2009年11月01日

霜月へ

今年も、神無月がおわり、
霜月になってしまいました。
神々の出雲の集まりもおわって、
新年にむけての準備に入る季節です。
新政権は、予算編成に四苦八苦しているようです。
連立で、内部に自民党残党を抱えたのが
いろいろ改革のネックになっているようにも
みえてしまいます。
郵政民営化が、国鉄や電電公社のように
うまくいって欲しいのですが、
果たしてどうなるのか、天下り太りの人に
任せて、本当に大丈夫なのか国民は疑念を
もってみていることでしょう。
マニフェスト通りにいかないことは
選挙前からわかっていたことです。
だって、マニフェストの出来映え100点満点の
30点という内容だったのですから。
マニフェストの固執せずに、未来の日本、
子どもたちのために、何が必要で、
何をすべきかを基本として、取り組んで欲しいと
おもいます。見直しすることは良いことなのだと
考えて欲しいとおもいます。
年末商戦は、かなり厳しいそうです。
何が幸福なのか、原点に戻って考えるべき
時なのだということでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 00:42| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする