2009年12月20日

トヨタカップ〜110年目の悲願達成

今年と来年は、UAE開催となったトヨタカップ

FIFA Club World Cup UAE 2009 presented by TOYOTA
TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ UAE 2009

決勝戦は、これまで通りに、欧州チャンピオンと南米チャンピオンの
対戦となりました。

このタイトルだけ、獲得していない
欧州チャンピオンのFCバルセロナ。
南米チャンピオンのエストゥディアンテスの術中にはまり
苦戦します。前半は、1点リードされてしまうという
試合展開、後半も、なかなかゴールできず、
このまま、試合終了かとおもわれた後半の終了間際に
みごと、同点ゴールが生まれます。
そして、延長戦へ、
延長も、厳しい攻防が続きます。
そのなかで、2009年度のバロンドールのメッシが、
胸で押し込み、ゴール。
その得点を守りきり、FCバルセロナは、
初の、世界クラブチャンピオンの栄冠を手にしたのでした。

さて、3位決定戦は、アジア王者と北中米カリブ王者の
対戦となりました。
試合は、アジア王者の浦項が先制して折り返すも
アトランテが、同点に追いつき、PK戦へ。
PK戦を制したのは、アジア王者の浦項でした。
アジア王者が、連続3位の座を確保したのでした。
このアジア王者の浦項に、
日本人プレイヤーがいました。
3位決定戦では、キャプテンマークをつけ
DFとしてチームを牽引した元Jリーガーの岡山一成選手です。
岡山選手の夢はあきらめなければ実現するという
姿は、本大会の大きな出来事のひとつであったとおもいます。

てんつくラブレター〜奇跡がまた起こったの巻〜
http://bn.merumo.ne.jp/backno/bodyView.do?issueId=2009122010480400518931000

来年も、大会は、UAEでの開催です。
アジア王者として、Jリーグのクラブが、再び出場して
奇跡の決勝進出を見せて欲しいという気がします。

最終順位
優勝 ヨーロッパ王者(UEFA) バルセロナ(スペイン)
2位 南米王者(CONMEBOL) エストゥディアンテス(アルゼンチン)
3位 アジア王者(AFC) 浦項(韓国)
4位 北中米カリブ王者(CONCACAF) アトランテ(メキシコ)
5位 オセアニア王者(OFC) オークランドシティ(ニュージーランド)
6位 アフリカ王者(CAF) マゼンベ(コンゴ民主共和国)
7位 開催国王者(UFL) アルアハリ(UAE)

フェアプレー賞:アトランテ。
ブロンズボール:シャビ
シルバーボール:ベロン
ゴールデンボール:メッシ
TOYOTAアワード:メッシ
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

果ての二十日

 日本では、古くからの慣習として、
師走のこの日は、忌み日とされているそうです。
外出や仕事をさけて、静かに過ごす日ということです。
こんな日があって、生活の中にリズムをもっていたのだと
いえるかもしれません。
 家で静かに過ごす日というのも
生活の知恵として、必要なものだと、
わかっていたのではないでしょうか。
現代の病の多くが、生活の知恵、ゆとりと生き甲斐、
そんなものを見失ってしまったために
起こっているのかもしれません。

今日のTBSの番組で、中刷り大賞の記事に
週間ポストの自殺大国ニッポンの正体を探る
という記事が選ばれていました。
今年の自殺者は、3万5千人をこえそうだそうです。
日本の自殺の急増は、失業率と関連があったという
データがあります。
しかし、急増後に、自殺者3万人以下に下がらなくなって
しまってから、失業率は下がっていたりしていました。
急増の要因のひとつに失業率の上昇があったことは
間違いないといえるでしょうが、
その後、減少しなくなったのには、失業率が下がっても
下がらないことから、別の要因も大きいのだと
いえるでしょう。
それは、日本人の健康の問題や、
戦後の食文化の崩壊の影響や、環境問題や、教育問題、
労働環境問題など、社会のあり方の問題が
関連しているからなのかなとおもいます。
市民が、傍観者でなく、街づくり、社会の変革に
参加していく必要が大きくなっているのだと思います。


・日本のこれから、自殺者3万人 命をどう守るか
  http://itc-matsubara.seesaa.net/article/134654972.html

・命、みんなで守る STOP 自殺
  http://itc-matsubara.seesaa.net/article/133733388.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 14:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外食・ベジタリアン

200912191328000 (2).jpg200912191336000.jpg200912191144000.jpg
昨日、三鷹駅のレストラン街で
麺に卵を使っていないというお店がが
あったので、入ってみました。
ウエイトレスさんに、肉類の入っていないメニューは
ありますかと尋ねたところ
厨房の方に確認してきますといってもどられ
しばらくまってのお返事は、
具剤についてはありますが、
ソースに鳥をつかっているので、完全というものは
ありませんが、店長が、もし塩と野菜でいためてのもので
よろしければ、ソースつかわないものお作りしますがと
いわれましたがいかがなさいますかと
お答えいただきました。
折角の申し出でしたので、お願いすることにしました。
メニューにない、塩野菜の肉類抜きのスパゲッティーを
頂くことができました。
美味しく頂きました。
やはり、尋ねてみるべきだなと思ったしだいです。

駅に行く前に、杏林大学病院にいって、そこから歩いて
きていたのですが、来月、ちょっと一泊検査入院するのですが
お医者さんから食べ物にアレルギーとかありますかと
尋ねられたので、アレルギーはないのですが
ベジタリアンなので、肉類とか頂きませんと伝えました。
お医者さんは、それ大丈夫かなと言いつつも、
宗教上の理由とかでよろしいですかといわれたので、
価値観、信念、死生観、信仰上のことではあるのですが、
宗教上ということで構わないということで、
お答えしておきました。
その後の手続きのときにも、看護士さんから説明を受けたとき
ベジタリアンなのですがということを伝えました。
お医者さんにも伝えたということを言いましたら、
夕食が出るとき、では、肉とか魚とか抜きのメニューに
なると思いますとのお答えを頂きました。
栄養士のかたには、お手数でしょうけど、
大きな病院ですから、海外の方の入院もあるでしょうし
食の文化や宗教上の戒律など、多様性にも対応できる
メニューは、用意できるようになっているのだと思ってます。
どんなメニューが出るのか少し楽しみです。

その日は、いきいき!フォーラムに参加しました。
そこでも、ベジタリアンであることを言いましたが
好きな食べ物は何ですかと尋ねられたので、
お豆腐とお答えさせていただきました。

ベジタリアンという食の選択は、生き方や価値観の選択ですから
強制すべきものではありませんし、それに反することを強要されるような
ものでもありません。
飲食サービスや給食などでも、食文化の多様性を許容して
強制することのないメニューを用意して欲しいなと思います。
それが文化の多様性に対応することであり、国際的であることの
必須であるといえるでしょう。


   多様な食文化・食習慣を有する客への対応マニュアル
   http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/sangyou/taiou_manual.html
   「いのちの食べ方」
   http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/
   「食の未来」
   http://syoku-no-mirai.net/
   日本ベジタリアン協会
   http://www.jpvs.org/
   http://www.jpvs.org/v-info/IVU/ivunews.htm
   『Choices for Tomorrow (CFT) / あしたへの選択』
   http://ashitaenosentaku.org/

・菜食主義が地球を救う
http://itc-matsubara.seesaa.net/article/125096083.html

・世界食糧デー
  http://itc-matsubara.seesaa.net/article/130370222.html

・野菜の日
  http://itc-matsubara.seesaa.net/article/126919616.html

・ベジタリアン・サーズデイ
  http://itc-matsubara.seesaa.net/article/120163884.html

・仏陀再誕
  http://itc-matsubara.seesaa.net/article/133733390.html

・健康講演会「健康をつくる和食の神秘」
  http://itc-matsubara.seesaa.net/article/131372393.html

・土と平和の祭典
  http://itc-matsubara.seesaa.net/article/130462251.html

・道元忌
  http://itc-matsubara.seesaa.net/article/126642625.html

・菜っ葉の日
  http://itc-matsubara.seesaa.net/article/124416033.html

・和菓子の日
  http://itc-matsubara.seesaa.net/article/121589879.html

・ベジタリアンとは? なぜ、ベジタリアンなのか?
  http://itc-matsubara.seesaa.net/article/119596834.html

・菜食のすすめ・・・菜食主義とは
  http://itc-matsubara.seesaa.net/article/119005840.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:28| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする