2010年03月03日

桃の節句・平和の日

 節句は、日本においても季節を感じる
暦の日であったりします。
国民の祝日にしてしまってよい気がします。
江戸時代初期のころから、
今のような雛人形を飾るようになり
貴族の行事から民衆の行事へと広がって
いったらしいです。
桃の花、菱餅で、祝う女の子のお祭り。
流し雛といった行事を行うところもありますね。
雛人形も、地域で少し異なっていたりして
日本の素敵な慣習であるとおもいます。
そんなひな祭りを、平和の象徴として
ふさわしいのではと、1985年に国際ペンクラブの
ユーゴ大会で、3月3日が、平和の日と
されたそうです。
 3月3日ということで、三の日、
3という数字に纏わる日となっていたりしますね。
耳の日、金魚の日、結納の日。
み、み=3、3。雛祭りには金魚も飾ると
いうので金魚の日。三三九度で結納の日。
 世の中は、いろいろ三でくくることが多いです。
スポーツでも表彰するのは3位まで。
オリンピックでも、メダルは3位までですね。
三人官女、三種の神器、日本三景、御三家、・・・
三大○○といった形で
セレクトされるものが、非常に多かったりします。
三次元の空間を認知しているからなのかもしれません。
 素数、1,2,3,5,7は、
いろいろと人の社会に係わる数字になっていたりします。
人の成長や、安定とも係わるのは、
やはり世界の基軸を構成する数字ということなのかも
しれませんね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:02| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする