2010年04月22日

TAF2010「海外を舞台にアニメをつくるという視点」

TAF2010のシンポジウム
「CoFestaシンポジウム〜海外を舞台にアニメをつくるという視点〜」

モデレーター:岡本美津子氏
(東京藝術大学大学院映像研究科 アニメーション専攻 教授)
パネリスト:
 佐藤順一氏(アニメーション映画監督)
 吉田正高氏(東北芸術工科大学メディアコンテンツ・デザイン学科 准教授)

海外を舞台にしたアニメ作品というものは、
海外のアニメ作品では、殆どみかけない。
日本のアニメ作品では、世界名作劇場をはじめとして、
海外を舞台にしたアニメ作品が、数多く存在している。
作品によっては、海外で放送されたとき、その作品が日本のアニメと
知らないでみていることも多い。
講演では、日本のアニメ製作における海外を舞台にした
作品作りに関して、3つの視点からアプローチしつつ
佐藤監督の作品を事例として取り上げながらお話が進みました。

 1.作り手側の視点
 2.受け手側の視点
 3.ビジネス・プロデュースの視点

アニメ作品における舞台設定は、その作品の世界観を
つくりだすものであるということ、
SF作品においては、空想の世界にリアリティを与えるという
効果があり、観客が世界に入って気安くなる。
最初にロケハンをした海外舞台の作品は、アルプスの少女ハイジ
あたりという話から、ロケハンするということで
作品が作りやすくなるという面があり、
作品の世界観のもつ雰囲気を、イメージしやすくなるという。
嘘をつく必要があっても、どこは嘘=架空でよいのかの
判断を行うのに、リアルな情報=ロケハンの情報があった方が
良い作品になる。
『ARIAシリーズ』におけるネオ・ベネチアと、
ベネチアの比較を、ロケハン画像とアニメ映像を比較しながら
解説して下さり、そのロケのときのお話を交えて、
作品の世界観をどう作っていくのかを語って下さいました。

このシンポジウムに参加してみて、
確かに、日本のアニメは、外国を舞台にした作品が結構多いということ
でも、それは世界名作劇場などの海外原作ものがあるからだと
思ってましたが、それ以外もあったりして、
そして、何よりも海外のアニメ作品の舞台はという点で考えたとき
確かに日本のアニメは、多いかもと感じました。
海外のロケ地に、聖地巡礼する人も結構いたりして、
なぜ、日本人の観光客がくるのか、現地の人が不思議がると
いったことも多いようです。
ロケハンは、国内においても、地方の活性化とタイアップする
方向もあって、注目を浴びており、今後もいろんな展開が
あるでしょう。
海外のロケハンについても、共同製作や観光提携など、
広がりはありえるかとおもいます。

佐藤監督の注目の次回作は、現在、絵コンテ作成中とのこと
舞台は、広島県竹原市、作品名は「たまゆら」。注目です。


posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:03| 静岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TAF2010「劇場アニメビジネス 2010年の新たな潮流」

TAF2010のシンポジウム
「劇場アニメビジネス 2010年の新たな潮流」

●司会
数土直志氏(アニメアニメジャパン)
●パネリスト
石井朋彦氏(プロデューサー)(株式会社プロダクション・アイジー)
斉藤守彦氏(映画ジャーナリスト)
氷川竜介氏(アニメ評論家)

 最近、劇場アニメ作品が、注目集めているということで
劇場アニメ作品に関して、パネリストの皆さんが、
いろいろ語って下さいました。

<講演メモ>

1963年TVで鉄腕アトムがスタート、
その前より、映画は斜陽であった。
アニメ映画は、日本の映画を盛り上げてきた。

日本のスクリーン数 約3200
1本の映画の公開スクリーン数
  アバター    830
  カールじいさん 560
  東のエデンU   15

2009年 興業収入で100億こえた作品無し。

東のエデン
 2006末より企画検討、制作ではのべ600人くらいのスタッフ
 プロデューサは言葉を扱う仕事、監督の想いを伝える役割。
 女性が50%。宣伝により客層が変わる。
 2クールの企画、
 ノイタミナの1クールか、別深夜枠2クールかの選択
 1クールを選択、残りは劇場公開へ。
 シナリオをリメイク。TVシリーズ用の完結まで。
 劇場の1作目、2作目、それぞれに楽しめるものに。
 劇場Tは7スクリーン。劇場Uの公開遅れるが、
 劇場側が了承して頂けて、Tの公開延長となる。

劇場側としては、レイトショーで2回まわせる作品は魅力あり。
グッズ販売の魅力。映画の入場売り上げを上回る。
60分作品というコンテンツの魅力。
製作コストの分岐点:60分以下、90分以下、それ以上。

小数スクリーン公開での成功事例として注目されたのが
「空の境界」
HDVでの上映ということで、フィルムコスト必要なし、
製作期間がぎりぎりまで延ばせる。
DVD販売の好調に繋がる理由
→地方で観れない。エアーチェックできない(録画できない)。

情報を知らせないことにより劇場に導く。
?とふっておいて、!に変えることを、観客に発見させる。

エヴァ 序  80スクリーン 20億
    破 120スクリーン 40億
サマーウォーズ 80スクリーン
銀魂 120スクリーン

製作費は小数単館公開ではペイしない。

劇場アニメ=オリジナル作品がヒット。
それに続く作品が出るかどうか注目。

2010年 映画館が減る。
15年前とおなじ、2000スクリーン以下になる。
TV局も映画から撤退か?

劇場映画の魅力=みんなで観るという雰囲気、ライブ感。
音楽が、ライブ中心に戻ってきているのと同じような
可能性もありえる。

2010年の劇場アニメ 小数スクリーン公開作品が増加。
その中から、空の境界や、時をかける少女の様な作品が出てくるのか。



posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:02| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TAF2010「アジアのCG・アニメーション表現と人材育成」


TAF2010のシンポジウム
「アジアのCG・アニメーション表現と人材育成」

ASIAGRAPH CG Art Gallery
http://www.asiagraph.jp/
の主催による、アジアにおけるCGアニメに関して、
パネラーの皆さんが、それぞれに語った講演でした。

アニメの制作の現場における状況について
ビジネスとアートの選択といったことなどを踏まえて、
アニメの世界へ進む人が、どのような気持ちでいるべきか
またアニメ制作という世界が、どの様なクリエイティブの
可能性をもってきているのか、
アジア各国の状況なども含めて、
また、最近の作品などの紹介も含めてのお話でした。

<講演メモ>

CGクリエイター、WEBデザイナー、
CG関連の技術をもった人の進む道にもいろいろ
あったりします。

品質と納期と予算を考えてビジネスでの制作は
行われるものであるということ。

制作の過程では、創造性と効率のバランスを
上手にとっていかなければならないということ。

技の向上、工程の改善、技術の進歩といった中で
集団としての制作活動において、
その中での成長を図っていくという視点で
教育を考える。

制作への参加クリエイターに対して、
導入教育を行い、制作の品質を一定水準に保つ
RIG部門では、WEBサイトによる教育・学習を導入している
アニメーション部門では、OJTが中心。

アニメ・CGを学ぶ学生は、
芸術家(アーティスト)を目指すのか、
職人(アーティサン)を目指すのか、
決断して社会に出るべきである。

東京工芸大学 アニメーション学科 8年が経過
活躍する人が出始めている。
ポルトガル 南蛮屏風をモチーフの作品制作中

韓国は独立系アニメーション、自主制作が多い
年間300本。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:02| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TAF2010「世界の人間は日本のアニ メをどうやって知ったのか?」

TAF2010のシンポジウム
「衝撃の実態:世界の人間は日本のアニメをどうやって知ったのか? 」

増田弘道氏(データベースWG座長、潟tロントメディア取締役)
森祐治氏(データベースWGメンバー、潟Vンク代表取締役)
薄葉彬貢氏(データベースWGメンバー、慶應義塾大学大学院)

日本動画協会の実施した調査結果を中心にして、
日本のアニメが、海外のファンにどのように受け取られているのか
ネットの調査と、海外実地調査の結果を交えて
講演して下さいました。

NTTデータのFP技術をつかったASPサービスにより
ネット上に、日本のアニメの動画コンテンツが
どのくらいあるのかを調査した結果が紹介されました。
約30時間、主要作品のみの調査でも、かなりのコピーが
ネット上に存在することが確認されたということです。
最近は、その殆どが中国のサイトによって占められているようです。

薄葉彬貢氏が、欧州の調査を報告して下さいました。
イギリス、ギリシャ、スウェーデン、スペイン、ハンガリーと
一部、フランス、ブラジルの情報も交えての報告でした。
欧州の5カ国で、アニメ好きの大学生にアンケートした結果
どこで日本のアニメを知ったのかとしてあげられたのは
 1.TV、2.ストリーミング、3.ダウンロード、4.DVD
TVというのは、アニマックスが放送している地域で
多かったということのようです。
スウェーデンでは、クランチロールの配信があると
いうことで、そこでの視聴が多いようでした。
アニマックスは、放送タイトル数が、国によって
異なっているようです。その国で人気のあるタイトルを
繰り返し放送するような感じであるようです。
DVDやコミックなどの購買も、あまり高くないようでしたが
やはり、値段と販売網の違いが大きいようです。
まず、DVDもコミックも、高いということです。
従って、お金がない世代は当然手が出ないということに
なるし、まず手に入れる場所も少ないということだそうです。
コミックは、国によっては、キヨスクで買えるものも
あるようです。
ちなみに、ギリシャはカードゲームのお店が多いとか。
とにかく、品揃えが少ないという現状であるということです。
やはり、日本の販売環境は、世界最高であると
いうことなのでしょう。
DVDの流通の話を含めて、日本のアニメは、
70年代に、漏れ広がり、80年代にビデオで、90年代以後は
ネットにより広がっているというのが結論のようです。
よく、イベントが盛況であるというニュースが
流れますが、やはりそこに集まるような人は、
オタクであるということのようです。
あと、楽しみ方が、歌やコスプレといったものが
中心であるというのもあるようです。

海外にて、日本のアニメは、確かに認知されてはいるものの
作品や広がりとしては、日本で宣伝されているほどでも
ないのかもしれません。
また、人気があっても、ビジネスとしてうまくいくのかと
いえば、うまくいかない状況にあるというのが
実態であるといえそうです。
販売チャネルや、ビジネスの慣習の違い、
ネットの普及による権利意識の低下の問題など、
課題が多いのが、海外でのアニメビジネスということなのだと
いえそうです。

もちろん、アニマックスや、クランチロールのような
成功しつつあるものもあります。
そのあたりをヒントにして、海外での利益を確保していく
という方向なのかもしれません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:01| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TAF2010「コンテンツ高等教育の国際化」

TAF2010のシンポジウム
「コンテンツ高等教育の国際化
 -アジア・グローバル展開のための高度コンテンツ人材の育成」

三上浩司氏(東京工科大学)
伊藤彰教氏(東京工科大学)
福井智子氏(デジタルハリウッド大学 客員教授)
による、アジアにおけるコンテンツ関連の教育に関する
講演でした。

アジアの教育環境が、既に日本を凌駕する状況にあると
いう事実を思い知らされる感じがする内容でした。
また、日本人は、アジアについてあまりにも知らなすぎると
いうことを実感しました。

講演は、インドネシアの状況に関する内容から始まりました。

インドネシア
 人口2億4千万人(世界4位)
 国家予算の20%を教育に使うという法律がある。
 急激に、国内製作番組がTVにて増加した。
タイ
 154校
 デジタルに注力している大学が多い
マレーシア
 人口3千万人 63大学 留学生9万人
 マルチメディアスーパーコリドー構想

どの国でも、教育に力をいれていて、大学の環境が
非常に整っているのに驚きます。
日本の大学よりも、ハード設備が充実しているのは
間違いないでしょう。

というのに、なぜか日本で学びたいという学生が多い
らしいです。
デジタルハリウッドの生徒の半分以上が留学生とのこと。
日本は、「アジア人材資金構想」という政策を
経済産業省と文部科学省の共同事業で実施していて、
その成果も出てきているようです。

教育環境において、あきらかに日本は遅れているという印象を
受けましたが、それでもコンテンツそのものについて
日本への憧れというものが、まだアジアの学生にも
多く持ってもらえているようです。
しかし、日本の国内状況を考えてみると、
今後は、日本の優位性は、どんどん無くなっていくのでは
ないのだろうかとも感じました。
ただ、日本のもっている日本文化をベースとしての
作品作りや作品の内容というものは、何とか残せれば
日本も、まだまだいけるのかもしれません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:00| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TAF2010「海外のアニメマーケットの現状と今後の展望」

TAF2010のシンポジウム
「海外のアニメマーケットの現状と今後の展望」

 このシンポジウムでは、北米において、オンラインアニメ配信を
行っている、クランチロール株式会社のCEOクン・ガオ氏の挨拶と
副社長のロブ・ペレダ氏による、アニメのオンライン配信ビジネスに
関する講演でした。

 まず、クランチロールは、2006年より、アニメ配信に取り組み
はじめた、SNS事業者であり、北米を中心にサービスを展開しています。
アニメ配信SNSとしては、今や世界一のサイトであるといえるでしょう。
正式なライセンス契約の上で、コンテンツの配信を行っており、
契約タイトル数は、275作品以上、
月間600万人のアクセスユーザがあり、
月7ドルの有料会員ユーザ数も2万人を超えています。
テレビ東京からも、クランチロールへの出資が
行われることが決定しているということです。
 現在、日本でオンエアーされているアニメ作品の約50%(40〜50本)を
配信しているということです。
ビジネスモデルとしては、有料会員会費、広告、グッズ販売から
収益をあげて、ライセンス料の支払いと利益としているということです。
2009年に支払ったライセンス料は、まだそれほど大きくはないようです。
売り上げは、100万ドル程度とのこと。
 クランチロールの考えるオンラインアニメ配信の課題と
今後の展開などについて、話されました。
 インターネットのアニメコンテンツビジネスとして、
様々なプラットホームを通じて、アニメ配信を行っていきたいと
考えているということで、SNSだけでなく、iPhoneやiPadなども
視野に入れているということでした。
クランチロールは、日本をターゲットとして含めていないので、
北米及び欧州が中心のユーザ構成であるようです。
今後、海外の人が、日本のアニメを知ることになる媒体は、
衛星放送のアニメ専用チャンネル(アニマックス)か、
ネット配信ということになるでしょう。
既に、なっているというべきかもしれません。
TV放送については、海外の方が、日本よりも規制が厳しいこともあり
また、放送するために、4クール分必要だとか、
吹き替えが必要といったハードルもあり、現状の日本のアニメ製作の
主流となっている1クール作品は、放送できないといえそうです。
ネット配信については、クランチロールが海外では先行している
感じですが、国内のネット配信サイトが、国内のみだけでなく
海外にも配信を行うようになるのかどうか、気になるところでは
あったりします。字幕を付ける手間というのがありますから。
字幕の付け方も、かなり技術が進んでいて、画面内の看板とかにも
字幕を並べて付けるといったことが可能になってます。
台詞以外の字幕ですね。
日本のコンテンツホルダーが海外に販売するにあたっては
字幕版の作成技術の蓄積や、吹き替え版の対応ノウハウの蓄積が
求められるということなのかもしれません。
クランチロールとしては、将来、日本のオンエアー作品の全てを
配信できるようにしたいということでした。
ただ、クランチロールがメジャーになることで、
クランチロールでは観れないということで差別化できるように
なるかもしれません。


<講演内容のメモ>

1.国内アニメ生産高
 ・TV放送枠の削減
 ・人材の流出(アニメ→ゲーム等)
 ・国内販売10%ダウン
 ・優れた原作ものしか残らない
2.技術的進歩
 ・ハード:光学ドライブが消える
 ・クラウド:クロスプラットホーム
 ・ソーシャルメディア
3.国際条約及び海賊対策
 ・DMCA
 ・IPRED
 ・TRIPS
 ・ACTA:米,EU,日本がリーダ国
 ・BAYTSP:NTTデータのパートナー

文化的な動向・好み
 地域毎の検閲(見せない規制)対象
  ・日本のもの
  ・暴力残虐・ポルノグラフィック
  ・政治的以外の不利なトピック
  ・政治的に不利なトピック
 ネットの中立性・バンド幅限定
  一定量のダウンロードをおこなうとそれ以上は行えなくする。
 好みの予想
  ・リリースコンテンツの分析
  ・将来のコンテンツとして
   マーケティング企画、ソーシャルメディア最適化
 事例)青い花をレズサイトにマーケティングしてアクセスアップ
  (※どうも、北米では、青い花はレズアニメの扱いらしい)

インターネットがサプライズヒットを生む可能性
 ・ネットでヒットして、DVDになりDVDが売れるというケースも
  出てきている。

広告付き配信、ユーザ課金配信、ペーパービュー、など
ビジネスモデルがあるが、ネットでは、
POD=プリント・オン・デマインド 自己表現できるような
ものが好まれている。
今後の予想としては、広告付き無料サブスクリプションが
最大利益を生むビジネスモデルになるだろうという予想。

クランチロールでは、放送1週間前に作品映像を
入手して、字幕作成を行い、放送1時間後に配信することで
ユーザのニーズを満たしている。
正式な配信サービスがあることによって、
違法サイトの閲覧が減少してきていることは確かであると
いうことです。

日本のヒットが、米でヒットするかといえば
そうではない、市場によって人気が異なる。
少年アクションものは、世界的に受け入れられるが
ユーモアものなどは難しい。
有料会員は、25歳をターゲットに、男女比率は7:3程度
放送規制については、ライセンス契約時に
作品の内容を考慮して、放送可能かを判断している。
地域限定を行うのは技術的に可能であるが、
それはライセンサーとの話で決めることになる。

 〜・〜・〜・〜・〜

 やはり、海外では、ネット配信という形態での
視聴が中心ということにならざる得ないようであり、
今後もそうなっていくといえるだろう。
DVDといったものは、ヒットした作品を自分で所有したいと
いうユーザが買うというプレミアムグッズ的な
扱いになるといえる。TVアニメの放送が最初という
流れは、今後減少していく可能性が高いかもしれない。
DVD販売にとってマイナスでしかないからである。
しかし、ネットで人気が出たのちに、
DVDが売れるというケースもあることは確かですので
2次販売としてのDVDは、よい商材となるといえるのでしょう。
 日本におけるコンテンツビジネスのビジネスモデルと
海外におけるビジネスモデルには、やはり文化と環境の差に
よる違いがターゲット層の違いとして出てきているような
気がします。

クランチロール株式会社
http://www.crunchyroll.com/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:00| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地球の日、清掃の日

 アースディ、アメリカで1970年にはじまった地球全体の
環境を守るために、ひとりひとりが、行動を起こしましょう
という日です。先日の土日に、この日に先立って
アースディ東京が開催されました。
 日本は、自然と共存共栄を目指してきた国で
あったはずなのですが、近代になってからは、
忘れてしまった自然との関わり、慣習などが多くあり
残念なことだと感じます。

 NHKで、以下の番組が放送されます。

神々の森へのいざない 春日大社 悠久の杜
4月23日(金) 午後8:00〜10:30 

未来への映像遺産 ステキなにっぽん50
4月24日(土) 午後6:30〜9:30 

 日本の自然のもつ素晴らしさと、日本民族が
自然にどう接してきたのか、振り返ってみるのに
よい番組かもしれません。

 そうそう、日本では、1954年に清掃法が制定された
ことから、清掃デーだそうです。
環境保全に、公的場所など、きれいにしておきたい
ものだと思います。ポイ捨ては止めて欲しいですね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:48| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする