2009年11月21日

インターネット記念日

 1969年にARPAネットの公開実験がおこなわれて
40年が経過したことになります。
いまや、インターネットは、ビジネスツールとして
重要なインフラのひとつになってきています。
でも、誕生してから、半世紀もたっていないのです。
まだまだ、これからのインフラであるともいえるでしょう。
 ネットにより、大きな可能性が生まれています。
先行した人は成功していますが、
なかなか、後追いでは成功が難しくもなってきていると
いえる部分もあるといえそうです。
大成功ではなく、小さい成功には、チャンスは多くなって
いるともいえそうです。
 何を目的にツールとしてのインターネットを利用するのか
インターネットはあくまでも手段であり、ツールです。
目的ではないということです。
ビジネスが、個人のレベルでも、いろいろ出来る可能性を
広げてくれたツールを、どんなビジョン、夢をもって、
活用していくのかが、問われていくのだということでしょう。
 インターネット、モバイル、デジタルの時代に
向けて、さまざまなことが、大きな変化を成しえる
可能性をもってくるのだともいえます。
 ITコーディネータは、そんな可能性を広げる
お手伝いを、経営者のみなさんや、起業を目指す皆さんに
することが、大きな役割のひとつでもあったりします。
 ITを自分のビジョンや夢に、どう活用できるのか、
悩みがあったら、ぜひ、ITコーディネータに
相談なされては如何でしょうか。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 11:28| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする