2010年06月26日

2010 FIFA #WorldCup ベスト16出揃い、いよいよ決勝トーナメント

 ベスト16が出揃いました。
いろんな初の波乱などもあったグループリーグですが
ベスト16に勝ち残った国は、今の世界のトップ16であることに
間違いないわけです。
 まず行われる8試合は、その試合も素晴らしい
熱い試合となることでしょう。
終了のホイッスルが鳴るまでは、何が起こってもおかしくない
どんな、ドラマが待ち受けているのか、
世界中が注目するなか、行われるサッカーの試合に
期待しましょう。
 そして、そのなかに、アジアから、日本と韓国の姿があることを
誇りに思うし、ぜひ、勝利に向かって、戦力を発揮して
世界にアジアの成長の証を示して欲しいと思います。

さて、注目の試合は、以下の通りの組み合わせです。

 ウルグアイ vs 韓国    アルゼンチン vs メキシコ
       |              |
 アメリカ  vs ガーナ   ドイツ    vs イングランド

 オランダ  vs スロバキア パラグアイ  vs 日本
       |              |
 ブラジル  vs チリ    スペイン   vs ポルトガル

どのカードも魅力ある試合となることでしょう。
しかし、グループリーグの結果が、予想外に
なったこともあって、欧州勢は、すべて欧州勢対決と
なりました。手の内を知り尽くした同志の対決だけに
どんな展開となるのか、興味深いところです。

まずは、最初に、韓国が、南米の強豪を下すという
ジャイアントキリングを魅せて欲しいとおもいます。
そして、
ガーナは、アフリカ最後の砦として、アメリカを下せるのか、
優勝候補ではないものの、この2試合の結果は、
サッカーのこれからを示すものだといえるかもしれません。

アルゼンチンに、どこまでメキシコが食い下がれるのか、
ドイツとイングランド、苦戦したグループリーグから
どう変わってくるのか、
オランダは、今度こそ優勝できるのか、
ブラジルは、南米対決を征することができるのか、
スペインは、復活したのか、ポルトガルとの対決は如何に、
そして、何と行っても
南米の強豪パラグアイに、日本代表がどこまで
出来るのか、再び、ジャイアントキリングを世界に
魅せることが出来るのか、
ともかくも、勝つしかない試合であるだけに、
またグループリーグとは違った展開もあるでしょう。
世界の各国の魅力あるサッカーが、充分に発揮されることを
期待したいと思います。

NHK公式 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ
http://www9.nhk.or.jp/fifaworldcup/index.html
NHK ワールドカップ番組表
http://www9.nhk.or.jp/fifaworldcup/program/index.html



個人的な予想と希望としては、
ベスト8の対戦カードが、
 韓国 vs ガーナ
 オランダ vs ブラジル
 アルゼンチン vs イングランド
 日本 vs スペイン
となったら、よいなって思ってます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:03| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連憲章調印記念日、国際薬物乱用・不正取引防止デー、国際拷問被害者支援デー

 6月26日、今日は、昭和20年に、サンフランシスコにて、
連合軍を中心に集まった国が、国連憲章を調印した日だそうです。
10月24日に、発効となり、国際連合が動き出すことに
なったわけです。
 その後、国連は、いろんな取り組みをしていくなかで
国際デーを制定してきています。
そんな国際デーのなかで、6月26日は、
昭和62年に制定された、
「薬物乱用統制における将来の活動の包括的多面的概要」
の採択にともなう、国際薬物乱用・不正取引防止デーであり、
昭和59年に制定された、
「拷問、その他の残酷、非人道的もしくは
 屈辱的処遇および処罰を禁止する条約」の発効にともなう、
国際拷問被害者支援デーということだそうです。

 薬物にしろ、拷問にしろ、
人を人として尊重せずに、扱う愚行であるといえるでしょう
基本的人権を無視した行為であるともいえるかもしれません。
しかし、そんな基本的にあるべきではないことも
愚かな人は、行ってしまうということです。
人が愚かで未熟であるがゆえに、このような条約や
活動が必要になっているのだといえるでしょう。
 日本においても、麻薬などの薬物が、一般の市民の中にも
流されていたりします。自分の身体を蝕み、
壊していくものなのに、一瞬の快楽のために正しい目を
曇らせてしまっている愚か者が結構いるということです。
児童虐待や、パワハラ、セクハラなども、
まさに自己中心的な愚かさから行われている行為であると
いえるでしょう。
多くの人が、その過ちを認識し、愚かさを知ることが
重要であると言えます。無知なることが
過ちを起こさせることも確かなことであるからです。
メディアは、もっと正しい情報をきちんと
報道することを心がけて欲しいと思います。
また、教育の現場で、正しい情報を解釈する能力や
愚かな行為を行わないようにする国際デーのことや
各種の活動のことを子どもたちに学ばせてあげられる
時間をきちんと作るようにして欲しいと感じます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:23| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする