2010年06月16日

女流トッププロとコンピュータ将棋との対戦〜この秋に実施決定

 私も所属している、情報処理学会で、
創立50周年記念事業として、

「トッププロ棋士に勝つためのコンピュータ将棋プロジェクト」
http://www.ipsj.or.jp/50anv/shogi.html

が進められているということです。

そして、日本将棋連盟に、対局の挑戦状を送っていたそうです。

2010年4月2日:情報処理学会が日本将棋連盟に「コンピュータ将棋」で挑戦状
http://www.ipsj.or.jp/03somu/shogi/index.html

その結果、この秋に、女流トッププロと公開対局が、
実施されることが決定したそうです。
まだ、持ち時間などの対局条件など、詳細は決定していない
ようですが、開催日と場所は以下の通りに
確定したようです。

 開催日:平成22年10月11日(月)
 会 場:東京大学 本郷キャンパス 工学部2号館内
 共 催:社団法人 日本将棋連盟
     東京大学 大学院情報理工学系研究科
     社団法人 情報処理学会

 いわゆる、チェスや将棋、囲碁、連珠、麻雀などの
知的ゲームに関して、コンピュータが人間にどこまで
対抗できるのかは、AIの進歩におけるひとつの成果とも
いわれてきました。
 チェスについては、世界チャンピオンに、勝てるレベルまで
進歩したコンピュータが登場しています。
しかし、将棋や囲碁では、まだそのレベルには到達していません。
将棋では、つめ将棋については、かなりのレベルにあるものの
普通の将棋では、アマ3段くらいの実力のソフトが
あるくらいと聞いたことがあります。
囲碁は、さらに人との差が開いているようです。
 単なる計算ではないものが、ゲームのなかにはあると
いうことですね。
膨大なメモリと演算速度でもって、対抗しているような
ところがありますが、最近は、処理の選択など、データを
利用して判断させるといったものになってきているようです。
それで、かなりレベルが高くなっているとか、
さて、今回の対局は、どんな結果となるでしょう。

 将棋ファンの皆さんも、注目しているかもしれませんね。
私も、将棋はやれますが、かなり低いレベルです。
たぶん、コンピュータには負けるでしょう。
でも、プロとなると、ちょっと違ってきますからね。
 ちなみに女流棋士のどなたが、対局されるのかにも
注目といった感じでしょうか。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:30| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和菓子〜ベジタリアン食品の伝統食として世界に誇れるもの

 日本の菓子は、和菓子といいます。
原材料は、植物や海草であり、肉や卵や乳製品などを含まない
ベジタリアン(ビーガン)向けの原材料だけで、
作られたものであり、見て楽しみ、食して楽しめる
環境に優しく、心にも体にも優しい、魅力ある食品です。
 残念ながら、最近は洋菓子の影響を受けて、
卵などのノンベジな食材が混じっているものが和菓子と称して
出まわっていたりします。悲しいことだと感じます。
卵やしらす、肉、魚、かになどが、入っていえれば
それは、見た目は和菓子でも、中身は洋菓子だと思います。
 偽和菓子ではない、ビーガンも食べることのできる
魅力あふれる和菓子が、もっと多く、出まわるように
なって欲しいなとおもいます。
 6月16日が、和菓子の日とされたのは、
昭和54年のことだそうです。由来は、嘉祥元年に、
仁明天皇が16個の菓子やモチを神前に供え、疫病よけと健康招福を
祈ったというものが、宮中行事となって伝えられたという故事に
よるものだそうです。
 和菓子は、健康招福の食べ物だということですね。
子どものおやつにも、洋菓子ではなく、和菓子を中心に
していった方が、良いのではないのかなと思います。

 屍骸原材料料理ではなく、不殺の料理を、
食の中心にというのは、日本では、古くからあったものです。
和菓子にしろ、精進料理にしろ、ビーガン料理があり、
基本は、穀類と豆類という食は、和食の中心であり続けて
きたわけですから。


日本ベジタリアン協会
http://www.jpvs.org/
殺生肉食禁断の詔勅
(天武天皇の時代から幕末まで1200年間有効であった詔)

「いのちの食べ方」
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/
「食の未来」
http://syoku-no-mirai.net/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:16| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする