2009年11月23日

仏陀再誕

 劇場アニメ「仏陀再誕」を観ました。
思っていたより、面白い作品でした。
超常現象、超能力対戦ものという感じに
うまく仕上がっていたとおもいます。
 ヒロインの少女を通じて、
何が大切なことなのかを伝えていると
いった感じでしょうか。
ヒロインが、能力に気付き戸惑い、
出会い、恋をして、成長していく
そんなお話ともいえるでしょう。

 さて、仏陀の再誕ですが、
ゴーダマ・シュッタルダと呼ばれた
仏教の開祖である仏陀は、解脱して、
天界にあがられ、輪廻のくびきから
解き放たれた存在になっていて、
人の子としてこの世に
生まれる必要はなくなっているので
再誕はしません。
役割としての呼称として仏陀という言葉を
使うとき、新たに解脱の領域に達する魂が
輪廻転生を繰り返し成長して、
この世に生まれてくるということは
当然、あるわけです。
それを、再誕といっているに過ぎないと
いえるでしょう。
ゆえに、仏陀の再誕は、2500年前に
インドで仏教を説いたブッダとは違う人だと
いうことになります。
はっきりしているのは、新たな仏陀も、
ベジタリアンの家に生まれるということ
でしょうか。
解脱できる魂は、禁酒菜食の環境で
育てられる場所、家庭にしか生まれません。
生涯、禁酒、ベジタリアンでなければ
神との繋がりともてないし、
カルマの完全解消、解脱へは至れません。
神は、お酒やノンベジを嫌いますから、
神との関わりが本物か否かは、それで最低限の
チェックが可能であったりします。
神(仏)との繋がりがもてないものが
仏陀の再誕であるはずもありません。
また、解脱できるような魂の存在でも
ありはしません。
歴史上で、誰もが知る解脱した魂である
ゴーダマやイエスも、生涯禁酒菜食で
そうであったように、同じ道を歩む存在であれば
当然、同じ領域の魂であるはずですから。

さて、この作品の面白いところは、
悪霊の扱い方と、霊視と浄化についての部分の
表現方法にあるのかもしれません。
また、UFOの扱いも非常に面白いです。
UFOの実態に迫っているともいえるでしょう。
精霊の表現もなかなかリアルになってます。
まあ、精霊は必ずしもあんなに綺麗で
幻想的とは限りませんが・・・・。

この世、つまり現世だけではない世界が、
存在していることを伝える意味では、
よい作品のひとつかなと感じました。
人によって、製作した団体の好き嫌いはあるかもしれませんが
純粋に、アニメ劇場作品として、
鑑賞してみて欲しいと思う作品です。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 23:12| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

命、みんなで守る STOP 自殺


命、みんなで守る
 STOP 自殺

12月のNHKの特集は、自殺がテーマ
ということのようです。
そんな、NHKの番組宣伝のなかで、
さわとんが、登場しています。

さわとん、(澤登和夫氏)は、
自らの、うつ病の経験、自殺まで追い込まれ
ながらも、立ち直り、
難病により、大腸を全摘出するという
状況から、命について、生きることについて
考えてきたひとです。
そして、自分の経験から、
世の中のうつ病で悩んでいるひとの力に
なりたいと決心し、カウンセラーとして
起業し、自殺ゼロの社会を目指して
活動をはじめたのでした。
さわとんとは、起業記念の公開セミナーの
開催のお手伝いから、お付き合いしていますが、
自分の体験から得たものを、
悩みを持つ人に伝えることのなかで、
生きることの素晴らしさを感じさせてくれています。
もし、うつ病で悩み、生きることに
疲れてきたと感じたら、さわとんのメッセージを
きいてみてください、きっと何かが
みえてくるとおもいます。

今年の自殺者も3万人を越える見込みに
なってしまっています。
11年間連続が、さらに更新されてしまうことに
なりそうです。
私も、うつ病と戦う辛さを体験しています。
会社の冷たさも感じました。
自殺を考えたこともあります。
でも、何とか生きています。
生きていくことの意味を考えていくことは
とても大切なことだとおもいます。
そして、それを支えてくれるのも人で
あったりするのです。
物質的に、成果や結果だけで、人を判断する
冷たさの矛盾は、今の社会における
心の問題を作り出しているもののひとつであると
いえるでしょう。
人材として扱うのではなく、
人財として扱ってくれる経営者や管理者、
上司のいる企業で働ける人は幸せです。
でも、今の日本に、そんな企業は
ほんのわずかでしかないようです。
まさに企業の課題であり行政の課題であると
いるでしょう。
そして、それは、経営者、政治家、官僚の責任で
あるということなのですが、
自覚のない人が多いのも事実です。
それを変えていくのは、市民の声、労働者の声、
ということなのかもしれません。


自殺について、考えてみる
それは、生き方や社会について考える
ことであり、上に立つものの責務を
問うものでもあるでしょう
NHKの12月の関連番組に注目してみたいと
おもいます。


株式会社ありがトン
http://www.arigaton.com/
〜ありがトンの言葉とともに、うつ病蔓延社会をうつ病円満社会へ〜
毎日ほんわか、あったか、なごやかメルマガ
『さわとんの、今日の「ありがトン」』
(PC)http://mini.mag2.com/pc/m/M0088094.html
(携帯)M0088094@r.mini.mag2.com (空メール送信)

☆いきいき!フォーラム
 with 櫻井秀樹さん(元劇団四季俳優)
〜苦手なあの人と話すのが楽しくなる!〜
 人間関係をスムーズにしてくれる 
 「共感コミュニケーション」の法則
http://www.arigaton.com/activity/ikiiki/20091128
【日時】11月28日(土)14時〜17時 (受付13時30分〜)
【会場】太陽化学株式会社東京本社(太陽ビル)
 〒105‐0013 港区浜松町1丁目6番3号
 JR「浜松町」駅、都営大江戸線・浅草線「大門」駅徒歩3分
 http://www.taiyokagaku.com/jp/outline/map_tokyo.htm
【定員】30名
【参加費】3,000円 (さわトントン会員 2,500円)
【懇親会】終了後、同会場にて2時間程度 (別途1,500円)
【お申込】こちらのフォーム からお申し込みください
 (PC) http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P87161139
 (携帯)http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P87161139
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 23:12| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勤労感謝の日・新嘗祭

 勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う日。
皇室による神事、新嘗祭がとりおこなわれ、
秋の収穫に感謝し、今後の豊作を願う日で
あったりします。
 労働環境については、さまざまな問題が
生じています。少子化により、労働人口の減少が
始まっていく日本ですが、そんな状況であっても
高い失業率になってしまっている実情にあります。
外国人労働者や移民をもっと受け入れるように
すべきという意見も出てきていますが、
その前に、国内の労働力を100%活かしきることの
出来る環境やシステム、仕組みを築くことが
先決であるといえるでしょう。
その方向性がみえた上で、国外の労働力を頼ることを
考えていくので十分な気がします。
実際、国内の製造業は海外へ出て行っています。
それらの企業が日本へ富をもたらしてくれるのであれば
国内の労働力で出来るものを国内に残して
実施していけばよいといえるのではないでしょうか。
 ワークシェアリングも、労働力不足の解消も
労働者の失業を無くした上でのシステムで
本来はあるべきものでしょう。
もちろん、同時並行に進めていくべきことですが
失業対策、労働者が余っているのをしっかりと
活用していくことの重要性を忘れてはならないと
いえます。
もちろん労働者には、健常者だけでなく障害者も
含めて考えるべきですし、
高齢者、女性の積極活用もまだまだ不足な状況です。
高い失業率も考えたら、国内の労働力は、
まだまだ余剰であり、活かしきれていないことに
なります。そんな状態で、労働力不足の心配をする
矛盾を、どのように解消していくのか、
行政の産業政策だけでなく、産業界のリーダーたちに
求められている責務であるといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:26| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

環境行政改革フォーラム: 活動報告や研究発表を大募集!

環境行政改革フォーラムで
2月6/7日の二日間、
東京都市大学(横浜キャンパス)にて
総会を開催するそうです。
総会の開催にあたって、
地域から地球まで環境問題に係わるものに関しての
研究論文、政策提言、事例調査報告、活動報告、
行政へのパブリックコメント、地域の問題提起等を
募集しているそうです。
日本は、環境立国を目指すといったビジョンも示されています。
環境問題は、地域活性化から、地球温暖化、国際協力に至るまで
さまざまな課題、テーマをもっているといえるでしょう。
21世紀の社会のあり方、国家のありかた、世界のありかたを
考えるにあたっても、非常に重要なものです。
身近な活動も、世界に繋がっていく部分をもっているかも
しれません。
活動や取り組み、考え方を、よりひろく共有し、
議論していくことは、とても大切なことです。
多くの人が、自分の気付きや自分の想いを、
伝え合っていくことが出来たら素敵だとおもいます。
関心のあるかたは、ぜひ、発表してみては如何でしょう。

環境行政改革フォーラム
http://www.eforum.jp/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■■ 転載歓迎 ■■

環境行政改革フォーラム総会(活動報告、研究発表会)
開催概要および発表募集要項

1.全体テーマ (仮)持続可能な社会づくりに向けて(検討中)

2.日程 2010年2月6日(土)、7日(日)****寒い中、熱く語り合いましょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3.場所 東京都市大学(横浜キャンパス)

4.プログラム案
 <第一日目:2月6日 土曜日>
  11:00〜12:30 幹事会
  12:45     開場・受付開始
  13:15〜14:15 基調講演(青山貞一代表幹事)
  14:30〜    一般発表(15分発表+質疑5分+交代5分)×3発表
  15:40〜16:10 休憩・コーヒーブレイク
  16:10〜18:10 一般発表(15分発表+質疑5分+交代5分)×5発表
  18:10〜18:30 片付けなど
  19:00〜    懇親会

 <第二日目:2月7日 日曜日>
  9:30     受付開始
  10:00〜12:00 分科会でのディスカッションとワークショップ
         前日の発表を踏まえて自由に議論し、問題解決のための
         VSP(ビジョン、シナリオ、プログラムをまとめる)
         ※以下は応募、参加人数によって調整いたします。

  @公共事業・公共政策部会:持続可能なまちづくりに向けて
   ・歴史文化遺産に配慮したまちづくり(鞆の浦など)
   ・脱自動車依存の交通システムづくり
   ・成熟社会における持続可能な経済政策と環境政策の模索
   ・自然との共生、種の多様性の実現に向けて
   ・ダムに寄らない森林保全や治水対策・・・

  A廃棄物部会/有害化学物質部会:ローリスクな社会作りに向けて
   ・ゼロ・ウェイストの実現への道のり
   ・燃やして埋めるから脱却するゴミ政策
   ・市民による3R/5R実現へのイニシャティブ
   ・食の安全をどう実現するか(禁煙、輸入食品、農薬、添加物・・)

  Bエネルギー政策/温暖化対策部会:低炭素で持続可能なライフスタイル
   の実現に向けて
   ・原発に依存しないエネルギー政策への提言
   ・代替エネルギー/自然エネルギー普及への道のり
   ・温暖化と種の多様性リスクへのチャレンジ
   ・公共交通とエネルギー政策

   12:00〜13:00 昼食
   13:00〜15:00 各分科会からの報告各15〜20分程度
          総括及びフォーラムとしての活動方針決定、共同声明等
          代表及び事務局挨拶
   15:00〜    片づけ、撤収

5.発表募集要項
1)発表資格
 環境行政改革フォーラム正会員及び学生会員、非会員を問いません。
※会員のみなさん、幹事の皆さんには、ご自身の発表申し込みの他に、お知
り合いのNGO、NPO、地域で活動されている方々、研究者等にもお声
かけいただくようお願いいたします。

2)発表内容
 地域から地球まで環境問題に係わるもので、研究論文、政策提言、事例調
査報告、活動報告、行政へのパブリックコメント、地域の問題提起等をもと
にしたものなどを対象といたします。

(参考)E-forumの活動内容:
「フォーラム」は、たえず国民、納税者の立場にたち行政機構、官僚組織
を監視し、その改革を推進する。また、法律・政策・施策の制定、立案過
程への環境配慮と情報公開と情報提供を積極的に推進する。さらに第三者
の立場からの論評、評価活動を展開する。

3)申し込み方法:12月15日締め切り
 発表テーマ(論文、報告、政策提案等)、発表者氏名、所属、200字程度
の概要を以下までメールでお送り下さい。(必ず、受領の返信をいたします。
申し込み後しばらく返信が無い場合には念のためご連絡ください。)
 発表者1名につき最大2発表までとします。(連名の場合には発表される
方1名につき2発表であれば、他の方の発表に名前を連ねていても構いません。)

■申込先:環境行政改革フォーラム
事務局長 鷹取 敦(takatori@eritokyo.jp)

4)執筆要綱:1月15日 締め切り
 上記、概要申し込み後に下記の形式でご執筆いただき、事務局
(takatori@eritokyojp)まで原則としてメールにてご送付いただきます。

(1)形態・分量 :A4横書きで最大4頁(厳守)
(2)本文スタイル:45行×22字×2段組を原則とする。
字の大きさは10ポイントMS明朝を基本とする。
上マージン:20mm、下マージン:25mm、
左右マージン:15mm を原則とする。
(3)表題スタイル:14ポイント、ゴシックで一段組みを基本とする。
(4)発表者及び同所属名:12ポイント明朝で1段組みとする。
(5)ファイルフォーマット:MSワード、一太郎を原則とする。
※ 上記以外のフォーマット等による場合には事務局までご相談ください。
※ テンプレートファイルを御希望の方は事務局(takatori@eritokyo.jp)ま
で御連絡下さい。

5)発表方法(発表会を行う場合)
@発表時間:一人一発表あたり15分+質疑を入れ5分
A発表方法:できる限りパワーポイントを投影しての発表を原則とします

6)事前審査
E-forum事務局において審査し、明らかに公序良俗に反するもの、内容の範
囲がE-forumの目的、活動と著しく異なるものは、発表をご遠慮いただくこ
とがあります。

7)提出期限(仮設定:開催日が決定次第確定します)
■200字概要:2009年12月15日
■4ページ論文:2010年1月15日

6.問い合わせ及び論文の提出先
 環境行政改革フォーラム事務局
 事務局長 鷹取 敦  takatori@eritokyo.jp
 副代表  池田こみち ikeda@eritokyo.jp 

-------------------------------------------------
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:05| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする