2010年02月09日

魅せる映像&初めての映像制作講座

ビデオカメラとパソコンの発達によって、
誰もが映像作品を創れる時代になっています。
また、創った映像作品は、インターネットで全世界に向けて
発表できるようにもなっています。
携帯電話やスマートフォンなど、モバイル環境でも
映像が、簡単に観る事のできる時代です。
個人の表現や、お知らせ、アピールなども
映像を効果的に使用することで、
より相手に、伝えたいことを訴えることが
できるようになっているといえるでしょう。

そんな時代ですが、でも、どんな風に映像を創れば
よいのか、わからない人もいらっしゃることでしょう。
そんな人のための講座が、あったりします。
私の知人の主催する講座を、その案内といっしょに、
ご紹介いたします。
興味のある方は、参加してみるのもよいとおもいます。

以下、ご案内文です。
---------------->>>>>>
「創造力と表現力を高める映像制作講座」の
第二回目「魅せる映像制作講座」を
2/27(土)の14:00〜16:30に開催します。

また「初めての映像制作講座」も同じ日
2/27(土)の10:00〜12:30に開催します。

そのご案内です。

■魅せる映像制作講座
 ご自身で制作したムービーで伝えたいことが伝わるようになります。
 ムービーで伝えたいことがある方は是非お越しいただけたら嬉しく思います。

 詳細、申し込みはこちらをご覧ください。
 http://blog.canpan.info/bizmovie-study/archive/50

■初めての映像制作講座
 初めての方がyoutube、ブログ、結婚式などで見るような
 写真と音楽を使ったムービーを作れるようになります。

 もしムービーを作ってみたい、どんな風に作るのか知りたいとお考えでしたら
 是非お越しいただけたら嬉しく思います。
 今回はいつもより少人数で行いますので、
 マンツーマンに近い形で進めることができると思います。
 パソコンに苦手意識のある方にはお勧めです。

 詳細、申し込みはこちらをご覧ください。
 http://blog.canpan.info/bizmovie-study/archive/49

■その他お知らせ
 2/13(土)10:00〜11:00 まじかる☆ママ
 ラジオにゲスト出演させていただくことになりました。
 http://www.792fm.com/
 インターネットからでも聴けるようです。
 http://www.792fm.com/live.php

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<----------------------
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:50| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/13(土)「カタリバ大学」 ゲスト:フローレンス 駒崎弘樹さん

カタリバ大学という場があるのを、ご存知でしょうか。
ニュースやメディアでも取り上げられることもあるNPOの活動です。
現代の日本の問題を、考えていく場でもあるといえるでしょう。
日本の歴史は、明治維新で大きく動きました。
そして、日清日露と2つの世界大戦を経て、さらに大きく変化して
今日に至っています。
激動のこの160年で、日本人は、自分たちの本質、大事なものを
見失ってしまっている部分があるように感じます。
それを取り戻していくことが、新しい未来に繋がっているように
感じたりもしています。
もちろん、新しい考え方も、必要とされていることは、
間違いのないことです。
多くの視点から、ゼロベースで考えていくこと、
そんなことが、市民レベルから、行われていくことが
大切なのだといえるでしょう。
カタリバは、そんなアプローチの出来る場のひとつといえるように
おもいます。今回のテーマは、新しい公共ということです。
興味、関心のあるかたは、参加されてみては如何でしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
カタリバ大学第13講
* 「社会的企業は、<新しい公共>を担いうるのか?」*
http://www.katariba.net/k-univ

2010/2/13(土) 13:30- by NPOカタリバ
ゲスト:駒崎弘樹氏(NPO法人フローレンス代表理事)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
転送歓迎!お申し込みはこちらです>>http://tinyurl.com/ct2ycc

「<新しい公共>はこの政権の真髄です」
1/27に鳩山首相がそう公言してみせたのを、ご存じですか?
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg3204.html

しかし<新しい公共>とはいったい何を指す言葉なのでしょう。
理念論にすぎない、という批判もあります。
語る人によって内容が異なる現状もあります。

たしかに「日本」という160年前の発明物は、
転換の時を迎えています。それが2009年の政権交代でした。
新しい方法論による、新しい枠組への転換は時代の要請です。

問題は、何をどう転換すればよいのか、という具体論です。

規制緩和を中心とした「新自由主義」路線は
雇用不安・自殺率増加といった結果をもたらしたように
社会にダメージを与えてしまうことがわかりました。
反対に、高福祉を中心とした「大きな政府」路線は、
財政赤字が膨らむ現状でリアリティがありません。
ではどうしたらいいのでしょう?

そのオルタナティブ=代替案として脚光を浴びているのが、
今回テーマとして取り上げる【社会的企業】です。
(お申し込みはこちらです>>http://tinyurl.com/ct2ycc

ゲストは「世界を変える社会起業家100人」に選出された
NPO法人フローレンスの若き経営者、駒崎弘樹氏。

公共ニーズに応えるたしかな地域密着サービス、
行政からの補助金に頼らない経営スタイル、
そして積極的に為政にコミットするアドボカシー活動。

駒崎氏こそが、地道なNPO現場に向き合いながら
<新しい公共>に通じる具体的な国家ビジョンを描きうる
稀有の社会起業家である・・・!

駒崎弘樹と寺脇研。
互いの立場から公共の再生に向き合うふたりの、
真摯な<新しい公共>論が今、交差する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お申し込みはこちらです>>http://tinyurl.com/ct2ycc
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□カタリバ大学第13講概要

■日時:2010年2月13日 (土) 13:30-16:30(開場 13:00)

■会場:ライセンスアカデミー本社 会議室
JR山手線「新大久保」駅より徒歩5分
JR総武線「大久保」駅北口より徒歩3分
(アクセス⇒http://licenseacademy.jp/access.html

■入学金
5000円(教科書代込) *カタリバ会員は1500円

■授業料

カタリバ大学学生:学生 1000円 / 社会人 2000円
聴講生:学生 3000円 / 社会人 4000円

※カタリバ大学の収入は公立高校の生徒に対する
キャリア学習の授業に活用します。
・カタリバ大学の学生になるためには、
別途入学金として5000円をいただきます(教科書代込み)
・カタリバ大学に入学すると、講義の音声・映像配信などの
特典が受けられます。
・授業料も一回あたり2000円安くなりますので、
2回以上講義に参加される場合は、入学をおすすめ致します。

【懇親会】
■会場: 「中華苑」
JR中央線「大久保」駅より徒歩1分
アクセス → http://e-food.jp/cgi-bin/restfind/view1.cgi?no=1124435874
※会場からご案内致します
※当日参加も大歓迎ですので会場にてお申し付けください。

■時間 17:30〜19:30

■会費 学生:3,500円 社会人:4,500円

主催:NPOカタリバ

■受付について
当日の受付に関しましては、13時00分より受付を開始いたします。
※途中参加は可能ですのでお気軽にお越しください。
懇親会から参加の方もお待ちしております。
※領収書が必要な方は受付にてスタッフにお申し付けください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お申し込みはこちらです>>http://tinyurl.com/ct2ycc
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:27| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふくの日

 2月9日だから、2=ふ、9=く。で、ふくの日。
ふくとは何かといったなら、
福だということもあったりしますが
記念日になっているのは、魚の河豚の日であったり
衣類の服の日であったりするようです。
 豊臣秀吉の良いおこないと評価できるものに
ふぐ食禁止令があるといえるかもしれません。
死骸料理を禁止するのは、神の意に沿う行為ですから。
 それは、さておき、
服の日ということで、衣類への関心を高めて
服を着る楽しみを広げようという日だそうですが、
ぜひとも、日本なのですから、和服への関心を高めて
いく活動を積極的に行って欲しいという気がします。
 和服は、日本という国の生活の中から、
出来上がってきたものです。
洋服は、海外で着るのはよいものなのかもしれませんが
日本という環境では、本当は和服の方がよいという
ことなのかなと言う気がします。
 日本の文化や伝統を大切にしていくことで
日本の価値が国際的に高くなることにも通じるでしょう。
ぜひ、和服の見直しを、もっと業界全体で、
行っていって欲しいなという気がします。
また、社会や世間も、和服を着ることを、
もっと認めるような感じになっていって欲しいとおもいます。
特に正装において、和服を認めるべきではないかと
おもいます。国会から考え直して欲しいものだとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:13| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする