2010年06月11日

食と命と人のつながりセミナー みんなで守ろうその命

 私の大好きな仲間、さわとんが、
大阪で、セミナーを行います。

 うつ蔓延社会を、うつ円満社会へ、かえるべく、
うつ病専門カウンセラーとして、起業して、
その拠点として、さらに進んでいくために、
株式会社ありがトンを創業して、
 うつ病で悩む人、うつ病で悩む人を支える人、
元気の出ない人、そんな多くの悩める人を、
自らの体験を通じて、支えてあげたいと、活動を続けています。
 また自殺者が年間3万人も出ている日本の社会の状況を
なんとか改善して、自殺者ゼロの社会にできないかとも
考えながら、いきいき元気に、多くの人が生活して
いけるような社会を目指して、活動しています。

 「ありがトン」すてきな言葉を、
素敵なキャラクターやエッセイ、歌や体操などで
広げながら、元気になれる、だれもが生きている価値がある
そして、だれもが夢を実現できると
伝えてくれています。

 ちょっと元気の出ない方、知り合いや友人が
なやんでいるけど、何かできないだろうかと思っている方、
ちょっとうつかもしれないと感じているかた、
ぜひ、さわとんと出会って、元気を分けてもらって下さい。


(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

食と命と人のつながりセミナー みんなで守ろうその命

「わたしを救ったその言葉
 〜うつ蔓延社会から、うつ円満社会に向けて」

うつ専門カウンセラー さわとんこと澤登和夫さん

【日時】6月13日(日)13:00 〜 16:00

【場所】お屋敷再生複合ショップ 練2 階

    大阪市中央区谷町6 丁目17-43 (松屋町駅近く)

【参加費】1,000 円(お茶代込)

【定員】 20 名

【お申込み】株式会社おいしいハート
      TEL:06-6766-1068

【主催】
 日本食育コミュニケーション協会
 http://e-shokuiku.net
 株式会社おいしいハート
 http://oishii-heart.net

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

毎日、ほんわか、あったか、なごやか
『さわとんの、今日の「ありがトン」』
【PC】http://archive.mag2.com/M0088094/index.html
【携帯】http://mobile.mag2.com/mm/M0088094.html

「毎日のいきいきのために、一日ひとつのありがトンさがし」
★さわとん(澤登和夫) 株)ありがトン代表・うつ専門カウンセラー★
◆さわとんの「ありがトン」のブーログ
 http://ameblo.jp/sawaton
◆ありがトン公式HP(携帯対応)
 http://www.arigaton.com

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:48| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2回 ドリームプラン・プレゼンテーション大阪2010 明日本選。

ドリームプラン・プレゼンテーションは、
大人が夢を語り、その夢に向かって、歩みだす宣言をする
そんな催しです。

夢があるけど、実現なんてと自信のもてない方や、
夢がないと悩んでいる方が、いらしたら、
ぜひ、足を運んでみてください。
ドリームプラン・プレゼンテーション、
ドリプラの場で、語られる夢を、感じたときに、
きっと、あなたの心のなかで、何かが変わるとおもいます。

夢の感動のときが、あなたの中の何かを
目覚めさせてくれるかもしれません。

お近くのかた、ぜひ、いらしてみてください。

今回の本選では、私の盟友でもある、さわとんも参加します。
ドリプラでも、本選発表をしていて、
その夢を、まさに実現させ、さらにステップアップを目指して
がんばっています。
素敵な、うつ病専門カウンセラーです。


☆★☆☆★☆

第2回 ドリームプラン・プレゼンテーション大阪2010

■本選6月12日(土)13時〜18時
【大人】3,000円(当日3,500円)
(学生の方は学生証提示で、2階席の1,500円の学割あり)
大阪中央公会堂 1,200名
http://www.city.osaka.lg.jp/yutoritomidori/page/0000009344.html

■当日の予定
・4名のプレゼンターによる夢の発表
・2008プレゼンター 澤登和夫&2009プレゼンター 斉藤直人のプレゼン
・子供達が、気づいて築くバレーボール
・おかん生ライブ
・チアリーダーによる演技
・障害者ピアニストの感動の演奏
・夢をかなえる大人たちのパネルトーク
・日野さおり、堀之内哲也、NPO法人 ベースボールスピリッツ他、ドリームブース設置
などなど

■チケットのお申込は、
・パソコンの方は、大阪維新会ホームページ
http://osaka-ishin.net/si.html#si20100612
・携帯の方は
http://form1.fc2.com/form/?id=546896
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:37| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国立銀行設立の日 〜 今年の夏季賞与平均に思う

 6月11日は、明治6年に、日本最初の銀行として、
第一国立銀行が設立された日ということだそうです。
その後、次々に国立銀行が設立され、
5年後には、153にもなっていたそうです。
このとき、発足順に、番号が振られたということで、
その番号が、どうやら銀行番号として、
いまも使われているものであるようです。
つまり、001番は、現在は、みずほ銀行となっています。
第一国立銀行が、第一勧業銀行となり、みずほ銀行に
なったわけですね。
 銀行は、不況にもめげず、合併などをしていき
でも、その間、政府からの資金援助があったりしても
行員の給与や賞与が、削られることもなく、
高給取りの職場であり続けているわけです。

 さて、そろそろ、夏の賞与の季節ですが、
もともと、社員の給料を抑える目的で、賞与なるものが
生み出されたわけです。
いわば、年二回に、多く渡すことで、
なんだか得した気分にさせることで、月給の低さや
実際の年収の低さをごまかそうということであったわけですね。
でも、実際のところ、世の中は格差が大きくなり、
同じ会社ないでも、何倍もの差が、一般社員と管理職では
あるようになりましたし、企業間にも大きな差が
出るようになっています。
今年の平均支給額の調査によると、

東証一部上場企業(従業員500名以上)
組合員平均 790,468円
    (日本経団連)

民間企業平均額 366,913円
公務員平均額  692,198円
    (みずほ総合研究所)

ということのようです。
これをみれば、当然ですが、上場大企業か公務員に
就職したいと思うのは、当たり前の流れであると
いえるでしょう。
しかし、公務員の平均、前年度から下がったといえ
まだまだ高水準です。税収が減っているなかで
もっと下げるべきだともいえるでしょう。
下げないのであれば、人員削減するしかないでしょう。
公務員改革は、財政再建の重要な実施課題であるといえます。
公務員も税金払っているとはいえ、
それは、公務員以外の労働者からの税金から、
支給されたものを返しているだけに過ぎないのですから。
税収としてはゼロのようなものです。
公務員にとってのお客さまは、国民であり地域住民です。
もっと顧客サービスや顧客満足を高めることを
していかないとダメだろうし、無駄は極力省き、
必要なところに必要な金額を投入できるような政策を
ガラス張りで実施してもらうことが重要であると
いえるでしょう。
老齢社会のなか、若い人は税収を上げるために
公務員にはならないで民間で稼いでもらうべきだと
いえるかもしれません。
公務員は、民間をリタイヤしたベテランの皆さんや
民間で高いスキルを身につけて、民間の感覚をもった
人材を登用していくという方向へと大きく舵をきっても
よいのではないかと思います。
公務員試験も廃止して、経歴やスキル、公僕として
働く意思と意欲を論文として提出させて評価して、
書面で一次審査をし、その後は、面談で採用を決めるという
方向にしてしまってもよいのかなという気がします。
とにかく、固定費的には小さい政府にしていかないと
財政破綻するのは目に見えているのですから、
公務員改革、断行してほしいと思います。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:43| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電子出版、四半世紀の歩みの末に、世間の注目を浴びる

電子出版は、1980年代より、取り組みが行われていて、
実は、目新しいところは特になかったりします。
1986年9月1日に、シンポジウム「これからの電子出版を考える」が、
開催されており、日本電子出版協会が設立されています。
市販の電子書籍端末についても、
2003年7月に、松下電器から、シグマブックが販売されています。
白黒ながら、見開き表示のできる電子ペーパを使用した端末で、
重さも300g、価格は3万円台。
2004年4月には、ソニーより、リブリエが発売されています。
2006年には、松下より、カラー表示に対応したワーズギアが発売されています。
日本は、電子書籍の先進国であったわけです。
アマゾン・キンドルがアメリカで登場したのは、2007年11月のことであり、
日本で電子書籍端末が登場した4年後のことでした。
2009年2月に出た第二世代のキンドル2の販売価格は399ドル(約4万円)と
シグマブックと変わらないものであったといえるでしょう。
iPadは499ドルと、さらに100ドル高い価格となってます。
なぜ、いまさら、電子出版元年などといわれるのかといえば、
一般への認知が急速に広がったこと、そして、ダウンロード販売という
電子出版のビジネスモデルが、具体的な形で、ユーザに認知されるように
なったということだから、つまり知られるようになったという意味での
元年であるといったところでしょうか。
すでに、ダウンロード販売も、以前より存在していましたが、
(1995年電子書店パピレス、2000年電子文庫パブリ、2002年新潮ケータイ文庫、など)
知名度は非常に低かったわけです。

さて、黒船来襲に例えられるキンドルやアイパッドですが、
現在の日本の書籍事情に、大きな影響を与えることはないだろうと
いえるでしょう。
だいたい、キンドルやアイパッドのユーザで、書籍を購入して
読んでいた人がいたのかという点もあります。
もともと、ネットユーザである人が中心であり、
あとはビジネスユーザであるということからも、
それほど、急激な変化があるとは考えられません。
もちろん、少しづつ変化はしていくことは間違いないでしょう。

電子出版の影響を考えるにあたり、まず既存の出版の状況がどうなのかを
把握しておく必要があるでしょう。
欧米と日本、日本とアジア近隣国では、出版の事情が大きく異なります。
また、文化的な背景も異なります。
その部分を考慮した上で、どんな影響があるのかを
考えていかなえれば意味はないといえるでしょう。
欧米で○○だから、日本でも○○だという論理は成立しないと
みるべきです。短絡的に世の中を煽り騒げせる発言をする人は
いつの時代も大勢いらっしゃいますが、実際のビジネスとして考えるとき
業界の動向や市場の変化を図る場合には、環境や状況、現状のビジネスモデル、
市場の性質や購買動向など、ターゲットとなるマーケットの事情を
十分に検討した上で、考えて評価し、予測すべきであるということです。

電子出版が、ネットの普及とハードの進歩により、
誰にでもできる時代になったということが、まず大きな変化であると
いえるでしょう。
つまり、紙の自己出版でかかる費用より、かなり低コストで、
自己電子出版が可能になったということです。
これは、電子出版は、玉石混合の時代になったことを意味します。
紙の出版の世界では、出版社の編集者の目を通った作品が書籍として
世に出ていました。そうではないものは、同人誌として、
同人誌即売会などで、ファンの間でのやり取りがされるという
限定したものでしかなかったわけです。
電子出版は、その垣根を低くしたといえるでしょう。
もちろん、ヒットするかどうかは、作品の魅力しだいであり、
その点に変わりはありません。
ただ、出版社の編集者の目に留まらないものや、
違った嗜好の市場に対してのものなど、
新たなヒット作が登場する可能性は大きくなったといえるかもしれません。

もうひとつ、大きな変化が、ビジネスモデルの変化です。
従来の紙の出版での仕組みと、異なる仕組みが、電子出版では
とられるからです。
そこで生じてくるのが、価格設定と利益配分の変化です。
されには、販売手法と販売単位の変化もあります。
また、大きなインパクトとして、在庫管理があげられます。

出版社の介在しない出版が電子出版では可能となることから、
作家のなかには、自分で電子出版を行おうとする人が出てきています。
こと時、それを支援する存在として、フリーの編集者が活躍し始めて
いたりします。そんな事例を、最近ニュースでみたのですが、
そこで感じたことは、電子出版における編集者とは、
ネットにおけるマーケッターと同じだなという印象でした。
情報商材をはじめとしたネットビジネスにおいて、
商材を持っているひと(作る人)だけでは、販売数を伸ばせない
ということで、販売数を伸ばすための活動を行う人=マーケッターと
組むということが、よく行われています。
考えてみれば、電子書籍もネットの商材のひとつであるわけです。
当然、ネットでの販売ということになれば、
ネットにおけるマーケッターの扱う商材のひとつであると
いうことになります。
単純に、電子書籍だけをみれば、そのビジネスモデルや、
ビジネス手法は、従来のネット商材と変わらないといえるでしょう。
ただし、ここにリアルビジネスへの展開も含めると少し
違ったことになってきます。
電子出版だけでなく、紙の出版も含めた展開をしていくとなると
従来の出版業界における編集者のスキルも重要度が大きく
なっていくと感じます。

コンテンツビジネスは、マルチメディアビジネスです。
電子書籍は、いわば、マルチのなかのひとつであると
いうことに過ぎないともいえるでしょう。
電子出版が、認知を得て、普及していくことは、
マルチメディアのチャンネルが、ひとつ増えたということで
あるわけです。
つまり、新しいビジネスチャンスがそこにはあるということになります。

電子書籍を出したからといって、これまで紙で出版されていた
部数が増えるのか?という疑問が聞かれます。
その答えは、これからの動向しだいといえるかもしれません。
電子書籍を買った人が、紙の書籍を買わなくなるから、
結局、総数は変わらない。
少子化もあり、実部数としては、減少方向に向かうのは避けられない
という見方も確かにあります。
そして、確かにその可能性もあるわけです。
ネットユーザで、読書に関心の無かった層を、電子書籍がどれだけ
獲得できるのか、それは、電子書籍をどのような形で展開していくのか
というアプローチにより、変わってくることでしょう。
小説を読まなかった層が、携帯小説や携帯コミックなら読むように
なったという形で、紙の書籍など読むことがなかった層が、
電子書籍を読むようになったなら、全体としての客数の減少に
多少の歯止めをかけることが出来るかもしれません。

読者が激増するとか倍になるとかは無いでしょうが、
電子書籍が増えた分、そのまま紙の書籍が減るということも
ないでしょう。

紙の書籍と電子書籍、実は、異なるメディアであると
考えてもよいでしょう。
電子書籍には、紙の書籍では出来なかった、販売方法や
表現方法、また、あたらなメディアミックスの形もとり得ます。
市場のニーズにどう答えるかだけではなく、
あたらに、どんなニーズを生み出せるのか、
電子書籍におけるビジネスチャンスは、まさにそこへのアプローチの
方法にかかっているといえると思います。
私が、少し考えてみても、いくつもの新しい展開、商品、
アプローチが思いつきます。
そういった、新しい視点と新しい視野をもって、
既存の出版社が、どんなビジネス展開を実行できるのか、
注目されるところだと思っています。

現在、幕張メッセにて開催されている
INTEROPTokyo 2010にて、
本日、
最新テクノロジーとクリエイティブとをつなぐ 「Interop Meets Creators」
http://www.interop.jp/common/images/imcreators.pdf
というセッションが開催されることになっています。
残念ながら、私は参加できませんが、
そこで、どのような、可能性が語られるのか、
非常に興味のあるところです。
ネットにおけるクリエイティビティのもたらす可能性と
社会変化に、なんらかの夢を抱きたいものだと感じます。

 ------------

INTEROP Meets Creators
2010年6月11日(金)開場13:00 開始13:30(予定)
幕張メッセ(国際会議場中会議室101)
http://www.m-messe.co.jp/access/index.html

第1部(13:00〜)
「TOKYO SOURCE Meets INTEROP 未来を面白くするテクノロジー&クリエイティブ」
・猪子寿之 (チームラボ株式会社代表取締役社長)
http://www.team-lab.com
・川井拓也 (株式会社ヒマナイヌ代表/デジタルハリウッド大学院教授)
http://www.himanainu.jp
・米田智彦 (TOKYO SOURCE副編集長、フリーエディター/ディレクター)
TOKYO SOURCE
http://www.tokyo-source.com

第2部(14:45〜)
「STUDIO VOICE ONLINE Meets INTEROP 電子出版元年。
どうなるメディアとクリエイティブ!?」
・タナカカツキ(マンガ家)
http://www.kaerucafe.com/ka2ki
・加藤陽之(編集者)
STUDIO VOICE ONLINE
http://www.studiovoice.jp/
・殿木達郎(株式会社イータレントバンク代表取締役社長)
http://www.e-talentbank.co.jp

第3部(15:30〜)
「greenz.jp Meets INTEROP
 クリエーター×自然エネルギー〜エネルギーにもっとデザインの思想を!」
・兼松佳宏 (greenz.jpクリエイティブディレクター/グリーンジャーナリスト)
http://www.whynotnotice.com
greenz.jp
http://greenz.jp

ホスト:山口英 (奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科教授/工学博士)

 ------------

日本電子出版協会(JEPA)
Japan Electronic Publishing Association
http://www.jepa.or.jp/

EPUB日本語要求仕様案
http://www.jepa.or.jp/press_release/epub_jp_pressrelease.html
http://www.jepa.or.jp/press_release/reqEPUBJ.html

日本電子書籍出版社協会(EBPAJ)
http://www.ebpaj.jp/

専門書、実用書系出版14社が電子出版のコンソーシアムを設立
http://www.asahi.com/digital/cnet/CNT201006090091.html

「電子書籍を考える出版社の会」専門・実用書14社が発足
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100608-00000051-zdn_n-inet

<電子書籍>市場に変化 紙に代わる価値生む?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100610-00000008-maiall-soci
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:55| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツイッターでフォローされたいマンガ家ランキング

ランキングが、いろいろと、行われているようです。
どこまで、精度があり、信頼できるのかは、謎も多いと
いう気がしますが、面白いともいえますね。
そのなかに、最近話題のツイッターで、
フォローされたい、マンガ家は誰といった人気の
ランキングがありました。
ネットユーザの興味あるマンガの分野を、
もしかしたら、反映しているのかもしれません。
フォローできても、フォローされるかは、
わかりませんからね。
マンガ家の人気のひとつともいえるかもしれません・

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:20| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ 開幕です。#wcup2010

 いよいよ、4年に一度のサッカーの祭典、
FIFAワールドカップが開幕します。

 開幕戦は、開催国 南アフリカ VS メキシコ。
開催国として、南アフリカが、北中米の強豪国に勝てるのか
注目されます。
 明日には、過去の優勝国対決、フランスvsウルグアイ、
マラドーナ監督の初戦、アルゼンチンvsナイジェリア。
アジア勢の最初の登場となる 韓国vsギリシャと続きます。
 日本戦には、もちろん注目ですが、
他にも、注目のカードは盛りだくさん。
世界一を目指して、真剣勝負が繰り広げられます。
どんなドラマが、展開されるのか、スーパープレーと共に
期待しましょう。

NHK総合19:30〜20:45
2010FIFAワールドカップ 開幕特番(第1部)

NHK公式 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ
http://www9.nhk.or.jp/fifaworldcup/index.html
NHK ワールドカップ番組表
http://www9.nhk.or.jp/fifaworldcup/program/index.html



グループA:南アフリカが、グループ突破できるのかに注目です。
南アフリカ、メキシコ、ウルグアイ、フランス

グループB:アルゼンチンが首位通過するのか、韓国はベスト16へ進めるか。
アルゼンチン、ナイジェリア、韓国、ギリシャ

グループC:イングランドの優位は動かないのか。
イングランド、アメリカ、アルジェリア、スロベニア

グループD:ドイツは、どんな仕上がりか。
ドイツ、オーストラリア、セルビア、ガーナ

グループE:日本に可能性はあるのか。
オランダ、デンマーク、日本、カメルーン

グループF:イタリアの優位は動かないのか。
イタリア、パラグアイ、ニュージーランド、スロバキア

グループG:ブラジルVSポルトガルに注目か。
ブラジル、北朝鮮、コートジボワール、ポルトガル

グループH:スペインは、初の栄冠をなし得るのか。
スペイン、スイス、ホンジュラス、チリ
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:10| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

路面電車の日 〜在りし日の静岡〜


 路面電車サミットという、路面電車をもっている
地方自治体による集まりが開催されたのが、
1995年の6月10日であったということで、
路面電車の日だそうです。6=路、10=電、という
語呂合わせで、この日が開催日になったということだそうです。

 さて、このサミットが開催されるときには、
静岡市(旧静岡市、清水市等)には、参加する資格が
すでにありませんでした。
時代の流れのなかで、採算性の問題などから、
路面電車が消えていったわけですが、
そんな消えていった路面電車のひとつが、
静岡市と清水市に走っていました。
 新幹線の上を走る電車である静岡鉄道の路線が、
現在の新清水-新静岡間だけでなく、
新静岡から先にも伸びていて、
新清水から先にも伸びていた時代があったのでした。
その先の区間が、路面電車となっていました。
新静岡から先、浅間神社あたりまでの路面電車については
私も記憶にありません。記録でしっているだけです。
新清水から先、清水駅前の少し先まで、現在のエスパルス通りの
ところまでの区間に、路面電車が走っていたのは知っています。
実際に乗ったこともあったはずです。
幼稚園か小学校低学年の頃であったとおもいます。
 映画、三丁目の夕日のような雰囲気をもった
街並みが、そこにはあったようにおもいます。
路面電車が走る風景は、なにか不思議な情緒性が
あるような感じがします。
自動車やバスにはない魅力が、そこにはあるという感じでしょうか。
 清水での電車、もうひとつ消えてしまったものに
清水駅から、三保までのローカル路線がありました。
単線でしたが、これもまた魅力のある電車であったとおもいます。
朝夕に学生を乗せて走る電車のもつ暖かい雰囲気、
不採算路線が消えていくのは仕方がないとはいえ、
残念な感じがします。
 路面電車も、清水港線も、今、残っていたら、
素敵な観光資源として、また、観光スポットと駅を結ぶ
魅力ある電車として、地域活性化の担い手になっていたことでしょう。

 事業仕分けで、採算性だけで、切ってしまうことは
すべてが正しいとはいえないと思います。
それは、公共性と、地域の魅力を保ち、地域に潤いや元気をもたらすような
もののもつ、金銭としての採算には代えられない価値が
存在しているという事実があるからです。
その価値を踏まえて、多少の赤字は公的にみんなで支えることで
維持していくことの方が、地域のために大切であるということも
実際にあるということですね。
そこを含めた評価と判断が、必要なのが、公的な影響のあるものに
関する事業仕分けで欠かせない点であるといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:38| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時の記念日〜時間と人生の関係とは


 時を刻むといいます。
人が、時を意識するのは、この世に存在することに
なった瞬間からだといえるでしょう。
相対性理論によると時の流れは、条件によって変化します。
地球上でも、高さの違いで時の流れが違っていたりします。
 1920年に、時の記念日が制定されたとき、
6月10日が選ばれたのは、その日が旧暦で4月25日、
671年に、天智天皇が、漏刻をもとに、鐘や鼓で人々に時刻を
知らせるということを行ったと、日本書記に記述されて
いるからだそうです。
天智天皇を祀っている近江神宮では、「漏刻祭」が催される
そうです。
 時の図るというのは、日時計から、水時計、砂時計など
いろんな方法が行われて、やがて機械式の時計が登場して
くることになります。
日本では、西洋から入ってきた機械式の時計をもとに
江戸の時計を作り上げていたそうです。
日の出と日没とを基準にして、時を分けて刻むという
自然と調和した時刻をつかっていた日本人のために、
それにあわせた時計をつくってしまうという技術の高さは
昔から日本人のもつものであったということでしょう。
 時の流れは、子どものころは、とてもゆっくりと
感じられます。1日は長く、1年はすごく長く感じて
いたとおもいます。成長するにつれて、時の流れは早くなり
大人になると、1年もあっという間に過ぎていくと
感じてしまいます。体感する時の流れに差が生じるのは、
時というものがもつ、不思議な力なのかもしれません。
 日本人は、几帳面さや勤勉さ、真面目さといった
民族性からなのか、時刻を正確に守るのが、当たり前と
思っていますが、海外ではそうではなかったりします。
10時集合といえば、集まるのは11時というのが
常識の国もあったりするわけです。
遅れない電車やバスなどは、珍しいということも
あったりします。
 でも、正確であるべきものと、そうでもないものと
実際には、あるのだということですね。
それをきちんと見極めて、余裕をもってゆったりと
生きていくことが、長生きの秘訣なのかもしれません。
人の命に関わるようなことでなければ、
大雑把でかまわない、それが真理ということなのかも
しれませんね。
 機械的な労働を行うようになって、人は余裕と
優しさを失っていったのかもしれません。
 時の流れが、ゆったりとした社会こそが、実は、
幸せな社会なのかもしれません。
 時にたいする余裕をもっておくこと、
それがリスクを回避し、安全性を高めることで
あったりすることがあるような気がします。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:27| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

ナビスコカップグループリーグ終了、待ち組みは明暗分ける

 Jリーグ ヤマザキナビスコカップのグループリーグ最終節が
終了しました。
 試合のなかった、暫定首位の京都と清水ですが、
京都は3位に、清水は2位に、と明暗をわける結果となりました。

Bグループ試合結果
 横浜FM 0-0 浦和 (日産ス)
 湘南  2-3 神戸 (平塚)
 磐田  5-0 山形 (ヤマハ)

Aグループ試合結果
 大宮  0-4 仙台  (NACK)
 名古屋 0-2 新潟  (瑞穂陸)
 C大阪 1-2 F東京 (長居)

最終順位

グループB
1位 ジュビロ磐田   13 4勝1分1敗 +7 12得点
2位 清水エスパルス  11 3勝2分1敗 +3 6得点
3位 モンテディオ山形 10 3勝1分2敗 +0 6得点
4位 横浜F・マリノス 9 2勝3分1敗 +3 6得点
5位 浦和レッズ    8 2勝2分2敗 +0 6得点
6位 ヴィッセル神戸  7 2勝1分3敗 -2 8得点
7位 湘南ベルマーレ  0 0勝0分6敗-11 4得点

グループA
1位 FC東京      13 4勝1分1敗 +3 7得点
2位 ベガルタ仙台    12 3勝3分0敗 +6 7得点
3位 京都サンガF.C.   11 3勝2分1敗 +4 9得点
4位 アルビレックス新潟 10 3勝1分2敗 +0 5得点
5位 大宮アルディージャ 7 2勝1分3敗 -3 6得点
6位 名古屋グランパス  3 0勝3分3敗 -5 4得点
7位 セレッソ大阪    1 0勝1分5敗 -5 4得点

したがって、ナビスコカップの決勝トーナメントの組み合わせは、

(鹿島 vs 川崎) VS (磐田 vs 仙台)

(G大阪 vs 広島) VS (FC東京 vs 清水)

という、ことになりました。

したがって、清水エスパルスは、
準々決勝の第1試合9月1日(アウスタ日本平)、第2試合9月8日(味スタ)で
FC東京と対戦します。ここのところ、引き分けか負けという相性の悪い
相手となってしまいましたが、こんどこそ勝利して、
準決勝にコマをすすめて、G大阪と広島の勝者にも勝って、
決勝へいって欲しいと思います。

しかし、京都サポータ、ロスタイムにFC東京のゴールが決まった瞬間、
がっくりしたことでしょう。
もしかしたら、清水サポータがそうであったかもしれないのですから
勝利の行方は、本当に最後の最後まで、わからないものです。
そこが、また、サッカーの魅力でもあったりします。

さて、いよいよ、ワールドカップがはじまります。
どんなドラマをみせてくれるでしょうか。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:15| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドナルドのデビューの日

 ディズニーの生んだ、数々のキャラクタの中の
陽気なあひるである、ドナルド・ダックが、
スクリーンに登場したのが、
1934年6月9日に、公開された映画『かしこいメンドリ』で
あったということだそうです。

 ディズニーの生み出したキャラクタや作品は、
今も、世界中で愛されています。
日本では、ディズニーリゾートが、テーマパークとして
年間2000万人以上の人が訪れるという盛況ぶりで
それにあやかろうとして、作られた国内のいろんな
テーマパークのほとんどが、廃墟になってしまったり
消えてしまっているという現実をみるに、
テーマパークは、ただ作ればよいというものではなく
そこにあることの意味や魅力を、きちんと考えた上で
作り出さなければ駄目だということですね。
ディズニーのような協力なキャラクタがある
テーマパークであっても、リピータを生み出すための
仕掛けや魅力を、常にリフレッシュして
作りこんでいるのですから、
魅力あるキャラクタがあるわけでもないような
テーマパークが、たいした努力もしていなければ
つぶれるのは当たり間ということでしょう。

 日本には、多様なキャラクターがあり、
世界でもっともキャラクターの多い国といえるかも
しれません。
 それを、どのように活かしていくのか、
そこが、地域の活性化においても重要なところと
なってきます。
そして、そこで必要となるのが、物語性であったりします。
物語がないと、魅力は半減するといってよいでしょう。
そして、その物語も、お客さまと一緒に
作り出すような部分があると素敵ですね。

 ディズニーキャラクターに負けないような
日本のキャラクターたちのテーマパークが、
多くのお客さんを集めて、賑わうように願いたいと思います。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:49| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

地域の活性化への取り組みに関する公募・まちづくりに関する報告

 地方の時代といわれるなかで、
しかし、現実には、地方の衰退が問題視されていたりします。
市町村の中心市街地が、まるでゴーストタウンのように
なってしまっていたりするのは、まさに地域が活性化していない
できない様子を示しているといえるでしょう。
まちづくりにといても、元気な雰囲気を創っていくことが
大切であるといえます。
そのために、まず現状をきちんと把握し、どのような点から
改善すべきなのか、問題点はどこにあるのか、
活性化のためのアプローチはどこからしていくと効果的なのかなど
考えていくことが大切であるといえるでしょう。
 政府も、いろんなアプローチをしています。
事業仕分けの対象になって廃止になるような内容のない
天下りのための事業なのではなく、本当にみのある内容の
事業であって欲しいとおもいます。
また、せっかくの成果を、その地域が活かしていくことが
重要であり、そのための支援をどのように行っていくのかについても
考えていって欲しいと思います。
 診断士や、ITコーディネータなど、経営やITから、
地域の現状を把握し、どんな問題があるのかをチェックできる
人材を、ぜひ有効に活用していって欲しいと思います。


平成22年度「市町村の中心市街地活性化の取組に対する診断・助言事業」
に係る実施対象市町村の二次公募を開始!!

経済産業省中心市街地活性化室では、平成18年に施行された改正中心市街地
活性化法に基づき中心市街地活性化に取り組む市町村が、地域特性を活かした
中心市街地活性化を推進することを目的として、地域ビジョンの作成や多様な
事業者による事業の推進体制の在り方等について、地域の実態を踏まえた幅広
い視点から診断・助言を行い、市町村自らが中心市街地活性化を具体的に推進
していく一助となるための事業を実施します。
つきましては、平成22年度に本事業の実施を希望する市町村の二次公募を行
いますので、希望される市町村は公募要領をご覧のうえお申し込みください。

1.応募対象
原則として、改正中心市街地活性化法に基づき中心市街地活性化に
取り組んでいる市町村

2.公募期間
  平成22年5月31日(月)〜平成22年6月14日(月)17時まで

3.申込み及び問い合わせ先
経済産業省
商務流通グループ 中心市街地活性化室
担当:平松、荒川
TEL:03-3501-3754 FAX:03-3501-6204
E-mail:hiramatsu-yukitoshi@meti.go.jp、arakawa-masao@meti.go.jp

▼公募要領など詳細はこちらをご覧ください。
http://www.meti.go.jp/information/data/c100531aj.html 

【参 考】
▼調査・研究資料
平成21年度「市町村の中心市街地活性化の取組に対する診断・助言事業」報告書(8.29MB)
https://www.machigenki.jp/content/view/224/250/

■北海道経済産業局・報告書
https://www.machigenki.jp/content/view/424/250/
「平成21年度北海道商店街・中心市街地活性化フォーラム報告書」
「商店街活性化 実践ヒント集−考える動きだす 活気付く−」
「中心市街地活性化・街・生き活きナビ 全体版」

■東北経済産業局・報告書
https://www.machigenki.jp/content/view/425/250/
「平成20年度 中心市街地活性化支援等事業 報告書」(商店街等実態調査アンケート 他)
「平成19年度 中心市街地活性化支援等事業 報告書」
 (中心市街地活性化協議会のタウンマネージメント機能の強化についての調査研究)
「平成18年度 中心市街地活性化普及啓発事業 報告書」

■関東経済産業局・報告書
https://www.machigenki.jp/content/view/426/250/
「平成21年度リーフレット:商店街×コミュニティビジネス」
「平成20年度パンフレット:注目を集める商店街づくりのポイント
  〜ソフト事業展開の戦略と効果的な広報活動〜」
「平成19年度パンフレット:商店街はビジネスの場
  〜考える人、行動する人、がんばる人。キーマンの秘訣集〜」
「商店街の取り組み60事例(関東甲信越静地域)」

■中部経済産業局・報告書
https://www.machigenki.jp/content/view/427/250/
「商店街活性化に向けた取組事例集のご案内〜賑わい創出の鍵を握るキーパーソンに聞く〜
(平成19年度中心市街地活性化支援事業)」

■近畿経済産業局・報告書
https://www.machigenki.jp/content/view/428/250/
中心市街地活性化に関する各種資料(報告書)(「まちのPR書をつくってみよう」 他) 

■四国経済産業局・報告書
https://www.machigenki.jp/content/view/429/250/
「平成20年度 中心市街地活性化支援事業報告書(『実践型まちづくり勉強会』の開催結果)」

■中国経済産業局・報告書
https://www.machigenki.jp/content/view/430/250/
「平成20年度 中心市街地活性化支援事業
(商店街を舞台とした地域団体の活動事例調査・研究報告書)」

■九州経済産業局・報告書
https://www.machigenki.jp/content/view/431/250/
『「医商連携」によるまちづくりの推進に関する報告書』


◎平成22年度「まちづくり会社支援事業」に係る実施対象まちづくり会社等

 平成22年度「まちづくり会社支援事業」公募
 (期間:平成22年4月6日〜平成22年4月27日)で申請のあった
 まちづくり会社等について、採択結果

【採択まちづくり会社等】
○まちづくり稲生(株)(青森県十和田市)
○(株)秋田ショッピングセンター(秋田県秋田市)
○(株)楽市白河(福島県白河市)
○(株)大田原まちづくりカンパニー(栃木県大田原市)
○(株)ゼットやっぺい社(千葉県香取市)
○(株)ガーデンシティすその(静岡県裾野市)
○旧Fマート有効活用検討委員会(福井県大野市)
○鳥取市中心市街地活性化協議会(鳥取県鳥取市)
○玉野街づくり(株)(岡山県玉野市)
○津山街づくり(株)(岡山県津山市)
○府中商工会議所(広島県府中市)
○まちづくり四万十(株)(高知県四万十市)
○大村街づくり(株)(長崎県大村市)
○八代まちづくり(株)(熊本県八代市)
○(株)まちづくり佐伯(大分県佐伯市)
○まちづくりNPO コザまち社中(沖縄県沖縄市)

【問い合わせ先】
経済産業省商務情報政策局商務流通グループ中心市街地活性化室
まちづくり会社支援事業担当:荒川、菅谷、平松
TEL:03-3501-3754
▼詳細はこちらをご覧ください。
http://www.meti.go.jp/information/data/c100518bj.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:48| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルコンテンツの可能性をiPadアプリが紹介してくれています


「元素図鑑」にしろ、iPadで紹介されているデジタルコンテンツは、
iPadで、注目を浴びただけといえるかもしれません。
つまり、魅力あるコンテンツはあったが、それを広くお披露目する場が
なかった。そこに、iPadというプラットホームが登場してきたということです。
 デジタル技術のもつコンテンツや表現の可能性を、
iPadというプラットフォームが、わかりやすく提示してくれた
ということに過ぎないという言い方も可能です。
 タブレットPCというモデルを、スマートに商品化したiPad。
(そうではないという主張も多いですが、単純に技術的にみると
 まあそんなものであるという気がしています)
特に新しい技術が投入されているわけでもないわけです。
つまり、ヒットする商品は、新しい技術など必ずしも必要ないことを
示した事例のひとつであるともいえるでしょう。
iPadのコンテンツは、基本的にiPadでなければダメというものでは
ありません。別のハードやプラットホームでも利用可能に
することは出来るわけです。
iPadのもつブランド力と、先行した市場投入という点で
タブレットモバイル端末としての選択肢としては、
iPadというものしか、今のところない感じにだというだけと
いうことも出来ます。
出来れは、iPadよりも素晴らしい端末が登場してくることを
期待したいとも思います。

時代の流れは、プラットホームでは儲からない方向に
向かっています。端末にしろ回線にしろ、一定の規格を
満たす環境があれば、デジタルコンテンツは自由に扱えるという
時代になってきているということです。
デジタルコンテンツのユーザーは、自分の好みの環境で、
コンテンツを楽しめばよいということですね。
デジタルコンテンツをビジネスにするためには、
どこから利益を得るのか、そのビジネスモデルの構築と選択が
キーとなるということでしょう。

よく、端末の争いが記事になりますが、
実際には、端末の争いではなく、ユーザの囲い込みモデルや、
課金モデル、購入モデルの争いであるわけです。
そこには、デジタルコンテンツのもつ制約のひとつである
フォーマットという壁も、当然のように登場してきます。
アップルの電子店舗から買うのか、
アマゾンの電子店舗から買うのか、
それとも、他の電子店舗から買うのか、
ユーザの選択は自由なのですが、端末という制約によって
買える店を限定するという方法で、囲い込みを行ってると
いうわけです。
 商品を卸したいというコンテンツクリエイターは
出来れば人気店に自分の商品を置かせて欲しいわけですが、
たとえ、どんなに魅力があって優れている商品であっても
母屋主の意向に逆らうと、店舗においてもらえません。
売りたくても、売らせてもらえるかどうかは、
店舗の主の意思次第ということであるわけです。
もちろん、店舗としても、結局は、買えるものの品揃えと
品質が良いかどうかで、お客を惹きつける必要があるわけですが
一定の規模と知名度を得て、顧客を囲い込めたら、
好き勝手できるのも事実であったりします。
別に独立店舗を出して売り出すことも可能ですが、
すでに、人気店があるような状況では、お客を捕まえるのは
結構大変であったりします。
プラットホームの制約、フォーマットの制約など、
さまざまな壁がまだあるのが、現状であるともいえるでしょう。
今後は、端末も多様化していき、
フリーマーケットのような形態から、高級会員限定クラブのような
形態まで、いろんなスタンスのものが、多く出てきて、
売る側も、買う側も、より自由に、デジタルコンテンツを
扱うことが出来るような世界になっていってくれると
面白いなとおもいます。

デジタルコンテンツは、売り方、出し方、表現方法など、
これまでのコンテンツにあたらな切り口や付加価値を加え、
リアルではありえなかった方法で、売ることも可能にしています。
結局のところ、魅力のあるコンテンツを、より多くの人に知ってもらい
買ってもらうこと、ビジネスとしては、それが基本であり、
その変形で、多様なモデルが出てくるだけなのかもしれません。

iPadが、見せてくれた、デジタルコンテンツの可能性と魅力を
紹介している動画を、みていると、
コンテンツのあり方を、デジタルは、大きく変えてきたと
いうのが良くわかります。
でも、デジタルにはない魅力をアナログも持っていて
その魅力が霞むこともないということも事実です。
もちろんビジネスとしてどうかは別ですけれどね。

The Elements ebook for iPad


iPad iMagineering - Penguin Books - DK


iPad Voyager - Explore the Solar System on your iPad

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:21| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成層圏の果たしてくれているもの

 成層圏というものが、地球を覆っていたりします。
地球を覆っている大気の層は、地球の環境を育んできた
自然の仕組みのひとつです。
その大気の層があるからこそ、地上には自然の恵みがあり、
人が生まれてくる環境が、存在しえたということです。
 成層圏を人類が発見したのは、
明治35年、西暦1902年の6月8日のことであったそうです。
フランスの気象学者、テスラン・ド・ボールが
観測気球をつかって、その存在を確認したそうです。
 地球の大気の層は、
地表面から、近い順番に、
対流圏、成層圏、中間圏、熱圏という鉛直構造を
もっているそうです。
成層圏をはさむ、2つの層では、高度が高くなると
温度が下がるのに対して、
成層圏では、高度が高くなると温度が上がっていくという
特徴をもっているそうです。
 そして、この成層圏が、話題になったのは、
オゾン層の問題があったからでもあったりします。
オゾン層は、成層圏の一部分であり、
太陽からの紫外線を吸収する役目をになっています。
そのオゾン層が破壊されているということが、
観測されて、大問題となりました。
 オゾンホールの発見は、ショッキングなニュースで
あったのですが、日本では、あまり注目されなかった
ような気もします。
 オゾン層を守るための規制も国際的に条約として
締結されるようになり、環境問題のひとつとして
いまも重要な課題となっています。
 環境月間でもあり、
ぜひ、大気の大切さと、それを破壊し侵している
問題について、しっかりと認識していくことが
必要であると感じます。
メディアも、もっと報道して欲しいと感じます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:19| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

ナビスコカップグループリーグは大混戦で最終節へ

ワールドカップが開始する前に、
国内では、Jリーグのナビスコカップのグループリーグが
決着します。
各グループ2位まで、9月より行われる決勝トーナメントへ
進出できるのですが、
どこが勝ち抜けるのか、最終節まで決まらないという状態に
なっています。
最終節の試合の結果次第で、グループリーグ突破のクラブが
かわります。

グループBの現在の順位は以下の通りです。

1位 清水エスパルス  11 3勝2分1敗 +3 6得点
2位 モンテディオ山形 10 3勝1分1敗 +5 6得点
3位 ジュビロ磐田   10 3勝1分1敗 +2 7得点
4位 横浜F・マリノス 8 2勝2分1敗 +3 6得点
5位 浦和レッズ    7 2勝1分2敗 +0 6得点
6位 ヴィッセル神戸  4 1勝1分3敗 -3 5得点
7位 湘南ベルマーレ  0 0勝0分5敗-10 2得点

最終節の試合は、

 横浜FM vs 浦和 (日産ス)
 湘南  vs 神戸 (平塚)
 磐田  vs 山形 (ヤマハ)

となっています。
湘南と神戸の試合は、消化試合となってしまいました。
残りの2試合が、最終順位に影響します。

磐田と山形が引き分け、横浜が浦和に勝利すると、
勝点11で4クラブが並びます。
この場合には、得失点差の結果で、
山形と横浜が、グループリーグ突破となります。

磐田と山形が引き分けでなく勝敗はついた場合、
その勝者が、1位通過となります。
敗者は、突破ならずとなります。

横浜が、浦和に引き分けか負けると、
清水が2位通過となります。

最終節は、横浜と磐田は、勝利がグループリーグ突破の絶対条件であり、
山形は、引き分けか勝利で、グループリーグ突破となります。

モチベーションの維持が難しくアウェイの浦和が相手ということもあり
横浜が有利であるといえるでしょう。
また、引き分けでもよい、山形はアウェイとはいうものの
有利といえるでしょう。

さて、結果はどうなるのか、待つしかない清水サポーターは、
浦和のがんばりに期待するしかなかったりします。


グループAの現在順位は以下の通りとなっています。

1位 京都サンガF.C.   11 3勝2分1敗 +4 9得点
2位 FC東京      10 3勝1分1敗 +2 5得点
3位 ベガルタ仙台    9 2勝3分0敗 +2 3得点
4位 大宮アルディージャ 7 2勝1分2敗 +1 6得点
5位 アルビレックス新潟 7 2勝1分2敗 -2 3得点
6位 名古屋グランパス  3 0勝3分2敗 -3 4得点
7位 セレッソ大阪    1 0勝1分4敗 -4 3得点

最終節の試合は、

 大宮  vs 仙台  (NACK)
 名古屋 vs 新潟  (瑞穂陸)
 C大阪 vs F東京 (長居)

となってます。

こちらも、試合結果で順位が変動します。
数字上では、新潟まで、可能性はあります。

新潟が2位通過するためには、
C大阪が勝利し、ベガルタ仙台が、引き分けか負け、
そして、大量得点で、名古屋に勝つことが条件となります。
5-0以上での勝利が必要です。

大宮が2位通過するためには、
C大阪が勝利し、仙台相手に、2-0以上で勝つことが必要です。

仙台は、勝てば2以内で通過です。
引き分けの場合には、
C大阪が勝利し、新潟が4点差以下の勝利であれば、2位突破です。

FC東京は、勝てば、1位通過です。
引き分けの場合には、仙台と引き分けか負けで、2位突破です。

京都は、FC東京と仙台が勝つと、3位転落で突破できません。

ということで、
グループリーグを決定したクラブが、ひとつもない状態で、
6月9日(水)19:00に、6試合が同時にキックオフされます。
決勝トーナメントに勝ち残るクラブは、
いったいどこになるのか、注目です。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:59| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

芒種、邦楽、いけばな、お稽古、そして、ほんわか、飲み水、・・・

 6月6日、今年の今日は、
田植えや、芒がある穀物の種まきなどで農家が忙しくなる時期という
二十四節気のひとつ、芒種です。
もう、梅雨の季節ということですね。
日本では、6歳の、6月6日から、芸事を習い始めると
上達するという言い伝えがあるということで、
邦楽の日、楽器の日、いけばなの日、お稽古の日という
ことになっているそうです。
 踊りや楽器、音楽や芸術などに触れることは、
とても良いことです。習ってみて、あわなければ止めるのも
よいでしょう。でも、まず触れてみなければ、
好きになるかどうか、楽しいかどうか、
自分にあっているかどうかもわかりません。
触れる機会、チャンスを与えられるのは、親しかいません。
子どもの可能性を広げてあげられるかどうかは、
親の責任であるということですね。
 さて、世界環境デーの翌日ということもあって、
飲み水の日ということにもなっているそうです。
6月6日にちなんで、、けろけろで、かえるの日、
兄の日、補聴器の日、だったりもするそうです。
ほんわかの日というのは、読売テレビが番組にちなんで
名付けたそうです。
 いろいろと、面白い日でもあったりしますが、
日々、楽しんでいけるとよいなと思います。

 ちなみに、日本におけるキリスト伝説に関連して、
青森の三戸郡新郷村では、キリストの墓と伝えられる
場所のまわりえお、キリストの霊を慰めるために
「ナニャドヤラ」と唱いながら踊るという
例祭が行われるそうです。
キリスト祭ナニャドヤラ、地域の不思議な伝承であり
文化ですね。これを地域の活性化に活かすことも
出来る時代になっているという気がします。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:10| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

海士中学校の生徒による東京大学逆出前授業を体験してみませんか

地域の活性化ということが、
いわれています。
それに、いろんなアプローチがありますが、
次世代の人材が、その地域を盛り上げて支えていきたくなる
それが、とても重要であり、大切なことです。
そのために、どんなことが出来るのか、
それは、地域の大人たちの責任であるといえるでしょう。

海士では、子どもたちが、自分たちの住む場所について
好きになり、発展させていきたいと思えるような
環境をつくっています。
その成果が、今回の、東京大学での生徒たちによる授業でも
あるといえるでしょう。

お時間のあるかたは、ぜひ参加してみては如何でしょうか、
また、地域の子どもたちに、どんなアプローチをしたら
よいのか、悩んでいる皆さんにも、参考になるものが
あると思います。

中学生が、東京大学で、自分たちの住む地域について語ります。
いろんな地域で、この海士中学校の生徒のように、
地元のことを語れる子どもたちが育っていくことを願いたいと思います。

以下、海士中学校より東京大学逆出前授業のお知らせを転記いたします。

■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□
□■■□□■■□□

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 〜 島の中学生による東大出前講座 〜
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

●日時:2010年6月22日(火)10:30〜12:00
●場所:東京大学本郷キャンパス 工学部11号館講堂

●講座内容予定
日本のなつかしい未来がここにある。
全国から人が集まる島、海士町の魅力を発信!

3年目を迎える今年の東大出前講義は、
中学生一人ひとりが海士町の4つの課に分かれ、
町職員として発表します!!

【生活環境課】
海士の地理、自然環境の紹介。
H20年度に行われた環境に優しいエコスクールも
併せて紹介します。

【交流促進課】
海士に住む「人」の紹介。
名物町長、Iターン者、地元で商売を営む方々を
中心に海士町の元気を感じてもらいます。

【産業創出課】
海士町特産品を使った新商品のお披露目。(予定)
それらの料理の試食・レシピの紹介をします。

【伝統芸能課】
海士に古くから伝わる隠岐島前神楽についての実演。
すべての町民が踊れる!?キンニャモニャ踊りの体験をします。

メディアでは知ることの出来ない、島に残る日本の
伝統文化や、自然と共に生きる智恵などを、
五感で感じながら、楽しく学ぶ機会になればと思います。
また、当日は島との同時中継も予定しております。

●参加費:無料(どなたでもご自由にご参加ください)

●海士中学校について
 
隠岐諸島の一つ、海士町にある島で唯一の中学校。
全校生徒54人。
平成19年度 文部科学大臣表彰(キャリア教育部門)受賞。
平成20年度 しまね地球温暖化防止活動学校部門大賞を受賞。

●主催:海士町立海士中学校
   海士町教育委員会
東京大学大学院 新領域創成科学研究科環境システム学専攻

海士町HP http://www.town.ama.shimane.jp/  

●お問い合わせ
海士町教育委員会兵馬へご連絡ください。
 hyouma-chihiro☆town.ama.shimane.jp  
(☆を@に変えてください)

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    海士(あま)町とは?    
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

島根県の北60キロ、日本海に浮かぶ隠岐諸島の中の
一つの島(町)。後鳥羽上皇がご配流された地としても有名で、
神楽や民謡、俳句などの歴史文化を誇る一方、
島すべてが国立公園に指定されるほどの自然豊かな島。

近年は人口流出と財政破綻の危機の中、独自の
行政改革や産業創出、人づくり、教育施策を推進。
(地域づくり総務大臣表彰の大賞第一号を受賞)

人口約2400人の島に、この5年間で250人以上が移住し、
全国の自治体や研究機関、海外からも視察が来るように
なっている。

最近では、島唯一の高校「隠岐島前高等学校」の
魅力化プロジェクトが展開され、「観光甲子園」では
日本一(文部科学大臣賞)に輝く。
本年からは地域創造コースと特別進学コースを新設。
全国からの生徒募集も行っている。

■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□
□■■□□■■□□
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 23:18| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間環境宣言・環境週間 〜 日本から世界へ

 1972年-昭和47年6月5日に、国連で、人間環境会議が
開催されていて、そこで、「人間環境宣言」が採択されたわけです。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/ninngennkannkyousenngenn.htm
そのことを記念して、環境デーとしようと日本の提案により
国連が制定したのが、世界環境デーということです。
日本でも、環境基本法により、環境の日として制定し、
今日から11日までを、環境週間として、
環境問題に関するテーマで、さまざまな催しが開催される
ようになっています。
6月は、環境月間ということです。
環境について、いろんな視点から考えてみる機会です。

日本が、環境立国を名乗り、世界をリードしていくのであれば、
里山や森林、海洋など、自然の今を保存して、大切にしていくことが
重要であるといえるでしょう。
また、既に開拓済みの今ある環境を上手に使っていけば、
これ以上、自然を破壊したり、里山を壊したり、する必要など
ないはずです。
自然を育むのにかかる時間と、破壊するのにかかる時間の差に
もっと考えをおよばせて、破壊の愚かさと虚しさを感じるべきだと
いえるでしょう。

東京でいえば、稲城南山の里山であり、沖縄の辺野古であり、
他にも、目先の欲としがらみと計画を中止する勇気の無さで
壊され失われようとしている貴重な自然や里山などが日本には
いろいろ存在しています。
それらを、日本全体に知らしめて、考え直すことが
大切であるようにおもいます。
メディアは、そんな問題のある開発や計画をもっと
大きく取り上げていって欲しいと思います。

人間環境宣言 - 国連人間環境会議(ストックホルム会議:1972 年)
http://www.env.go.jp/council/21kankyo-k/y210-02/ref_03.pdf

環境基本法(平成五年十一月十九日法律第九十一号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H05/H05HO091.html

環境の日及び環境月間とは
http://www.env.go.jp/guide/envdm/

環境週間
http://keioeco.net/ecoweek.keioeco.net/

自然との共存共栄、自然の豊かな環境こそが、
人がより健康で、元気に生きていくことのできる環境であると
いえるでしょう。
健康を考えていくにあたっても、環境を考えることは重要です。
ときには、不便さも、必要であるかもしれません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:45| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

IT導入効果を向上させるためのモニタリングの重要さ

 IT導入すれば、業績改善するのか?
と問われたら、その答えは、YesでもありNoでもあると
いうことになるでしょう。
ITは、非常に有効なルーツであり、
時代の流れからも、活用していくことが、
あたり前のものとなってきています。
しかし、ビジネスにおけるITは、
ITそのものを商品としている業界は別にして、
商売のためのルーツであり、道具でしかありません。
つまり、新しい優れた道具を購入してみたといっても
それだけで効果が出るわけではないということです。
購入したら、まず使ってみないとはじまりません。
よく、パソコンを買ってみたけど、電源入れたことないと
いった話があったりします。
置物になっているのでは効果が出るわけはありません。
使ってみて、どうかです。
そして、ただ使ってみるだけでも、効果が出るとは
限りません。より上手に使うことが重要になってくるわけです。
そして、使い方にも工夫が必要となってきます。
では、実際にどんな使い方されていて、
効果があがっているのか、確認してみないことには、
上手に使っているかどうかを判断することは出来ません。
そこで、重要になるのが、モニタリングです。
 モニタリングして、利用状況や効果を確認してみて、
改善をしていくことで、はじめて、IT導入の成果が
現れてくるといえるでしょう。
 ITコーディネータも、ビジネスパートナーの皆さんに
対して、モニタリングの重要性を伝えています。
でも、何をどうやって、そして結果をどう分析して
どう改善点を見出すのか、なかなかわからないといわれる
方もいらっしゃるでしょう。
そんなときには、ITコーディネータを利用してみれば
よろしいということになります。
 IT導入は、優れた道具を上手に使った業務改善であると
いうことです。業務改善を行ったときに効果をどう評価するのか
と同様に、IT導入においても効果を評価していくことが
大切です。もちろん、評価できるものが何か、
その指標や視点を、それぞれの業務や導入したIT毎に
適切に考えていくことが大切です。
そんな作業をサポートするのも、ITコーディネータの役割のひとつです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:08| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

派生開発カンファレンス2010 − 開発の改善とは?

 機能変更、保守対応、運用改良、改造といった、
ソフトウェア製品に関して、一度、納品したものについて、
機能変更、機能追加、ハード更新に伴う対応変更など、
改造を行うことが多くあります。
それらの作業について、保守開発とか、機能追加開発とか
言っていたものです。
 ベースのあるものから、それをもとにして
新しいソフトウェアを開発することを、
派生開発と定義しているようです。
 私は、組み込みソフトウェアの開発に従事してから、
保守開発、機能追加改造開発といった作業を多く実施してきました
派生開発という言葉の方が、あまりなじみがなかったりします。
おそらく業界によって、派生開発というのが普通であったところや
保守開発というのが普通であったところなどがあったのだと
思います。(派生開発推進協議会HPのQ&Aのコーナーにも説明ありましたが)
どちらも、新規開発と異なる開発ということで
位置づけられてきたものであることに違いはありません。
ソフトウェアは、少し不思議な位置づけにあるように思っています。
まず、プログラム=ソースコードは、著作物として、
データーベース(構造)と共に、著作権法による保護対象に
なっています。
しかし、現場では、ソースコードの部品化、流用というものが
当たり前のように行われており、開発の効率化という視点から、
プログラムは部品として扱われていたりします。
そこには、著作物としての芸術性や文化性などは無縁であり
チップや工業部品といったものと同様な扱いとなっていると
いえるのです。
現実の社会において、ソフトウェアは、2次どころか多次著作物の
集合体のようなものが、大半を占めているといってよいのでは
ないかとおもいます。
プログラムのソースコードをおっていくと、10年前とか
20年前のソースが含まれていることなど良くあることだったり
するということですね。
ハードウェアの進歩により、ソフトウェアの規模が急速に大きく
なっていったなかで、新規開発を行うことの方が稀なケースに
なりつつあるといえるかもしれません。
もちろん、新しい言語での開発などは、新規開発が多いですが、
組み込みシステムを含めて、以前よりあるような機能を
実現するようなケースで、多機能化、高速化、新機種や、
マンマシンインタフェースのみの変更などといった、
カスタマイズ製品においては、すべてを新規開発することの方が
珍しいといえるかもしれません。
C言語(C++含む)とアセンブラ言語で開発するソフトウェアの世界では
ソフトウェアの流用といったことは、ごく当たり前のものと
なっています。

ただし、この保守開発、派生開発の分野においては、
様々な課題や、問題が出てきていることも確かです、
そんな問題や課題を克服するために、開発管理、品質管理、製品管理と
いった視点から、マネジメントやプロセスなどの改善などに関して
手法の提供や検討、啓蒙などを行っていこうという感じで
設立されたのが、

派生開発推進協議会
http://www.xddp.jp/index.shtml

です。

規約の第二条に、その目的は記述されています。

「本団体は製造業やシステム業界に於ける派生開発分野に関連する
 業者間の交流を通じ、効果的な方法の開発とその普及を図り、
 業界の発展に寄与することを目的とし、
 競争力の向上により社会への貢献を図る。」

派生開発は、ソフトウェアだけでなく、ハードウェアにおいても
同様に関わるものであります。
組み込みシステムが、ハードウェアと密な関係にあるものであり、
ソフトウェアの開発においても、ハードウェアを制御し扱う部分が
非常に多いことから、単にソフトウェアの開発という視点だけでなく
ハードウェアを含めた、製品としての開発の視点も必要に
なってくるといえるでしょう。
ハードウェアは、機能単位の部品化から、カスタムチップにより
必要な機能をワンチップ化することで、小型化と量産コストダウン化を
目指す方向性もあったりします。
すると、ソフトウェアとしては、部品化にあたり機能分解においても
ハードウェアの変化を見越した考え方が必要になります。
そのあたりは、下流設計にあたる部分の肝であったりしますが、
今回の派生開発の開発手法の対象は、上流工程におけるミスの軽減に
あるように感じました。

推奨している手法として

XDDP(eXtreme Derivative Development Process)

が提示されています。

USDM(Universal Specification Describing Manner) と
PFD(Process Flow Diagram) という
技法をベースにして、
「短納期」、「部分理解」、
「変更の要求」、「機能追加の要求」
などのキーワードを考慮しながら、
「成果物とプロセスの合理的な連鎖」、
「変更プロセスと機能追加のプロセスを分離」、
「「3点セット」の成果物」
といった施策を講じていくことで、
派生開発における問題を解決し、作業品質を向上させていくと
いった感じとなっています。

デスマーチの状態の解消、
リファクタリングへの適用、
SPL (Software Product Line)など他の手法との連携、
など、
効果を広げていくことも可能ということのようです。

ちなみに、3点セットの成果物とは、
「変更要求仕様書」
「TM(Traceability Matrix)」
「変更設計書」
の3つだそうです。

確かに、これがきちんと出来ていれば、ベストであるというのは
当然のことだといえるでしょう。
もしかしたら、
「えっ、これらのものって当然あるのではないの?」
と思う人もいるかもしれません。
けれど、短納期、ハードウェアとの並行開発、要員不足、など
さまざまな理由から、まず動くものを作り上げることに
注力していくなかで、おざなりとされてきたといった面が
あったりするのが、現場の実態であるといえそうです。
それでも、品質を維持し、製品を作り出してこれたのは、
現場の人材のスキルと技能、経験による暗黙知の賜物で
あったといえるでしょう。

 少子化、人材育成にあまり熱心でなくなっている企業、
採用も少なくなっているなかで、
暗黙知に頼った開発で維持されてきた部分が、
今後は崩壊していくことは、間違いないのかもしれません。
その様な状況のなかで、開発品質を上げていくためには、
XDDPのような手法の導入などにより、現場における見える化を
進めていくことが重要であるのは間違いありません。

研究会では、以下のような人の参加を期待しているそうです。
・現場で派生開発プロジェクトをリードできる立場の人や開発チームのメンバー
・組織標準の作成に関わっている人

現場に近いところから、導入されていかなければ、
改善ははじまらないということでもあったりします。
しかし、現場の人間が、そのような改善に取り組める環境を
作ってもらわないと、なかなか現場の人間が出てくるのは
難しかったりもします。余裕のない現場がそこにはあります。
企業として、開発の効率化を図るのであれば、
上記のような人を部下としている経営者や管理職の皆さんが、
業務命令として参加させるようなことが
必要となってきているように感じます。
個人で、有給を使って、イベントやセミナー、研究会に参加するのも
限度がありますから。
 負のスパイラルから脱却するためには、思い切った投資が
必要であるということでしょうか。

組み込みシステム開発、ソフトウェア開発に関係する皆さんで、
開発の効率化を図りたいと感じている方は、
カンファレンスに参加してみて、どんなものなのかを
確認してみては如何でしょうか。

 〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

第1回 派生開発カンファレンス2010 参加者募集
http://www.xddp.jp/conference2010.shtml

派生開発専用の開発アプローチである
XDDP(eXtreme Derivative DevelopmentProcess)は、
多くの開発部門で活用され、確実な成果を上げてきました。
今回、この派生開発の実態とその効果的な実践方法を理解してもらい、
より多くの方々に XDDP を活用してもらうため、
派生開発カンファレンスを開催します。

記念すべき「第1回 派生開発カンファレンス2010」を、
開港の地“横浜”で開催します。
一人でも多くの方の参加をお待ちしています。

また、カンファレンスの申し込みと同時に、
派生開発推進協議会への申し込みも受け付けています
( http://www.xddp.jp/ )。
この協議会では、派生開発に関するさまざまな取り組みを計画しています。
本協議会への参加もお待ちしております。

◆期 日:2010年6月18日(金) 10:00-17:45
◆会 場:横浜市開港記念会館
http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/
◆主 催:派生開発推進協議会( http://www.xddp.jp/ )
◆定 員:200名(最大開催人数 400名)
◆参加費:
 カンファレンス
会員 ... 3,000円
賛助会員 ... 4,000円
協賛団体会員 ... 4,000円
一般 ... 5,000円
 情報交換会 ... 4,000円 (18:30-20:30)
参加費、会場は別になります。
講演内容についての質問やそれぞれの現場での取り組みについて
の情報交換の場としてご活用ください。
◆参加申し込み
・以下のウェブサイトからの申し込みとなります。
http://www.xddp.jp/conference2010.shtml
・2010年6月8日(火) 17:00、または定員に達した段階で申し込み受け付けを
終了させていただきます。どうぞ、お早めにお申し込みください。
・Twitter 公式タグのお知らせ
 派生開発カンファレンス2010ではTwitterを活用しています。
 公式タグは #xddp2010 です。
◆問い合わせ先
カンファレンスに関する問い合わせは
「カンファレンス実行委員会メーリングリスト
 ( xddp-2010-query@xddp.jp )」まで

 〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:02| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

チャイニーズ・マネジメント&マーケティング・スクール

 中国の経済発展は、まさに目を見張るものがあります。
最近の動向について、よく、日本の戦後の高度成長期と
比較することもありますが、
東京オリンピックから、大阪万博、とステップアップしていった
日本の経済のように、
中国でも、北京五輪、上海万博で、ステップアップしていくと
いうようなものもあったりしますね。
でも、日本の経済発展と中国とは、大きな違いがあると
感じます。ひとつは、文化的な背景の違いです。
大陸文化と島国文化の違いもそうですが、
長い歴史のなかで、世界中に張り巡らされていった
華僑ネットワークの力は、ユダヤネットワークに対抗しうる
唯一のものかもしれません。
また、人口の差も大きなものがあります。
中国の経済は、まだ非常に大きな国内格差のなかでの
一部分でのことに過ぎないわけです。
資源も人材も豊富な国である中国の発展の流れは、
資源もなく、人材も枯渇しつつある日本の状況とは、
比較にならないかもしれません。
 また、よくビジネスで効果があるといわれるNLPについては
中国では効果が出ないという話も聞きます。
それは、中国の人たちのベースとなっているマインドセットに
よるものなのかなと感じることがあります。
 日本が、今後、経済的に没落しないためには、
中国をはじめとしたアジア市場を無視することは出来ません。
そのためには、市場を知ること、そして、そこでの経営手法や
マインドセットについて知ることが大切になってくると
いえるでしょう。
 経営の背後には、文化や歴史からくる
その地域のもつ思想、行動原理があるものです。
信頼を得るためには、自分たちの規範や思想、行動原理を
しっかりとしたものとすることと同様に
相手の思想、行動原理を理解し、認め、対応できるように
なっていることが求められます。
それを、学ぶのには、現地でビジネスをするのが
一番の経験かもしれませんが、リスクも大きかったりするものです。
まず、情報を得て、学んでからというステップを取ることで
そのリスクを軽減することが出来るでしょう。
そんな、中国とのビジネスに関するノウハウを学ぶ機会として
紹介されているものが、以下のスクールであるといえそうです。
 役に立つか否かは、学ぶ側の姿勢しだいということも
あるでしょう。
中国でのビジネス、中国とのビジネスに関して、
関心や興味のある方は、講座で学ぶことを考えてみても
よいのかもしれません。

〜以下、告知文を転機〜

「チャイニーズ・マネジメント&マーケティング・スクール」 全30講座
(主催:日本香港協会全国連合会)
2010年6月17日(木)〜2011年3月31日(木)

◆チャイニーズ・マネジメント&マーケティング・スクール6月開講!◆

日本香港協会全国連合会は、
特定非営利活動法人 日本香港協会との
共催で、
「第8期チャイニーズ・マネジメント・アンド・マーケティング・スクール
 −華人経営研究−」
全30講座を2010年6月17日から2011年3月31日にかけて開催致します。

この講座は、今後も続く中国の飛躍的な経済発展の中で、
中国の表面だけに触れ「嫌中」となり、ビジネスを縮小するなど、
諦めている日本企業が多く存在する背景をうけ、
対中事業の正しい競争戦略と同盟戦略を教えることを目的として、
2003年に関西で開講されました。
第8期を迎える本年は、漢学の府として
明治の偉人を生み出した二松学舎大学のご協力をいただき、
会場を同校教室に移し東京開講する運びとなりました。

長きに亘り卓越した「チャイナ・ウオッチ」の拠点として
世界に価値ある情報を発信してきた香港の経験をベースに、
中国大陸はもとより、世界に広がるチャイニーズ(華人)の
経営管理と行動様式の全般的解明研究と人材育成を目指し、
香港大学商学部華人経営研究センターとの共同開発による
日本では最も新しいタイプの対華事業対策講座です。

昨今多くの対中事業向けのセミナーなどが開催されていますが、
その多くは具体的な実務に特化したものが多く、
対中ビジネスの基礎となる思想や行動原理を教えるものがありません。
そこで当講座は、初めに、各分野の著名教授陣による
「理論編 全15講座」において、
華人経営の行規範となる
「華人ネットワーク」「儒教」「兵法」「国情」の4つのパラダイムを
理解・探求し、 華人経営の協調・競争戦略の背後にある
思想や行動原理を学んでいただき、実務への基礎をつくります。
その後、各産業界の対華ビジネスのエキスパートによる
「実践編 全15講座」を受講し、
より深い実践編の理解を導くシステムとなっています。

まずは一度お問い合わせ下さい。ここで答えが見つかるはずです。

URLはこちら↓
http://www.jhks.gr.jp/school/index.html

<お問い合わせ先>
日本香港協会全国連合会 事務局 担当:吉村、室田
TEL:03-5210-5901
FAX:03-5210-5860
E-mail:national@jhks.gr.jp
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:09| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする