2010年03月29日

理想の人材? 〜1億3000千万人のハローワーク〜

 カンブリア宮殿にて、理想の人材スペシャルという
番組を放送していました。

 さて、村上龍さんの、

この本は、正直、読んで、少しがっかりしたものでした。
今回、改訂された新装版が、

出版されたそうです。まだ中身をみていませんが、
さて、前よりも改善されたのでしょうか、
また、同時に、

という本も、出すことになったようです。
進路、自分の夢を考えるのは、13歳で早いわけではない
ということでもありますね。
夢を抱けることが、とても重要なのだとおもいます。
小学校の卒業アルバムに刻む将来の夢、
中学校の卒業アルバムに刻む将来の夢、
それが、あるか否かは、とても大きな人生の歩みの差に
なるのかもしれませんね。

 大卒でも、5人に1人は、就職できない時代に
なっている。そんななかで、就職率100%の大学がある。
秋田の国際教養大学。授業も会議も、皆、英語。
1年間の海外留学が義務付けられている。
4年間で卒業できるのは、半数くらいという厳しさ。
日本の大学にはない大学です。
「英語で学び、英語で考える」
素晴らしいけど、少し淋しい気もします。
日本語では、学べない、外国に依存しなければ、
よい人材にはならないということでもあるわけですから。
日本で、鍛えるためには、日本語環境ではダメという
現状を象徴しているといえるでしょう。
なんだか哀しい気もします。
世界は、結局、英語によって支配されていると
いうことなのでしょうね。
この世の役割からいうと、仕方ないのかもしれません。
どこか、日本語で教えることで、この国際教養大学のような
雰囲気を創り出せる大学が、現れて欲しいという気がします。
しかし、その方が、国際教養大学よりも難しくハードルが高いと
いえるかもしれません。

自分の勉強したい分野が何なのかを知ることが重要、
好きな分野から、仕事を選べと、カルロス・ゴーンは
言っています。
何が好きなのかが、わからない子どもが多くなっている
そのことが、今の教育の根本問題なのかもしれません。

立川職業能力開発センター
・手に職の力と魅力、就職率100%

杉並区和田中の授業「よのなか科」
・夢を大切に、成りたいものを知る

紹介された事例は、確かに大切な教育の場であると
いえるでしょう。

職業と人生、とても密接に関係しています。
でも、親になることの大切さも、学ぶことが
必要なのかもしれないなという気もしました。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 23:15| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の寒波???

 今日は、国内では雪が降っているところもあるようですね。
気温も上がらずに、冬のような感じの気候になっているようです。
初夏になったり、冬になったり、春先の気候は、
三寒四温ということになるのでしょう。
桜の満開も、予想よりも結局遅くなっているようですね。
やはり、自然を予想するのは難しいということのようです。
今年は、気象庁が桜の開花予想をやめたこともあって
民間の気象予想会社が、それぞれに予想を出して争ってましたが
どこもはずれのようです。
この予想のはずれは、桜の開花にあわせて、商売をしている
皆さんにとっては、なかなか痛手であったりします。
昔のように地産地消の時代であれば、そんなに痛手になることも
なかったのでしょうけど、規模の拡張や国内でのグローバル化で
タイムリーな予想をして生産しないと、販売機会を失ってしまうと
いったことや、予想して早めにつくってしまうと、
在庫が増えてしまうといったことなどがあったりして、
いろいろと大変といったところでしょうか。
気候に左右されるものとして、農業もあります。
最近は、温室など、気候に関係なく栽培できる環境もありますが
そうではない栽培環境の方がやはり多いわけですから、
気候の変化、四季の流れは、出来るだけ、過去の変化に
そって流れて言って欲しいということになるわけです。
でも、自然の変化にあわせて、上手に作物を育成するといった
ことも農業のノウハウとして重要なものであったはずですので
そのあたりが、きちんと伝承されてきているのか
といったこともあるのかもしれません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:48| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特別天然記念物マリモ

 緑の丸い藻というイメージのあるマリモですが
マリモとしては、藻であり、まるくなっている必要は
なかったりします。
でも、イメージとして、まるくないと、
毬藻という感じはしないかもしれませんね。
北海道阿寒湖のマリモが特別天然記念物に指定されたのは
昭和27年3月29日ということです。
 よく売られているのは天然ものではなく、
養殖のマリモですね。
阿寒湖のマリモは、世界的にも非常に稀な形で
大型球形になっているということだそうです。
その意味でも貴重であるということですね。
阿寒湖の周辺の自然そのものが、貴重であるということでも
あるわけです。
定番のお土産はには、まりも羊羹があるそうです。
 観光に力をいれていこうという日本政府にとっても
日本の観光地として、自然の美しさを鑑賞できる場所は
大切なものであるといえるでしょう。
国立公園や国定公園の保護の強化を含めて、
自然を守りながら、その資源を上手に利活用して
地域を活性化していくために、
何をポイントとするのか、守るべきことは何か、
商業主義に走りすぎて、環境破壊を起こさないように
充分に注意していくことも重要であるといえるでしょう。
 電気自動車でなければ入れない地域とかを
つくってしまってもよいかもしれませんね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:39| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堀池巧、やべっちFCから卒業

 テレビ朝日のサッカー番組、
やべっちFCで、解説をしていた堀池巧くんが、
8年間の出演を経て、このほど番組卒業となりました。
今、藤枝FCのコーチをしているそうですが、
現場に戻って勉強しなおすとのこと、
以前、巧くんは、コーチというよりも
フロント側の方に進むといった希望もあった時期が
あるようでしたが、どうやら現場のコーチの方に
興味を感じたようですね。
まだ、S級をもっていないような気もしましたが
まあ、健太や克己と同様に、現場の指揮官として
活躍してくれることは、嬉しいことです。
母校、清水東のOBには、現場で活躍している
コーチが結構大勢いますので、
ぜひ、頑張って欲しいとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 01:06| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする