2009年11月30日

こんにちは歌舞伎の授業〜子どもたちに届けて欲しいもの

「こんにちは歌舞伎の授業」
三鷹市立第七小学校で、2日間にわたって、
子ども歌舞伎の映画を活用した「生き方教育」の授業が
開催されました。

2009年10月26日「ドキュメンタリ映画を観て」
2009年10月30日「歌舞伎体験」

授業の模様は、地元のケーブルTVやメディアでも
紹介されました。

JCN武蔵野三鷹 ケーブルテレビ報道
http://www.youtube.com/watch?v=cPke57hZvlA

授業を受けた子どもたちの感想からも、
この授業が、子どもたちにとって、とても良い体験に
なったことが伺えます。

その報告会が、2010年1月に関係者に向けて行われる
予定になっているようです。
関心のあるかたは、問い合わせてみては如何でしょうか。

歌舞伎は、日本の伝統文化・大衆芸能のひとつとして
息づいてきたものです。
日本の文化の象徴的なものとして、海外でも注目されています。
しかし、日本の国内で、日本人、とくに
日本の未来を担っていく子どもたちが、
日本の伝統文化と触れ合う機会が、非常に少なかったりします。
自分の国の文化を知らないのに、国際人といえるでしょうか。
海外に出て、母国の事を質問されて答えられないことほど
恥ずかしいことはないようにおもいます。

小学校で英語を学ぶよりも、
日本の文化や、地域の文化について、学ぶ方が、
大切なのではないでしょうか。
それこそが豊かな心をもった子どもたちを育むために
必要とされていることだと感じます。

「こんにちは歌舞伎の授業」は、
小中学校にて、子どもたちに、歌舞伎という日本の文化に触れ
そのなかから、生きるとはどういうことかを
学びとってもらう、生き方教育の授業です。

ぜひ、多くの小中学校で、この授業を子どもたちに
届けて欲しいとおもいます。

「こんにちは歌舞伎の授業」の目的は、
歌舞伎を通じて、子どもたちの「生きる力」を引き出す
ことです。日本の伝統文化を知ることのなかで、
何かを創り上げていくことの中で得られるものを
感じ取ってもらいたいということです。
この授業は、カリキュラムとして、3つのポイントを
もっています。

 1.「生きるとはどういうことか」を学ぶ、生き方教育の授業です。
  ・生涯かけてひとつのことを追い求めることの楽しさ、
   尊さを学びます。

 2.「心に形を、形に心を」をテーマに、
  「教室」+「体験」の二部構成が可能な、体験学習の授業です。
  ・教室で学んだことを、歌舞伎体験を通じて、
   子どもたちに実感してもらいます。

 3.「礼儀作法」を学ぶ授業です。
  ・体験授業では、お辞儀と声(返事)、という二つの面から、
   礼儀作法を学びます。

授業の形式についても、いくつか構成が可能になっています。
基本となるコンテンツは、次の3つです。

 1.映画「こんにちは歌舞伎〜竹本清太夫みなかみへ行く」鑑賞(1時間)
 2.映画監督による授業(生き方教育/またはキャリア教育)(1時間)
 3.歌舞伎体験授業(2時間)

映画「こんにちは歌舞伎〜竹本清太夫みなかみへ行く」は、
群馬県みなかみ町の子どもたちが挑んだ歌舞伎の舞台に、
勘三郎、吉右衛門などが愛してやまない歌舞伎界の大御所、
義太夫語りの竹本清太夫が特別出演した。その歌舞伎の舞台が
創り上げられていく様子を追ったドキュメンタリーです。
(上映時間35分)
子どもたちが、歌舞伎の舞台を創り上げていく様子は、
同世代の子どもたちにとって、きっと感じられるものがあるはずです。

ゆとりの時間ということがいわれ、
総合的な学習ということがいわれたとき、
教育現場では、何を教えたらよいのかという戸惑いが
多かったといわれます。
そんな時に、このような授業を行って頂ければ、
とても素敵な時間を、子どもたちにプレゼントできると
いえるでしょう。

「こんにちわ歌舞伎の授業」
ぜひ、公立私立問わず、小中学校の授業として、
親子で学ぶ地域学習の授業として、
活用してみて欲しいとおもいます。
また、こんな日本の文化、地域の文化と、
子どもたちの学びと成長を結びつけることのできる
コンテンツが、増えていって欲しいとおもいます。


こんにちは歌舞伎の授業の報道映像をご覧になった皆さまへ
(映画監督 野田香里)
http://www.youtube.com/watch?v=i2R7mvp3noI

「こんにちは歌舞伎の授業」に関する問い合わせ先
E-Mail:info@kabukifilm.com TEL:090-0680-6259
担当:小林一枝 まで

こんにちは歌舞伎の授業 早稲田大学地球感謝祭にて(1/6)
http://www.youtube.com/watch?v=_0xZOCYbrS8

「こんにちは歌舞伎」公式サイト
http://www.kabukifilm.com

ブログ「カブキのカオリ」
http://blog.kabukinokaori.com/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:12| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする