2010年06月04日

IT導入効果を向上させるためのモニタリングの重要さ

 IT導入すれば、業績改善するのか?
と問われたら、その答えは、YesでもありNoでもあると
いうことになるでしょう。
ITは、非常に有効なルーツであり、
時代の流れからも、活用していくことが、
あたり前のものとなってきています。
しかし、ビジネスにおけるITは、
ITそのものを商品としている業界は別にして、
商売のためのルーツであり、道具でしかありません。
つまり、新しい優れた道具を購入してみたといっても
それだけで効果が出るわけではないということです。
購入したら、まず使ってみないとはじまりません。
よく、パソコンを買ってみたけど、電源入れたことないと
いった話があったりします。
置物になっているのでは効果が出るわけはありません。
使ってみて、どうかです。
そして、ただ使ってみるだけでも、効果が出るとは
限りません。より上手に使うことが重要になってくるわけです。
そして、使い方にも工夫が必要となってきます。
では、実際にどんな使い方されていて、
効果があがっているのか、確認してみないことには、
上手に使っているかどうかを判断することは出来ません。
そこで、重要になるのが、モニタリングです。
 モニタリングして、利用状況や効果を確認してみて、
改善をしていくことで、はじめて、IT導入の成果が
現れてくるといえるでしょう。
 ITコーディネータも、ビジネスパートナーの皆さんに
対して、モニタリングの重要性を伝えています。
でも、何をどうやって、そして結果をどう分析して
どう改善点を見出すのか、なかなかわからないといわれる
方もいらっしゃるでしょう。
そんなときには、ITコーディネータを利用してみれば
よろしいということになります。
 IT導入は、優れた道具を上手に使った業務改善であると
いうことです。業務改善を行ったときに効果をどう評価するのか
と同様に、IT導入においても効果を評価していくことが
大切です。もちろん、評価できるものが何か、
その指標や視点を、それぞれの業務や導入したIT毎に
適切に考えていくことが大切です。
そんな作業をサポートするのも、ITコーディネータの役割のひとつです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:08| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

派生開発カンファレンス2010 − 開発の改善とは?

 機能変更、保守対応、運用改良、改造といった、
ソフトウェア製品に関して、一度、納品したものについて、
機能変更、機能追加、ハード更新に伴う対応変更など、
改造を行うことが多くあります。
それらの作業について、保守開発とか、機能追加開発とか
言っていたものです。
 ベースのあるものから、それをもとにして
新しいソフトウェアを開発することを、
派生開発と定義しているようです。
 私は、組み込みソフトウェアの開発に従事してから、
保守開発、機能追加改造開発といった作業を多く実施してきました
派生開発という言葉の方が、あまりなじみがなかったりします。
おそらく業界によって、派生開発というのが普通であったところや
保守開発というのが普通であったところなどがあったのだと
思います。(派生開発推進協議会HPのQ&Aのコーナーにも説明ありましたが)
どちらも、新規開発と異なる開発ということで
位置づけられてきたものであることに違いはありません。
ソフトウェアは、少し不思議な位置づけにあるように思っています。
まず、プログラム=ソースコードは、著作物として、
データーベース(構造)と共に、著作権法による保護対象に
なっています。
しかし、現場では、ソースコードの部品化、流用というものが
当たり前のように行われており、開発の効率化という視点から、
プログラムは部品として扱われていたりします。
そこには、著作物としての芸術性や文化性などは無縁であり
チップや工業部品といったものと同様な扱いとなっていると
いえるのです。
現実の社会において、ソフトウェアは、2次どころか多次著作物の
集合体のようなものが、大半を占めているといってよいのでは
ないかとおもいます。
プログラムのソースコードをおっていくと、10年前とか
20年前のソースが含まれていることなど良くあることだったり
するということですね。
ハードウェアの進歩により、ソフトウェアの規模が急速に大きく
なっていったなかで、新規開発を行うことの方が稀なケースに
なりつつあるといえるかもしれません。
もちろん、新しい言語での開発などは、新規開発が多いですが、
組み込みシステムを含めて、以前よりあるような機能を
実現するようなケースで、多機能化、高速化、新機種や、
マンマシンインタフェースのみの変更などといった、
カスタマイズ製品においては、すべてを新規開発することの方が
珍しいといえるかもしれません。
C言語(C++含む)とアセンブラ言語で開発するソフトウェアの世界では
ソフトウェアの流用といったことは、ごく当たり前のものと
なっています。

ただし、この保守開発、派生開発の分野においては、
様々な課題や、問題が出てきていることも確かです、
そんな問題や課題を克服するために、開発管理、品質管理、製品管理と
いった視点から、マネジメントやプロセスなどの改善などに関して
手法の提供や検討、啓蒙などを行っていこうという感じで
設立されたのが、

派生開発推進協議会
http://www.xddp.jp/index.shtml

です。

規約の第二条に、その目的は記述されています。

「本団体は製造業やシステム業界に於ける派生開発分野に関連する
 業者間の交流を通じ、効果的な方法の開発とその普及を図り、
 業界の発展に寄与することを目的とし、
 競争力の向上により社会への貢献を図る。」

派生開発は、ソフトウェアだけでなく、ハードウェアにおいても
同様に関わるものであります。
組み込みシステムが、ハードウェアと密な関係にあるものであり、
ソフトウェアの開発においても、ハードウェアを制御し扱う部分が
非常に多いことから、単にソフトウェアの開発という視点だけでなく
ハードウェアを含めた、製品としての開発の視点も必要に
なってくるといえるでしょう。
ハードウェアは、機能単位の部品化から、カスタムチップにより
必要な機能をワンチップ化することで、小型化と量産コストダウン化を
目指す方向性もあったりします。
すると、ソフトウェアとしては、部品化にあたり機能分解においても
ハードウェアの変化を見越した考え方が必要になります。
そのあたりは、下流設計にあたる部分の肝であったりしますが、
今回の派生開発の開発手法の対象は、上流工程におけるミスの軽減に
あるように感じました。

推奨している手法として

XDDP(eXtreme Derivative Development Process)

が提示されています。

USDM(Universal Specification Describing Manner) と
PFD(Process Flow Diagram) という
技法をベースにして、
「短納期」、「部分理解」、
「変更の要求」、「機能追加の要求」
などのキーワードを考慮しながら、
「成果物とプロセスの合理的な連鎖」、
「変更プロセスと機能追加のプロセスを分離」、
「「3点セット」の成果物」
といった施策を講じていくことで、
派生開発における問題を解決し、作業品質を向上させていくと
いった感じとなっています。

デスマーチの状態の解消、
リファクタリングへの適用、
SPL (Software Product Line)など他の手法との連携、
など、
効果を広げていくことも可能ということのようです。

ちなみに、3点セットの成果物とは、
「変更要求仕様書」
「TM(Traceability Matrix)」
「変更設計書」
の3つだそうです。

確かに、これがきちんと出来ていれば、ベストであるというのは
当然のことだといえるでしょう。
もしかしたら、
「えっ、これらのものって当然あるのではないの?」
と思う人もいるかもしれません。
けれど、短納期、ハードウェアとの並行開発、要員不足、など
さまざまな理由から、まず動くものを作り上げることに
注力していくなかで、おざなりとされてきたといった面が
あったりするのが、現場の実態であるといえそうです。
それでも、品質を維持し、製品を作り出してこれたのは、
現場の人材のスキルと技能、経験による暗黙知の賜物で
あったといえるでしょう。

 少子化、人材育成にあまり熱心でなくなっている企業、
採用も少なくなっているなかで、
暗黙知に頼った開発で維持されてきた部分が、
今後は崩壊していくことは、間違いないのかもしれません。
その様な状況のなかで、開発品質を上げていくためには、
XDDPのような手法の導入などにより、現場における見える化を
進めていくことが重要であるのは間違いありません。

研究会では、以下のような人の参加を期待しているそうです。
・現場で派生開発プロジェクトをリードできる立場の人や開発チームのメンバー
・組織標準の作成に関わっている人

現場に近いところから、導入されていかなければ、
改善ははじまらないということでもあったりします。
しかし、現場の人間が、そのような改善に取り組める環境を
作ってもらわないと、なかなか現場の人間が出てくるのは
難しかったりもします。余裕のない現場がそこにはあります。
企業として、開発の効率化を図るのであれば、
上記のような人を部下としている経営者や管理職の皆さんが、
業務命令として参加させるようなことが
必要となってきているように感じます。
個人で、有給を使って、イベントやセミナー、研究会に参加するのも
限度がありますから。
 負のスパイラルから脱却するためには、思い切った投資が
必要であるということでしょうか。

組み込みシステム開発、ソフトウェア開発に関係する皆さんで、
開発の効率化を図りたいと感じている方は、
カンファレンスに参加してみて、どんなものなのかを
確認してみては如何でしょうか。

 〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

第1回 派生開発カンファレンス2010 参加者募集
http://www.xddp.jp/conference2010.shtml

派生開発専用の開発アプローチである
XDDP(eXtreme Derivative DevelopmentProcess)は、
多くの開発部門で活用され、確実な成果を上げてきました。
今回、この派生開発の実態とその効果的な実践方法を理解してもらい、
より多くの方々に XDDP を活用してもらうため、
派生開発カンファレンスを開催します。

記念すべき「第1回 派生開発カンファレンス2010」を、
開港の地“横浜”で開催します。
一人でも多くの方の参加をお待ちしています。

また、カンファレンスの申し込みと同時に、
派生開発推進協議会への申し込みも受け付けています
( http://www.xddp.jp/ )。
この協議会では、派生開発に関するさまざまな取り組みを計画しています。
本協議会への参加もお待ちしております。

◆期 日:2010年6月18日(金) 10:00-17:45
◆会 場:横浜市開港記念会館
http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/
◆主 催:派生開発推進協議会( http://www.xddp.jp/ )
◆定 員:200名(最大開催人数 400名)
◆参加費:
 カンファレンス
会員 ... 3,000円
賛助会員 ... 4,000円
協賛団体会員 ... 4,000円
一般 ... 5,000円
 情報交換会 ... 4,000円 (18:30-20:30)
参加費、会場は別になります。
講演内容についての質問やそれぞれの現場での取り組みについて
の情報交換の場としてご活用ください。
◆参加申し込み
・以下のウェブサイトからの申し込みとなります。
http://www.xddp.jp/conference2010.shtml
・2010年6月8日(火) 17:00、または定員に達した段階で申し込み受け付けを
終了させていただきます。どうぞ、お早めにお申し込みください。
・Twitter 公式タグのお知らせ
 派生開発カンファレンス2010ではTwitterを活用しています。
 公式タグは #xddp2010 です。
◆問い合わせ先
カンファレンスに関する問い合わせは
「カンファレンス実行委員会メーリングリスト
 ( xddp-2010-query@xddp.jp )」まで

 〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:02| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする