2009年10月15日

新聞週間・・・

 21日まで、新聞週間ということのようです。
日曜日は、新聞配達の日、20日は新聞広告の日、
日本の新聞は、世界的にも特殊です。
発行部数が非常に多いのです。
それでも、最近は、インターネットの普及もあって
部数は落ち込んでいるようです。
殆どの新聞がタブロイド紙のようなレベルであるのも
発行部数が多いからという意見もあるようです。
 時に御用新聞、ときに芸能新聞、記名記事も
減り、しっかりとした検証記事も減っているようです。
それでも、紙面に、各紙の主張が表現されていれば
よいですが、どれも同じになりがちという話しも
多く聞きます。冤罪を生むサポータであったり、
間違いの訂正は、気が付かないほど小さくと、
信頼は、どんどん下降していっているのかもしれません。
リアルタイム性では、TVやネットに劣るだけに、
内容で勝負のはずなのですが・・・・。
 とはいっても、新聞の影響力は、まだまだあります。
より公平で正しい記事と深い考察のある内容を
期待していきたいものだとおもいます。

たすけあいの日だそうです。
地域社会へのボランティア活動に、積極的に参加しようと
いった呼びかけなどが行われるとのことですが、
ボランティアは、ただではないという意識も、
市民のなかに浸透していくことが、必要になっていると
感じます。儲ける必要はないものの、
活動が継続維持できる資金が調達できる仕組みが
NPO、NGOには必要です。
社会起業家、社会性公共性の強い株式会社など、
儲けることが目的ではない企業も、多くなっていく必要が
ある時代なのだといえるでしょう。
やり甲斐、夢、充実感こそが重要であるということ
持続可能な循環型社会へと変革が求められている21世紀、
市民の意識、社会の意識も、変わっていくことが
必要なのかもしれません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:08| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする