放送中の
「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」
http://www.sonymusic.co.jp/Animation/hagaren/index.html
が、第3クールに突入、オープニング&エンディングも
新しくなり、これまでの物語を振り返るように
ホーエンハイムとピナコ・ロックベルの語り合いが・・・
第27話「狭間の宴」は、2クールまでの物語の
総集編的なお話になってました。

第1クールOP:YUI/「again」
第1クールED:シド/「嘘」
第2クールOP:NICO Touches the Walls/「ホログラム」
第2クールED:福原美穂/「LET IT OUT」
第3クールOP:スキマスイッチ/「ゴールデンタイムラバー」
第3クールED:Lil’B/「つないだ手」

さて、ガンガンでは、連載100回となった原作ですが、
今回のアニメ化にあたっては、原作の完結も見据えて、
前回のアニメ化では、後半はアニメオリジナルの物語で
終了したものを、コミック原作のストーリーを基本にした
物語の作品として、新作としての製作であったわけですが、
どうも、第4クールまでで、完結しそうもないらしく
第5クールもありという話しが出まわってます。
さて、どうなっていくのか、
海外同時放送という試みも行っている本作品の
今後の展開に注目です。

DVD/BRの販売が振るわない昨今の対策として、
第1巻には、オリジナル作品「盲目の錬金術師」が特典としてつき
毎回、特典映像作品として「ハガレン4コマ劇場」が付いていて、
しかも、第1巻、第2巻の購入者に向けて、
11月1日にパシフィコ横浜で開催する
鋼の錬金術師Festival '09 in パシフィコ横浜
へ5000名をご招待というかたちで、販促を試みてます。

製作費の回収は
アニプレックスさんの、DVD販売。
スクウェア・エニックスさんの、コミック販売。
が基本となっているわけです。
Sony Music Recordsさんの音楽販売も、提供費の回収に
関わってます。
というわけで、作品を支えるのは、コミックやDVD、音楽などを
購入してくださるファンの皆さんということになります。
作品は、そんな購入してくれる消費者の皆さんの為に
製作されているといっても良いでしょう。




posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:02| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸・新長田に、実物大 鉄人28号、完成

 アニメ・マンガの名作、鉄人28号の実物大モニュメントが
完成して、お披露目されてます。
震災後の復興にあたって、新しくなった新長田の町興し
そのひとつに、神戸出身の漫画家 横山光輝氏の美術館を
つくり、そのコンテンツの魅力を、地域の活性化に
利用しようというアプローチが展開されています。
三国志の主人公たちの石像の設置もあったりしましたが、
このほど、ロボットといえば、アトムの次は、鉄人という
ことになる鉄人28号のモニュメントが、完成したわけです。

新長田駅南側商店街は、まだまだこれからの商店街です。
今後も、横山作品にちなんな催しが開催されたりしていく
ことでしょう。
アニメ・マンガというコンテンツによる地域活性化の
ひとつのモデルケースとなるのか、
今後の展開にも注目されるところです。

KOBE鉄人PROJECT
http://www.kobe-tetsujin.com/





三国志祭
http://sangoku-maturi.com/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:18| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Japan国際コンテンツフェスティバル

 3月に東京国際アニメフェアのシンポジウム
「アニメとロケーションツーリズムの可能性」を聴講しました。
その関係から、
財団法人日本映像国際振興協会(ユニジャパン)
http://www.unijapan.org/
より、Japan国際コンテンツフェスティバルの公式イベントに関する
お知らせをいただきました。
これからの時代は、地域の時代、地方の時代に
なっていかなければ、日本はダメになっていってしまうと
いわれています。
アニメをはじめコンテンツも、地方、地域とのコラボレーションが
ひとつのキーワードになっていくともいえるでしょう。
今回、10月16日、10月22日の2回にわたり、
今年のヒット劇場アニメの監督を招いて、
映画制作におけるロケーションという視点から、
コンテンツと地域の関係に関してのお話が行われます。
地域の活性化については、
地域プロデューサーの育成という方向でも行われていますが、
地域にあるコンテンツを含めた資源の掘り起こし、
そこからの情報発信と、地域の活性化のための
アプローチのひとつとして、注目されるものであったりします。
地域とコンテンツに興味のある方は、
ぜひ参加されては如何でしょうか。

Japan国際コンテンツフェスティバル
<シンポジウム開催のお知らせ>

文化庁映画週間 全国フィルムコミッション・コンベンション
「アニメーションmeetsロケーション〜ヒットアニメから学ぶロケハン術〜」
(ジャパン・ロケーション・マーケット2009共同開催)
(ジャパン・アニメコラボ・マーケット2009共同企画)
TIFF公式サイト:http://www.tiff-jp.net/

細田守監督『サマーウォーズ』&
片渕須直監督『マイマイ新子と千年の魔法』が
シンポジウムに登壇します!
申込みサイト:http://www.j-lm.com

<連携企画>
ジャパン・アニメコラボマーケット2009(JAM2009)
「アニメコンテンツによる地域ブランディング」
〜『サマーウォーズの里・信州上田」の事例から〜
JAM2009公式サイト:http://www.jam-anime.jp

■シンポジウム
会期:2009年10月22日(木) 14:30〜17:00
場所:六本木ヒルズ49 オーディトリアム (150席)
対象:一般 映像製作者 自治体関係者 
申込み:入場無料※事前申込み制
 (JLM2009の公式サイトから申込み登録)
  http://www.j-lm.com

<第一部>:『サマーウォーズ』のロケハン術(60分)
<ゲスト> :細田守(アニメーション映画監督)
    原悟(信州上田フィルムコミッション)
       司会:岡本美津子(東京藝術大学大学院映像研究科 教授)
<休憩>
<第二部>:『マイマイ新子と千年の魔法』のロケハン術
<ゲスト> :片渕須直(アニメーション映画監督)
    村田太(山口県フィルム・コミッション 事務局長)
       司会:岡本美津子(東京藝術大学大学院映像研究科 教授)

主催:文化庁
共催:財団法人 日本映像国際振興協会(ユニジャパン) 
   特定非営利活動法人 ジャパン・フィルムコミッション(JFC)
協力:一般社団法人日本動画協会
URL:http://www.tiff-jp.net  


<連携企画>

ジャパン・アニメコラボマーケット2009(JAM2009)
「アニメコンテンツによる地域ブランディング」
〜『サマーウォーズの里・信州上田」の事例から〜
JAM2009公式サイト:http://www.jam-anime.jp

■シンポジウム
主催: 日本動画協会・JAM2009実行委員会/経済産業省 
協力: 財団法人日本映像国際振興協会(ユニジャパン)
日時: 10月16日(木) 15:00〜16:30
場所: UDXシアター(150席) (東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 4F)
申込み: 入場無料 事前申込み制:http://www.jam-anime.jp/

■パネリスト
宮下義徳(上田市/商工観光部観光課)
山村高淑(北海道大学/観光学高等研究センター 准教授)
伊藤卓也(日本テレビ放送網株式会社/コンテンツ事業局映画事業部 プロデューサー)

■モデレーター
陸川和男(株式会社キャラクター・データバンク 代表取締役社長)
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 11:10| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京コンテンツマーケット2009

コ・フェスタのイベントのひとつ

東京コンテンツマーケット2009
http://tcm2009.jp

が、いよいよ、10月14日から開幕します。
14,15,16日の3日間、東京ビックサイトにて、
ライセンシング・アジアと共に
コンテンツビジネスの発展に向けて、
クリエイターをはじめ、ビジネスチャンスを求めて
関連する企業のみなさんが集います。

コンテンツビジネスに興味のある方は、
ぜひ、足を運んでみては如何でしょうか。

◆10月14日(水)TCM交流会『クリエイターズNIGHT』開催!
 ≪TCM交流会『クリエイターズNIGHT』≫
 受付期間;10月14日(水)10:00〜
 受付場所;東1ホール内主催者事務局受付(10月14日18時以降は交流会
      会場の受付にて行います)
 参加料金;3,000円
 開催時間;18:30〜20:30(2h)を予定

◆【相談無料】経営相談コーナーのご紹介
 中小企業診断協会東京支部 コンテンツビジネス研究会ブースでは、
 コンテンツ企業の経営や事業に関わる様々なテーマについて、無料
 相談を行います。
 相談時間は原則1時間以内です。
 予約の方が優先となりますが、当日受付もいたしております。
 もちろん、ご来場の皆さまもご利用いただけます。
 ブースNO.は、【86】です。
 ぜひ、ご活用ください。

◆TCM公式Webサイトに最新情報をアップしました!
【TCM2009出展者 一覧】
http://tcm2009.jp/cgi/exhibition.cgi
TCM2009アワード受賞作品
http://www.tcm2009.jp/award.html
【ワッチミー!TV】
http://www.watchme.tv/u/?uid=6198bcc65620c22e218168ab511b86e3
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 10:32| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする