2010年04月30日

2010年5月4日、イーバンク銀行が、楽天銀行へ

楽天もという商号をもつ金融機関が誕生することになったようです。
イーバンク銀行が、楽天銀行になるということです。
私も、イーバンクに、使ってない口座をもっていたりしますが、
あまり使わないうちに、商号が変わってしまうとは、
時代の流れということでしょうか。
http://www.ebank.co.jp/kojin/news/important/information_365.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 15:06| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

樋口真嗣氏が語る!! ビジネスとしての「映像」−いかに人に観てもらうか−

東京都のコンテンツ関連の産業に関する創業支援施設である
東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)にて、

平成ガメラシリーズ、隠し砦の三悪人、など、
特撮からアニメまで、映像業界にて、トップクリエイターのひとりとして
活躍されている樋口真嗣監督を、むかえての無料セミナーが、
開催されるそうです。
現場からのビジネス視点で、映像コンテンツについて
語っていただけるようですので、
映像ビジネスに関心のある皆さんは、参加されてみては如何でしょうか。

東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)無料セミナー

樋口真嗣氏が語る!!
ビジネスとしての「映像」−いかに人に観てもらうか−

◆日時:平成22年5月19日(水)16:00−18:00(懇親会18:00−19:00)
◆場所:東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)1F会議室A
◆参加費:無料(懇親会費:1,000円)
◆定員:40名(先着順)
◆講師:樋口 真嗣氏(映画監督)
◆モデレーター:櫻井孝昌氏
(コンテンツメディアプロデューサー・外務省アニメ文化外交
に関する有識者会議委員)
◆詳細・申込はこちら:http://tcic.jp/introduce.html

※東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)
【Web】www.tcic.jp
【Blog】http://tcic.jp/blog/
【Twitter】http://twitter.com/TokyoContentsIC
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 14:52| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初代チェアマン 川淵三郎に聞く日本サッカーの未来像/六本木ヒルズランチョンセミナー

さて、ワールドカップ南アフリカ大会が
近づいてきました。
また、その後のワールドカップ開催に日本は立候補もしています。
そんな、なかで、アカデミーヒルズが、
日本サッカー協会名誉キャプテン(名誉会長)の川淵三郎氏を
招いたセミナーを開催するとのことです。

川淵氏は、現在のジェフ千葉の前身である古河で活躍し、
日本代表選手として、監督としての経歴もあり、
Jリーグの発足にあたっては、初代チェアマンとして
その基礎作りに、活躍されました。
Jリーグは、非常によいタイミングで、発足でき、
いろんな困難を乗り越えながら、日本に地域に密着した
プロスポーツクラブとして、発展してきています。
プロ野球や、大相撲、プロレスや、プロゴルフ、プロテニスなど
他のプロスポーツと異なる高い理想を掲げて、
活動していることは、日本のスポーツにも大きなことだと
いえるでしょう。

川淵氏のお話に興味があって、時間のとれる方は
参加されてみては如何でしょうか。

六本木ヒルズクラブランチョンセミナー
初代チェアマン 川淵三郎が語る日本サッカーの未来像
http://webcas.mori.co.jp/mail/u/l?p=868TWuyT8hkZ

講師:川淵三郎 ((財)日本サッカー協会 キャプテン(名誉会長))
日時:5月13日 (木) 12:00〜13:30
  ※昼食時間を含みます。セミナー開始後(12:35〜)の
   お食事のサービスは致しかねます。あらかじめご了承下さい。
【その他補足】
ドレスコードのご案内
六本木ヒルズクラブへお越しの際はクラブにふさわしい、
スマートカジュアルの服装をお願いいたします。
・男性の方につきましては、Tシャツなどの襟のないシャツをお召しの場合は
 ジャケットの着用をお願いします。
・女性の方につきましては、男性に準ずる服装をお願いします。
 キャミソール等をお召しの場合は上着の着用をお願いいたします。
なお、以下の服装はお断りいたします。
・浴衣、運動着、丈の短いズボン(半スボン、バミューダなど)、
 穴の開いたジーンズ、ビーチサンダル、下駄、雪駄
【講師】
川淵三郎 (かわぶち・さぶろう)
(財)日本サッカー協会 キャプテン(名誉会長)
昭和11年(1936) 12月3日 大阪府高石市生まれ
昭和34年(1959) ローマオリンピック予選出場
昭和35年(1960) チリW杯アジア予選出場
昭和36年(1961) 古河電工入社、古河電工サッカー部でプレー(〜1972)
昭和37年(1962) アジア大会(ジャカルタ)出場
昭和39年(1964) 東京オリンピック出場
昭和45年(1970) 現役引退
昭和47年(1972) 古河電工サッカー部監督(〜1975)
昭和51年(1976) 日本サッカーリーグ(JSL)常任運営委員(〜1980)
昭和55年(1980) ロスオリンピック強化部長(〜1984)
        (日本代表チーム監督5ヶ月)
昭和57年(1982) 古河電工 名古屋支店勤務
昭和63年(1988) 古河産業出向後、日本サッカーリーグ(JSL)1部総務主事就任
(財)日本サッカー協会 理事就任
平成 3年(1991) 古河電工退社 
        (社)日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)チェアマン就任
平成 6年(1994)(財)日本サッカー協会 副会長就任。
2002年W杯日本招致委員会 実行副委員長就任
平成 8年(1996) 2002年W杯開催準備委員会 実行副委員長就任
平成 9年(1997)(財)2002年FIFAワールドカップ日本組織委員会 理事就任
平成12年(2000)(財)2002年FIFAワールドカップ日本組織委員会 副会長就任
平成14年(2002)(財)日本サッカー協会 キャプテン(会長)就任
平成20年(2008) 7月(財)日本サッカー協会 キャプテン(名誉会長)就任

【募集要項】
日時:5月13日 (木) 12:00〜13:30
  ※昼食時間を含みます。
   セミナー開始後(12:35〜)のお食事のサービスは致しかねます。
   あらかじめご了承下さい。
受講料:6,500円(税込み)
  ※昼食代(税・サービス料込)を含みます。
   お飲み物は別料金となります。
http://webcas.mori.co.jp/mail/u/l?p=ybNLqim1gmgZ
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 14:39| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卯月から皐月へ・・・

 もう卯月も終わりです。
今日は、図書館法の公布にちなんで定められた
図書館記念日であるそうです。
また、オランダでは、クィーンズディで
あったりします。
 四代目という歌舞伎座が、改修のために
閉められる、閉場式の日でもあり、
明日から開幕の上海万博の開会式が
行われる日でもあったりします。
 時の経つのは、早いものですね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 10:57| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歌舞伎座も、いよいよ閉場式

 歌舞伎座も、今日で本当に、今の建物には
さよならということです。
既に、行列が出来ているとか。
 重要無形文化財、ユネスコ世界無形遺産の歌舞伎。
歌舞伎の殿堂、歌舞伎座は、新築工事のため休館。
新しい歌舞伎座は、2013年春に完成予定ということで、
それまでは、別の劇場で、歌舞伎の公演は
行われていくことになります。
 日本の伝統芸能文化、その殿堂ともいうべき
場所が、一時でも、なくなるのは、
さみしい限りです。

歌舞伎座さよなら公演歌舞伎座 閉場式
平成22年4月30日(金)
昼の部 正午〜
夜の部 午後四時〜

歌舞伎座
http://www.kabuki-za.co.jp/

雨の中…歌舞伎座に最後の別れ
2010.4.29 05:02
http://www.sanspo.com/geino/news/100429/gnj1004290504003-n1.htm
歌舞伎座が千秋楽
2010.4.28 19:53
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100428/tnr1004281954011-n1.htm
歌舞伎座に詰めかけた人たち=東京
http://www.jiji.com/jc/p_archives?rel=j7&id=20100428201411-9264241

歌舞伎モバイル
http://www.kabukimobile.jp/
携帯公式サイト
http://kbkm.jp

御園座
平成22年5月5日(水・祝)〜28日(金) 五月花形歌舞伎
http://www.misonoza.co.jp/enngeki_folder/engrki_top.html

シネマ歌舞伎
2010年5月1日(土)東劇先行公開/5月15日(土)全国公開
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 00:31| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

卯月の旬

 環境に優しい食を考えるとき、
やはり、自然のなかで育つ、季節の果物や野菜を
中心にした食が、一番素晴らしいといえるでしょう。
海外から入ってきた果物や野菜にも、
やはり旬はあるものです。

●ぶんたん/ザボン
 色の違いで名前が違う果物。
 果肉が赤紫系なのがザボンで、淡黄色系のものがブンタン。
 砂糖漬けに利用されたりもするようです。
●ネーブル
 ビタミンC・ミネラルが豊富な果汁。短冊切りにすると食べやすい。
●イチゴ
 いろんな品種があって、いちご狩りといった楽しみもある。
 ビタミンCが豊富。へたは洗ったあとに取った方がよい。
●夏みかん
 酸味が強いく、サラダに散らすと甘酸っぱさを加えられる。
●菜の花
 かたい茎を除いてから茹で、和え物や炒め物、汁物などにつかわれる。
●蕗
 タンパク質やカリウム、リンを含み、食物繊維が多い。
 フキ独特の香りがあり、ほろ苦い。
●蕨
 アクが強いので、アク抜きしてから食する。
 ビタミンB1分解酵素を含む、灰または重曹をかけて熱湯を注ぎ、
 落とし蓋をして冷めたらよく水洗いをしサッと茹でアクを抜く。
●筍
 食物繊維を多く含み、カロリーが低い。ワカメと相性が良い。
●人参
 柔らかくて甘みのある新ニンジンがでる。葉ニンジンは、
 葉も柔らかく栄養価が高い。
●薇
 山菜の王者。赤干しと青干しがある。生ものはアクを抜いて使用する。
●たらの芽
 タラの木の若芽。春の代表的な山菜の一つ。独特の香味がある。
●グリーンピース
 春から初夏が旬。ビタミンB2、Cの他、デンプン、タンパク質も
 多く含む。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:17| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事業仕分けも霞む、普天間の後退

 事業仕分けの第2弾が実施されました。
前回と同様に、セレクトされた一部では
あったものの、行政改革、税金の無駄遣いの
実体を国民に明らかにし、改善を促すために
必要な作業であることは間違いありません。
自民党時代には出来なかった前進です。
第3弾にも期待したいところです。
そんな、民主党のがんばりも、
首相の失敗の前にかすんでしまって
いるようで残念です。
普天間の問題への対応です。
新聞やテレビの報道が正しいのであれば、
自然破壊を伴った沖縄内での基地建設に
住民の大反対のある近隣の他県の島への
移設という、もうあり得ないといわれていた
案へと逆行するという愚行を判断したと
いうことになります。
アメリカの圧力に屈したという内容でしょう。
5月中の決着に拘るのをやめて、
国内からの撤去、海外への移設一本に
絞って、アメリカと交渉する気概をもって
取り組んで欲しいとおもいます。
時代は、冷戦終結し、変化しているのです。
戦後の占領下の負の遺産である占領軍の駐留を
とにかく減らしていくことが
重要であるようにおもいます。
日米安保の新時代へ向けて、
国内の基地問題では、新設は絶対に無しを
貫くべきだといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:57| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さわとん、ラジオデビュー、更に飛躍!

 うつ病専門カウンセラーとして、
うつ病蔓延社会を、うつ病円満社会へすべく
日夜、頑張って活動しているさわとん(澤登和夫氏)が、
先日、ラジオデビューしました。

FMおたる(小樽)で毎週火曜日放送の「ほっとけNIGHT(22時〜24時)」
http://www.u-p.co.jp/fmotaru/
「さわとんの、ほんわか、あったか相談室」

次回の放送は、5月25日(火)の予定☆
http://www.u-p.co.jp/fmotaru/

 残念ながら、私は聴けませんでしたが、
きっと、さわとんらしい、放送であったことと思います。

 ゴールデンウィーク明けに、講演が2つあるようです。
もし、元気が欲しい、知り合いが悩んでいる、
自分が悩んでいる、そんな人がいらっしゃたら、
さわとんに会いにいってみてください。
きっと、素敵な出会いがあることでしょう。

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

「ありがトンの秘密」
☆プライマリークラブ主催☆
■日時 :5月6日(木)
19:00〜21:00(受付18:45)
■場所
(財)東京都中小企業振興公社 第二会議室
 JR秋葉原駅 徒歩1分
■定員 : 30名様
■参加費:3,000円
 *U25特典 1,000 円(会場、資料代含む)にてご参加
 (25歳未満の若手社会人の方、学生の方を応援します!)
■ お申し込み
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P83028774
■詳細HP
 http://ameblo.jp/primaryclub/entry-10500454470.html

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

【DIGNITY WAVE 第4回交流会】
http://www.dignity-wave.com/news/archives/9.html
■日時:5月9日(日) 13:45〜15:45(13:30〜受付)
■場所: あうるすぽっと 会議室A
(東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F)
http://www.owlspot.jp/access/index.html
■定員 : 25名(定員になり次第申込受付終了)
■内容 : さわとんこと、澤登和夫氏による講演
■参加費: 2,000円
■申込み: メール(info@dignity-wave.com)にて申込受付中です。

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

メルマガ
毎日 ほんわか、あったか、なごやか
『さわとんの、今日の「ありがトン」』
【PC】http://archive.mag2.com/M0088094/index.html
【携帯】http://mobile.mag2.com/mm/M0088094.html
読者さんの、今日のありがトンお受けしています。
http://www.arigaton.com/your_arigaton
(内容や個人情報等問題がない限り、確認無しに掲載させて頂きます)

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

「毎日のいきいきのために、一日ひとつのありがトンさがし」
★さわとん(澤登和夫) 株)ありがトン代表・うつ専門カウンセラー★
◆さわとんの「ありがトン」のブーログ http://ameblo.jp/sawaton
◆ありがトン公式HP(携帯対応) http://www.arigaton.com
◆贈った人も、贈られた人もほんわかしちゃう「ありがトン」グッズ
(小冊子「ありがトン」、さわとんストラップ、メッセージカード、シール、講演CD、アロマオイルなど)
の購入はこちらからどうぞ。
Shopありがトン(携帯対応)
http://shop.arigaton.com
◆mixi「さわとん」

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:42| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昭和の日に思う

 昭和天皇の誕生日を記念して、昭和の日になりました。
祝日の趣旨は、
「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、
 国の将来に思いをいたす」
というものです。
 ぜひ、明治の日、大正の日も、祝日にしてほしいなと
思います。
 昭和を振り返るというと、
やはり、戦争の歴史からとなるのでしょう。
終戦65周年の今年、昭和のことを思い返しながら
平和について、家族の絆について、
考えてみるのもよいのではないでしょうか。

☆昭和館
http://www.showakan.go.jp/
4月29日(木)は、7階・6階 常設展示室(有料)を入場無料。

☆国営昭和記念公園
http://www.showakinenpark.go.jp/
緑のフィールドコンサート
4/29(木・祝)11:00〜12:00、13:30〜14:30

1926年12月25日から(昭和元年は、わずか6日間)
昭和64年(1989年)1月7日までが、昭和の時代です。

第一次世界大戦、関東大震災のあと、昭和のはじまりは
昭和金融恐慌からはじまり、満州の利権拡大を目指すことに
なっていく、昭和3年に、パリ不戦条約を調印している。
国内では、いわゆる赤狩りがはじまっていく、
三・一五事件、に四・一六事件など。
昭和4年、世界恐慌がおこり、それが契機となって、
昭和6年には、満州事変が勃発し、満州国を建国するに至る。
五・一五事件、二・二六事件をへて、政党内閣は終焉を迎え
昭和12年、盧溝橋事件より、日中戦争(支那事変)に突入し
第二次世界大戦が勃発、アメリカの通商条約破棄から。
三国同盟を締結へと進み、ABCD包囲網による経済封鎖に
絶えられなくなり、国内では、南進論と北進論が
衝突し、日ソ中立条約締結へと至り、
太平洋戦争へと突入していくことになる。
昭和18年10月、大東亜共同宣言を発表。
ミッドウェー海戦以後、戦局は変わり、
昭和19年7月サイパン島陥落、昭和20年3月10日東京大空襲、
昭和20年は、日本の国土が地獄になった年だといえそうです。
名古屋大空襲、大阪大空襲、神戸大空襲、
5月横浜大空襲、6月静岡大空襲、7月北海道空襲、8月富山大空襲、
4月1日米軍沖縄本島上陸・沖縄戦6月23日終了。
昭和20年7月26日連合国がボツダム宣言を発表、
その直後に、アメリカは、広島と長崎に原子爆弾を投下する。
ソ連が、中立条約を一方的に破棄し、満州・樺太・千島へ進行開始。
8月15日、天皇の玉音放送が国内に流れ、
日本はボツダム宣言の受諾を表明する。
しかし、ソ連軍の侵攻はとまることなく、地上戦終了は、
8月23日であったという。
9月2日に、日本と連合国間の休戦協定が調印される。
以後、日本は、連合国の軍事占領下におかれる。
GHQ主導の改革が進まれていくことになる。
昭和21年(1946年)には現代かなづかい・当用漢字が制定され
文語記述の時代が終わりを告げることになる。
昭和26年にサンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約を
締結し、本土の占領は終了するが、米軍駐留は続くことになる。
さて、当時、日本語のローマ字化がGHQにより行われようとして
なんと、新聞は賛成したらしい。戦争突入も新聞の後押しが
あったからであり、新聞の過去の罪は、もっと白日の下に
さらすべきであるように感じる。米ソ冷戦時代の始まり、
中国革命の進展と朝鮮戦争の勃発によって、日本の歴史は
大きく変化することになる。まず米軍の占領政策が変わり、
非武装中立国を目指すというものが、米陣営の拠点国にすると
なっていったわけで、自衛隊もその転換の結果の産物であると
いえるだろう。レッドパージ。
下山事件、三鷹事件、松川事件など、
1952年1月18日に韓国が竹島、対馬の領有を主張。
昭和30年代からはじまる
戦後の高度経済成長時代は、中東戦争によるオイルショックまで
続くことになる。
東京タワー完成、東海道新幹線開業、名神高速道路開通、
東京オリンピック開催、日本万国博覧会開催、・・・・
いざなぎ契機、三億円事件、全共闘運動、よど号ハイジャック事件、
三島事件、札幌オリンピック、あさま山荘事件、山陽新幹線、
沖縄返還、第一次石油ショック、ロッキード事件、
日中平和友好条約、第二次オイルショック、東北新幹線、
上越新幹線、東京ディズニーランド開園、日本海中部地震、
NTT、JTの発足、つくば科学博、日航機墜落事故、バブル景気、
国鉄分割民営化、青函トンネル開通、瀬戸大橋開業、リクルート事件、
・・・・・
キーワードを主なものをなれべてもいろんなことが
あった時代であるといえるでしょう。
昭和は、丙寅の年に始まって、還暦を越えて続いた時代で
あったわけですが、これは、中国でも康熙だけということで
長い時代であったともいえるでしょう。
今年は、庚寅の年です。昭和25年生まれの皆さんが還暦と
いうことになります。朝鮮戦争が始まった年でもあったりします。
日米安保も来年還暦、そろそろ引退してもらってもよいような
気がします。

しかし、昭和の後半を生きてきた自分の人生を振り返ってみても
非常に変化の激しい時代であったように感じます。
私の生まれる前に、映画が全盛時代を迎えていて、
東映・大映・松竹・東宝・日活のメジャー5社により
毎週新作が2本平均で上映られていたというのですから、
私が生まれたころにはテレビによって、映画は既に衰退していたそうです。
テレビも、VHS白黒時代、から、UHF増えカラーになり、
BSがはじまるという変化があったわけですから。
ゲームも、インベーダゲームの大流行から、ファミコンの登場があり、
家庭での音声映像の記録も、オープンリールデッキ、8ミリフィルムから
LLカセット、LPレコード、ウォークマン、家庭用ビデオデッキVHS&β、
CD、VHD/LD、MD、8ミリ、DVD、BR、SD、と小型化大容量化が進み、
電話も、ポケベル、自動車電話、携帯電話と、
パソコン通信、インターネットが出てきてと、
まあ、いろいろ変化してきたものであったりします。
昭和生まれの世代は、平成生まれの世代に何を伝えていけるのか
きちんと考えていきたいものだとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:20| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

天然オレンジジュース

 1954年4月28日、日本ではじめての缶ジュールが
発売されたそうです。そこで、缶ジュース発売記念日とのこと。
いまや、自動販売機があたりまえのように設置されている
日本社会ですが、その中心が、缶ジュースであるともいえるでしょう。
最初の缶ジュースが、明治製菓の天然オレンジジュースで
あったそうです。
 オレンジジュース、オレンジというと、
私が思い浮かべるのは、エスパルスということに
なってしまいます。
もちろん、地元静岡は、みかんの産地でもあります。
みかんジュースとオレンジジュース、まあ似たようなものでしょう。
(本当は違うはずですけどね)
 果物のジュースは、ベジタリアンにとっても
素敵な飲料品です。
わざわざお酒などにせずに、純粋なジュースとして
または、ジュースにせずに、純粋な果実として、
食していけるとよいなとおもいます。

 オレンジ軍団は、今シーズンは、ここまで好調です。
リーグ戦、カップ戦ともに、負けなしできています。
このまま、好調を維持していってほしいなと思います。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:24| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年は「国際生物多様性年」

日本は、南北に細長い列島です。
その自然環境のなかには、多様な生き物が存在しています。
国際生物多様性年の今年、日本人として国際人を目指すのなら
まず、自国のことを、きちんと語ることのできる知識を
もつことが重要であるといえるでしょう。
環境問題を語るとき、母国の自然について語れないというのでは
少し恥ずかしい気もします。
国立科学博物館で、日本の生き物に関する展示が行われます。
日本の持つ自然とその中で生きている生物の魅力や特徴を知り、
また、減少しているもの保全活動の現状など、
日本の自然を知るよい機会であるといえるでしょう。
環境や自然に関心のあるかたは、
ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

企画展
「日本の生物多様性とその保全
 -生き物たちのバランスの中に生きる-」
http://www.kahaku.go.jp/event/2010/05balance/index.html 
会場:国立科学博物館 日本館1階 企画展示室
開催期間:平成22年5月1日(土)〜7月19日(月・祝)
開館時間:午前9時〜午後5時(金曜日は午後8時まで)
     ただし5月1日(土)〜5月5日(水)は午後6時まで
     ※入館は各閉館時刻の30分前まで。
休館日:毎週月曜日および6月22日(火)〜6月25日(金)
ただし5月3日(月)、7月19日(月)は開館
主催: 国立科学博物館

特別展
「大哺乳類展−陸のなかまたち」
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2010/mammal/
期間:平成22年3月13日(土)〜6月13日(日)

特別展
「大哺乳類展−海のなかまたち」
期間:平成22年7月10日(土)〜9月26日(日)
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:02| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

本の持つ魅力と本の伝えるもの

 日本人は、昔から、読み書きそろばんを手習いとして
庶民も少し裕福であれば、寺子屋などで学んできました。
江戸時代、世界でもっとも進んだ都市であったわけですし
かわら版といった書による楽しみが、庶民文化のなかに
あったりするのは、当時の世界のなかでもかなり凄いことで
あったりするわけですが、あまりそこのとを日本人が
意識することはなかったりします。

 1897年-明治30年4月27日、帝国図書館が開館します。
ということで、4月27日は、
 国会図書館開館記念日ということだそうです。

図書館という施設の数、書店の数、出版される書籍の数は、
この頃から、世界をリードしていくような規模に
なっていっているのではないのかなという気がします。
 日本という国の出版文化は、世界的にみても非常に
高度に進んでいるといえるのではないでしょうか。
海外で、日本のようにベストセラーになる本が多数、
出るような国は、どのくらいあるのか、
どこかで、そのあたりの比較できる情報があれば、
見てみたいという気がします。
 本は、いろんなものを伝えてくれます。
本との出合いにより、新たな発見や、変化があったりもします。
小説けでなく、マンガや絵本、専門書や、解説書など
いろんな本があり、いろんな内容があり、
いろんな情報があります。
もちろん、本の伝えるものには、限界もあります。
著書の考えをすべて伝えることが出来るものではありません。
また、書き手の伝えたいことが、正しく読み手に
伝わるとは限らないのも事実です。
正しく深く伝えるためには、直接、言葉を交わし、
生活するしかなかったりします。
弟子入り、修行といったことが必要なのは、
本当に正しく深く、師の教えを学ぶ為の方法は、
それしかないからだと言えるでしょう。
イエスもブッタも、直接伝えなければ、正しく伝わらないと
知っていたから、何の書物も残すことはなかったといえるかも
しれません。ゆえに、本は読み手のレベルで、伝わる内容が
変化してしまうという限界を抱えていたりもします。
読み手によって、意味が180度変わってしまうことも
有り得るということです。
でも、直接会いにいけない人の考えの一旦に触れることが
出来るのは、本があるからだともいえるでしょう。
過去の偉人には、どうやっても会うことは出来ません。
遠く離れたとことに住む人にも会うのは難しいものです。
本や、映像・音の記録は、そんな会えない人の考えを知る
ツールであることは、間違いのないところです。
だから、こそ、本を読むのは、素敵な出会いでもあると
いえるのだと思います。
日本という本王国に生まれたというチャンスを
ぜひ、活かしていって欲しいなとおもいます。

日本という国は、本当に変わった国なのかもしれません。
でも、非常に優れた文化を育んできた国でもあるように思います。
なのに、なぜか日本のことを好きでない人が多かったりします。
それは、まさに教育の失敗が原因であるのかなとも感じます。
 よく出る話に、日本では浮浪者や乞食が新聞を読んでいる
というのが、驚きであるというものがあります。
読み書きが出来ない人がいるという感覚が、世界でもっとも
ないのが日本人ではないでしょうか。
 最近、日本がガラパゴスということを言って、
卑下することがありますが、実は見方の視点が違っているだけで
ガラパゴスであるのは、世界よりも進んでいるからで
あるのかもしれません。世界標準にあわせるということは
もしかしたら退化することになるのかもしれないということです。
どうも、日本人は、明治維新以後、海外の方が優れているはずだ
という妄信をもつようになっている気がします。
日本の文化よりも、欧米の文化の方が凄いのだと思い込むように
教育されてきているのではないでしょうか。
しかし、本当にそれは正しかったのでしょうか。
実は、日本の文化の方が進んでいて、欧米の文化の方が
遅れているのに、欧米がそれを恐れて、日本人がそれに気が付かない
ように洗脳してきたのかもしれません。
成果主義にしろ、経済至上主義にしろ、本当に素晴らしい制度で
あるのでしょうか。
実は、家に鍵をかける必要のない社会、
相手のことを重んじて、助け合うことが優先される社会の方が
素晴らしかったのではないでしょうか。
世間という狭い社会であったにしろ、そこでの営みや、
人と人との絆のあり方は、実は、とても進んだ素晴らしい部分が
あったのではないでしょうか。
核家族社会と、大家族社会、どちらが、本当に人として
進んだ文化社会であり、幸せな社会の礎なのでしょう。
日本には、世界の中で、もっとも長く続く老舗があります。
老舗の商いこそが、実は、社会におけるもっとも進んだ
ビジネスモデルではないのでしょうか。
そんな視点で、日本の文化を、見直してみるというのも
ありであるような気がします。
武力による統治が中心であった欧米を見習うことに
未来はあるのでしょうか。
日本の歴史にも、武力闘争による権力争いはありました。
でも、争いの内時代が、長く続くことも多かったのは確かです。
死刑制度がなかった時代もあれば、肉を食べるのを禁じた時代も
あったりするのです。
もちろん、問題もあったわけですが、良き部分を活かすことは
これからの社会において、ひとつの解決の方向性を見出す
ヒントになるような気がします。循環・持続というキーワードが
中心となる社会は、日本にはすでに過去にあったのでは
ないでしょうか。そうであるからこそ、老舗という存在が
非常に多くあるような気がします。

 本に関する日、哲学に関する日に、
いろいろと考えてみるのもよいのかなとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:15| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

リメンバー・チェルノブイリ・デー

 1986年4月26日、ソ連のウクライナ共和国で
チェルノブイリ原子力発電所の事故が発生、
史上最悪の原発事故であった。
多くの人が被爆し、命を失ってしまうことになっている。
この事故の悲劇を忘れないための日ということ。
 今、エコとか、CO2の排出に関連して
原子力発電所を新たに建設しようという動きが
ありますが、はっきりNOと、声をあげるべきでしょう。
コストがかかっても、太陽、風、地熱、波力などの
環境に本当に優しい発電方法を選択していく
べきであり、個々の家で必要な発電を少しでも
おこなっていけるような住環境をつくっていくことの
方に力をいれていくべきだと感じます。
 原子力の研究は必要であるでしょうし、
原子力発電も、月面や火星では重要な技術のひとつと
なるでしょう。でも、地球上にはこれ以上必要ないと
いうことです。理由は、地球上では廃棄物処理を
安全にかつ環境に優しく実行する方法がないからです。
その方法が確立されたなら、そのときに建設を
考えても遅くはないでしょう。
老朽原子炉の解体問題と、核廃棄物の処理問題の
ことを、もっとクローズアップして考えていく
必要があるといえるのではないでしょうか。
 また、日本での原子力発電所の事故についても
もっと振り返り、思い出すように、
メディアも取り上げて欲しいという気がします。

 1954年4月26日、日本映画の名作「七人の侍」が
劇場公開されたということで、今日は七人の侍の日だ
そうです。農民のために、農民と共に戦ったサムライ。
国民のために国民と共に問題に挑む議員や公務員が
求められている時代であるなと、思ったりします。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:24| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

ハーバード白熱教室 「Justice」第4回放送

ハーバード白熱教室 「Justice」
http://www.nhk.or.jp/harvard/index.html

ハーバード大学
政治哲学のマイケル・サンデル教授の講義「ジャスティス」
http://athome.harvard.edu/programs/jmr/

「Justice(正義)」というこの講義の放送第4回
4月25日 この土地は誰のもの?
Lecture 7 土地略奪に正義はあるか
Lecture 8 社会に入る「同意」

財産権は、自然権である。
ジョン・ロックの話しから
授業は、はじまります。
自然法ゆえに自由は制約される。
神の創造物であるということ、
理性に従うということ
その基本から、発展していく思想の
なかで、同意という考え方、
そして、そこから政府のできること
その限界について、考えていく
国家、コミュニティというものの
リーダのもつ権利が、どのようなものか
その根元を考えるのに、
とても面白い内容であったと思います。
ロックの考えは、なかなか優れています。
あまり議論の表にではしませんが
自然法が、神によって生まれたもの
であるという点が、実は全てにおいて
根底をなす部分になっていると感じます。
この授業、確かに面白いですね。
しかも、優しくわかりやすい。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:16| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連記念日・市町村制公布記念日

 日本の今に関わる出来事、
明治21年4月25日に、市制、町村制が公布されたこと。
1945年-昭和20年4月25日、連合国50カ国が参加した
サンフランシスコ会議がはじまった日ということ。
 明治維新以後の日本の歩みのなかには、
良かったこともあったものの、誤りであったと
思われることもあったといえるでしょう。
 基礎自治体のあり方について、
世界の中の日本のあり方について、
歴史に学ぶことも多いようにおもいます。
 平成維新、明治、大正、昭和の歩みのなかで
欧米のものまねや影響で、見失った日本の良さ
日本の大切にすべきものを、見直すことも
重要な改革のひとつであるといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:01| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

持続可能な未来を求めて−「ミツバチの羽音と地球の回転」

 アースデイ東京の会場でも、紹介されていました。
環境と未来を、考えてみる機会となるような映画

「ミツバチの羽音と地球の回転」

その監督を迎えてのイベントが今晩開催されるようです。
来月には上映会も行われます。
環境と地球に関心のある方は、足を運んでみては
如何でしょうか。

アースデイ東京2010〜鎌仲ひとみ、新作を語る
「ミツバチの羽音と地球の回転」ぶんぶんNight in 東京・Naked Loft〜
【出演】鎌仲ひとみ / 飯田哲也 / マエキタミヤコ
鎌仲ひとみ×飯田哲也×マエキタミヤコ!
http://888earth.net/staffblog/2010/03/425fromnaked-loft.html
OPEN19:00 / START19:30
前売¥1,500 / 当日¥1,800(共に飲食代別)
※USTREAMにて生中継あり。
http://www.ustream.tv/channel/naked-loft---penguin-night

「六ヶ所村ラプソディー」より4年。
鎌仲ひとみ監督の待望の最新作
「ミツバチの羽音と地球の回転」
完成お披露目上映会開催決定!
http://888earth.net/staffblog/2010/05/post-51.html

「持続可能な未来を求めて−映画上映と講演」
日時:2010年5月28日(金・満月)
   開場14時、開演15時、トーク17時〜19時頃まで
会場:聖心女子大学 
参加費:前売り1300円、当日1500円。

「持続可能な未来を求めて−映画上映とミニトーク」
 開催日:2010年6月4日(金)  会場:四谷区民ホール
 開催日:2010年6月5日(土)  会場:四谷区民ホール

会場では祝島、上関の特産品販売、写真展示などを行います。

前売チケットは4/3(土)より発売中
(チケットぴあ、グループ現代)
5/28(金・満月)@聖心女子大学 Pコード:556-354
6/4(金)、6/5(土)@四谷区民ホール Pコード:556-353
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 16:35| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

BBAシンポジウム「国民の、ITによる、日本復活」

ブロードバンド推進協議会のシンポジウムの講演で
ソフトバンクの孫氏と、楽天の三木谷氏が
講演、対談しています。

BBAシンポジウム「国民の、ITによる、日本復活」
http://www.ustream.tv/recorded/6375858


楽天の三木谷氏の講演は、ネットビジネスのサイドから
経営、ビジネスの側面からの意見を語られていました。
ガラパゴス規制だということで、
ネットビジネスを阻害するものとしてあげているものに
以下のようなことを語っていました。
・医薬品販売規制
・東京都フィルタリング規制
・ライフログの利用規制
・食品表示規制
・NGN
・貸金総量規制
確かに、非常に問題の多い規制です。
ただし、単に反対するだけでは意味ないとも感じます。
なぜ、こんな規制が出てくるのか、
その理由について、きちんと評価しておく
ことも必要であるといえるでしょう。
不利益を被る人、被害にあう人は、自己責任で
なんとかすればいいというだけでは、
説得力に欠けるということも考慮して
しっかりとした対案を提示した上で、
反対することが重要であるということを
忘れてはならないと言えるとおもいます。
時間的制約もあってか、そのあたりの話しが
殆どなかったのが残念でした。
あと、何でも世界標準がよいのかということには
危惧と疑問を持っておくことも必要だと思います。
実は、ガラパゴスで良いものもあったりすると
感じています。英語を標準語にすることは
日本の良さを失うことになるかもしれません。
まず、日本語を大事にすること、
その上で外国語を学ぶことが大切であると
いうあたりも考えていく必要があるでしょう。

ソフトバンクの孫氏の講演は、
21世紀は、光の道
ということで、これまでの
車の道、水の道、電気の道、通話の道
というインフラの整備による
生活の向上と変化の歩みを振り返って
これからの時代のインフラとして
整備されていくべきものとして
光の道、情報の道であるということを
上手に解説してくれています。
話しを、21世紀の女性解放に繋げて
います。自宅での仕事の出来る環境の
充実につなげています。
ブロードバンドに関する講演ということも
あってでしょう。インフラとしての光、
実際には、光である必要なく高速通信インフラと
いうことであり、そのなかで有線は光が
もっとも効率的であるというだけですが、
時代は、モバイルも含めた高速通信インフラが
基盤となっているということです。
クラウドは、まあ時流にのってキーワードを
使われてますが、実は話しの内容に
クラウド無関係であったりします。
性の差別だけでなく、年齢差別をなくすべき
と語ってますが、残念ながらソフトバンクの
求人にも年齢差別あったりします。
転職市場は、年齢高いと厳しいですからね。
メタルを光に置き換えること
その価値とコストについて、
象徴的な話しをされています。
地デジ化とあわせて、まず光化をする
インフラの整備を国策で行うというのは
確かに必要なことであり、それを進める
べきだといえるでしょう。
NTTの改革案は、さすが孫氏といった感じです。
ここは、議員さんにも理解して欲しい
ところですね。
教育インフラとしての電子教科書、
医療インフラとしての電子カルテ、
まあ、iPadにする必要も、クラウドにする
必要もないですが、考え方としては
その通りであるといえます、
J-SaaSなどの国が主導でつくった
各インフラを、各省庁のものを統合して
管理し利用することで、安く効率的に
提供できるのですが、もったいないという
状況になってるのが残念ですね。

孫氏と三木谷氏の対談。
改革を進めていくときの問題と課題に
ついて語られています。
行政の硬直化の問題が、規制改革の進まない
問題になっているということを
ネット関連の規制に関連して、
他の事例を出して、政治の問題を指摘してます。
明治維新のときの若者の熱い志を、
今、また必要になっているという話題は、
確かにその通りだなと思います。
孫氏に功績は大きいです。通信インフラの改革として
NTTの競争相手として立候補したことですね。
NGNの話しは、確かにもう古くなってしまってますので
その通りの面もありますが、三木谷氏が何故あそこまで
固持するのか、別の意味で興味ありますね。
日本発のものは皆ダメだみたいな部分は、
出来れば、そうでないところもあるというフォローを
入れて欲しかったかなという気もしました。

インフラと規制の問題をピックアップしているのは
これからの日本の発展における大きな課題なので
素晴らしいことです。
ただ、グローバルスタンダードに会わせるという
方向の話しだけなのが、少し残念です。
日本発のグローバルスタンダードを創るという
話しもあったらなという気がしました。
実は、規制が多いのは、意識のなかに
日本発のグローバルスタンダードをというのを
なぜか潰そうとして海外のものが良いという風潮を
なくすということや
日本のものを良いものだと主張できるような意識の
改革も必要なのだという気がします。

話しのなかで出てくる言葉で、
個人的に残念なのは、草食とガラパゴスが
悪いことのようなイメージで使われていること
でしょうか。草食って、エコでありアクティブです。
ビーガン、ベジタリアンに対してのネガティブな
イメージに繋がるようで嫌いです。
ガラパゴスは、まさに奇跡ともいえる自然の宝庫です。
独自性のもつ魅力と価値を、否定されているようで
嫌いです。
まあ、いいたいことは、そうではないと
わかっているのですが、言葉の伝えるイメージは、
決して、その通りにだけは伝わらないということも
少し意識していうべきな気がするのですけど・・・ね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:49| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人に、地球に、優しい ビーガンレストラン - Vegan Restaurant -

201004212006000 (2).jpg201004212146000.jpg
 先日、夕食を頂いたレストランは、
四ッ谷三丁目の駅から、歩いてすぐの場所にある
「Loving Hut」
http://www.lovinghut.jp/
さんです。
 小さいながらも、とても雰囲気のよいお店で
なんといっても素晴らしいのは、
ビーガンメニューのお店だということですね。
 私は、「禅 ZEN プレート」をいただきましたが
とても美味しかったです。

 アースデイがありましたが、
人にも、地球にも優しい、生活をしていきたい
そう想う人には、絶対にお薦めのお店のひとつです。

 人の生活の基礎は、衣食住であるといえます。
その衣食住の中心に、地球や環境に優しいという
考え方をもって、実践していこうというのが
ビーガンといわれる皆さんです。
そのなかの食でいえば、ベジタリアンということに
なります。
 神は人に、どの様な生き方をするのか
選択する事が出来る権利を与えました。
でも、神の願いは、殺さずであったりします。
親の願いを叶えられるか否かは子ども次第と
いうことです。
 選択できるということは、個々の自由意志で
決めていくということですから、どの様な食を
選んでも構わないのですが、
私は、そんななかで、ラクトベジタリアンを
選択しているということです。

 ノンベジの人にもお勧めのお店です。
たまには、人や地球に優しい食事もよろしいのでは、
ないでしょうか。

 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータの
私にとっては、快適な食事の出来るお店が、
もっと多くなっていってくれると、うれしいなと
おもっています。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:42| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

西班牙からの風〜本と薔薇の贈り物

 スペインのカタルーニャ地方、あのバルセロナなどで
昔からの習わしとして、男性が、薔薇を女性に贈り、
女性は本を男性に贈るという日があるそうです。
それは、守護聖人のサン・ジョルディを讃える日
4月23日ということです。
サン・ジョルディの日に、本を読むのもよいのかなと
おもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:15| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

TAF2010「海外を舞台にアニメをつくるという視点」

TAF2010のシンポジウム
「CoFestaシンポジウム〜海外を舞台にアニメをつくるという視点〜」

モデレーター:岡本美津子氏
(東京藝術大学大学院映像研究科 アニメーション専攻 教授)
パネリスト:
 佐藤順一氏(アニメーション映画監督)
 吉田正高氏(東北芸術工科大学メディアコンテンツ・デザイン学科 准教授)

海外を舞台にしたアニメ作品というものは、
海外のアニメ作品では、殆どみかけない。
日本のアニメ作品では、世界名作劇場をはじめとして、
海外を舞台にしたアニメ作品が、数多く存在している。
作品によっては、海外で放送されたとき、その作品が日本のアニメと
知らないでみていることも多い。
講演では、日本のアニメ製作における海外を舞台にした
作品作りに関して、3つの視点からアプローチしつつ
佐藤監督の作品を事例として取り上げながらお話が進みました。

 1.作り手側の視点
 2.受け手側の視点
 3.ビジネス・プロデュースの視点

アニメ作品における舞台設定は、その作品の世界観を
つくりだすものであるということ、
SF作品においては、空想の世界にリアリティを与えるという
効果があり、観客が世界に入って気安くなる。
最初にロケハンをした海外舞台の作品は、アルプスの少女ハイジ
あたりという話から、ロケハンするということで
作品が作りやすくなるという面があり、
作品の世界観のもつ雰囲気を、イメージしやすくなるという。
嘘をつく必要があっても、どこは嘘=架空でよいのかの
判断を行うのに、リアルな情報=ロケハンの情報があった方が
良い作品になる。
『ARIAシリーズ』におけるネオ・ベネチアと、
ベネチアの比較を、ロケハン画像とアニメ映像を比較しながら
解説して下さり、そのロケのときのお話を交えて、
作品の世界観をどう作っていくのかを語って下さいました。

このシンポジウムに参加してみて、
確かに、日本のアニメは、外国を舞台にした作品が結構多いということ
でも、それは世界名作劇場などの海外原作ものがあるからだと
思ってましたが、それ以外もあったりして、
そして、何よりも海外のアニメ作品の舞台はという点で考えたとき
確かに日本のアニメは、多いかもと感じました。
海外のロケ地に、聖地巡礼する人も結構いたりして、
なぜ、日本人の観光客がくるのか、現地の人が不思議がると
いったことも多いようです。
ロケハンは、国内においても、地方の活性化とタイアップする
方向もあって、注目を浴びており、今後もいろんな展開が
あるでしょう。
海外のロケハンについても、共同製作や観光提携など、
広がりはありえるかとおもいます。

佐藤監督の注目の次回作は、現在、絵コンテ作成中とのこと
舞台は、広島県竹原市、作品名は「たまゆら」。注目です。


posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:03| 静岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする