2010年06月30日

運動物体の電気力学について

今日は、アインシュタイン記念日だそうです。
その理由は、相対性理論の最初の論文
『運動物体の電気力学について』
が発表されたのが、
1905年6月30日だからだそうですね。
アインシュタインは、1921年にノーベル賞を受賞しますが
それは、相対性理論によるものではありませんでした。
当時の学会のまあ、理論闘争が背後にあったとも
いわれていますが、真相は定かではありません。
ちなみに、1948年に、トランジスタが、世界にはじめて
公開されたことから、トランジスタの日でもあるそうです。
いずれも20世紀のことであり、
その後の科学技術の発展には、それ以前との比較では
飛躍的なスピードであったといえるかもしれません。
でも、まだまだ現代科学では、未解明であることが
自然界には無数に存在しています。
相対性理論が、ニュートンの時代をこえたように、
新たな理論が、相対性理論をこえることもあるでしょう。
また、トランジスタにより電子回路に関連した技術が
飛躍的に変化したように、新しい発明が、
技術を飛躍的に変化させるかもしれません。
 過去の歴史の変化のなかに、
未来で起こる変化の予兆がみえるかも・・・・。
超能力とか超常現象とか言われているものや、
擬似科学とか、似非科学とか言われているものが、
未来では、科学的と言われているかもしれません。
 今、正しいことだけが、これからも正しいとは
限らないのは、人が、まだまだ無知であるということ
なのだといえるでしょう。
ゆえに、人は、常に謙虚さを忘れずにいることが
大切なのだといえるのではないでしょうか。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:25| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏越祓

 今年も、半年が経過しました。
日本では、夏から先の疫病などがないように
祈願する行事として、御祓いをするのが
習いであるようです。
暑気払いと疫病払いの意味をもった和菓子を
食べるという風習が京都にはあるそうです。
和菓子「水無月」。米粉の蒸し菓子である
ういろうに、小豆をのせた、三角形の和菓子だそうです。
ベジタリアン(ビーガン)向けのお菓子ですね。
日本人は、もともとノンベジなものをあまり食べない
民族であったのですが、明治以後、欧米の真似をして
おかしなことになっていってしまいました。
それで運気が落ちていったのかもしれません。
ノンベジは神の忌むものですから・・・。

 しかし、蒸し暑い日々です。
冷房なき自宅の部屋は、なかなか過ごすのが
大変であったりしますが・・・・。
体調管理、気をつけたくとも環境が・・・。
ということにならないようにしたいものですけど・・・。

 そういえば、昭和19年のこの日には、
戦争の末期で、都心の学童を地方へ、学校単位で
集団疎開させることが、閣議決定された日だそうです。
集団疎開の日、日本に米軍の無差別爆撃が始まる前ですね。
民間人も子どもも、無関係に、爆撃し殺戮した米軍。
その歴史の事実を、忘れることはあってはならないのだと
いうことでしょう。そして、そうなる前に戦争を
終わらせることが出来なかったこと、
さらに、その前に、戦争を始めずにすむことが出来なかった
ことを、しっかりとみつめ考え、反省し、後世に伝えて
いくことが必要であるといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:14| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010 FIFA #WorldCup 日本代表ベスト16で大会を終える

 日本代表は、決勝トーナメントの初戦、パラグアイを相手に
延長まで、戦って、スコアレスドロー、PK戦となり、
PK戦、全員決めたパラグアイに対して、日本は、ひとり外して
敗退となりました。
当初の予想からいえば、大健闘といった結果ではあるものの
ベスト8に、アジアからどこも残れないという結果に
なってしまったのは残念でなりません。
しかし、得点できない日本の弱点が、まさに露呈した結末と
なったともいえるのかもしれません。
自分でゴールを決めてやるというどん欲なるFWが、
今後の日本に出てくるのか、そのあたりが日本代表が、
ベスト8に残れるようになるための課題なのかもしれません。

 さて、ワールドカップも、ベスト8が出揃うことに
なったわけです。

 ウルグアイ vs ガーナ   アルゼンチン vs ドイツ
       |              |
 ブラジル  vs オランダ  パラグアイ  vs スペイン

アフリカが1カ国、南米が4カ国、欧州が3カ国、
ベスト8のカードは、南米代表vs他地域代表という結果に
なってます。ここに、アジア勢が、いないというのは、
枠数への影響もあるかもしれません。
次回はブラジル開催ですから、南米枠が増えて、
他を削ることになるような気がします。
さて、どうやら、優勝は、南米がもっていくような気がします。

日本代表は、決勝トーナメントに出れたホーム開催から、
出れて、PK戦までいけるところまで、前進できた
わけですが、勝てるところまでには至らなかったのは
やはり、得点できないということに尽きるという
ことであったのかもしれません。

日本代表は、ロンドン五輪、アジアカップに向けて
その先の、2014年ブラジル大会に向けて、
更なる成長をしていって欲しいとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:20| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。