2009年11月09日

暦が変わった日

 明治5年11月9日、明治政府は、
太陰暦をやめ、太陽暦とする詔書を布告
その年の12月3日を、明治6年1月1日にすることを
決めたそうです。
明治生まれの人は、既に98歳以上です。
大正生まれの人は、84歳以上、
そして、昭和生まれの人は、21歳以上になろうと
しています。
10代は、既に平成生まれということです。
まさに、平成維新も、今回のチャンスを逃すと
難しいことになるのかもしれません。
平成元年には、ベルリンの壁が崩壊しています。
統一ドイツも20年を経過して、落ち着いてきたようにも
見えますが、まだまだ東西分裂時代の課題は
残されているようです。
日本、アジアの戦後が、なかなか終わらないというのは
朝鮮と中国の2つの分裂国家が、残っているからだとも
いえるかもしれません。
朝鮮の統一と中国の統一があって、
それから20年が経過するくらいにならないと
本当の戦後ということにはならないのかもしれません。
アジアの各国との協調は、日本の大きな課題です。
鎖国時代も、アジアの国々とは出島、琉球を経由して
貿易をおこなっていました。
明治維新のとき、あまりに欧米を意識しすぎたために
日本は、誤った部分が多々あったようにおもいます。
明治以後の過ちを反省し、その過ちを繰り返さないことが
平成維新には必要なことであるといえるでしょう。

秋季全国火災予防運動の時期になりました。
風邪も流行する季節です。
インフルエンザだけでなく、普通の風邪も含めて
健康には気をつけたいものだとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:19| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする