2010年02月15日

涅槃会

 お釈迦様の入滅した日を供養する日という
釈迦三大法会のひとつで、神仏の国の日本では、
各地で、それぞれの宗派、民間にて、供養の行事が
行われている日であるわけです。
炒り豆やあられや団子などを作って
お寺に詣でるといったことが行われてきたといいます。
ただ、明治維新後の仏教弾圧や、戦後の無宗教化に
よって、民間の催しは、ほとんど廃れてしまって
いるような気がします。残念なことだなという気がします。

 アメリカでは、2月の第3月曜日は
大統領の日ということで、歴代の大統領を祝う日だそうです。
日本には、首相の日というのは無かったりしますね。
まあ、大統領制ではないので、直接国民の選んだ元首では
ありませんから。

 昨日は、バレンタインデーでしたが、
少子化の原因は、結婚する人が減ったことにあるのは
統計的にもあきらかです。結婚することのよさや
結婚後も、男女それぞれに仕事も出来る環境など、
子育て環境も含めて整備していくことが、
結婚を増やして、少子化に歯止めをかけることに
繋がるのかもしれません。
中国では、バーリンフォー(80後)といわれる
1980年後生まれの一人っ子政策世代の人が、
結婚ブームで、親の支援もあっての個性的な
結婚式をするようになっていて、
ブライダル市場は、かなり熱を帯びているそうです。
2億人の市場ということで、日本と規模が違うと
いった感じです。
人こそが、国家社会の宝であるということは、
日本が衰退していく方向にあるなかで、
中国の勢いは留まることがないのだろうなと
いう気がします。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:44| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がんばれ!日本代表

 バンクーバー五輪が開幕しましたが、
まだ、日本代表選手のメダルのニュースはないようです。
なんとなく、今回の五輪でも、金メダルはないような気がします。
それでも、それぞれのベストを尽くして欲しいと
おもいます。

 さて、サッカー日本代表ですが、
東アジアのチャンピオンを決める大会、
これまで、2位ばかりで優勝なしであったものの
今回は、ホーム開催であったわけで、当然、優勝が
期待されました。
しかし、結果は、期待を大きく裏切る過去最低の3位。
ホームでのこの成績は、海外であれば監督交代に
なってもしかたないものであるでしょう。
とはいっても、もうワールドカップ本大会まで
期間もないので、このまま行くことになるでしょう。
今年に入っての日本代表は、海外組みなしで
戦ってきましたが、まったくの駄目っぷりで、
ファンやサポータをがっかりさせてきています。
香港には勝ったものの、後は引き分けと負け。
結局、今の日本代表に、海外組みのスキルと
パフォーマンスは不可欠だということを
証明しただけの試合であったともいえるでしょう。
さて、ワールドカップ代表メンバを、どう選出するのか
以前に、カズをはずして失敗した岡田監督、
今回は、どうなのでしょうか。最終メンバの選考に
注目されるところです。
一方、最高のパフォーマンスで、サポータの期待に
見事答えてくれたのが、
なでしこジャパンです。
http://www.jfa.or.jp/national_team/2010/nadeshiko/20100123/index.html
ニュースで、あまり取り上げられないのは残念で
なりません。
男子と同様に開催された東アジアサッカー選手権。
3連勝で、2連覇を、成し遂げてくれました。

日本 2−0 中国
日本 3−0 チャイニーズタイペイ
日本 2−1 韓国

なでしこでは、若手も成長してきていて、
非常にバランスも良くなってきているようにおもいます。
2011年のドイツワールドカップへ向けて、
期待が膨らみますね。

東アジア女子サッカー選手権2010
GK 山郷のぞみ 浦和レッズレディース
GK 福元美穂 岡山湯郷Belle
GK 海堀あゆみ INAC神戸レオネッサ
DF 須藤安紀子 日テレ・ベレーザ
DF 近賀ゆかり 日テレ・ベレーザ
DF 矢野喬子 浦和レッズレディース
DF 岩清水梓 日テレ・ベレーザ
DF 鮫島彩 東京電力女子サッカー部マリーゼ
DF 長船加奈 東京電力女子サッカー部マリーゼ
DF 熊谷紗希 浦和レッズレディース
MF 菅澤優衣香 アルビレックス新潟レディース
MF 宇津木瑠美 日テレ・ベレーザ
MF 澤穂希 日テレ・ベレーザ
MF 宮間あや 岡山湯郷Belle
MF 木龍七瀬 日テレ・ベレーザ
MF 山口麻美 ウメオ IK(スウェーデン)
MF 中野真奈美 岡山湯郷Belle
FW 大野忍 日テレ・ベレーザ
FW 高瀬愛実 INAC神戸レオネッサ
FW 岩渕真奈 日テレ・メニーナ

さて、侍ブルーは、ブルーになってしまってます。
ブルーはつけなくて、侍ジャパンの方がよかったのでは
ないのかなとおもいました。

東アジアサッカー選手権2010メンバ
GK
1 楢崎正剛 名古屋グランパス
18 川島永嗣 川崎フロンターレ
23 西川周作 サンフレッチェ広島
DF
22 中澤佑二 横浜F・マリノス
4 田中 マルクス 闘莉王 名古屋グランパス
3 駒野友一 ジュビロ磐田
12 岩政大樹 鹿島アントラーズ
15 今野泰幸 FC東京
21 徳永悠平 FC東京
5 長友佑都 FC東京
6 内田篤人 鹿島アントラーズ
MF
25 小笠原満男 鹿島アントラーズ
8 稲本潤一 川崎フロンターレ
7 遠藤保仁 ガンバ大阪
14 中村憲剛 川崎フロンターレ
2 阿部勇樹 浦和レッズ
16 大久保嘉人 ヴィッセル神戸
26 金崎夢生 名古屋グランパス
17 香川真司 セレッソ大阪
FW
11 玉田圭司 名古屋グランパス
13 佐藤寿人 サンフレッチェ広島
20 平山相太 FC東京
9 岡崎慎司 清水エスパルス
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 00:51| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

地球交響曲・ガイアシンフォニー

 いま、映画館では、環境ドキュメンタリー映画
「オーシャンズ」が公開中です。
地球の環境について、地球の環境について
あつかった作品として、
有名なおものに、
「地球交響曲・ガイアシンフォニー」
があります。
私も、静岡で鑑賞させてもらったことがあります。
このたび、第1番から、すべての作品を
上映する計画が、あざみ野で行われているということです。
その第一回目が、3月8日にあるとのことです。
もし、行くことのできるようでしたら、
ぜひ、鑑賞されてみてはどうかとおもいます。
私たちの住む、この青い惑星のもっている
魅力を感じることができることでしょう。


以下実行委員会からのお知らせ(転送可能)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 映画『地球交響曲・ガイアシンフォニー』は、
「地球はそれ自体がひとつの生命体である」というガイア理論に基づき、
龍村仁監督によって制作されたオムニバスのドキュメンタリー映画です。
美しい映像と音楽、珠玉のことばの数々によって織りなされる
ドキュメンタリー映画『地球交響曲』は、
環境問題や人間の精神性に深い関心を寄せる人たちのバイブル的存在となっており、
1992年公開の第一番から2006年公開の第六番まで、
草の根の自主上映を中心とした上映活動だけで、
これまでに5600回以上上映され、述べ230万人に上る動員、
その数は、今なおとどまることなく、ロングランヒット作になっています。

あざみ野ガイアシンフォニー上映実行委員会では、
昨年11月17日に、アートフォーラムあざみ野にて、
ガイアシンフォニー第5番を上映し、動員数178名、ほぼ満席の大成功をおさめました。

今後、3月8日の第一番をはじめ、
ほぼ1年をかけて、現在制作中の第七番まで、ずべての上映を計画中です。
その次は、6月25日(金)、9月、12月、2011年1月、3月を予定しています。

3月8日(月)上映の第1番は、ガイアシンフォニーの原点(1992年公開)。
出演者は……
●たった一粒の種から1万5千個のトマトをつくった野澤重雄(植物学者・日本)。
●世界でただ一人、単独で世界の8000m級の山全てを登りつくした
 ラインホルト・メスナー(登山家・イタリア)。
●親を殺された象の赤ちゃんを育て、野生に還す活動をしている
 ダフニー・シェルドリック(動物保護活動家・ケニア)
●アポロ9号の乗組員ラッセル・シュワイカート(元宇宙飛行士・アメリカ)
●ケルト民族の宇宙観が宿る神秘的な歌声エンヤ(歌手・アイルランド)
映画の詳細は……
http://www.otrfilm.com/gaiatop.html http://www.gaiasymphony.com/
……………………
【ガイアシンフォニー第一番上映会】
とき 3月8日(月) 開映10時・13時30分・18時30分
     開場各回30分前・上映時間2時間10分
ところ アートフォーラムあざみ野 レクチャールーム
入場料 前売り1200円 ご予約・当日1300円
託児 1歳半〜未就学児 有料・3日前までに要予約
親子室(2階)からの鑑賞 先着7組

<ご予約・お問い合わせ> 
メール 7777gaia@gmail.com
п@080-1385-7007
主催 あざみ野ガイアシンフォニー上映実行委員会
http://www.ne.jp/asahi/azamino/gaiasymphony/top.html

★次は、6月25日(金)第二番の上映を予定しています。
……………………
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 15:09| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グリーンピースジャパン「クジラ肉裁判」

 最近のニュースで、調査捕鯨船が、環境保護団体に襲われて
船員に負傷者が出たというものがありました。
主張していることが正しければ、何をやってもよいのか。
そのことについて、考えることになる話題であるのと同時に
調査捕鯨は、必要か否かという問題という2面性をもった話題で
あるといえるでしょう。
 それと同じような事件が、日本の国内でありました。
それが、クジラ肉の問題です。
 ずいぶん前のニュースのような気がしますが、
このほど、ようやく初公判が開催されることになったそうです。

 検察側の論点は、盗難事件という点に絞られていて、
グリンピース側の論点は、盗難事件という点ではなく、
クジラ肉の横領事件の方に重点をおくものとなっているようです。
グリンピース側の論点や主張については、
独立系メディアに詳しく掲載されています。

●特集:「クジラ肉裁判」初公判間近!
◆青山貞一・池田こみち:グリーンピースジャパン「クジラ肉裁判」
      初公判直前イベント参加記
 http://eritokyo.jp/independent/aoyama-col15555.htm
・関連リポート(日本語、英語)PDF掲載。
 http://eritokyo.jp/independent/aoyama-column1.htm
◆グリーンピース告発レポート 奪われた鯨肉と信頼
◆Greenpeace Investigation Japan's stolen whale meat scandal
◆2009年 青森地方裁判所(日本国)佐藤潤一・鈴木徹事件意見書
★【調査捕鯨が実は商業捕鯨であることを自ら暴露】日本、調査捕鯨縮小をIWCで提案準備 関係筋 AFP
◆青山貞一:グリーンピース・ジャパン20周年記念イベント参加記 再掲

この盗難事件の論点は、記事によると以下の4点に絞られていると
いうことのようです。

1.鯨肉を自らのものとする「不法領得の意思」があったか
2.「鯨肉持ち出し」が正当な行為だったか
3.憲法の「表現の自由」に照らして無罪か
4.両被告の行為が国際人権規約で保障されているか

さて、検察は、正当な目的があっても法を犯す手段は認められないという
立場であるとのことですが、これは当然のことだと思います。
目的が正しいなら殺人も許されるのかという問いと、
レベルは違っても本質は同じです。
戦争を仕方が無いというのと同じことになってしまうでしょう。
他人のものを勝手に持ち出して、中身を確認しても良いのか、
そして、その中身を確保してしまっても良いのか、
これについては、法治国家においては、法の下に、
それを許された権限をもつものが、法的手続きを踏まえて行うケースで
あれば許されていることだと認識しているのですが、
違った法解釈があるということなのかが気になります。
少なくとも、グリンピースには警察や検察、麻薬Gメン、税務署の
ように、他人のものを確保できる権限が与えられているとは
思えないのですが。
もちろん、クジラ肉の横領事件を明らかにしていくことは
重要であり、調査捕鯨もやめるべきという主張についても
納得できるものはあります。
しかし、そのために、法的な手続きなしで、他人のものを
確保したり、持ち出して中身をみたりしてもよいのかという
問題は別であるとおもいます。
その部分については、法を破ることを覚悟した上で
おこなっていて、その件について罪に服する覚悟があったと
言うのであれば、その意気込みには敬服しますが・・・。

この事件は、2つの犯罪が、同時に法廷にあがっているもので
あるといえるような気がします。
窃盗と横領。
そのあたりを、区別して、きちんと判断する必要は
あるとおもいます。
窃盗については、例外的に許されるということであれば
その条件が法的にきちんと示される必要があるといえます。
どの様な根拠で、他人のものを勝手に持ち出しても
罪にならないのか、多くの人が、興味のあるところでは
ないでしょうか。
通常、一般の人が、相手の犯罪を暴くためだったといって
他人の持ち物を無断で持ち出してしまったら、
窃盗で逮捕されて、即、有罪でしょう。
グリンピースのように大きな力や優秀な弁護士が
ついているわけではありませんから。

目的のためには、どんな手段も許されるということの
もつ危険性は、戦争がなくならない原因でもあると感じます。

もちろん、調査捕鯨のなかで、
公的な横領が行われているのであれば、
それは許されるべきことではなく、断罪され見直されるべき
であるといえるでしょう。
また、現行法に問題あるのであれば、それは改めるべきで
あるともいえます。
捕鯨についてもやめてしまってもかまわないとおもいます。
クジラだけでなく、牛肉も豚肉も鶏肉も、
動物の死骸を食べるのはやめてしまおうということには、
賛同しますが、それは、個々の個人が判断し
決めるべきことだと思っています。

どのような、公判となり、どんな判決となるのか、
注目される裁判であるといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 14:19| 静岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

歌舞伎テースティング

201002111519000.jpg201002111524000.jpg201002111750000.jpg

歌舞伎座さよなら公演
二月大歌舞伎
「壺坂霊験記(つぼさかれいげんき)」

昨日は、第9回の歌舞伎テースティングに参加してきました。
歌舞伎テイスティングは、歌舞伎座が建て替えになる今年4月まで、
(ほぼ)毎月、歌舞伎座にて、野田香里さんとカブキのカオリの皆さんの
お勧めの演目を歌舞伎初心者、外国人も含めて一緒に見に行こう!という
シリーズ企画となっています。

今回、私も初参加でした。
国立新美術館での催しに参加した後で、
歌舞伎座に向かいました、
到着したとき、既に、結構な人が並んでいるのをみて、
人気あるのだなと思ったのと、
歌舞伎座が、常に、お客さんで一杯という感じであることが
日本にとっても、良いことなのだという気がしました。
一幕見席のチケット売り場の列に並んでいると、
どんどん列が長くなっていくのにも、びっくりしました。
祝日でしたが、雨の日ということであったので
逆に、みなさん人が少ないとおもっていたのかもしれません。
さて、チケットを購入して、4階まで、赤いカーペットの
階段をのぼっていくと、チケットのもぎりの方がいて
そこでチケットを確認してもらって、
歌舞伎座の一幕見席へと入っていきます。
最上階、最後尾の座席と立ち見席。
みなさんと席座って、観覧できました。
今回は、ユニセフ関連の方が、団体予約で入っていたようで
まずは、ご挨拶がありました。
そして、開演。
壺坂霊験記というお話は、とてもわかりやすく
初心者向けの演目だなと感じました。
最後は、ハッピーエンド。
ハッピーエンドの好きな海外のお客さんにとっても
楽しめるお話ではなかったでしょうか。
ただ、三階席の後段くらいからは、1階席が
見えないようです。花道がみえないのがちょっと
残念ではあったりします。
舞台は、しっかり見えますし、台詞も聴こえるので
まあ問題ないとはいえますけどね。
さて、舞台の様子は、2回変化しました。
家のなかから、お宮参り、崖のそこ、
それぞれの舞台で、おこなわれる芝居を
演技と台詞で楽しみながら、笑いあり、はらはらどきどき、
感動もあり、もしかしたら涙もあるかもしれない
それが、大衆芸能のよさなのかなと・・・。
流れる音楽も和の雰囲気で素敵ですし、
屋号の掛け声が、客席から飛ぶ感じも、心地よいものです。
やはり、日本人なら、歌舞伎を生で鑑賞することを
一度は体験しておくべきだと思います。
今の歌舞伎座が建て替えになる前に、
ぜひ、一幕見での鑑賞でもいかがでしょうか。

さてさて、演目の「壺坂霊験記」ですが、
ねたバレのお話をしてみましょう。

大和国(奈良)壺坂寺の麓で貧しいながらも
仲睦まじく暮らす座頭沢市と女房のお里の物語。
盲目の沢市に献身的に使えるお里でしたが、
毎晩明けの七つ(午前四時)になると出かけて
いたのでした。物語は、そんな暮らしのなかの
ある日の夕刻からはじまります。
お里の貞節を疑って、沢市は問いただします。
夫婦喧嘩ですね。自分のことを信じてくれない
ことを嘆く、お里。盲目の自分を卑下する沢市。
お里は夫の目が開くよう、壺坂寺の観音様に
願掛けの夜参りをしていたといいます。
ならば、一緒にに寺にいってお参りすることに
ということになって、家を出るふたりでした。
寺につき、沢市は、三日間のお籠りの
祈願をすることになり、お里は、
いったんその場を後にします。
盲目の沢市は、崖の底に転落してしまい。
寺に戻ってきたお里は、沢市がいないのに
おどろき、一生懸命に姿を探しますが、
杖をみつけて、沢市が、崖に転落したと
おもい声をかけるも返事はなく、
ひとりにしてしまった事を悔い涙して
沢市の後をおって、その身を崖の下へ
壺坂寺の観音様は、二人を不憫におもい
その命を救い沢市の目をみえるように
してあげるのでした。
崖の底の沢のそばで、気がつく二人、
その無事に驚き、さらに沢市の目が
開いていることに驚き、観音様に
感謝して、喜びあうのでした。

歌舞伎の面白さを、充分に楽しめたひと時でした。
ぜひ、また訪れたいという気持ちになった次第です。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:04| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

バンクーバー冬季五輪がはじまります

 冬のオリンピックが、いよいよ開幕します。
今回は、カナダのバンクーバーでの開催ということで
カナダでの開催は、カルガリーでの1988年開催以来の
ことになります。
参加する国と地域は、80を超える規模となり、
7競技86種目で、それぞの国と地域の誇りを抱いて
自分の競技者としての力を十二分に発揮して
スポーツのもつ魅力を伝えてくれることでしょう。
 スポーツを通じての国際交流の場であり、
友好な関係を保つ場でもあります。
お互いに競いあうなかで、向上していく
結果については、讃え合い、認めあえる。
フェア・プレーの精神が、体現される大会で
あって欲しいとおもいます。
 日本代表の皆さんには、それぞれのベストが
出し切れるように、頑張って欲しいとおもいます。

 スポーツや芸術は、文化の交流であると
いえるでしょう。競技や作品を通じて、国境を越えて
感じ会えるものであり、それぞれのルーツに
係わる特色や特徴、伝統などを、互いに尊重し
認めあうことが出来るものであるはずです。
 世界の平和、安寧のために、
人と人とが、互いに、認めあい、支えあい、
助けあい、愛しあえるようになるために、
スポーツや芸術といった文化は存在しているのだと
いえるかもしれません。

 そうそう、冬季五輪のあとに引き続き開催される
冬季パラレンピックにも、もっと注目して欲しいと
おもいます。メディアも、もっと取り上げて欲しい
という気がします。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:39| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

教育・子育て 未来への希望

 社会の未来は、子どもたちにかかっているというのは
いつの時代においてもかわることのない事実です。
今の社会を支えている大人も、以前は子どもであり、
子ども時代に体験し、学んだことが、
その行動、考え方、活動にも、影響を与えています。
 子どもたちの元気さや、夢こそが、
未来への希望であり、期待であるといえるでしょう。
 子育て、教育は、子どもたちを、
どんな未来に誘うのかを決める大きな要素です。
まさに、社会の明日を創るということでもあると
いえるでしょう。
 だからこそ、時代の流れのなかで、
常に改善が検討され、考えられてきているのだと
おもいます。
 子育て、教育について、考える催しが、
いくつか開催されます。
関心のあるかたは参加されてみてはいかがでしょうか。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

第15回検討会『未来を創る教育のあり方』
〜 青年期に何を学ぶか 〜

未来の国を形づくるのは今の若い人たちですが、
人格が形成されていく10代後半の時期に何を学ぶのが良いのか?
自分の将来や社会のことなどをどう考えるのか?
どのような価値観とライフスタイルでこれからを生きようとするのか?
・・・このような学びの場としての高校の役割を考えてみたいと思います。
さらには、若い人たちが自信を持ち、未来に希望を抱けるような学びの場を
どのように作っていけばよいか、を会場の皆さんとともに考えたいと思います。

■日時:2月14日(日)13:30〜16:15 (開場13:10)
■場所: 大崎第二地域センター区民集会所* 第二集会室
(大崎ウエストシティタワーズE棟 1・2階)
JR大崎駅南口改札新西口 徒歩3分(TEL: 03-3492-2000)
地図⇒ http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/ct/other000014600/tizu.pdf
■プログラム
第一部 パネルディスカッション *13:30ー14:30
「学びの場としての高校期の役割」
パネリスト
◎ 関根 郁夫 氏 (埼玉県立浦和高等学校校長)
◎ 青木 悠祐 氏 (東京農工大学大学院博士課程 「カタリバ」職員 4月より沼津高専助教)
◎ 堀ノ内 裕子 氏 (主婦 「教育の未来を考える子どもと保護者と指導者の会」代表)
◎ 平井 里沙 氏 (会社員 「多様な教育を推進するためのネットワーク」会員)
ファシリテ―ター
◎ 中山 弘 氏 (”2030ビジョン”プロジェクト代表)

第二部 ワールド・カフェ・ダイアログ* *14:35−16:05
「若者が自信を持ち、未来に希望を持てる学びの場を拡げるには」*
ファシリテ―ター
◎ 佐野 淳也 氏 (立教大学21世紀社会デザイン研究所准教授)
第一部の話題や意見も参考にしながら、
参加者全員での創造的な対話により
あらたな智慧を生みだし共有します。
ファシリテーション・グラフィックを伊藤道郎さんにお願いしましたので、
皆さまのコンセプトをビジュアルに共有することもできます。
■参加費: 社会人 500円  学生 無料
※フォーラム終了後に、懇親会(実費)も予定しています。
(3000円前後。 篤志家のご協力で学生割引も・・・)
■定員: 40名 (事前申し込み要)
■お申込み :http://www.formlan.com/form2/2030v-k015/
 今回、会場の関係で人数に限りがございます。*
 お早目にお申し込みください。*

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

子どもの幸せと子育て環境を考えるシンポジウム
http://blog.goo.ne.jp/otakodomo2009/e/44b6fda387af31f84693d211f9073a76

子どもがのびのび育ち、親も安心して子育て出来る環境って?
大田区在住の子どもと暮らす728名の声から見つけ出す
「幸せ子育て環境」とは?
みんなで考えるシンポジウムを開きます。
懇親会(希望者のみ)もあります。

●日時:年3月7日(日)14:00?17:00
●場所:池上会館1階展示ホール
http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/hall/ikegami_k/index.html
 大田区池上1-32-8 電話03-3753-2241
 東急池上線池上駅下車徒歩約7分

●内容:
・アンケート報告 
 「いま、いわなくっちゃ! 
  ?大田区子育て当事者728名の声から聞こえて来たもの?」
    大田・子育て支援制度アンケート実行委員会
・基調講演
 「世界の子育て事情」
   駒沢女子短期大学教授・NPO法人子ども家庭リソースセンター理事長
    福川須美さん
・パネルディスカッション&会場とパネリストトークセッション
 「子育て真っ最中! パパママ、異なる立場5名のリアルな意見」
   ゲストコメンテーターあり
●定員:200名
●参加費:無料 (懇親会参加費 500円)
●保育:1歳半以上未就学児のお子様対象
    1歳半未満のお子様連れの方は、そのままご入場いただけます。
    ご希望の方には、申し込み締め切り後、改めてご連絡致します。
●申し込み方法:メールまたはファクシミリで
   1.「シンポジウムのみ参加」または
    「シンポジウム?懇親会に参加」のいずれかを明記
   2. 氏名 
   3. 連絡先(ファクシミリ番号またはメールアドレス)
   4. 保育希望の有無と、保育を受けるお子さんの数
 をご記入の上、お申し込みください。
●申し込み締め切り:2月20日(月)必着
 個人情報は適切に管理し、目的以外では使用致しません。
●お申し込み先:
E-mail: otakosodate2009@mail.goo.ne.jp
FAX:03-3752-1144
●お問い合わせ:090-1509-4112
 担当 :大田・子育て支援制度アンケート実行委員会 菊地
●主催: 大田区教育委員会 家庭・地域教育力向上支援事業
●実施団体: 大田・子育て支援制度アンケート実行委員会
●協力団体:にっぽん子育て応援団 NPO法人男女共同参画おおた

実施団体の「大田・子育て支援制度アンケート実行委員会」とは……
 大田区在住のさまざまな市民活動に携わる個人が集まって作った委員会です。
“社会全体で子どもを育む環境”の実現のために出来ることはなんだろう?
まずは子どもと暮らす人々に向けてアンケートを行いました。
その分析結果を多 くの方々と共有し、政策提案や市民活動へとつなげて行く
活動をして行きたいと思っています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:00| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TCICコンテンツビジネスマッチング会

 コンテンツビジネスは、様々な分野において
重要な位置づけをもってきています。
イメージ、ブランド、デザイン、広告宣伝ビジネスや
商品ビジネスだけでなく、
コンテンツそのものを扱うビジネス分野も、
ICT技術の発展と普及にともなって、拡大していっている
といえるでしょう。
コンテンツも、芸術やスポーツから、ITC関連まで
いろんなものがあります。
そして、その価値も非常に多様であり、
マーケットも多様であるといえるでしょう。
価値観の違いや、趣味の違いによっても、
マッチするコンテンツは変化していきます。
知を形にするというようなところもあります。

東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)は、
東京都が、コンテンツビジネスのベンチャー育成支援の
ために開設したものです。
入居した企業は、それぞれに、自分たちの得意とする
コンテンツ分野で、ビジネスをはじめようとしている
はじめている皆さんです。
そんな新ビジネスに関する照会と、ビジネスの出会いに
よる発展の機会として、
2/24(水)12:30-17:30 に、TCICにて、
ビジネスマッチング会が開催されるとのことです。
http://www.tcic.jp/introduce.html

コンテンツビジネスに興味・関心のある方にとっては
よき出会いの場となるのではないでしょうか。

TCIC 「Twitter」。
https://twitter.com/TokyoContentsIC

TCIC
http://www.tsi-japan.com
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 04:36| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

サッカービジネス

 今年は、ワールドカップの年です。
サッカーが、日本でプロとなったのは、1993年のこと。
Jリーグの開幕が、始まりですが、
欧州では、その歴史は、もっと古いです。
プロスポーツは、スポーツを通じて、
エンターテーメントと、夢と楽しさを贈るものだと
いえるでしょう。
コンテンツビジネスのひとつであるともいえますし
社会貢献事業のひとつであるともいえます。
日本では、企業のCSRのひとつか、広告事業か
福利厚生事業といった感じでスポーツが扱われてきた
ことがあって、不況になると、廃部や撤退ということに
なって、夢を奪い、落ち込んでいくといった状況に
なっていたりします。
これは、非常に悲しいことであり、残念なことであると
いえるでしょう。
 日本で、成功している、
プロスポーツといえば、野球がまず出てきます。
その次は、相撲、ゴルフ、サッカーということに
なる感じでしょうか。それ以外では、
賭け事でもある競馬、競輪、競艇、オートバイも
スポーツという面ももっています。
頭のスポーツということであれば、
将棋、囲碁、麻雀というのもあります。
陸上、テニス、水泳、柔道、剣道、空手道、・・・
道場という場を提供したり、インストラクターや
個人プロといった形式のものになる感じでしょうか。
Jリーグに続けとばかりに、バレー、バスケ、
ラクビー、アメフト、アイスホッケーなども
プロ化を試みましたがうまくいってません。
企業スポーツからの脱皮が、日本の社会では、
非常に難しく、高いハードルになっていると
いうことなのだとおもいます。

 さて、海外のプロスポーツクラブに、
ビジネスとしてのスポーツのあり方を学ぶといった
セミナーが、開催されるようです。
講師は、イギリスのサッカー、プレミアリーグの
名門リバプールFCの方ということです。
サッカーの発祥の地であるイギリスの名門クラブが
どのようにビジネス戦略を立てて、展開しているのか、
スポーツ、サッカーとビジネスについて、
その一端を知るよい機会であるといえるでしょう。
参加できる方は、参加されてみては如何でしょうか。


グローバルフットボールスポンサーシップセミナー
〜サッカービジネスのマネジメントから学ぶ〜

日時 2010年2月19日(金) 10:30〜12:30(開場10:00)
場所 幕張メッセ 国際会議場
主催 日本経済新聞社クロスメディア営業局
   Football-1

世界有数の強豪チームであるリバプールFCから
グローバルビジネス担当を講師に迎え、
リバプールFCの世界戦略、アジアマーケティングの事例をもとに
グローバルビジネスにおけるアジア戦略について学びます。

応募はこちらから
→ http://www.adnet.jp/nikkei/innovation/20100219.asp

プログラム
10:30〜11:00
「リバプールFCのグローバルマーケティング戦略」
  ジョナサン・ケーン氏
 (リバプールFC インターナショナルビジネス担当)
11:00〜12:15
対談
 ジョナサンケーン氏 ×内田和成氏(早稲田大学 教授)
11:15〜11:25
 質疑応答
12:30 終了

※応募多数の場合は、抽選となります。ご了承ください。
 http://www.adnet.jp/nikkei/innovation/20100219.asp
問合せ Football-1運営事務局 
Tel 045-914-3921(受付時間/10:00〜17:00 土日祝日は除く)
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

魅せる映像&初めての映像制作講座

ビデオカメラとパソコンの発達によって、
誰もが映像作品を創れる時代になっています。
また、創った映像作品は、インターネットで全世界に向けて
発表できるようにもなっています。
携帯電話やスマートフォンなど、モバイル環境でも
映像が、簡単に観る事のできる時代です。
個人の表現や、お知らせ、アピールなども
映像を効果的に使用することで、
より相手に、伝えたいことを訴えることが
できるようになっているといえるでしょう。

そんな時代ですが、でも、どんな風に映像を創れば
よいのか、わからない人もいらっしゃることでしょう。
そんな人のための講座が、あったりします。
私の知人の主催する講座を、その案内といっしょに、
ご紹介いたします。
興味のある方は、参加してみるのもよいとおもいます。

以下、ご案内文です。
---------------->>>>>>
「創造力と表現力を高める映像制作講座」の
第二回目「魅せる映像制作講座」を
2/27(土)の14:00〜16:30に開催します。

また「初めての映像制作講座」も同じ日
2/27(土)の10:00〜12:30に開催します。

そのご案内です。

■魅せる映像制作講座
 ご自身で制作したムービーで伝えたいことが伝わるようになります。
 ムービーで伝えたいことがある方は是非お越しいただけたら嬉しく思います。

 詳細、申し込みはこちらをご覧ください。
 http://blog.canpan.info/bizmovie-study/archive/50

■初めての映像制作講座
 初めての方がyoutube、ブログ、結婚式などで見るような
 写真と音楽を使ったムービーを作れるようになります。

 もしムービーを作ってみたい、どんな風に作るのか知りたいとお考えでしたら
 是非お越しいただけたら嬉しく思います。
 今回はいつもより少人数で行いますので、
 マンツーマンに近い形で進めることができると思います。
 パソコンに苦手意識のある方にはお勧めです。

 詳細、申し込みはこちらをご覧ください。
 http://blog.canpan.info/bizmovie-study/archive/49

■その他お知らせ
 2/13(土)10:00〜11:00 まじかる☆ママ
 ラジオにゲスト出演させていただくことになりました。
 http://www.792fm.com/
 インターネットからでも聴けるようです。
 http://www.792fm.com/live.php

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<----------------------
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:50| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/13(土)「カタリバ大学」 ゲスト:フローレンス 駒崎弘樹さん

カタリバ大学という場があるのを、ご存知でしょうか。
ニュースやメディアでも取り上げられることもあるNPOの活動です。
現代の日本の問題を、考えていく場でもあるといえるでしょう。
日本の歴史は、明治維新で大きく動きました。
そして、日清日露と2つの世界大戦を経て、さらに大きく変化して
今日に至っています。
激動のこの160年で、日本人は、自分たちの本質、大事なものを
見失ってしまっている部分があるように感じます。
それを取り戻していくことが、新しい未来に繋がっているように
感じたりもしています。
もちろん、新しい考え方も、必要とされていることは、
間違いのないことです。
多くの視点から、ゼロベースで考えていくこと、
そんなことが、市民レベルから、行われていくことが
大切なのだといえるでしょう。
カタリバは、そんなアプローチの出来る場のひとつといえるように
おもいます。今回のテーマは、新しい公共ということです。
興味、関心のあるかたは、参加されてみては如何でしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カタリバ大学第13講
* 「社会的企業は、<新しい公共>を担いうるのか?」*
http://www.katariba.net/k-univ

2010/2/13(土) 13:30- by NPOカタリバ
ゲスト:駒崎弘樹氏(NPO法人フローレンス代表理事)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
転送歓迎!お申し込みはこちらです>>http://tinyurl.com/ct2ycc

「<新しい公共>はこの政権の真髄です」
1/27に鳩山首相がそう公言してみせたのを、ご存じですか?
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg3204.html

しかし<新しい公共>とはいったい何を指す言葉なのでしょう。
理念論にすぎない、という批判もあります。
語る人によって内容が異なる現状もあります。

たしかに「日本」という160年前の発明物は、
転換の時を迎えています。それが2009年の政権交代でした。
新しい方法論による、新しい枠組への転換は時代の要請です。

問題は、何をどう転換すればよいのか、という具体論です。

規制緩和を中心とした「新自由主義」路線は
雇用不安・自殺率増加といった結果をもたらしたように
社会にダメージを与えてしまうことがわかりました。
反対に、高福祉を中心とした「大きな政府」路線は、
財政赤字が膨らむ現状でリアリティがありません。
ではどうしたらいいのでしょう?

そのオルタナティブ=代替案として脚光を浴びているのが、
今回テーマとして取り上げる【社会的企業】です。
(お申し込みはこちらです>>http://tinyurl.com/ct2ycc

ゲストは「世界を変える社会起業家100人」に選出された
NPO法人フローレンスの若き経営者、駒崎弘樹氏。

公共ニーズに応えるたしかな地域密着サービス、
行政からの補助金に頼らない経営スタイル、
そして積極的に為政にコミットするアドボカシー活動。

駒崎氏こそが、地道なNPO現場に向き合いながら
<新しい公共>に通じる具体的な国家ビジョンを描きうる
稀有の社会起業家である・・・!

駒崎弘樹と寺脇研。
互いの立場から公共の再生に向き合うふたりの、
真摯な<新しい公共>論が今、交差する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お申し込みはこちらです>>http://tinyurl.com/ct2ycc
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□カタリバ大学第13講概要

■日時:2010年2月13日 (土) 13:30-16:30(開場 13:00)

■会場:ライセンスアカデミー本社 会議室
JR山手線「新大久保」駅より徒歩5分
JR総武線「大久保」駅北口より徒歩3分
(アクセス⇒http://licenseacademy.jp/access.html

■入学金
5000円(教科書代込) *カタリバ会員は1500円

■授業料

カタリバ大学学生:学生 1000円 / 社会人 2000円
聴講生:学生 3000円 / 社会人 4000円

※カタリバ大学の収入は公立高校の生徒に対する
キャリア学習の授業に活用します。
・カタリバ大学の学生になるためには、
別途入学金として5000円をいただきます(教科書代込み)
・カタリバ大学に入学すると、講義の音声・映像配信などの
特典が受けられます。
・授業料も一回あたり2000円安くなりますので、
2回以上講義に参加される場合は、入学をおすすめ致します。

【懇親会】
■会場: 「中華苑」
JR中央線「大久保」駅より徒歩1分
アクセス → http://e-food.jp/cgi-bin/restfind/view1.cgi?no=1124435874
※会場からご案内致します
※当日参加も大歓迎ですので会場にてお申し付けください。

■時間 17:30〜19:30

■会費 学生:3,500円 社会人:4,500円

主催:NPOカタリバ

■受付について
当日の受付に関しましては、13時00分より受付を開始いたします。
※途中参加は可能ですのでお気軽にお越しください。
懇親会から参加の方もお待ちしております。
※領収書が必要な方は受付にてスタッフにお申し付けください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お申し込みはこちらです>>http://tinyurl.com/ct2ycc
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:27| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふくの日

 2月9日だから、2=ふ、9=く。で、ふくの日。
ふくとは何かといったなら、
福だということもあったりしますが
記念日になっているのは、魚の河豚の日であったり
衣類の服の日であったりするようです。
 豊臣秀吉の良いおこないと評価できるものに
ふぐ食禁止令があるといえるかもしれません。
死骸料理を禁止するのは、神の意に沿う行為ですから。
 それは、さておき、
服の日ということで、衣類への関心を高めて
服を着る楽しみを広げようという日だそうですが、
ぜひとも、日本なのですから、和服への関心を高めて
いく活動を積極的に行って欲しいという気がします。
 和服は、日本という国の生活の中から、
出来上がってきたものです。
洋服は、海外で着るのはよいものなのかもしれませんが
日本という環境では、本当は和服の方がよいという
ことなのかなと言う気がします。
 日本の文化や伝統を大切にしていくことで
日本の価値が国際的に高くなることにも通じるでしょう。
ぜひ、和服の見直しを、もっと業界全体で、
行っていって欲しいなという気がします。
また、社会や世間も、和服を着ることを、
もっと認めるような感じになっていって欲しいとおもいます。
特に正装において、和服を認めるべきではないかと
おもいます。国会から考え直して欲しいものだとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:13| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

針供養

 日本の行事には、日頃お世話になっている物への
感謝を捧げるためのものが多くあります。
使い捨てるといったことは、日本では常識では
なかったともいえるでしょう。
 針供養は、縫い針を休め、折れた針を供養して
いつも布をいききしている針の苦労に感謝して
柔らかいものでねぎらうというもので、
古くから行われているものであったりします。
道具への感謝という考え方、感性が、日本人には
昔からあったということです。
それは、もったいないの心にも通じるものであると
いえるでしょう。
 先だって、ニュースで、看護師や医師が、
注射針を供養するということを病院の行事として
行っているという話題が流れていました。
使うものに、感謝して、大切に扱うということは
ものにも霊が宿ることがあるというように
物の怪とかを信じてきた、日本の霊精の位置付けに
係わっていることなのかもしれません。
 ものを大事にすることを、消費社会は忘れて
しまっていたために、環境問題にも繋がっていったと
いえるかもしれません。
 この様な行事を通じて、物に関する考え方
そこから環境への考え方、産業や社会のあり方を
考えていくことも必要であるような気がします。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:46| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

第13回文化庁メディア芸術祭

現在、国立新美術館で開催中の
第13回文化庁メディア芸術祭に、いってきました。
展示会場は、人で溢れていました。
twitter広場とか、マンガ閲覧コーナーといったものもあり、
展示も、ミニシアター形式のものが、中心といった感じで、
それぞれの展示に、人だかりが出来ているといった状態で、
なかなか、移動も大変といった感じであったというところです。
さて、展示会場とは別に、講堂で開催されていた
作品の上映会と、シンポジウムも、盛況でした。

文化庁メディア芸術祭
http://plaza.bunka.go.jp/m/

今日の講堂での上映及びシンポジウムは、
■映像作品上映
『エンターテインメント部門 映像作品上映』
■特別総集編上映
『東京マグニチュード8.0』
http://tokyo-m8.com/
■上映
『サマーウォーズ』
http://s-wars.jp/
■受賞者シンポジウム
『アニメーション部門受賞者シンポジウム』
という内容でした。

エンターテーメント部門の映像作品は、展示会場でも上映されて
いましたが、講堂という場所で、観るとまた違った趣があるな
といった感じでしょうか。
CM映像、番宣映像といった作品も流れて、
それぞれに、特徴あるなといった感じであったりします。


東京マグネチュード8.0の特別編集版は、
1クール放映されたTVシリーズのストーリーの
重要なポイントをしっかりと編集した作品になっていて、
涙腺緩まずにはおられないといった感じで
講堂内も、多くの鑑賞者が涙していたといった感じです。
個人的には、悠貴の友達の家で、未来が危険にさらされて
悠貴に助けられるシーンも観たかった気もしますが、
全11話の物語のキーポイントをきちんと押さえた
編集になっていました。これでも充分1本の素敵な作品に
なっているといえるでしょう。
ラストの未来が、空を見上げて、ひと事呟くシーンが
この作品が伝えたいことのひとつを象徴しています。
地震の被害、被災者の苦労と苦悩、
家族の絆、少女の成長、乗り越えなければならない死別。
天災にみまわれたときの行動について、
考えてみる機会として、家族の絆、今ある気付かない幸せ、
そんなことも考えさせてくれる作品です。

・東京マグニチュード8.0
http://itc-matsubara.seesaa.net/article/128290321.html

2月14日(日) 13:00〜14:50
BSフジ「東京マグニチュード8.0 総集編」放送
http://www.bsfuji.tv/top/pub/magnitude8.html

サマーウォーズは、劇場でみてから、2回目になりますが、
日本の旧家と大家族に、ネットの世界という、異なる2つの
世界の物語が、絆というものの力と尊さを感じさせてくれます。
思わず涙するシーンも、にやっとしてしまうシーンも
微笑んでしまうシーンも、どきどきするシーンも、
やはり素敵です。
世界中からの助け、ジョンとヨーコからの贈り物、
花札対決で、世界を救うヒロインは、かっこいいです。
憧れの先輩を前に、がんばる少年も、ちょっぴり成長します。
芸術祭の最終日にも、上映される予定になってます。

さて、アニメーション部門の優秀賞と大賞の作品が
上映された、シンポジウムでは、上映作品の両監督を
迎えて行われました。

シンポジウム
細田 守 監督(大賞『サマーウォーズ』)
橘 正紀 監督(優秀賞『東京マグニチュード8.0』)
鈴木 伸一氏(アニメーション部門 主査/ アニメーション監督』)

それぞれの作品について、どんな感じで企画され、製作されたか
といったお話や、東京マグニチュードで気をつけた点や
大変であった点、新たに試みたことなど、
オリジナル作品、TVシーリーズ、劇場作品の特徴や違い、
アニメ業界の課題といった内容にいたるまで、
いろんなお話がありました。
モブシーンでの3Dの利用や、瓦礫のリアリティについて
背景の直しのための体制とか、もともとは、母親を主人公に
といったところからはじまったとか、
結婚によって、描きたいことが出来たのが、きっかけとか。
細田監督が、危惧していた、立体映像が劇場で主流になった
ときに、2Dアニメがどうなるのかという点については、
おそらくは、大丈夫だろうと個人的にはおもってます。
3D立体作品は、作品のテーストによっては、
あわないものも出てくるような気がするからです。
どうしても、3Dメガネをかけて観る作品は、
アトラクション的な要素が強くなるように感じるので、
それにあまりあわない作品を3Dにすると、
かえって作品の印象が悪くなる危険性ももっているような
感じを受けてます。
日本のアニメの可能性、それを感じさせてくれる
作品を、これからも、お二人には創っていって欲しいと
思います。




posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 23:11| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

統合医療展&メディケアフーズ展


「統合医療展 エイジングケア2010」
http://www.togo-iryo.jp/

「メディケアフーズ展」
http://www.medicarefoods.com/

2010年2月9日〜10日 東京ビックサイト

 これまでの西洋医療だけでは、老齢社会をよりよく
していくことが出来なくなっていることに
業界も気付いてきているということでしょう。
予防医療の重要さが大きくなっていくなかで、
相補・代替医療の分野との連携、関連する産業との調和が
必要になってきているといえるでしょう。
 今回、まさに、医療の現場と、健康産業、
代替医療をふくめた、統合医療に関して、
エイジングケアという近年注目されてきている分野に
スポットをあてて、開催されることになったのが

 統合医療展 エイジングケア2010

ということです。

○未病対策
○抗加齢医療
○補完医療
○癒し医療
○健康増進
○クリニック&エデュケーション

といった展示ゾーンが予定されているそうです。
関心のある方は、のぞきにいってみてはいかがでしょうか。

同時に開催される催しとして、
いま、環境問題とも関連して、考える必要が出てきている
食に関するイベントがあります。

 メディケアフーズ展
 
医療・介護分野を対象にして、食という視点から、
医療の現場、介護の現場を捉えた展示会であるそうです。
食材や食品だけでなく、食を提供する施設や機器など
現在、どのようなものが、提供されているのか、
その一端がみられるものになっているようです。

 予防医療は、今後の日本にとって重要なものであり、
食育、生活習慣病予防、元気な老人に向けて、
政治・行政から、地域から、職場から、教育現場から、産業から、
さまざまな立場からアプローチしていく必要があるテーマで
あるといえるでしょう。

 もっと、社会において、注目されていくことが
必要であるとおもいます。
悪徳業者の根絶も必要ですし、きちんとしたサービスや
食材、食品の提供も重要です。
 そのためには、正しい知識と情報が、必要であると
いえるでしょう。
市民も、自らの健康を守るために、学んでいくことが
大切な時代になっているのだとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:04| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

残雪の東京

201002020817001.jpg
 如月に入って、東京に雪が降りました。
まだ、日陰には、その残雪が固まって残っていたりします。
朝青龍関が引退することになりました。
相撲道と言われる日本の武道の文化に少し馴染めなかったから
なのだということでしょうか。
強さだけではないものを求めるのが道です。
日本の文化は、単に何かを求めるのではなく、
人としての成長をそこに含めているようにおもいます。
○○道の道は、人生の道でもあるということでしょう。
もちろん、守破離といわれるように、進化するのも
道のひとつです。

茶道、華道、香道、弓道、剣道、合気道、柔道、空手道、
歌舞伎、能、雅楽、詩吟、短歌、川柳、俳句、
浮世絵、水墨画、仏像、寺院、太鼓、三味線、琴、尺八、
百人一首、独楽、凧、将棋、囲碁、連珠、花札、・・・

わび、さび、静と動、自然との調和、心技体のバランス、
仁義礼智忠信孝悌、禅、祈、阿吽、・・・

日出づる国、四方を海に囲まれて、文字もなく、
育まれた和の国の文化は、大陸からの文化や教えを取り込み
良き部分を取り込んで、新しい自分たちのものにして
成長していった。
異文化の出会いと融合は、日本人のDNAの中に
刻まれているものであるかもしれません。
神道に、仏教が入り、儒教が入り、大衆の教えとなり
文化を創っていった。
物の怪の森、八百万の神、仏、道徳という教え、
東洋の大陸の文化を取り込み、島国として、
四季の変化と自然との共存を営みとして、
創られてきたものであるといえるでしょう。

欧米の文化や慣習が入ってきたのは、本格的には明治維新以後、
まだ、200年もたっていません。
急激な、欧米化は、日本を蝕むことになっているようにも感じます。
まず、日本人は、本来の日本人の心と文化を、
しっかりと見据えて、そのなかで誇りと思えるものを、
きちんと世界に示していくことが、平成のこの時代であるから
必要なのではないでしょうか。
そうすることが、国際的にも信頼され尊敬される国への道で
あるようにおもいます。

さて、写真は、近所の掲示板です。
よなよなペンギンが、よまわり、注意をよなよな・・・。
まあ、なかなか素敵です。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:59| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第3回 奥田誠治の絵コンテ講座 基礎編

日本アニメーター・演出協会 JAniCAの活動のひとつ
アニメに関する教育の場の提供として、開催されている
絵コンテ講座の第3回が、開催されることになったようです。

絵コンテは、いってみれば、アニメの設計図です。
映像コンテンツであれば、映像と効果、音響と台詞、
そして時間の経過の関係が、きちんと演出されて、構成されて
出来上がっています。
その全体像を、示すものが、絵コンテです。
作品全体の企画、そして、シナリオ、キャラクタデザイン、設定と
作品の骨格が決定すると、どの様な流れの作品になるのかと
いうものをまとめることが必要になってきます。
その為のものが絵コンテです。
通常、映画では、絵コンテは監督がきります。
絵コンテそのものが、最近は書籍になっていたりしますから
みたことがある人も多いのではないでしょうか。
黒澤明監督の絵コンテとか、宮崎監督の絵コンテなどは、
絵の部分が、かなりしっかり書き込まれていますが、
押井監督の絵コンテは、ラフな感じであったりして、
監督の個性が、出てくるものでもあったりします。
監督が絵コンテを描かないで、絵コンテ担当の人が、
監督の意向や、シナリオなどを踏まえて、作る場合もあります。
最終的な作品の仕上がりのチェックや、各パーツを組み合わせるときに
おかしくないようにするためのものでもありますから、
作品をまさに表しているものであるといえるでしょう。
ジブリ作品の絵コンテは、ジブリ美術館で閲覧できます。
(以前は、全作品が閲覧できましたが、最近は、何作品かが
 閲覧可能になっています)
絵コンテが出来たら、原画、背景、効果、音楽といった
各パーツの制作が進んでいき、撮影のところであわせこむことに
なるわけです。

絵コンテは、時間経過、画面、台詞、動きといったものを
総合的に示していけるものですから、
私は、プレゼンテーションや、講演などのイメージを固めるのにも
非常に役にたつものであると考えます。
どうも、プレゼンがうまく行かないと感じている人には
ぜひ、一度、プレゼンの絵コンテをかいてみることをお奨めします。

絵コンテについて、基礎を知りたい、
チェックしたいとおもわれる方、アニメの世界において
ベテランの奥田氏が、わかりやすく教えて下さいます。
ぜひ、参加されてみては如何でしょうか。

『第3回 奥田誠治の絵コンテ講座 基礎編』 開催のお知らせ
(PCから)
http://www.janica.jp/course/storyboard/konte03.html
(携帯から)
http://www.janica.jp/i/course/storyboard/k_konte03_annai.html

■絵コンテ講座の詳細■
・開催日/平成22年3月28日(日曜日)
・時間 /13時30分〜16時30分終了予定(受付開始は13時)
・場所 /三鷹市市民協働センター 2F・第一会議室
     〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4-17-23
     TEL : 0422(46)0048
     JR中央線より徒歩約15分
・講師 /奥田誠治
・受講料/JAniCA会員(正、業界、準、賛助会員) ¥500
     一般 ¥3,000
     学生 (※要学生証提示) ¥1,500
・参加資格/「絵コンテを描きたいけど、どこから手をつけてよいか分か
      らない」と思っている同業者の方!
      将来、演出家を目指している制作進行さんや原画、動画、美
      術、撮影などどなたでもOK!
      JAniCA会員以外の受講も歓迎!
      友人・知人などお誘い合わせの上、是非!
・持ってくる物/筆記用具
・申し込み方法/事前に下記ページの申込フォームにて参加申込をお願いします。
(PCから)http://www.janica.jp/course/storyboard/konte03.html
(携帯から)http://www.janica.jp/i/course/storyboard/k_konte03_shyosai.html
  ※希望者多数の場合はJAniCA会員を優先させていただきます。
  ※"応援団"の方は一般または学生でお申し込みください。

■講師紹介■
奥田 誠治 氏
 「鉄人28号」(旧)よりアニメ界へ入る。TCJ、竜の子プロ、虫プロ、
アートフレッシュ(杉井ギサブロー主宰、出崎統、高木厚が虫プロより分派
した日本で初めての作画独立プロ。宇田川一彦、吉川惣司等と参加)にて
オリジナル「鉄腕アトム」に原画として参加の後、フリーとして原画、演出、
絵コンテで多くの作品に参加。
「ルパン三世」では2話より絵コンテ多数を描き「アルプスの少女ハイジ」、
「フランダースの犬」、「母をたずねて三千里」等の名作シリーズにおいては
絵コンテの半数以上を手がける。
その後、ジャパンコンピュータグラフィックラボ(JCGL)設立時に入社。
ニューヨーク工科大のレクチュアを受けつつオペレーターを養成するも、
ハード、ソフトとも時期尚早の為JCGLは解散。
その後、クリエーターに専念。
プレイステーション開発時にアニメーション演出として参加。
シリーズ監督、オリジナル企画、ノベルス、ゲーム映像等、
現在も幅広く活動中。

■案内チラシ■
「第3回 奥田誠治の絵コンテ講座 基礎編」案内チラシ
http://www.janica.jp/course/storyboard/konte03.pdf
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:19| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

省資源・省エネルギー月間

 2月は、エネルギー消費が高くなる時期ということで
昭和51年より、資源とエネルギーを大切にする運動を
促進する月ということとして、
啓蒙活動を行ってきてるようです。
あまり、知られていないような気がします。

平成21年度 省エネルギー月間表彰の受賞者が発表されてます。
http://www.meti.go.jp/press/20100129001/20100129001.html
省エネ大賞(機器・システム部門)では、
経済産業大臣賞3件、資源エネルギー庁長官賞3件、中小企業庁長官賞1件
省エネ大賞(人材部門)では、
経済産業大臣賞2件、資源エネルギー庁長官賞2件
省エネ大賞(組織部門)では、
経済産業大臣賞4件、資源エネルギー庁長官賞4件
省エネ型製品普及推進優良店表彰では、
経済産業大臣賞1店舗、資源エネルギー庁長官賞2店舗
省エネコンテストでは、
経済産業大臣賞2件、資源エネルギー庁長官賞3件、審査員特別賞3件
という皆さんが、
その活動や製品について、表彰されています。
省エネコンテストでの学校部門の受賞が、2校とも北海道の
学校であり、家庭部門も、東北2件、九州1件で
大都市圏は、やはり省エネ意識がそれほど高くないのかなと
おもったりもしてしまいます。
受賞者の表彰は、
ENEX2010展にて、2月10日に、
東京ビックサイトで開催される、省エネルギー月間表彰式で
行われるそうです。

財団法人 省エネルギーセンター
http://www.eccj.or.jp/index.html

改正 省エネ法の概要2010
http://www.eccj.or.jp/law/pamph/outline_revision/index.html

エネルギー管理士という資格があったりします。
経済産業大臣の認定の資格です。
エネルギーに興味のある方は、受験してみるのも
よいかもしれません。ただ資格認定には実務経験も
必要であったりします。

省エネ法により、
第一種エネルギー管理指定工場
第二種エネルギー管理指定工場
に指定されるとエネルギー管理者を選任することが
求められていたりします。
この様な取り組みについて、もっと一般に広く情報公開し、
消費者が、製品を選択するひとつの基準としても
よいような気がします。
総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、環境省、
文部科学省、財務省など、省令や指針などを
出しているようですが、
国民にその実態が伝わっているとは言い難いといえる
感じがします。
省資源・省エネルギー月間であるなら、
ぜひ、各省庁の取り組み内容と成果と現状、課題について
広く国民に公開して広報していって欲しいと感じます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:18| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

バレンタインのイベント

 さて、今年のバレンテインは、日曜日。
ということで、チョコレート業界は苦戦中という
感じであるようです。
 バレンタインに平和を考えてみる
農業について考えてみる、そんなイベントが開催されるようです。

 何かちょっと、これまでと違ったことを
感じたいとおもっている方、農業に関心があるという方、
特に予定もないしという方、参加してみるのも
よいかもしれません。


*** アイノコトハジメ *** 
   〜ピース集める旅〜
     ナビゲーター:きくちゆみ

<第1部>
 きくちゆみさんのお話 〜私から始まるLOVE&PEACE〜
<第2部>
 美味しいピースセッション
 〜たかいく農園の無農薬野菜を使ったTerraのベジフードを囲んで〜
 〜森田玄さんのSweet Song〜

 2010年2月13日(土) 16:30〜19:30(16:00 Open)

 参加費:3800円(食事代込)
 要予約:一花屋 ichigeya@fa.petit.cc 
 (件名に「アイノコトジメ申込」と書いてください)
  定員30名のため、定員になり次第締め切らせていただきます。
  2/5(金)までにメールにてお申込みください。

 場所『てぬぐいカフェ 一花屋』http://ichigeya.petit.cc
  鎌倉市坂の下18-5 
  Tel 0467-24-9232
  江ノ電長谷駅下車 徒歩5分  

 持ち物:マイ箸、大き目の皿もしくはタッパー、マイカップ

 きくちゆみさん プロフィール
  1962年東京生まれ。環境と平和をテーマに書き、訳し、話す。
  マスコミ・金融界を経て90年より環境問題の解決をライフワークに。
  森田玄と二人で改装した鴨川の築200年の家を「ハーモニクスライフセンター」として開放、
  自然療法や自然食のワークショップを開催したり、平和や環境をテーマに
  日本全国・世界各地で講演している元気一杯の四児の母。
  著書に『地球と一緒に生きる』『バタフライ』
  『ハーモニクス・ライフ 自然派生活のすすめ』他多数。

 森田玄さん プロフィール
  東京生まれ。早稲田大学理工学部卒。
  伝説のフォークグループ「ニューフロンティアーズ」で活躍後、
  ハリウッドで音楽プロジダクションを経営。1980年代後半に帰国。
  9・11以降、きくちゆみとグローバルピースキャンペーンを立ち上げ、
  DVD制作、翻訳、出版などに関わる。
  自給自足的暮らしを実践するハーモニクスライフセンター主宰。
  著書に『現代社会のスピリチュアルな真相』(ナチュラルスピリット)など。

有氣VEGE屋 TERRA の紹介
  長谷大谷戸にあるオーガニックベジタリアン(ヴィーガン)無添加カフェ。
  ケイタリング、弁当がメインですが予約でお店でも食べれます。
  パワー溢れるベジメニューで、ベジタリアンのイメージを大きく変えてくれます。
  なによりオーナーのcayoちゃんがパワー溢れています

主催;平和ぷくぷく

**************************

*** 三浦たかいく農園 農コン!*** 

 みんなで作り上げる、みんなの農コン!
 2010年の旧暦元旦であるこの日、農の現場に集まろう!
 傘不要、無敵・無敗の晴れ男コンビの妖力により、雨は降りません。
  (雨男・雨女の方、参加はご遠慮ください)

【参加資格】 未婚者、または農に関わりたい人(つまり既婚も可)

 日にち : 2月14日
 集合  : 9:30 たかいく農園自宅(駅から徒歩5分)
      または 9:15 京急三崎口駅改札
 会費  : 1,500円(食事込み)、飲み物代は別途かかります
 持ち物 : 汚れても大丈夫な服装、長靴、軍手、マイ食器類一式
      ※めっちゃ寒いこと間違いなし!防寒対策は万全で。
【プログラム(予定)】
   9:30  三浦の小麦プロジェクト畑へ移動、草取りと麦踏み
   13:00 ランチ
   14:00 がんこ本舗きむちんの「いきもののいきかた教室」(約40分)
   その後 炭火を囲んで肩寄せ合って飲んで話そう。
       情報発信大歓迎!どんどん発信してね。
       パートナー募集のアピールももちろんOKです。
   終了予定時刻はなし

 当日は全員、名札をつけます。
 未婚者はお好きな野菜・果物・花の名前を、
 既婚者は害獣・害虫・益虫リストからお好きな奴を選びます。
 未婚者にとって、素敵なパートナーを探す絶好のチャンス!
 既婚者は奮って応援または邪魔しましょう♪
 農の現場で植物や動物になりきって、畑の生態系を理解し楽しもう!

 ※ 大人な集まりですが、お子さん連れも可。
  小学生は参加費1,000円、小学生未満は無料
  ただ、あちこちで炭を起こしますから危険です。
  お子さんの安全管理は各自で十分お気をつけください。
出店は…
○ たかいく農園 野菜ほか
○ がんこ本舗 エコ洗剤、雑貨
○ honobono号 オーガニックソフトドリンク、アルコール類
○ 三浦パン屋「充麦」 パン
○ 野菜ソムリエのスープ屋さんkurumi スープ
○ 大田区のカフェ「油揚げ」 稲荷寿司ほか
○ 葉山のたこ焼き屋charkha(チャルカ) 地たこやき
○ 鎌倉のてぬぐいカフェ「一花屋」 酒粕レモンケーキ、てぬぐい
○ 葉山の自家焙煎コーヒー・ファイヴビーンズ コーヒー豆
○ マクロビオティック師範の手作りスイーツ
○ 藤沢・相原農園 販売品目は当日のお楽しみ
○ 逗子の料理人プーさんによる採れたて野菜の天ぷら
                    etc.
  お財布にはたくさんお金を入れて来てね!
* 農家の庭先での開催ですから、設備は十分ではありません。
 災害時の避難所をイメージして来てください。
* 事前予約必須です。定員になり次第締め切り(100名)。

たかいく農園 高梨
  046-888-3094
  takanashi@takaiku-n.com
 主催:たかいく農園
   お問い合わせもお気軽に。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:55| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正月の映画鑑賞

 さて、昨年の師走からこの正月にかけて
劇場でみた映画を振り返ってみます。

「カールじいさんの空飛ぶ家3D」
 ・アカデミー賞、アニー賞の最有力候補作品です。
  3Dで鑑賞しましたが、ハリウッドのファミリー映画の
  王道をいっているといった感じの作品ですね。
  人の表現も、CGらしいデフォルメが出来ていて
  ハリウッドアニメも、作画、構図ともスタンダードが
  安定してきたという印象も持ちました。
  安心して、子どもに魅せられる作品といった感じでは
  ないでしょうか。

「東のエデン 劇場版T 〜The King of Eden〜」
 ・テレビシリーズの最終回の後を受けての劇場版、
  第一章ということで、何の決着もなしでしたが、
  謎が、少しずつ解き明かされていってはいます。
  結局、殺されるというわけではなかったと
  いったところでしょうけど。
  はたして、第二章で、どのような結末を
  もってくるのか、楽しみではあったりします。
  ちなみに、エデンシステムですが、
  世界カメラというサービスが、一部分の機能を
  リアルに実現してますね。いつか、エデンシステムも
  実際に実現する可能性はあるでしょう。
  しかし、移動するコンピューターをミサイルで
  撃破するという設定って、ゲーム感覚ですね。

「レントン教授と永遠の歌姫」
 ・導入から、エンディングまで、
  とても楽しめる冒険ミステリーの作品に
  仕上がってました。ゲームは知らないのですが
  知らなくても、映画作品として、充分に
  面白いです。
  次なる冒険・ミステリーに期待したくなる
  そんな作品でした。

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」
 ・ヤマトは、ヤマトでしたね。
  やはり、あの音楽、そして、台詞、
  戦闘シーンと、懐かしい感じを受けながら、
  ヤマトだよな〜という楽しみと、
  映像は進化したよねという楽しみとが
  あった作品でした。
  劇場での公開では採用されなかった、
  もう一つのエンディングは、きっとヤマトらしく
  なかったような気がします。
  地球が滅びるラストでは、なんかヤマトっぽくない
  劇場で、最後に地球が救われるという展開は
  ヤマトだって感じがしましたから。
  しかし、雪の行方はいずこに、
  第二弾で、明らかになるのでしょうか。

「劇場版 マクロスF 虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜」
 ・期待していた以上の出来映えであったとおもいます。
  TVシリーズの前半をリニューアルして、
  少し違った視点も加えて、マクロスの神髄である
  歌にフォーカスした構成は、なるほどなと
  いった感じでした。
  劇場版の続きが、公開になるようですが、
  ラストへ向けて、どのようなビルドアップをして
  劇場版としてくるのか、期待したいところです。

「よなよなペンギン」
 ・日本のCGアニメも、ここまで出来る。
  子どもたちに安心してみせることのできる
  ファミリーアニメとして、ハリウッド作品に
  負けない出来映えであったとおもいます。
  日仏の合作らしいですけど、
  あの主人公の少女がくちずさむ歌が、
  とても印象的に頭に残ります。

「ワンピース ストロングワールド」
 ・ジャンプ作品は、やはりジャンプ作品です。
  ジャンプらしさを感じます。
  10周年記念作品ということで、
  コミック0巻を配ったこともあって、
  非常に興行成績も良かったようです。
  内容は、テレビシリーズともちょっと絡めた
  サイドストーリー。
  友情、信念、諦めない心、やはり面白く
  楽しいし、メッセージもちゃんとある。
  日本のアニメの良さを感じます。

「のだめカンタービレ 最終章 前編」
 ・原作が、ひとつのエンディングを迎えて
  TVシリーズの後をうけ、ファイナルとして
  制作された劇場版の前編。
  のだめワールドを、あえて?人形とわかる特撮で
  表現しているといった演出ですが、
  まあ、のだめらしいといえばそうなります。
  ラブコメディ路線の作品ですから。
  後編で、どんなハッピーエンドを演出するのか
  注目されるところです。

「アバター3D」
 ・世界興業成績で、あのタイタニックを抜いて
  世界一になった、CG特撮SF作品です。
  3Dで観ましたが、高所恐怖症の人は、
  目をそむけてしまうかもしれないシーンもあり、
  3DCG特撮の可能性を感じさせてくれる
  作品でした。まあ、ストーリー展開上
  しかたないとはいえ、突っ込みたくなるシーンも
  ありましたが(スピリッツを移動するときの
  等身は、あきらかにおかしいかったような・・・)
  物語としては、ハリウッドの王道にきちんと
  沿った展開で、恋い、冒険、スリル、謎、
  善と悪、神秘、いろいろありありといった
  ところでしょうか。
  ラストも、期待通りの内容でした。
  SF小説的には、続編として、地球編も
  出来るでしょうが、映画としてはどうかなと
  いった感じかもしれません。
  そうそう、字幕も浮いてましたね。

 さて、この正月の劇場作品は、まさに、3D映画元年の
幕開けといった感じであったようにおもいます。
立体映像作品が、動員を伸ばしているのは、単に映画をみると
いう感じではなく、アトラクション的な要素もあるからなの
かもしれません。今後も、3D立体映像の作品は、
公開されていくことでしょう。
ただ、やはり目は疲れますね。
 劇場のアニメ作品、TV作品の減少とは、反対に
増加傾向ですね。今年も、沢山の劇場公開作品が予定されてます。
TV業界の広告価値低下対策なのか、TV局も
TVシリーズと劇場作品を連動させる展開を増やしています。
アニメよりも、ドラマで、その傾向が加速している気がします。
映像作品のビジネスモデルに、少し変化が出てきたといった
ところなのかもしれません。
 劇場作品も、単発でなく、シリーズ作品が、
以前よりも増えているようです。やはり作品のヒットに
関するリスクを、出来るだけ押さえたいという製作サイドの
意向であるのでしょう。
 劇場のオリジナル新作が、あまり出てこなくなることは
さみしい感じではあったりします。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:48| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする