2010年01月20日

日本航空が、再建に向けて歩み出す

日本航空が、上場廃止になりますね。
JALの再建については、民間の銀行等からの支援や
他社からの支援で行うという方向でいくのか、
公的支援を中心に行くのかということで、
銀行と政府とが、いろいろ検討していたようですが、
結局、公的支援のもとで、再建を行うという方向になったわけです。
会社更生手続きを行い、法の下で、企業再生支援機構の支援により
再生を目指すということになったわけです。
2兆円に及ぶ負債を抱えての会社更生は、負債では過去最高らしい
ですね。経営の改善にあたっては、京セラの稲盛和夫名誉会長が
会長に就任して、CEOを兼ねることになったようです。
京セラのHPへのアクセスが急増したとか。
社内的には、リストラや作業効率化など業務プロセスの見直しや
改善はもちろんのこと、給与体系なども見直されることに
なっていくのでしょう。
もちろん、顧客サービスと安全・安心という旅客業の基本は
堅持された上でのスリム化ということになるでしょうし、
採算のとれない路線からの撤退は、更に加速するでしょう。
採算がギリギリの路線については、採算がとれるためにすべき事を
実施していくということで、改善を図ることが重要になると
いえるでしょう。
今回の日本航空の問題は、日本の航空行政の問題でもあります。
無駄な地方空港の建設の付けもあったわけです。
また、首都圏や関西圏の空港の乱立も、大きな問題であるわけです。
おそらく、最後の地方空港になるだろう茨城空港では、
一路線一便しか就航が決まっていないらしいです。
航空サービスでは、JALとANAの二大会社の体制も見直しが
必要で、FDAをはじめ、小さいながらも堅実な経営を目指す
航空会社が、やっていけるような業界への転換も、
必要なように感じます。
さて、昨日の決定を踏まえて、日本航空からは、
関連顧客に、お知らせを送付しているようです。
私のところにも、メールにて、以下のような内容のお知らせが
届いていました。
日本航空は、エスパルスサポータにとっては、ユニホームスポンサーとして
ながくお付き合いしてきた会社であり、感謝と愛着をもっている人も
多い会社であったりします。
ぜひ、きちんと再建を果たして、経営的にも安定した
素晴らしい航空サービス提供企業となって、再び上場できるように
なることを願ってやみません。

=======>>>>>>>以下、引用転記
∽∽------------------------------------------------------------∽∽
 JALマイレージバンク会員各位

  平素はJALグループをご利用いただき、厚く御礼申し上げます。

  このたびは、JALグループ再生をめぐる一連の動きの中、お客さまには
 多大なるご心配をおかけしており、まことに申し訳ございません。

  既に報道されておりますように、日本航空は、本日企業再生支援機構からの
 支援決定をいただきました。あわせて、短時間で確実な再生を行なうために、
 東京地方裁判所から会社更生手続きの開始決定を受けました。
 これにより事業の継続に必要な資金は確保され、さらに、事業を継続していく
 ために、商取引債権とお客さまのマイレージは確実に保護されることに
 なります。

  今後ともJALグループ航空会社は安全かつ安定した運航を継続してまいります。
 お客さまの航空券、ご予約はそのままご利用いただけるとともに、新たな
 ご予約も、引き続き承ります。他社運航のコードシェア便、JALで予約された
 他社乗り継ぎ便もこれまで通りご利用いただけます。またお持ちの株主優待券
 も、これまで通りご利用いただけます。

  また、お客さまのマイレージは保護されるとともに、これまで通り、マイル
 をおためいただけます。また、お持ちのマイルは、これまで通り、特典に交換
 していただけます。既に交換済みの特典も、これまで通りご利用いただけます。
 JALマイレージバンク会員、JALカード会員の皆さまには、これまで通り、
 JALマイレージバンクのサービスをご利用いただきますようお願い申し上げます。

  さらに、JALカード、ジャルパック、ジャルツアーズ、JALホテルズなどの
 グループ関連会社も、これまで通り営業いたします。

 どうかご安心いただき、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、なにとぞ、
 よろしくお願いいたします。
                           平成22年1月19日
                               日本航空
 ■お問い合わせ先を含め、ご案内はこちら
  http://www.jal.co.jp/other/info2010_0119.html
∽∽------------------------------------------------------------∽∽
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:52| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウイルスの話題

 NHKのニュースで、久々にウイルスの話題が
流れていました。対象となるウイルスは、
 「Gumblar(ガンブラー)」関連のウイルスでした。
いわゆるホームページを改ざんして、偽サイトに誘導し
アクセスIDやパスワード情報を盗むというものです。
 どうも、一昨年に一度流行して、収まったものの
昨年末から、また流行し始めているようです。
 インフルエンザが小康状態になったのかなとおもったら
ネットのウイルスが元気になったといったところでしょうか。
 ニュースでは、ウイルス駆除ソフトなどの利用はもちろん
使用しているソフトを常に最新に更新しておくことを
わすれないようにという話がされていました。

 経済産業省関連の独立行政法人「情報処理推進機構」でも
以下のような記事を公開して、注意を呼びかけています。

☆ウェブサイト管理者へ:ウェブサイト改ざんに関する注意喚起
☆一般利用者へ:改ざんされたウェブサイトからのウイルス感染に関する注意喚起
http://www.ipa.go.jp/security/topics/20091224.html

○修正プログラム提供前の脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃について
http://www.ipa.go.jp/security/virus/zda.html

最近は、組織だったウイルスによる情報盗難が行われているらしく
ウイルスにより、大量にIDやPWを入手して、それを悪用したり
売買したりして、資金を得ているらしいです。
クラッカーも、単独でなくなってきているということのようです。
ウイルスと、セキュリティベンダーのいたちごっこも、
どうも、クラッカー勢が徒党を組むようなったことで、
セキュリティベンダーが劣勢になっているらしいですね。
ネットの利用が広がっていくことで、当然のごとくに、
犯罪も多くなっていく、なんだか悲しい限りですが、
それが現実であるということも事実であったりします。
優秀なハッカーを雇って、クラッカーに対抗するといった
ことも進められているようですが、
なかなか、大変ではあるようです。
ウイルスも、簡単に作れるような時代になっていますからね。
プラットホームの平準化、標準化の進展は、便利であると同時に
リスクも大きくなっていくことは事実です。
どのようにリスクヘッジを行っていくのかも、
公共インフラとして、考えられていくことが必要であると
いえるでしょう。
まあ、リスクといえば、保険会社も、当然、商品開発を
行ってきています。
取り締まり、罰則、規制といった方向の必要性もありますが
予防や防御、リスク対策が重要になっていくということでしょう。
リスク対策としては、感染してしまった後の対応を
どうするのか、きちんとしたプロセスを確立しておくことが
求められるということになるといえます。
このあたりは、企業において脆弱な部分であることが多いですから。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:02| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大寒・二十日正月

 暦の上では、もっとも寒いという日を迎えました。
寒の内の折り返しの24節気のひとつです。
そして、小正月の最後の日、納めの行事などが
行われる日です。国民の祝日にして、家族や地域で
過ごす日にしても良いようにおもう日ですね。
地方、それぞれに、小正月の最後を、慣習に従って
過ごすのもよいのではないでしょうか。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:46| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする