2009年12月13日

第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ベスト4

準決勝・決勝のチケットも販売中です。
http://www.mp.pia.jp/jfa/c.p?02bXYIo1fyO
天皇杯も、いよいよベスト4が出揃いました。

第89回の決勝は、寅年の元旦でもあり、
ワールドカップの年のはじまりでもあるので、
どんなカードになっても、サッカー好きとして
観戦することに決めてます。
ということで、特別席を購入しましたが、
一緒に観戦してくれる人がいなかったり・・・・。
これから出会えるともおもえないし・・・・。
(ご一緒してくれる人、誰かいないかな?)
さて、それは、それとして、
ベスト4、何とか、延長で久々に勝利して
清水エスパルスが残ってくれたのはうれしい限りです。
ここのところ、ホームでも勝ててませんでしたし、
リーグ戦も、結局7位という結果でしたから。
怪我人が多くて、厳しい状況ではあるものの、
今、出場している選手にとってはチャンスです。
このチャンスを活かして、飛躍して欲しいところです。


■準々決勝 結果

 鹿島アントラーズ 1−2 ガンバ大阪
   茨城県立カシマサッカースタジアム(茨城)
 ・リーグチャンプと前回覇者の対決は、
  今年勝てていないガンバが雪辱するという
  結果となりました。アウェイという条件下で
  接戦を制したのはガンバでした。
  連覇なるのか・・・・。

 ベガルタ仙台 1−1延長1−0 フロンターレ川崎
   ユアテックスタジアム仙台(宮城)
 ・J2で唯一、ベスト4に残ったのは、仙台でした。
  川崎は、ここ数年、2位までで、優勝まで
  あと一歩でしたが、来年のACL出場を決めている
  だけに、天皇杯で初栄冠を目指したかったところ
  でしたが、J2チャンプの仙台に振り切られました。

 名古屋グランパス 3−0 FC岐阜
   名古屋市瑞穂公園陸上競技場(愛知)
 ・東海ダービー第一弾は、リベンジに挑んだ
  岐阜を、名古屋が退けるという結果に
  なりました。ケネディがハットトリックの
  活躍をみせた名古屋が、
  東海ダービー第二弾に挑みます。

 清水エスパルス 2−2延長1−0 アルビレックス新潟
   アウトソーシングスタジアム日本平(静岡)
 ・オレンジダービーを制したのは、ホームの清水。
  追いつ追われつの展開となりましたが
  延長は、清水が制しました。新潟は退場者を
  出したのが痛かったといえるでしょう。
  負傷者の多い清水ですが、さて万全の名古屋に
  どう挑むのか。

☆準決勝

 12月29日(火) 15:00 国立競技場(東京)
  ガンバ大阪 vs ベガルタ仙台
 ・前回覇者に、J2チャンプが挑みます。
  接戦であれば、仙台にも勝機があるでしょう。
  ガンバの攻撃をどこまでとめられるか
  仙台の守備陣のがんばりが勝敗を
  決するとおもわれます。

 12月29日(火) 13:00 エコパスタジアム(静岡)
  名古屋グランパス vs 清水エスパルス
 ・東海ダービー第2弾は、J創設以来の
  ライバル対決です。先の日本平では
  引き分けでしたが、今回は決着がつけられます。
  戦力的には名古屋優位というのが一般的な
  見かたでしょう。Jのフィールドで
  戦ったピクシーと健太が、監督として
  天皇杯の優勝を目指し指揮をとります。
  Wカップ会場であったスタジアムで、
  元旦にこまを進めるのは果たして?

☆決勝
 2010年1月1日(金・祝) 14:00 国立競技場(東京)
 2010年、ワールドカップの年の開幕は、
 恒例の日本最大最高の伝統ある大会の
 89回目の決勝ではじまります。
 カップ戦の日本サッカー界の頂点にたち
 アジアチャンピオンへの挑戦権を獲得するのは
 どのクラブとなるのか、寅年の初めに注目です。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:04| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする