2010年03月11日

茨城空港が開港・98カ所目最後の地方空港

 日本の航空行政の失敗を象徴するのが
JAL破綻であり、地方空港の赤字であるといえるでしょう。
現政権党のせいではないとはいっても
自民党の失敗の尻ぬぐいは、政権党である
民主党に頑張ってもらうしかないでしょう。
 無駄につくってきた空港が、98という数になったわけです。
日本の国土の広さからいって、この数は異常であると
いえるでしょう。
 今回の茨城空港は、自衛隊との共用ということであり
つぶれたら自衛隊に引き取ってもらうというのも
ありかもしれません。
 決まっている定期便は、1日1往復の1路線のみ、
海外との1路線が、もうしこしすると就航するそうですが、
それでも、1日に、2機の飛行機が降りて、
2機の飛行機が飛び立っていくだけで、
あとは、非定期的に、個人所有やチャーター機が、
使用するだけということで、維持費用を捻出するのは
無理のようです。開港時点から赤字が決定している。
日本の地方空港の多くがそうであったわけですが、
これは、まさに空港行政が、必要性と活用性と
経済性を考慮せずに、土建業の一時的な需要を産み出す
ためだけに行われてきたという自民党の癒着構造から
きているといえるのかもしれません。
 さて、出来てしまったものを、どうするのか、
利用し続けるのか、つぶすのか、
日本に、98も空港が必要なのか、
維持が大変であれば、民間に売却してしまうというのも
ありでしょうし、潰すというのもありでしょう。
未来に向けて借金を増やすだけのものであれば
精算してしまった方がよいという判断もありだと
おもいます。
 もちろん、これから活性化して、
非常に高い利用が出来るようになり黒字になるというので
あれば存続もありでしょう。
 はっきり言えるのは、もうこれ以上は必要ないでしょう。
ということと、既存の空港について、見直しを行う時に
きているのではないかということです。
あと、離島や離地などで、救急のためも含めて
必要な場所については、赤字であっても便を維持する
ことも必要となるはずです。
そこは、政府がお金を出すことも考えるべきだと
いえるでしょう。
単に、赤字だから無くすというのではなく、
必要性や重要性をしっかりと考慮したうえで、
無くすべきか、維持すべきかを、考えていくことが
重要であるといえます。
それが、できることを政府と行政に願うところです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:13| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水エスパルス 今年こそ!

 Jリーグ開幕、昨年は1位に一瞬なったものの
あとが続きませんでした。トーナメントもベスト4と
あと一歩。しかし、可能性はみえてきたようにも
思います。
今年は、それなりに補強もできたことですし
怪我人も回復してくれば、昨年以上の結果も
のぞめることでしょう。

 さて、開幕戦はアウェイでしたが
勝ちにこだわってのぞんだようです。
結果は、ドロー、まあ負けよりはよかったです。
 いきなりのPKでの失点、
PKそのものに話題がいっていますね。
まあ、あのプレーはダメということに
あとでビデオによる審査でなったようですが
そんなことより、なぜPKをとられたのかの方に
注目して、守備面における強化を図って欲しいと
おもいます。
 ロスタイムに、なんとか同点に追い付いたのは
今後に繋がるとおもいます。
でも、出来れば、その前にチャンスで
きっちり決められるようにして欲しいと
おもいます。
 いよいよ、今週末は、ホームの初戦。
やはり、ホームでは勝利して欲しいところです。


サンフレッチェ広島 vs 清水エスパルス
1 前半 0
0 後半 1
9 SH 13
3 CK 7
19 FK 21
得点
03分 佐藤寿人(PK)
90分+3分 大前元紀(FKから)
警告
03分 西部洋平
35分 岡崎慎司
90分+1分 岩下敬輔
監督 長谷川健太
選手
先発
GK 21 西部洋平
DF 25 市川大祐 ->86分 辻尾真二
DF 5 岩下敬輔
DF 33 ボスナー
DF 2 児玉新 ->69分 太田宏介
MF 30 小野伸二
MF 16 本田拓也
MF 13 兵働昭弘 ->81分 大前元紀
FW 23 岡崎慎司
FW 18 ヨンセン
FW 10 藤本淳吾
控え
GK 31 武田洋平
DF 26 平岡康裕
DF 4 太田宏介
MF 7 伊東輝悦
MF 17 山本真希
FW 15 辻尾真二
FW 22 大前元紀

清水エスパルス
http://www.s-pulse.co.jp/
オレンジTV
http://orange-tv.jp/index.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:15| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MAG・ネット〜マンガ・アニメ・ゲームのゲンバ〜

MAG・ネット
〜マンガ・アニメ・ゲームのゲンバ〜
http://www.nhk.or.jp/magnet/
(日)午後11:50〜午前0:35
(初回放送は4月4日)
(土)午前0:20〜1:05

NHK-BSの新番組「MAG・ネット」
マンガ(M)・アニメ(A)・ゲーム(G)についての話題を
取り上げて伝える情報番組ということのようです。
そのβ版というものの放送がありました。
毎回ひとつの話題をとりあげるということで、
β版で、とりあげたのは、
ドラゴンクエストの影で、大流行したという
DSのゲーム「ラブプラス」でした。

リアルタイム性をもった恋愛シミュレーションゲーム
コミニュケーション、会話、
タッチペンによるスキンシップ

同級生の高嶺愛花 80年代ヒロイン 眉
下級生の小早川凛子 文学少女 髪型
上級生の姉ヶ崎寧々 母親姉 泣きぼくろ

キャラについて、作者が語るといったコーナで
どうも作者は、お母さん、お父さんと
言われているらしいです。

私は、ゲームは余り行わないので、
よく知らないのですが、
このゲーム、意外にも女性にも人気があると
いうことです。
番組内で、ファンの声を紹介していくコーナーでも
女子高生や、OLが登場してました。

そして、このゲームをしたことのない人に
1週間やってみてもらって、はまるのかを
試すというコーナーでは、40代の男性と、
独身OLという2人の方が、登場してました。
結果は、面白かったということで、
このゲーム、はまる人は、はまるようです。

さて、この番組、今回のような形式で、
マンガ、アニメ、ゲームのなかで、話題の作品に
スポット当てていくのだとうろおもいます。
どんな作品がピックアップされるのか、
プロデューサのセンスが問われるところでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:15| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする