2010年06月19日

諏訪湖を過ぎて・・・

100619_101037_ed.jpg
今日は、岐阜に学びと神聖な時を過ごしに出かける。
天気予報では、雨がひどいような感じであったが
雲間から時より蒼い空が見えることもあり、
思ったよりも雨はひどくなさそうでよかった。
途中の休憩所でみた湖も見えない天気ではなかった。
今夜は、ワールドカップで日本代表の試合がある。
中継は見えないかもしれないが
よい結果を出して日本を明るくしてほしいと願っている。

よき出会い、よき想い、よき感動が、
多くの人にありますように・・・
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 11:01| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

黒子 〜 100年の伝統を受け継ぎ守る

 ニュースで、今年の夏に、100年を迎える
秋田の木造芝居小屋「康楽館」で、黒子として働きはじめた
若者のことを伝えていました。
黒子としての勉強の日々、郷里の誇りである「康楽館」を
お客さんに案内するために、先輩の黒子に見てもらいながら
がんばっている様子、そして、案内係として、
合格かどうかの試験として、
試験官である先輩の黒子が見守るなかで、
実際のお客さんを案内する。
結果は、合格点。
でも、まだまだ黒子としては、学ぶことが多いと
本人は、これからも、日々精進を誓っているようでした。
 伝統というものは、継承されていかなければ
消えていってしまいます。
 秋田県小坂町の木造芝居小屋「康楽館」は、
恵まれた方なのだといえるのかもしれません。
 日本には、各地方に、芝居小屋があり、
それぞれの伝統をもっているそうです。
国の重要文化財に指定されてはいなくても、
地域の重要文化財であるはずなのに、
後継者がいなかったりして、廃れていくものがあることに
もっと、危機感を抱いてもよいような気がします。
折角の地方の宝を、腐らせてしまうということが
どんなに不幸なことなのか、その気付きを、
その地域のなかで出来ないのであれば、
地域の外から、伝えてあげる必要があるのではないでしょうか。

 私も参加している、カブキのカオリでは、
そんな地域の眠っている宝物に、地域の人たちが気付き
誇りを取り戻していってもらうきっかけとして
都会と地方、海外と日本といった、異文化交流というアプローチが
もっと必要なのではないかと、考えていたりします。
地方の芝居小屋、地方歌舞伎などは、
まさに、地域の宝となるもののひとつであるといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:44| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外移住の日

 明治41年6月18日、日本からブラジルへの
第1回移民の皆さんが、サントスに無事に上陸したそうです。
それを記念して、国際協力事業団が、
定めたのが、海外移住の日だそうです。
 ブラジルと日本の友好関係の礎が、移民の皆さんの
努力によって築かれていったのだといえるでしょう。
 今、日本は、少子化、老齢社会となっているなかで、
移民についての議論も出てきています。
日本から海外への移民が、盛んに行われたのは、
戦前の話であったりします。
 戦後は、そんなこともめったになく、
今や、海外からの移民を受け入れて、人口増加を
図るべきではないかという意見も出てきている時代と
なっています。
 ただ、外国人労働者の問題などを考えていくと
まだまだ、難しい課題がたくさんあるような気がします。
最近は、参政権の問題や、国際結婚や、国際未婚子女の
国籍問題など、いろんな問題が取り上げられるように
なってはきています。
まだまだ、世の中の認知は低いように感じますが、
これからの時代を考えるとき、
この問題は避けては通れないといえるでしょう。
 四方を海に囲まれているために、
外国との交流を、することもなく、長い鎖国時代も
経験してきた日本にとっては、まさに新たな課題と
いえるのかもしれません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:33| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

クラウドコンピューティングを自在に使いこなす (セミナー)

 私も所属しています、情報処理学会にて、
連続セミナー2010が開催されます。

 セミナーのテーマは、

『クラウドコンピューティングを自在に使いこなす』

です。
パソコン、インターネット、そして、クラウドとか
いうこともあるようですが、
最近のトレンドとして、注目されているキーワードが
クラウドであり、仮想化ですね。
その考え方や基本思想は、そんなに目新しいものでは
ありませんが、ハードウェアの技術進歩によって、
より実用的なものとして、サービスが展開されるように
なってきたこともあり、
ITの利活用としては、重要な選択肢のひとつと
なってきていることは、間違いありません。

今回のセミナーでは、
「グローバルクラウド基盤連携技術フォーラム(GICTF)」の協力を
得て、最前線で活躍している講師陣を招いて、
クラウドに関わる最新技術動向や、将来の技術動向、
活用技術や課題、標準化動向などを、学べる場として
設定されているそうです。

開催スケジュールと各回のテーマは、

第1回 6月 『グローバルなクラウド標準化動向と国際協調』
第2回 7月 『Webスケールとインターネットクラウド』
第3回 9月 『企業向けクラウドサービスのビジネスインパクト』
第4回 10月 『クラウドコンピューティング技術の肝(要素技術)』
第5回 11月 『電子行政・社会基盤サービスを担うセキュアクラウド』
第6回 12月 『次世代クラウドコンピューティングに向けて』

といった感じとなっているそうです。

興味のある方は、参加されてみるのも良いのではないでしょうか。

情報処理学会「連続セミナー2010」参加申込受付中
http://www.ipsj.or.jp/10jigyo/seminar/2010/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:05| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大江戸ITC 6月例会のテーマは、IFRSについて

 私も所属しています、ITコーディネータ協会の登録グループである
大江戸ITCの例会が、6月19日に、開催されます。
今回のテーマは、私も関心のあるIFRSについて、
その対応策を、実際に進めていらっしゃる会員の安田氏より
伺える機会であったのですが、
残念ながら、都合で参加できません。

 IFRS(国際財務報告基準)については、
2010年3月期からの任意適用開始を迎えて、2012年に向けて、
上場企業とそのグループ企業(連結対象企業)においては、
対応を準備していかざる得なくなっていきます。
企業は、これまでも、J-SOX対応、内部統制、などに対応して、
いろいろと努力してきているわけですが、
それに、IFRS対応も、求められる時代になったということです。
今回は、特に資産管理に関連する部分の変化について
どう対応するのかが、いろいろ話題になっているようです。
最近の企業の管理は、IT導入なくしては、維持できない
ものとなっています。
まさに、IT経営をどう構築していくのかが問われていると
いうことです。
ITコーディネータは、IT経営の動向には常に注視して
いなければならないといえるだけに、
IFRSの動向にも非常に関心があります。
ただ、今回は、J-SOXや、内部統制のときほど、
世の中的には騒がれていないように感じます。
その理由には、どうやら、まだ、どう対応するのが良いのか
はっきりしない部分が多いからでもあるようです。
今回は、参加できなくて、残念ですが、
今後も、機会あるごとに、IFRSには注目していきたいと思います。

 ITコーディネータの方で、興味があって参加してみたいと
いう方がいらしゃいましたら、会長の山本氏まで、
連絡してみてください。

************************************
◎大江戸ITC 6月例会
日時:2010年6月19日(土) 13時〜17時
場所:(株)オービックビジネスコンサルタント 東京支店
    セミナールーム F
発表者:安田徹氏
テーマ:IFRSについて
コーディネート:大江戸ITC会長 山本康
  yamayasu@ca2.so-net.ne.jp
  http://blog.yamayasu.jp/
  中小企業診断士、ITコーディネータ
  ITストラテジスト
  MITSコンサルティング(ミッツコンサルティング)
  (Management, IT, Skill)
  yamayasu@mits-consulting.jp
  http://www.mits-consulting.jp/
************************************

 個人的には、特に、コンテンツに関しての資産管理が
どうなっていくのかに関心があります。
有形固定資産ではなく、無形固定資産の扱いですね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:53| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FIFA #WorldCup 2010 南アフリカ大会 グループリーグも中盤へ。

 ワールドカップも、グループリーグの初戦を各国が終了し、
2戦目に入りました。
まずは、グループAですが、開催国の南アフリカが、
グループリーグ突破に黄色信号です。
ウルグアイに3-0で完敗してしまいました。
今日のフランスvsメキシコの結果次第では、
グループリーグの突破は絶望的になるといえるかもしれません。
南アフリカとしては、この試合、引き分けか、フランスの勝ちを
期待したいところでしょう。
いずれにしろ、得失点を考えると、最後のフランス戦では、
絶対に勝つことが必要ですし、得失点差も稼がなければならなく
なることが予想されるだけに、かなり厳しいと思われます。
もし、メキシコが勝つと、第三戦では、勝点4のメキシコとウルグアイが
試合をすることになり、引き分けると、両者勝点5で、両者勝ち抜けに
なるという何ともいえない試合展開になります。

 さて、他のグループですが、やはりアジア勢がどうなるのか
注目されます。
 グループBの韓国は、アルゼンチンとの対戦です。
引き分け以上の結果がほしいところですが、さて、どうなるのか。
ナイジェリアとギリシャが引き分けるようだと、
韓国は、かなり有利になります。
 グループCでは、イングランドが、アルジェリアに勝てばよし、
スロベニアとアメリカの試合結果でもつれる可能性もあるかも。
 グループDは、ドイツがセルビアに勝つとほぼ当確、
オーストラリアは、ガーナに勝ってのぞみを繋ぎたいところ。
 注目のグループE、日本vsオランダの試合が先ということで、
その結果を受けて、デンマークvsカメルーンの戦いも変わって
くるかもしれません。
 グループFは、横一線、ニュージーランドがイタリアを相手に
どこまでやれるのか注目です。
 グループG、北朝鮮は、ポルトガルに挑戦します。
ブラジルは、コートジボワールに勝利して、最終戦を迎えたいところ。
 グループH、スペインは、ホンジュラスに勝利出来ないとかなり苦しい
状況になるかもしれません。チリとしてはスイスに勝って最終戦に
のぞみたいでしょう。

 果たして、第2戦終了時点で、決勝トーナメントへの進出を
きめる国が出てくるのか、それとも、最終戦まで、決まる国は
ないままに行くのか、ますます盛り上がるといった感じです。

NHK公式 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ
http://www9.nhk.or.jp/fifaworldcup/index.html
NHK ワールドカップ番組表
http://www9.nhk.or.jp/fifaworldcup/program/index.html



○グループリーグ 第1戦
グループA:南アフリカ 1-1 メキシコ。ウルグアイ 0-0 フランス。
グループB:アルゼンチン 1-0 ナイジェリア。韓国 2-0 ギリシャ。
グループC:イングランド 1-1 アメリカ。アルジェリア 0-1 スロベニア。
グループD:ドイツ 4-0 オーストラリア。セルビア 0-1 ガーナ。
グループE:オランダ 2-0 デンマーク。日本 1-0 カメルーン。
グループF:イタリア 1-1 パラグアイ。ニュージーランド 1-1 スロバキア。
グループG:ブラジル 2-1 北朝鮮。コートジボワール 0-0 ポルトガル。
グループH:スペイン 0-1 スイス。ホンジュラス 0-1 チリ。


土曜日の日本vsオランダ、パブリックビューイングには行けません。
東京ドームや、新宿バトル9など、屋内は天候に関係なく、
盛り上がることでしょう。屋外の会場が盛り上がるように、
雨がやみ、天気予報が外れることを祈ります。
私は、ワンセグ観戦かもしれませんが、
奇跡、再び、を祈りつつ、日本が世界を、スイス以上に
驚かせて欲しいと願っています。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:50| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IT経営体感ケース研修・IT経営マネジメントコース(3日間)受講者募集中

 ITコーディネータ協会が、IT利活用に関連している方を対象に
IT経営のマネジメントプロセスを短期間のグループ研修によって学ぶ
研修をおこなっています。
 その研修を、7月あたまに行う予定ということで、
受講者の募集をおこなっています。

「IT経営体感ケース研修」の受講者募集について
http://www.itc.or.jp/news/news20100604_5.html

 そのような人が、参加されたらよいのか、という
参加対象者として想定される皆さんは、以下の通りということです。

・ユーザー企業で、経営企画、業務改革推進リーダー、IS部門の方
・ベンダー企業で、営業職、SE職、コンサル職で顧客企業に提案が必要な方
・情報系の資格を取ったが、ビジネスに結び付かない、営業ができないと悩んでいる方
・経営系の資格を取ったが、経営改革やIT利活用のことを聞かれてお困りの方
・自治体や商工団体で、中小企業の育成策や経営指導に関わっておられる方
・ITコーディネータ資格を新たに目指す方
・ITコーディネータ資格を失効し、資格復帰を目指す方
・ITコーディネータ資格者で、当研修の講師を目指す方

今回の研修募集要項は、以下の通りとなっています。

■研修名:IT経営マネジメントコース(3日間)
■日時:2010年7月2日(金)、3日(土)、4日(日)
■時間:10:00〜17:00 受付は9:30より
■会場:ITコーディネータ協会研修センター
■定員:25名
■受講料:一般の方     10万円(税込105,000円)
     ITC資格保持者 9万円(税込94,500円)
     ITC協会会員  8万円(税込84,000円)
■締切:6月25日(金)
 定員に達した場合募集を打ち切りますが、
 次回開催希望などあれば、その旨お知らせください。
■持ち物:筆記用具
■事前課題:
  受講が決まった方には事前学習課題をお送りしますので、
  回答を初日にお持ちください。
■特典:
 ・当研修を修了すると、ITコーディネータ資格認定ケース研修(15日間)の受講が、
  12日間の受講に短縮されます。(詳しくは、電話でお問い合わせください)
 ・ITC資格失効者の復帰条件に、試験、知識ポイントの充足の他、
  当研修の修了が追加されました。
■受講申込書
  WORDファイルの「受講申込書」をダウンロードして記入してください。
  http://www.itc.or.jp/news/dlfiles/news20100604_5_2.doc
■受講申込
  「受講のお申込み」ボタンから「受講申込書」ファイルを添付して
  送信してください。
  https://wws.itc.or.jp/cgi-bin/form/attach/attach.cgi

ITコーディネータの学ぶ、マネジメントプロセスは、
いわゆる超上流から保守運用まで、経営とITに関する
全てを網羅しているといえるかもしれません。
経営の視点、ITの視点の両方が、必要とされるものと
なっています。また、ケース研修は、受身の研修ではなく
自分たちで考えることを重要視しています。
参加した方には、きっと得るものがあることでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 14:03| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ITコーディネータ専門スキル特別認定制度

 ITコーディネータ協会は、ITコーディネータの強化のために
今年から、新しい試みを、いくつか実施しています。
 
その中のひとつが、

 ITコーディネータ専門スキル特別認定制度
http://www.itc.or.jp/authorize/skill/index.html

です。

ITコーディネータの資格を保有してはいないけれども
他の専門資格を保有している人に対して、
ITコーディネータ試験ではなく、
その専門資格による専門スキルについての認定試験を
うけて合格されることで、ケース研修を受講されたら
ITコーディネータとして認定するという制度です。
また、すでにITコーディネータの資格を所有している人に
ついては、ポイント取得の対象とすることにもなっています。

ITコーディネータの資格認定者を増やしていこうという
アプローチのひとつです。

また、今年より、ITコーディネータ試験も、
新設の ITコーディネータ(ITC)専門スキル特別認定試験も
CBT(Computer Based Testing)サービスを利用した試験として
実施されるようになり、受験しやすくなっています。

IT経営を実現するプロフェッショナルである
ITコーディネータとして、新時代の経営について
学び、また、企業や経営者を支援、サポートしていくのも
よろしいのではないでしょうか。

ちなみに、ITコーディネータ専門スキル特別認定として
対象としている資格は、これまでの7資格から、
38資格へと拡大されました。
資格名称と資格保有の証明となる書類については、
以下の通りとなっています。

01 公認会計士 「登録証明書」
02 税理士 「登録事項証明書」
03 中小企業診断士 「中小企業診断士登録証」
04 弁護士 「登録証明書」
05 弁理士 「登録証明書」
06 技術士(経営工学) 「技術士登録等証明書」
07 技術士(情報工学)
08 技術士(総合技術監理)
09 経営品質協議会認定セルフアセッサー
     「セルフアセッサー認定証」
10 マネジメントコンサルタント(MC)
     「登録資格称号」「認定資格称号」
11 経営コンサルタント(日本生産性本部)
     「マネジメントコンサルタント認定証」
12 医業経営コンサルタント
   「医業経営コンサルタント証票」「医業経営コンサルタント証」
13 証券アナリスト 「証券アナリスト(CMA)」
      「国際公認投資アナリスト(CIIA)」登録会員証
14 MBA(経営学修士) 「MBA学位」
       MBA(Master Buisiness Administration)
15 MOT(技術経営) 「MOT修得証明書」
       MOT(Management of Technology、技術経営)
16 ITストラテジスト 「合格証明書」
17 システムアナリスト 「合格証明書」
18 上級システムアドミニストレータ 「合格証明書」
19 システム監査技術者 「合格証明書」
20 プロジェクトマネージャ 「合格証明書」
21 システムアーキテクト 「合格証明書」
22 ITサービスマネージャ 「合格証明書」
23 情報セキュリティスペシャリスト 「合格証明書」
24 PMP(プロジェクト マネジメント プロフェッショナル)
    「資格証明書」 PMI(Project Management Institute)
25 P2M (PMA PMR) 「P2M(PMA PMR)資格認定書」
26 ITILマネージャ 「認定証」
   ITIL(Information Technology Infrastructure Library)
27 ITILエキスパート 「認定証」
28 シニアモバイルシステムコンサルタント(SMC)
    「シニアモバイルシステムコンサルタント資格認定書」
29 ISO9000審査員 「登録証明書」「登録カード」
30 公認内部監査人(CIA) 「認定書」
31 公認情報システム監査人(CISA) 「認定書」
32 公認システム監査人 「認定書」
33 ISMS審査員 「登録証明書」「登録カード」
34 セキュリティ プロフェッショナル認定資格(CISSP)
     「Certificate」
35 公認情報セキュリティ監査人(CAIS)
     「公認情報セキュリティ監査人資格登録証」
36 プライバシーマーク審査員 「プライバシーマーク審査員登録証」
37 1級販売士 「認定書」
38 社会保険労務士 「証票」


 人の能力は、資格の有無だけでは、評価できません。
資格を取得するためのノウハウというのは、資格を活用する
ノウハウとは異なるものであったりもします。
とはいっても、資格を所有しているということは、
その資格に対して、自己研鑽する責任をもっていると
いうことですから、やはり、評価の目安とはなるわけです。
 もちろん、資格がなくても、資格者以上に優れた人も
世の中にはいらっしゃいます。
最後は、その人の個人の能力とパーソナリティーという
ことになるわけですが、出会いのチャンスは、資格という
看板が、あると便利であることに、間違いありませんし、
仕事によっては、資格がなければ出来ない占有業務というものも
あったりしますから、そうなるとその仕事をしたければ
資格を取るしかありません。
 これから、仕事をしていく、若い皆さんには、
資格というのも、自己研鑽のよい目安となるのでは
ないかと思います。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:46| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

砂漠化および干ばつと戦う世界デー 〜 水の星の恵みに

 今日は、国連の制定した国際デーのひとつ

「砂漠化および干ばつと戦う世界デー」

 だそうです。

 環境に関する問題が、世界で議論されるなかには、
砂漠化の問題、干ばつの問題もあったりします。
砂漠化をとめるために、緑化をどう進めるのか、
干ばつへの備えとして、環境に配慮しながら、
どのような対応が可能なのか、
 生き物が生きるために水は必要不可欠なものです。
地球は、水の惑星ともいわれます。
その多くが、海で覆われていますが、
必要な水は、海の水ではなく、地上の水、淡水で
あったりするわけです。
 日本は、世界のなかでは、水に恵まれた島国です。
その水資源を守ってくれているのは、
森林であり、地下水脈であり、湖などであるわけです。
自然破壊は、まさに水資源を枯渇させる可能性も
含んでいることを考えていくことが必要であると
いえるでしょう。

 梅雨の季節、蒸し暑さが大変ですけど、
天からの恵みでもある水について、考えてみるのも
よいかもしれません。

 昨日は、天気予報記念日であったようですね。
明治17年にはじめて、日本で天気予報が出された日だ
そうです。それから天気予報の精度は、データの蓄積や
観測技術の進歩もあって、正確なものに
なってきているはずなのですが、
それでも、はずれることも多い気がするのは、
やはり、自然の力には、人の推し量ることのできない
何かがあるからなのかもしれませんね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:43| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

女流トッププロとコンピュータ将棋との対戦〜この秋に実施決定

 私も所属している、情報処理学会で、
創立50周年記念事業として、

「トッププロ棋士に勝つためのコンピュータ将棋プロジェクト」
http://www.ipsj.or.jp/50anv/shogi.html

が進められているということです。

そして、日本将棋連盟に、対局の挑戦状を送っていたそうです。

2010年4月2日:情報処理学会が日本将棋連盟に「コンピュータ将棋」で挑戦状
http://www.ipsj.or.jp/03somu/shogi/index.html

その結果、この秋に、女流トッププロと公開対局が、
実施されることが決定したそうです。
まだ、持ち時間などの対局条件など、詳細は決定していない
ようですが、開催日と場所は以下の通りに
確定したようです。

 開催日:平成22年10月11日(月)
 会 場:東京大学 本郷キャンパス 工学部2号館内
 共 催:社団法人 日本将棋連盟
     東京大学 大学院情報理工学系研究科
     社団法人 情報処理学会

 いわゆる、チェスや将棋、囲碁、連珠、麻雀などの
知的ゲームに関して、コンピュータが人間にどこまで
対抗できるのかは、AIの進歩におけるひとつの成果とも
いわれてきました。
 チェスについては、世界チャンピオンに、勝てるレベルまで
進歩したコンピュータが登場しています。
しかし、将棋や囲碁では、まだそのレベルには到達していません。
将棋では、つめ将棋については、かなりのレベルにあるものの
普通の将棋では、アマ3段くらいの実力のソフトが
あるくらいと聞いたことがあります。
囲碁は、さらに人との差が開いているようです。
 単なる計算ではないものが、ゲームのなかにはあると
いうことですね。
膨大なメモリと演算速度でもって、対抗しているような
ところがありますが、最近は、処理の選択など、データを
利用して判断させるといったものになってきているようです。
それで、かなりレベルが高くなっているとか、
さて、今回の対局は、どんな結果となるでしょう。

 将棋ファンの皆さんも、注目しているかもしれませんね。
私も、将棋はやれますが、かなり低いレベルです。
たぶん、コンピュータには負けるでしょう。
でも、プロとなると、ちょっと違ってきますからね。
 ちなみに女流棋士のどなたが、対局されるのかにも
注目といった感じでしょうか。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:30| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和菓子〜ベジタリアン食品の伝統食として世界に誇れるもの

 日本の菓子は、和菓子といいます。
原材料は、植物や海草であり、肉や卵や乳製品などを含まない
ベジタリアン(ビーガン)向けの原材料だけで、
作られたものであり、見て楽しみ、食して楽しめる
環境に優しく、心にも体にも優しい、魅力ある食品です。
 残念ながら、最近は洋菓子の影響を受けて、
卵などのノンベジな食材が混じっているものが和菓子と称して
出まわっていたりします。悲しいことだと感じます。
卵やしらす、肉、魚、かになどが、入っていえれば
それは、見た目は和菓子でも、中身は洋菓子だと思います。
 偽和菓子ではない、ビーガンも食べることのできる
魅力あふれる和菓子が、もっと多く、出まわるように
なって欲しいなとおもいます。
 6月16日が、和菓子の日とされたのは、
昭和54年のことだそうです。由来は、嘉祥元年に、
仁明天皇が16個の菓子やモチを神前に供え、疫病よけと健康招福を
祈ったというものが、宮中行事となって伝えられたという故事に
よるものだそうです。
 和菓子は、健康招福の食べ物だということですね。
子どものおやつにも、洋菓子ではなく、和菓子を中心に
していった方が、良いのではないのかなと思います。

 屍骸原材料料理ではなく、不殺の料理を、
食の中心にというのは、日本では、古くからあったものです。
和菓子にしろ、精進料理にしろ、ビーガン料理があり、
基本は、穀類と豆類という食は、和食の中心であり続けて
きたわけですから。


日本ベジタリアン協会
http://www.jpvs.org/
殺生肉食禁断の詔勅
(天武天皇の時代から幕末まで1200年間有効であった詔)

「いのちの食べ方」
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/
「食の未来」
http://syoku-no-mirai.net/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:16| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

FIFA #worldcup 2010 南アフリカ大会 日本と韓国の勝利、豪州の敗戦。


 日本代表が、大番狂わせを成し遂げた。

 昨日のグループリーグE組の結果について、
海外の評価は基本的に、そのようなスタンスとなっています。

 つまり、日本代表の評価は、グループ最下位決定という
レベルであるということであったわけです。

 残念ながら、ワールドカップに至るまでの試合結果からは
その評価となるのは、仕方の無いことであったといえるでしょう。

 また、多くの海外メディアが、試合内容についても
酷評となっており、これまでの大会ワーストゲームという
評価が多いようです。

 これも、実際のところ、そうであったといえるかもしれません。
カメルーンの状態は最悪であったという評価でしょうし、
日本のサッカーも、内容的には、魅力あるものでは
なかったといえるでしょう。

 しかし、ワールドカップは、結果が重要です。
代表の試合は、基本的に、まず結果ありきであって、
その次に、試合内容が問われるということになります。
良い試合をしても負けては仕方が無いということです。

 今回の日本の試合結果については、
ワールドカップにおけるアジア枠に関する今後がどうなるのか
といった見方もありました。
現在の4.5枠は、アフリカと同じな訳ですが、
それは、多すぎるのではないかという意見がFIFA内部で
あるということです。
もともと、アジア枠は1であったわけで、
第12回スペイン大会(1982)からアジア枠2になり、
第16回フランス大会より(1998)で、アジア枠3.5となり、
第17回日韓共催大会(2002)で、2.5枠+2枠(開催国)、
第18回ドイツ大会(2006)では、アジア枠4となり、
第19回南アフリカ大会(2010)で、アジア枠4.5となっています。
ドイツ大会で、ひとつもベスト16に残れなかったこともあり
今大会で、アジアの4カ国の成績が悪いとなれば、
枠を減らされる可能性も出てくるといえるでしょう。
オセアニア、北中米、南米との大陸間プレーオフという
0.5枠単位での2枠+0.5x3枠なんてことも、有り得たりして。
その意味でも、今回のアジア代表、韓国、日本、豪州、北朝鮮の
成績は、重要であり、アフリカや、北中米といったあたりと
遜色ない結果が必要とされているといえるかもしれません。

そのことからも、豪州の大敗は、正直いってショックでした。
韓国、日本と、初戦に勝利したことは、良かったです。
北朝鮮が、ブラジル相手に、善戦してくれることを願うばかりです。
出来れば、半分の2カ国が、決勝トーナメントに
残ってほしいと思っていましたが、
さて、どうなるのか、今後の試合展開に注目といった感じです。
第20回ブラジル大会(2014)でのアジア枠が、いくつになるのか、
3以下にはならないと思いますが、予選の厳しさにも影響すること
だけに、注目されるところです。

さて、ワールドカップ南アフリカ大会、
日本代表は、これから、オランダとデンマークという欧州の強豪と
戦うことになります。
次のオランダ戦に、引き分けでもしたら
またもや、大番狂わせと世界中が驚くことになるでしょう。
そして、もし、グループリーグを突破したなら、
またまた、大番狂わせとして、世界のメディアが、
驚くことになるでしょう。

グループEで、大番狂わせを起こし続けることが出来るのか、
日本代表の活躍に注目です。

ちなみに、ロンドン五輪のサッカーのアジア枠ですが、
3.5枠に増えるというニュースが流れてましたね。
欧州がアフリカとの大陸間プレーオフの0.5枠を譲ったらしいです。
理由は、五輪がアジアで人気が高いからだとか。
まあ、欧州サッカーとしては、五輪はあまり高く評価されて
ませんからね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:43| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暑中お見舞い申し上げます 〜 季節も暑中へ

 1950年6月15日に、額面2円の暑中見舞いはがきが
はじめて発売されたことから、6月15日は暑中見舞いの日だそうです。
暑中見舞いというのは、日本の古くからの慣習であると
いえるわけですが、季節の変わり目、季節の中での暮らしの
大変さを、互いに労いながら、互いに励ましあい、
また、普段、会うことのできない人と、その所在と様子とを
確認しあうというのは、まさに人と人との絆を確認するということで
あり、コミュニティの確認ともいえることでもあるでしょう。
 自然のなかで、自然と共に、生きてきた日本人は、
自然の移り変わり、四季の流れと、暮らしとを、
関係付けながら、生活をしてきたということですね。
 季語という言葉があることに、日本人として、
誇りと感謝とを、もって行くべきではないのかなとおもったりも
します。四季のなかで、真夏と真冬が、暮らしも大変であるから
こそ、暑中と寒中のお見舞いという慣習が、
できていったのだとおもいます。

 昨晩は、ワールドカップで、日本代表が、アウェイ開催での
初勝利をあげることが出来ました。
日本国内も、多くの人が、その歓喜に酔いしれたことでしょう。
スポーツのもっている魅力は、自らが楽しむということだけでなく
観戦することでの楽しみ、応援することでの楽しみも
あるということですね。
その楽しみの根底には、絆とコミュニティという存在が、
あるのだといえるでしょう。
日本という国のコミュニティ、日本人という血脈と伝統、歴史の共有に
基づいた絆、そういったものが、人には必ずあるということです。

 団体競技では、お互いを信じて、協力しあいながらも競いあうことで
大きな力を出すことが出来たりします。
そんな絆のパワーを、観戦しているだけでも、共有することが
出来たりするから、サポーターという存在もまた、
チームの一員として、大きな力をもっているのだといえるでしょう。
そして、より大きな絆へと、人と人との関係、
コミュニティとコミュニティとの関係は、発展させていくことが
可能であったりするわけです。
それは、人のもっている根源的な本質によるものであると
いうことなのかもしれません。

 気候の変化に負けないように、心身ともに気をつけながら、
これから、蒸し暑くなっていく日々を、元気に過ごして
行きたいものだとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:46| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

FIFA #WorldCup 2010 南アフリカ大会 半分の国が登場し、いよいよE組み

 ワールドカップ南アフリカ大会も、出場32カ国中の半分が試合を実施、
もっとも好調な出だしを見せたのが、ドイツ代表となってます。
それに続くのが、韓国代表です。
 アジア勢は、最初に登場した韓国が、グループ首位にたつ
好発進したのに対して、続いて登場したオーストラリアは、
ドイツに0-4と大敗してしまいました。
 3番手の日本は、果たして、どんな結果をみせてくれるでしょう。
アジア勢の最後に登場する北朝鮮は、ブラジル相手ですから
どこまで食い下がれるかという感じだと思われます。

 今日の日本代表が、どんな先発メンバでくるのかで
岡田監督のゲームプランは明白になるでしょう。
そのゲームプランが、果たして、現在のカメルーンを相手に
よい選択であるのか否か、チャンスの数とピンチの数で
評価できるかもしれません。
 岡田監督は、ワールドカップ史上、初の3連敗して、
4度目にチャレンジする監督となっています。
つまり、ワールドカップ記録ワースト更新がかかる試合で
あったりするわけです。ワースト記録更新したら、
監督と、監督を選んだ協会責任者は、責任取るべきでしょう。

 日本は、あいにくの梅雨空です。
しかし、サポーターの熱い想いを、南アフリカまで
届けることで、日本代表の力となることは間違いありません。
アウェイ開催での出場での初勝利を願って、
今宵は、熱く応援していきましょう。

 エスパルスサポーターとしては、
岡崎くんに出場チャンスがあって欲しいと願うのですが、
もしかしたら、チャンス与えてもらえないかもしれません。
それでも、チームの一員として、いつでも出場し、
得点をあげてみせるという気概をもって、
準備していてくれることでしょう。
こん大会を経て、また成長した岡崎くんを、リーグで
見せて欲しいと思っています。


NHK公式 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ
http://www9.nhk.or.jp/fifaworldcup/index.html
NHK ワールドカップ番組表
http://www9.nhk.or.jp/fifaworldcup/program/index.html



○グループリーグ 第1戦
グループA:南アフリカ 1-1 メキシコ。ウルグアイ 0-0 フランス
グループB:アルゼンチン 1-0 ナイジェリア。韓国 2-0 ギリシャ
グループC:イングランド 1-1 アメリカ。アルジェリア 0-1 スロベニア
グループD:ドイツ 4-0 オーストラリア。セルビア 0-1 ガーナ
グループE:
 オランダ vs デンマーク
 日本 vs カメルーン
グループF:
 イタリア vs パラグアイ
 ニュージーランド vs スロバキア
グループG:
 ブラジル vs 北朝鮮
 コートジボワール vs ポルトガル
グループH:
 スペイン vs スイス
 ホンジュラス vs チリ
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:29| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月27日町田市勝楽寺『ミツバチの羽音と地球の回転』上映会&対談

 ドキュメンタリー映画のもつ魅力があります。
それは、映像を通じて、撮るものと、被写体とが、
もっている想いや、願いを、観るものに伝える力です。
 21世紀は、環境問題が、世界のテーマとなっています。
しかし、身近に環境問題を感じる機会がない人の方が
多いのが現実であったりします。
 環境問題は、自然の問題だけでなく、
エネルギー、経済、食といった、社会の基礎をなる
ものに対する課題であり、問題であるといえるでしょう。
遠くで起こっていることだから無関係であるという時代は
終わりました、今や、地球の反対側で起こったことが
身近に影響を及ぼす時代になっているのです。
 狭くなった地球の上で、人類は、遠くのことも
他人事としてではなく、自分の事として考えていく
必要があるようになっているということでしょう。

 今回の上映会と対談の催しは、
環境問題とエネルギー問題について考えてみる
よい機会となる場であるとおもいます。
環境問題って何?
エネルギー問題って何?
よくわからないという方、知らないなという方、
少しでも環境問題に関心をもっている方、
環境問題、エネルギー問題を考えるひとつの視点を
知ってみる機会として、
この催しに参加してみては如何でしょうか。

****(以下、告知文より引用)****************

『ミツバチの羽音と地球の回転』
上映会(A,C)


『ミツバチの羽音と地球の回転』上映会(A,C)
      &
対談(B)
 監督 鎌仲ひとみさん × apバンク幹事 田中優さん

http://tanakayu.blogspot.com/2010/06/627.html

◆開催日時:2010年 6月27日(日曜日)
 受付 14時30分 A+Bコース
    17時15分 B+Cコース
    18時30分 Cコース

◆会場:東京都町田市 勝楽寺 
  http://shourakuji.com/keidai/map_location.html

◆監督 鎌仲ひとみさんから〜
 この映画は未来のエネルギーを巡る物語。
 瀬戸内海の小さな島、祝島の人々は
 目の前の海を埋め立てる原発建設に28年も反対し続けている。
 島で一番若い山戸孝くんは妻と子供を抱えて
 島で自立しようとがんばっている。
 一方、スウェーデンでは脱石油、脱原発の取り組みが行われている。
 地域の中でエネルギーの自立に取り組み、
 地域の持続可能性を模索していくスウェーデンの人々の取り組みと
 祝島の人々の未来がやがて重なり合ってゆく。

◆apバンク幹事 田中優さんから〜
 「小さな試みだ、無視すればいい」というのは簡単だ。
 「そんなことをして何になる」と評論することもできるだろ う。
 しかしそれでも「何かを起こす人」が次の世界を作っていく。
 評論して揚げ足を取ることはどんな人間にもできるだろう。
 しかし大切なの は何かを作る人なのだ。
  小さな羽音が共鳴し、共振し、次の地球の回転を起こす。
 この映画はその小さな羽音の記録だ。
 未来の私たちが、どちら側に感謝するだろうか。
 小さなミツバチのする、小さな、しかし勇気ある暮らしを見てほしい。
  『鎌仲監督はこの映画で、地球の回転のギアチェンジする時代の
   羽音を切り取って提示した』 
 将来、この映画がそう言われるようになる といい。

◆開催日:2010年 6月27日(日曜日)

<プログラム> 
3つコースがあります。
下記の一つを選んでお申し込み下さい。
(1)A+Bコース 映画(午後の部)+対談
(2)B+Cコース 対談+映画(夜の部)
(3)Cコース   映画(夜の部)
 
■午後の部
(A)14時30分 受付
  15時00分 映画上映開始
   〜17時15分 上映終了

●休憩(10分)

(B)17時25分 対談
   (鎌仲ひとみさんと田中優さん)
  〜18時00分

●入れ替え
    
■夜の部        
(C)18時30分 受付
  19時00分 映画上映開始
   〜21時15分 上映終了

●鎌仲ひとみさんと田中優さんから挨拶

<参加料>
◎A+Bコース 又は B+Cコース 
 大人 前売り1500円or
     1300円+200花(地域通貨花が使えます)
    当日 2000円
 高校生以下
   前売り 500円
  当日 1000円
◎Cコース 
大人    前売り1000円 当日1500円
 高校生以下 前売り 500円 当日1000円

※保育の準備はありません。

<会場>
勝楽寺
http://shourakuji.com/keidai/map_location.html
 東京都町田市原町田3-5-12
 ●小田急線「町田駅」 東口・西口より徒歩約20分
  西口よりタクシーで 5分
 ●JR線「町田駅」  中央口より約15分
       ターミナル口より徒歩 5分
<申し込み先>
jikan_hana☆yahoo.co.jp (☆を@とに変えて下さい)
 
【申し込みフォーマット】
件名に【6/27町田上映会・ミツバチの羽音】とお書きの上
以下の4つについて、記載した上で、申し込みください。

1.「A+B」「B+C」「Cのみ」のどれに申し込むかを明記下さい。
 (                      )
2.お名前(          )
3.チケット枚数(       )
4.連絡先(                   ) 

(メール又は下記へ申し込み下さい。)
<連絡先> 080(3254)5722 
<主催者>
まちだ大福帳「まちだでドキュメンタリー映画を上映する会」
時間の花アソシエーション
http://www.floweroftime.com/pg18.html

*********************************************
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:46| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日記の日 〜日記にも、いろんな形があるものです

 アンネ・フランクの日記が、書き始められたのが
1942年6月14日のことだったそうです。
それに由来して、日記の日、今や日記も、
ブログやSNSなど、ネットで公開しながら
書くようなものが、広く普及してきています。
もちろん、自分だけの秘密の日記も
従来通りにあり続けているでしょう。
日記の多様性が、ネットというインフラの登場で
生まれたといえるかもしれません。
 ブログにしろ、ツイッターにしろ、
SNSにしろ、書き手が、自分の言葉で、自分の想いや
感じたことを、記録するものであり、
それを、他人にも伝えるものであったりします。
ゆえに、その人の人となり、性格や経験、
思想や価値観、嗜好やものの見方などが、
反映されているものです。
 そんな、なかで、新しい出会いと、
融合、協調などが、うまれて、
また、何かを生み出していくのかもしれません。
 自分が生きている証として、
生きてきた記録として、日記を綴っていく、
それは、自己確認ということなのかもしれませんね。
 アンネの日記は、戦争のなかでの
ひとつの事実と、少女の想いを、伝えてくれる
ものとなっています。
そこから、何を感じ取るのかは、
それを読み取る側の心や人柄、経験や思想などに
よって、さまざまなものとなるでしょう。
まったく違うことを感じる人がいるかもしれません。
それは、まさに人が、それぞれに異なる存在であり
この世で唯一無二の価値がある存在であるからだと
いえると思います。
 
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:43| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

6月13日は、「小さな親切」運動スタートの日です。

 小さな親切運動、身近なところで、小さな親切を
行っていくことで、社会を地域を、より素敵なものに
していきましょうという運動です。

「小さな親切運動」本部
http://www.kindness.jp/
では、紙芝居をつかって、子どもたちに、小さな親切の大切さ
思いやりや、いのちの大切さについて、学んでもらおうという
活動そおこなっているそうです。
紙芝居には、つぎのような3つの物語があるそうです。

『しんせつって なぁ〜に?』
「親切の心」「お互いに尊重し合う心」を育む教材。
http://www.kindness.jp/files/ps01jirei.pdf

『マー君いいとこあるじゃん』
「お互いに尊重し合う心」、「生命を大切にする心」を育む教材。
http://www.kindness.jp/files/ps02jirei.pdf

『折鶴の奇跡(きせき)』
「生命を大切にする心」を育む教材。
http://www.kindness.jp/files/ps03jirei.pdf

紙芝居、デジタル社会のなかで、アナログな教材ですが、
人が人に、言葉で伝えることのもつ力、
多くの子どもが、一緒になって、先生の話を聞き、
紙芝居の絵をみることで、想像の翼をひろげ、
感受性の扉をあけて、感じ取ってくれるものの持つ価値は
とても素敵なものであり、デジタルでは得られないものが
あると思います。

また、私のふるさとである静岡県では、

小さな親切運動静岡県本部
http://www.across.or.jp/kindness/
が、小さな親切を通じて、
「人づくり・まちづくり運動」
を進めているそうです。

「できる親切はみんなでしよう
 それが社会の習慣となるように」

こんな言葉に基づいて、子どもたちの協力を得ながら
クリーン大作戦、コスモス作戦を展開し、
平成22年度植樹・里山づくりを行って
地域の環境問題を改善し、自然とふれ合うなかで、
大切なものを感じ取る、そんな活動が行われている
ということです。
素敵なことだと思います。

小さな親切、継続していくことで、
大きな力をもっていく、大きな成果が出てくる
そんな活動であると思いますから、
ぜひ、これからも、出来る範囲で、継続的に
活動を行っていって欲しいとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 23:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第41回星雲賞 投票締め切り前に、投票。 SFの楽しみ

この夏、東京で開催される第49回日本SF大会
TOKON10で、授賞式が開催される
日本のSFファンによるSF作品の表彰、
第41回星雲賞の投票が、6月13日で締め切りです。
http://tokon10.net/seiun_award.html

2009年、日本の社会を彩ったSF作品の数々のなかで
SFファンの心を惹きつけたものは何なのか、
最終結果が楽しみです。

星雲賞参考候補が、次の各部門であげられています。
日本長編部門、日本短編部門
海外長編部門、海外短編部門
メディア部門、コミック部門
アート部門、ノンフィクション部門、自由部門

候補について、どのくらいご存じでしょうか、
SFを楽しむ、参考となるといえるでしょう。

2010年星雲賞参考候補作品

<日本長編部門>





<日本短編部門>
「自生の夢」飛浩隆、「エンゼルフレンチ」藤田雅矢

「第二箱船荘の悲劇」北野勇作

「雨降りマージ」新城カズマ

「ムーンシャイン」円城塔

「小鳥の墓」上田早夕里

「ひな菊」高野史緒


<海外長編部門>





<海外短編部門>
「暗黒整数」グレッグ・イーガン 山岸真

「フルーテッド・ガールズ」パオロ・バチガルピ 中原尚哉

「ベガーズ・イン・スペイン」ナンシー・クレス 金子司

「蟹は試してみなきゃいけない」バリントン・J・ベイリー 中村融

「成立しないヴァリエーション」ジョージ・R・R・マーティン 中村融

「出会いのとき巡りきて」C・L・ムーア 安野玲



<メディア部門>




<コミック部門>
『よみきりものの…』竹本泉

『HELLSING』平野耕太

『PLUTO』著:浦沢直樹,原著:手塚 治虫,プロデュース:長崎尚志

『函館妖人無頼帖 ヒメガミ』環望

『ふたつのスピカ』柳沼行

『トワイライト大禍刻』魔夜峰央

「楽園の泉」吉川うたた


<アート部門>
加藤龍勇
http://www.fuki.x0.com/~burabura/
後藤啓介
http://www.fuki.x0.com/~burabura/
加藤直之
http://homepage2.nifty.com/NaoKatoh/
鷲尾直広
http://www11.ocn.ne.jp/~kiwi/
中川悠京
http://www007.upp.so-net.ne.jp/uk888/
中村豪志
http://www.wisnet.ne.jp/~daydream/
依光隆
草河遊也
岩郷重力

<ノンフィクション部門>
『日本SF精神史』長山靖生

『光瀬龍 SF作家の曳航』著:光瀬龍著 編集:大橋博之

『日本幻想作家事典』編:東雅夫・石堂藍

『宇宙で暮らす道具学』監修:松村秀一・松本信二 編・著:宇宙建築研究会

『SFファン48年』川瀬広保

『昭和少年SF大図鑑 昭和20-40年代 僕らの未来予想図』編:堀江あき子


<自由部門>
「実物大ガンダム」
http://recommend.yahoo.co.jp/silverlight/gundam/

「KOBE鉄人PROJECT」
http://www.kobe-tetsujin.com/

「セカイカメラ」
http://support.sekaicamera.com/ja

ラブプラス現象
http://www.konami.jp/products/loveplus/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:18| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はやぶさの帰還、あかつき、イカロスの旅、・・・

小惑星探査機「はやぶさ」、地球へ! @Hayabusa_JAXA
http://hayabusa.jaxa.jp/

いよいよ、はやぶさが、帰還します。
イトカワの砂を持ち帰るというミッション、
今日の16時ころ、日本からも見えるかもしれない
軌道を通過するようです。
そして、2010年6月13日22時51分(日本時間)頃、
大気圏に突入して燃え尽き、抱えたカプセルは
地上に落下します。
故障で、軌道変更に苦難し、
着地に失敗し、やり直し、
一時は行方不明となり、
それでも、なんとか、任務を終え、
地球に帰還してくることができた「はやぶさ」
ぜひ、最後の最後、ミッションが完遂できていることが
確認できるように、願ってやみません。



 〜☆〜☆〜☆〜

金星探査機「あかつき」 @Akatsuki_JAXA
http://www.stp.isas.jaxa.jp/venus/

カメラ試験も無事終了、金星に向けて、
順調に航行中ですね。



 〜☆〜☆〜☆〜

〜翼を広げて〜IKAROS(イカロス) @ikaroskun
http://www.jspec.jaxa.jp/ikaros_channel/

小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」は、
無事にセイルを展開して、飛行中とのこと



 〜☆〜☆〜☆〜

準天頂衛星初号機「みちびき」
http://www.jaxa.jp/countdown/f18/index_j.html

GPSの精度向上を行う情報を日本上空から送り出す
準天頂衛星システムの初号機が、8月2日に打ち上げられる
ことになったようです。以前より考えられてきた
システムですが、ようやく実証実験が出きることに
なるということで、楽しみです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 16:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

恋人の日 〜 高橋真琴の夢とロマン展

 情熱の国、ブラジル、現在開催中のワールドカップでも
優勝候補のひとつであるセレソンの国、
そのサンパウロ地方では、6月12日に、
恋人たちが、自分の写真を写真立てにいれて
贈りあうという習慣があるそうです。
日本の額縁をあつかう人たちが、その習慣を
日本でもと、額縁のPRをかねて宣伝している
そうですが、まだ認知されるには至っていないようですね。
そんな慣習のある恋人たちの日に、
夢とロマンの少女画を観賞しにいくのも
よいのではないでしょうか。

八王子にある夢美術館で、
現在、少女画の作家として知られている
高橋真琴さんの作品の展示会が開催されています。
明日は、サイン会もあるようです。
また、トークイベントも予定されているとのこと
素敵な少女の姿に、夢とロマンを感じてみては
如何でしょうか。

 〜・〜・〜・〜

高橋真琴の夢とロマン展
〜La petite princesse de Macoto〜
八王子市夢美術館
http://www.yumebi.com/
6月4日(金)〜7月4日(日) ※月曜休館
10:00〜19:00

展覧会イベント「高橋真琴サイン会」(先着順)
日時:2010年6/13(日) 14:00〜15:00
会場:八王子市夢美術館ホワイエ
申込方法
 サイン会当日に美術館入口にて整理券を配布します。
(整理券配布は10:00より、先着100名まで)
※サインは1人1回まで、図録に限定させていただきます。

展覧会展覧会イベント「高橋真琴プレミアムギャラリートーク」(要申込)
一般観覧が終了した会場内を制作秘話を交えながら
作家本人がガイドする人数限定のプレミアムギャラリートークです。
会場:八王子市夢美術館展示室内
日時:2010年7/2(金) 19:30〜20:30
※1時間程度を予定しています。
参加料:500円(ただし、一般開場時の観覧料は含まれません。)
定員:40名(抽選)
申込方法
 往復はがき(1人1枚まで)に
 ギャラリートーク希望・住所・氏名・年齢・電話番号と
 返信面に宛名を書いて美術館へ
 応募〆切2010年6/15(火)当日消印有効

 〜・〜・〜・〜

また、今後の夢美術館の予定として、
押井守監督と、マンガ家の水木しげるさんの展示会が
あるそうです。
こちらも、楽しみな催しです。

押井守と映像の魔術師たち
OSHII Mamoru and Magicians of Picture Creation
2010.07.16(金)-2010.09.05(日)10:00-19:00
会期中は休まず開館

水木しげるの世界展
The World of MIZUKI Shigeru
2010.11.26(金)-2011.01.23(日)10:00-19:00
休館日:月曜日、12/29(水)?1/3(月)。
但し1/10(月・祝)は開館。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 15:14| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする