2010年05月10日

W杯日本代表決定。岡田監督は世界記録をつくるのか?

サッカー日本代表W杯メンバーが決まりましたね。
あまり、驚くようなことはなかったといったところでしょうか。
また、それほど魅力的なものを出せなかったということに
なるのかもしれません。
ともかく、代表メンバが決まった以上は、
ワールドカップに向けて、各選手はベストコンディションに
もっていって欲しいとおもいます。

GK:川口の復帰が驚きだったかもしれませんね。
おそらく、第3グループの選手として
ベテランとしてのまとめやくの役割を期待しているのかもしれません。
正の楢崎と副の川島は順当。

楢崎正剛、川島永嗣、川口能活

DF:センターは、中沢と闘莉王、再度に駒野と内田を基本で
センターの控えには、岩政と阿部、今野、再度の控えには、
今野、長友、阿部といったところでしょう。

中沢佑二、田中マルクス闘莉王、駒野友一、内田篤人
岩政大樹、今野泰幸、長友佑都

MF:無風の中盤でした。予想通り、小野も小笠原も選ばれなかったです。
底に、長谷部と遠藤、右に中村、左に本田といったところでしょうか。
ただ、本田をFWにして、ワントップということもあるかもしれません。

中村俊輔、遠藤保仁、長谷部誠
本田圭佑、稲本潤一、中村憲剛、
松井大輔、阿部勇樹

FW:高さとしては、矢野を入れたというところでしょうか。
あとは、特に代わり映えしないメンバとなりました。
得点王の落選は、やはり監督の嗜好でしょうね。
結局、岡田監督は、攻撃のオプションに魅力を与えることが
出来なかったといえるのかもしれません。

岡崎慎司、玉田圭司、森本貴幸
矢野貴章、大久保嘉人

まあ、選手のコンディションにもよりますが、

      楢崎
内田  中沢 闘莉王 駒野
   遠藤  長谷部
 中村俊     本田
    岡崎 玉田

といった感じがベースなのかもしれません。

さて、本選までのけが人などが出た場合のリザーブ名簿には、
今回、各方面から、代表入りを押されていた選手たちが
入っているでしょうか。
12日に、発表されるバックアップの7名の顔ぶれにも
ちょっとだけ注目です。

FW:前田遼一、田中達也、平山相太、香川真司
MF:小笠原満男、小野伸二、・・・
DF:石川直宏、・・・


さて、
岡田監督は、
W杯の歴史上、グループリーグ3戦全敗代表監督として
はじめて、再登板するということになるようです。
つまり、ワールドカップ4連敗監督は、いないということですね。
つまり、初戦のカメルーン戦で、負けると、
世界記録をつくることになるということです。


日本代表監督:岡田武史(おかだ・たけし)
・53歳。
・元日本代表DF。34歳で現役引退。
・1993年J1市原(現J2千葉)2軍監督。
・1995年加茂ジャパンの日本代表コーチ就任。
 1997年10月加茂監督更迭後、代表監督就任、W杯フランス大会初出場。
 3連敗でグループリーグ敗退。
・J2札幌、J1横浜の監督歴任。
・2007年12月、日本代表オシム監督が病気で倒れ、その後を受け日本代表監督に就任。
・座右の銘「人間万事塞翁が馬」。

カメルーン代表監督:ポール・ルグエン
・46歳。
・元フランス代表選手、古豪パリ・サンジェルマンで主将として活躍。
・フランス1部レンヌで監督デビュー。2002年からリヨン監督として、リーグ3連覇。
・2009年7月に5カ月間の短期契約でカメルーン代表監督に就任。
 予選4連勝、W杯出場を決定し、契約延長。

オランダ代表監督:ベルト・ファンマルウェイク
・57歳。
・技巧派選手としてリベロからウイングまで幅広くこなし、オランダ代表1試合出場。
・フェイエノールトの監督として、2002年欧州連盟(UEFA)カップ(現欧州リーグ)優勝。

デンマーク代表監督:モーテン・オルセン
・60歳。
・アンデルレヒト(ベルギー)、ケルン(ドイツ)などで選手として活躍。
・デンマーク代表の主将として1986年W杯メキシコ大会全4試合フル出場。
 デンマーク代表通算102試合出場。
・2000年代表監督就任。2002年W杯日韓大会ベスト16。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:39| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本経営品質学会 2010年度 春季研究発表大会

 日本経営品質学会の研究発表会が
開催されるようです。

 経営品質に関する研究者や、経営者、実務家の皆さんが
学際的連携をしながら活動している学会の
研究成果を、見ることができる場だといえるでしょう。
今回の発表の統一テーマは、

「変化の時代の経営品質」

また、自由演題には、

「キャラクタービジネスとメディアマネジメント」、
「JCSI(日本版顧客満足度指数)と経営品質」

など、
多種多様な論題があり、それぞれについて
発表と議論の場が、設けられているとのことです。

個人的にも、興味があるところなのですが、
日程的に、参加できそうもないのが残念です。
とくに、キャラクタービジネスとメディアマネジメントに関する
発表については、創作ブレインのパートナーとしても、
興味のあるところであったりします。

経営品質に関する現状について、
関心のある方は、参加されてみては如何でしょうか。

日本経営品質学会 2010年度 春季研究発表大会
http://www.jape.jp/

 テーマ:変化の時代の経営品質
 日程:2010年 5月22日(土)
 会場: 東洋学園大学 本郷キャンパス 1号館
http://www.tyg.jp/tgu/school_guidance/campus_hongo/access.html
 時間:
  大会  10:00〜16:50
  総会  17:00〜17:45
  懇親会 17:45〜19:00

その他にも経営品質については、研修やセミナーなどが
実施されているようです。

●2010年度 経営品質協議会 研修プログラム
http://www.jqac.com/WebSite.nsf/(All)/6E6659564D43158C492576DA0021E256
●第4期 組織人材マネジメント研究会
http://consul.jpc-net.jp/mc/study_group/jinzai4th.html
 日程:2010年5月〜10月(毎月1回;基本第3木曜日)
 進行:コンサルタント講演     16:00〜18:00
    質疑応答・ディスカッション 18:00〜18:30
    ※懇親会 (10月例会のみ)
 対象:企業・団体の経営幹部、経営企画・人事・教育分野のご担当者、
    労組幹部(計15名程度)
 会場:生産性本部ビル 会議室 (東京・渋谷駅 徒歩約7分)
●オープンセミナー
 5月18日(火)14〜17時:経営品質アセスメント基準 解体新書
 6月15日(火)14〜17時:経営品質アセスメント基準解体新書 Ver.2
http://www.jqac.com/Website.nsf/090415SCC?OpenPage
●体験セミナー
 6月29日(火)14〜17時:評価尺度の検討プロセスを体験する
 7月16日(金)14〜17時:評点ガイドラインを理解する
 8月 6日(金)10〜17時:重要成功要因を抽出する
http://www.jqac.com/Website.nsf/090415SCC?OpenPage
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:47| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EDN Japanが電子版の提供を開始〜組み込み関連の話題〜

 組み込み機器やシステム関連の情報を提供している
EDN Japanが、雑誌の記事をネットで閲覧できる「電子版」の
提供を開始したそうです。

☆「電子版」のサンプル
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_64
☆「電子版」のお申し込み
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_63

また、twitterによる情報配信もはじめたそうです。
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_65

 学術系、情報系の雑誌については、
やはり、電子化の波が、早くくるといったところでしょうか。
雑誌や書籍の電子化は、随分と前から行われてはいましたが、
注目を浴びたのは、アマゾンなどがサービスをはじめてからだと
いえるでしょう。
出版不況を加速するのではないかともいわれていますが、
海外のような進展のしかたが、日本でもあるのかというのが
注目のまとでもあったりします。

 さて、組み込み系の技術の進歩は、電子化の進展に
大きく影響を与えています。
また、自動車の技術など、いろんな分野で、電子化が進むなかで
組み込みシステムといわれるものが、重要になってきている
ことは間違いないでしょう。

今週は、第13回組込みシステム開発技術展(ESEC2010)も
開催されます。
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_88
組み込みシステムに、技術系の学生の皆さんが、
ぜひ関心をもっていただけたらなとおもいます。

◆RFIDの“真の魅力”(2009年3月号)
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_70
◆組み込み市場としての「カジノ」の可能性(2008年4月号)
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_71
◆「タッチ技術」選択の指針(2009年5月号)
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_69
◆PCIe/USBへの対応で使われ続けるPC/104(2009年6月号)
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_67
◆組み込みシステムに適したPCIeのクロック分配技術(2009年7月号)
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_68
◆画像処理プロセッサの基本を学ぶ(2010年1月号)
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_66
◆JasParが車載制御基盤ソフトウエアの開発成果を発表、試作車も披露
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_79
◆「車載ソフトの再利用性と性能のベストバランスを狙う」
 ――『JasPar成果発表会』から(その1)
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_78
◆「AUTOSAR対応ツールのあいまいな部分を補完」
 ――『JasPar成果発表会』から(その2)
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_77
◆JasPar仕様をステアバイワイヤーシステムなどに適用
 ――『JasPar成果発表会』から(その3)
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_76
◇アナログ電子回路コミュニティ
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_82
◇アナログ設計の新潮流を基礎から学ぶ (2)
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_83
◇高効率電源ICの総合情報サイト
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_84
◇FPGAの総合情報サイト
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_85
◇「ANALOG TECH&INFO」
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_86
◇ベクターのEV/HEVソリューション
http://e-mail.ednjapan.com/?4_254861_16514_87
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:45| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンゲージメントが業績に直結する?

 企業のあり方について、
今、様々な変化が訪れているようです。
ベストプラクティスに学ぶということは、世の中の動向として
ごく自然のものになっています。
 資本主義の発展のなかで、企業がどの様な形に
なってきているのか、そして、企業にとっての成功とは何か。
また、企業の永続性に、必要なものとは何なのか。
様々な説明がなされています。

 ひとつの重要なものとして、
企業の理念が、あげられています。
企業の理念とは、経営者の信条であり、企業の目的でもあるものです。
企業理念を社内で共有するための実践的な取り組みが
クレドによる経営といえるかもしれません。
さて、クレド経営で、成功を収めている企業は
数多くあります。
やはり、企業には、その存在についての目的があり、
それは、企業を立ち上げたときの経営理念が基礎となっているはずです。
それを、企業の中で共有していないようでは、
企業内のパワーを効率良く活用することなど出来ないでしょう。

そして、企業を支えているのが人材であるなら、
その人材が、その企業に対して、どれだけ強い想いをもっているのかが
重要になってくるわけです。
すなわち、エンゲージメントを高めることが
クレドを支えるために重要であるということになります。

エンゲージメント=「従業員の組織に対する強い感情的な絆」。

このエンゲージメントの高い社員であればあるほど、
組織への貢献度が高いという調査結果もあるようです。
たとえば、
低い社員を1とした時に、高い社員は1.86倍の業績をあげる、
が高い職場は低い職場に比べて2.22倍もの業績をあげる。
といったような感じだそうです。
エンゲージメントを高めるためには、クレドが不可欠であると
いうことだそうです。
また、エンゲージメントが高く、クレドの浸透している企業ほど
老舗として生き残っていけるといえそうです。

クレドを、どのように
企業の人材育成に位置付けて、浸透させていくか、
そして、そのなかで、エンゲージメントがどのように
高まっていくのか、
クレド経営を実践している現場の事例をもとにして
解説してくれるセミナーが開催されるようです。

企業経営に悩みをもっている方や、
クレドに関心のある方、エンゲージメントに関心のある方は、
参加されてみては如何でしょうか。


第25回 クレド経営研究会 オープン講座
 業績向上のためのエンゲージメントを高めるクレド経営
 http://j-credo.com/seminner/open100514.html

日程:2010年5月14日(金) 13:30-16:00(開場13:15)
会場:ビジョンセンター秋葉原(東京)
    東京都千代田区神田淡路町2-10-6 オークプラザ2階
対象:自社でクレド経営を導入・ご検討の企業様
参加料:1名につき 10,500円(税込)
  ※事前に受講料をお振込み願います。
詳細・お申込み
http://j-credo.com/seminner/open100514.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:44| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワールドカップ日本代表、本日発表。

さて、いよいよ本日、ワールドカップ南アフリカ大会の
メンバーが発表になりますね。

サムライブルーTV
http://tv.samuraiblue.jp/

で、岡田監督の発表を中継するそうです。
今回は、あまり大きなサプライズはないかなと思います。
この前の東アジアカップやキリンカップなどで
召集したメンバを中心に構成されるでしょう。
23人のメンバ以外に、若手を何人か帯同するような
話しも出ていたような気がしますが、
そのあたりはどうなのかなという気もしたりします。

ともかく、
サポータ、ファンは、とにかく選ばれた選手たちを
応援するだけですね。

サムライブルーだけでなく、
AFC女子アジアカップ2010 中国に出場する
なでしこJAPAN、
AFCフットサル選手権2010に出場する
フットサル代表
にも、みなさん、注目して、応援して欲しいと思います。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:02| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする