2010年01月30日

3分間電話

 1970年1月30日に、公衆電話の市内通話料金が
3分10円になった日ということで、3分間電話の日だそうです。
電話も、昔は、どの家にもあるというものでは
なかったわけです。
赤やピンクの公衆電話を使うとか、
ご近所の黒電話をお借りするといったことも
多かった時代が、ほんの40年前にはあったのですから
そこから、現在の携帯電話が当たり前の時代まで
本当にすごいスピードで変わってきたと
いえるでしょう。
公衆電話も、最近は、なかなか見かけることが
出来なくなってしまいました。
また、自宅に固定電話をもつ人も、
減ってきていたりするようです。
ある意味、時代が逆行しているともいえるかもしれません。
 時代は、固定からモバイルへ。
モバイルといえば、ラジオ、ポケベルやウォークマン、
といったところからはじまって、
PHS、携帯電話、そして、スマートフォン、ネットブックへ。
最近の話題は、やはり、アップルの製品戦略と
それに対抗する他社の動向といったことのようです。
iPodから、iPhone、そして、iPadへ。
モバイル機器の進化を、提案してきているアップルの
動向は、やはり注目を集めています。
すでに、そのアイデアは10年前からあったものですが
それを、どう実現させて、市場に提供するのかが
産業界のテーマであったといえるでしょう。
その先端を走る企業のひとつが、アップルという
ことになるといえます。
出来れば、日本の企業が、対抗していって欲しいものです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:55| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする