2010年05月31日

エスパルスのナビスコ杯グループ突破にはダービー勝利が必須!(#spulse)

さて、ナビスコカップのグループリーグも、残り2節となりました。
清水エスパルスは、現在1試合消化多くて、2位という順位ですが、
残り1試合、次節の磐田とのダービーマッチで勝点3をとらないと
グループリーグ突破が苦しい状況になっています。
Bグループは混戦で、突破の可能性は、5位の浦和までありえます。
清水エスパルスとしては、次節で勝点3取れなければ
敗退確定といってもよいでしょう。
まず、次節で、横浜と山形が、勝点3を追加する可能性大であること
すると、その時点で、
横浜と山形も、勝点10となります。
つまり、エスパルスは、勝点10以上でなければ、2位にはなれない
ことになります。
さて、エスパルスが、無事にダービーに勝利したとしましょう。
すると、エスパルスは、勝点11となります。
この時点で、暫定首位になりますが、
2位に勝点10で、磐田、横浜、山形が、並びます。
その次に、勝点7の浦和となるわけです。
さて、最終節ですが、清水は試合ありません。

 磐田vs山形、横浜vs浦和の結果待ちとなります。
ここで、磐田と山形のどちらかが勝ち、横浜が勝つと、清水は3位以下になります。
磐田と横浜が引き分けると、勝点で並びます。
上位4クラブが勝点11で並ぶということもありえます。
勝点でならぶと、1.得失点差、2.総得点数の順番になります。
この争いになると、実は、清水は不利です。
得失点差+1と上位陣では最下位だからです。
ダービーでは、ただ勝つのではなく、得失点差も出来るだけ
大きくして勝たなければ苦しいということになります。

結局、清水エスパルスのグループリーグの突破は、
かなり苦しい状況であるといえるでしょう。
自力の突破のある、磐田、横浜、山形が、断然有利となっています。
浦和も、かなり厳しい状況です。
神戸と湘南は、もうありえませんから、残りの試合に
モチベーションを保てるのか疑問もあるので、
次節では、横浜と山形が勝点3を追加する可能性が高いといえるでしょう。

予想される展開としては、
6月5日の段階で、
磐田、横浜、山形が、勝点10で首位にならび、
清水は、4位に転落となります。
そして、
6月6日のダービーマッチで勝利できなかったら、
グループリーグ敗退決定です。
引き分けでもダメということです。
もし、ダービーマッチで勝利できたとして、
勝点11で、暫定首位にたてますが、
最終節に試合がありません。
最終節で、
勝点10の磐田、山形、横浜が、勝つか引き分けると、
追いつかれます。
試合結果によって、2位〜4位の何れかの順位となると
いうことになります。
出来れば、2位になってくれたらうれしいのですが、
その可能性を高めるためにも、好調の磐田に、大量得点で勝つことが
求められます。
さて、上向きの磐田を相手に、5-0くらいで勝てるのか。
出来れば、大勝して欲しいところですが・・・・

Bグループ【第5節】
 順位 クラブ   勝点 得失点 成績    第6節 第7節
  1 ジュビロ磐田 10 +4 3勝1分0敗 7得点 清水 山形
  2 清水エスパルス 8 +1 2勝2分1敗 4得点 磐田 なし
  3 横浜F・マリノス 7 +3 2勝1分1敗 5得点 神戸 浦和
  4 モンテディオ山形 7 +2 2勝1分1敗 3得点 湘南 磐田
  5 浦和レッズ 7 +0 2勝1分2敗 6得点 なし 横浜
  6 ヴィッセル神戸 3 -3 1勝0分3敗 4得点 横浜 湘南
  7 湘南ベルマーレ 0 -7 0勝0分4敗 2得点 山形 神戸

第6節
06/05 (土)
Bグループ 14:00 神戸 vs 横浜FM (ホームズ)
Bグループ 16:00 山形 vs 湘南 (NDスタ)
06/06 (日)
Bグループ 13:00 清水 vs 磐田 (アウスタ)

第7節
06/09 (水)
Bグループ 19:00 横浜FM vs 浦和 (日産ス)
Bグループ 19:00 湘南 vs 神戸 (平塚)
Bグループ 19:00 磐田 vs 山形 (ヤマハ)
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:07| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界禁煙デー〜禁煙週間

 国連、世界保健機関(WHO)が、世界人類の健康のために設けた
国際デーが、5月31日 世界禁煙デーです。

 WHOが、世界禁煙デーを設定したのは、1988年のこと、
それから、世界中で、禁煙キャンペーンを展開しています。

 今年のテーマは、

「Gender and tobacco with an emphasis on marketing to women」

 ということです。

世界10億人の喫煙者の2割が女性だそうです。
そして、全体喫煙率が低下するなかで、
女性、特に未成年女性の喫煙が一部にて、増加傾向にあると
いうことだそうで、これは次世代の健康にも影響を及ぼす
重要な課題であるということで、
女性への販売促進をやめようというキャンペーンを展開すると
いうことだそうです。

 世界禁煙デー、禁煙週間の機会に、
ぜひ、たばこと健康問題について認識を深めて、
喫煙者のみなさんは、禁煙してみて欲しいと思います。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:39| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする