2009年12月05日

経済・社会開発のための国際ボランティア・デー

 ボランティア活動に関して
認識を高めてもらい、参加意識を広げていくための
啓蒙の日ということだそうです。
 世界中の経済と社会開発の推進に対して
ボランティアとして活動することに
積極的に参加しましょうということです。
 さて、ボランティア活動というと、
どうも無償労働ということで、無料とか、
ただとかいうことが、イメージとしてあるようで、
お金を集めたり、稼いだりすることに
批判的な目を向けてしまう人が多いようです。
その意識や認識も、改めてもらう必要があると
いえるでしょう。
特に、NPOやNGOの活動を維持していく
多くのひとにボランティアとして働ける場を
提供していくためには、活動資金が必要です。
片手間に、ボランティアで、活動を維持していく
そのレベルでは、出来ることは、ほんの少しに
なってしまいます。
専任で活動している人がいなければ、
運営も活動も、継続して、拡大させていくことは
出来ません。そして、専任で活動する人が、
家庭をもって生きていけるだけの資金と、
活動の維持のためのコストを捻出するための資金が
必要になるわけです。
大きなNPOやNGOは、大きな資金をもって
運用し活動しています。
そして、そこで働き生活している人に給与も
支払っているのです。
ボランティア活動は、すべて無料では出来ないもの
その事実を、もっと多くの人に理解してもらう
ことが、日本で、NPOやNGOの活動を
維持し活発にしていくためには必要であると
いえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:54| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする