2010年08月19日

電子入札 〜 静岡も県と市町の共同での利用が・・・


ネットで、こんな記事がありました。

静岡新聞ニュース 県と市町の「電子入札」、共同利用進む
http://www.shizushin.com/news/pol_eco/shizuoka/20100813000000000062.htm

静岡県と、県内の市町における、電子入札について
共同での利用による普及が、進んでいるというものです。
電子入札については、電子政府のひとつの柱であったわけですが
国の方では、縦割り行政の弊害により、
国民視点でのシステム構築ができないという愚かな結果に
なってしまうことで、利面性が損なわれ、
コストも高くなるという悪い方向で進んでいました。
本来は、ワンストップ化を促進し、行政サービスを効率化し、
サービスの一本化による人件費の削減に、
サービスの向上という、良い面を前面に出していけるアプローチで
あるはずなのです。
国が、それを率先して進められないのは、
まさに省庁の壁という現在では、もっとも日本で効率を
低下させている原因を、政治主導で取り壊せないできたということ
にあるといえるでしょう。
自民党はまったく手をつけられずにいたので、
民主党に期待しているわけですが、苦戦中のようです。

さて、地方は、首長が一元管理できる体制にあるので、
首長がやる気になれば、改革は飛躍的に進めることができます。
名古屋のように議会が足を引っ張ることもありますが、
市民が納得すれば、改革はスピードをもって実行できる
はずなのです。
まさに、県や市町のレベルで、電子化による効率化を、
国の壁を無視して実行していくということを、
さらに推し進めていくことが必要であるといえるでしょう。
もちろん省庁の規制の壁もありますが、
特区制度をふくめた、いろんな方法で、
工夫していくことで、打開していくということも必要であると
いえるかもしれません。
もちろん、電子入札を普及させるには、
入札する側に、一定のスキルが求められます。
また、ネットに接続できる環境が必要にもなります。
公的機関に、接続端末を置くことで、自分がもっていなくても
電子入札はできるという形にすれば、全てを電子入札で
統一できるでしょうし、普及にあたっては、
ちょっとした工夫や、啓蒙活動があれば、良いともいえるでしょう。
あと、問題はシステムそのものの効率性や安全性を、
きちんと担保することです。
無駄のない良いシステムを構築するためには、
ベンダーの言いなりではなく、何が必要でなるのか、
目的と手段とサービス内容を明確にして、設計していうことが
大切であるといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:03| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俳句の日

 今日は、平成3年に制定された俳句の日だそうです。
俳句は、短歌、川柳など、日本の文化のひとつであり
短い言葉と、素敵な季語に彩られた、
心の想いや、風情などを伝える素敵なものです。
 日本人は、以心伝心や、阿吽の呼吸といった、
言葉にしなくても、通じ合える関係というものを
感じ取ることができる民族であるわけです。
短い言葉のなかに、より深く広いものを感じ取れる
それは、お互いがエンパシーで繋がっているからなのかも
しれません。
 また、人と人との絆というものの深さにも
関わっていることであるといえるかもしれません。
よく、言葉にしなければわからないということが
いわれます。確かに、お互いに何の共感もなく、
関心もない無関係なもの同士であれば、言葉にしなければ
わからないでしょう。
しかし、お互いに共感しあえて、心を感じあえる
絆があるのであれば、言葉は不要であるともいえるわけです。
 実は、世界が平和になるということは、
言葉は必要なくなるということなのかもしれません。
つまり、日本人の文化は、平和な世界の先駆けとして
絆というかたちからも、進んでいるものであるのかも
しれないということです。
 欧米の真似ばかりすることは、退化していくことなのかも
しれません。
 日本民族が培ってきたものの価値について
見直していくべきことが必要なのではないのかなと
戦後65年が経過し、明治維新以後、植民地化を恐れ、
他国に遅れることを恐れて、見失ってきた、
日本のもっているもの、長い歴史のなかで築いてきたものに
ついて、振り返って、その価値を見直して、
取り戻していくことが、未来の日本にとって、
必要なことのような気がします。


暑き日々、蝉の歌声、その陰に、小さく響く、虫の秋音
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:48| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

高校野球も、ベスト8の対戦です


 現在、夏の甲子園大会が開催中ですね。
ベスト8が今日から対戦中です。
そんな、高校野球が、はじめて開催されたのが
大正4年、1915年8月18日であったそうです。

第1回中等学校野球大会
大阪・豊中球場
各地域より10校の代表校が参加したそうです。
当時より主催は朝日新聞ということですね。

ということもあって、
高校野球記念日
ということだそうです。

 大正時代の女子高生による野球を描いた
小説が、アニメになって公開されていましたが
丁度、高校野球の大会が始まった頃であったと
いうことですね。

さて、今年の夏の甲子園のベスト8は、
関東一(東東京)、成田(千葉)、
興南(沖縄)、聖光学院(福島)、
九州学院(熊本)、東海大相模(神奈川)、
報徳学園(神戸)、新潟明訓(新潟)
となってます。
どこが、優勝するでしょうか。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:25| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

コミケ78・今年も盛況のうちに終了

 年に2回、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で
開催される世界最大のコミック同人イベント、
この夏も例年通りに開催されました。
8月13日〜15日の3日間、猛暑の中ですが、
おそらくは、昨年の冬のコミケ77よりも
人は多かったことでしょう。
会場としては、全館利用ではなかったようですけどね。
前回のコミケ77のデータをみると
会期2009年12月29日〜31日
サークル数 3万5千/5万(参加/申込み)
入場者数 29日15万人、30日17万人、31日19万人。
ということであったようです。
この夏は、それ以上ということですね。

 私は、今回は、15日の午後にちょっと立ち寄らせて
いただきました。
西館の上は、企業ブースであるわけですが、
毎回、通路スペースが広くなっていっているような気がしました。
やはり、人が多いからなのと、限定グッズとか、
サービス品とかで、列が出来るからなのかもしれませんね。
企業のブースとしては、特に目新しさを感じるものは
なかったような気がします。
というよりも、ちょっと控えめになっている?
という気もした次第です。
個人製作のアニメ作品を販売しているブースがあったので、
最近の個人製作って、どんな感じなのかという興味も
あったのでDVDを購入してみました。
まだ観てませんが、構想に5年くらいはかかったとのことです
ただし、製作そのものは1年くらいで何とかできたと
いうことだそうで、個人で、いわゆる30分もの(実質21〜22分)
1本を創るのに、約1年という感じが、
アニメ製作の現状の環境であるのかもしれません。
2011年に公開または放映予定の作品の告知もありましたが
これはっという感じの作品は見当たらなかった印象があります。
SF大会で得た情報の方が、期待できる作品であると
いったところでしょうか。

 あとは、東館にて、秋津さんの商業文庫本で発行されていて
シリーズ中断になり以後、同人で発表されている作品
女王陛下シリーズの最新刊を購入(文庫のときから好きだったので
シリーズ中止になってがっかりしていたものです)、
岡田斗司夫さんの、ひとり夜話のVol2を購入しました。
岡田さんの本は、ハヤカワの本のパロディになってました。

 友人も参加していると思うのですが、なかなかいけなかったり
します。本名で書いてないですしね。

 ちなみに、コミケには、目的の購入本がある人は、
確実に買うために早く出かける必要があるでしょうけど、
そんな本はないという初心者の方は、午前中に行くのは
止めた方がよいでしょう。お昼を食べてから、出かけるくらいが
丁度よいと思います。

次回の冬コミ、12月の29,30,31日の開催まで、
同人参加者は、自分の作品創りに勤しむということですね。
ジャンルコードの一覧をみると、同人の世界の広さを
感じることが出来るかと思います。
http://www.comiket.co.jp/info-c/C79/C79genre.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:52| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

夏の日に送る炎の美しさ


 今日は、京の都の五山の送り火の日だそうです。
盆の送りと、無病息災を祈り、京都五山に護摩の火が、
火文字として焚かれます。
「大」、「妙法」、鳥居、舟形と、
美しく夕闇に浮かび上がる赤い文字は、
夏の終わりを告げるものでもあるような
気がします。
 とはいっても、まだまだ残暑厳しい日々、
体調に気をつけること、無理をしないこと、
日々を、より良く生きるために、
いろいろと考えていくべきことも多いですね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:57| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

聖マリア被昇天祭


 今日は、イエス・キリストの母親であるマリアが、
昇天されたとされるのを記念した日だそうです。
イギリスでは、テントウ虫のことを、
太陽に向かって飛び立っていく姿から、
天に昇っていくマリアにみたて、
レディー・バード、聖母マリアの虫と呼びそうです。
日本でも天道虫という字をあてるのは、
そんな逸話に関連してのことのようです。
 マリアは、イエスの母として、実は最初は
役割を果たしえなかったともいわれています。
イエスの教えに従うのは、イエスが教えを説きはじめて
しばらく後のことであったりしますから。
でも、最後は、イエスを子ではなく師として、
そばにいた聖女であったわけです。
 イエスさまの使った奇跡は、神のものではなく
聖霊のものであったようです。モーゼからダビデ、ソロモンと
伝わる聖霊の力を、自由に操っておられたということです。
そして、その力の使い方は、現代にまで、
伝承されてきているわけです。
ただし、表にはあまり出てきません。
誤った教えも多くあるようなので、その見極めや扱いには
注意すべき点も多いようです。
それについては・・・・・・・・。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:21| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終戦記念日、戦後生まれも65歳に・・・・

 昭和20年8月15日に、天皇の玉音放送があり、
日本が、太平洋戦争に負けたことが国民に知らされた
日本は、無条件降伏を受諾したわけです。
この日から、日本の戦後がはじまり、
65年という年月が経過したことになります。
すでに、日本人のほとんどが戦争を知らない世代と
なったということでもあります。
サラリーマンは、戦争を知らない大人たちに
なったということです。
今の日本の抱える多くの問題は、まさに戦後世代における
教育の失敗と政治の失敗によるものだとも
いえるのかもしれません。
日本は敗戦国ですから、世界的には悪のレッテルが
貼られた国だということになります。
その事実を、戦争を知らない子供たちだけでなく
戦争を知らない大人たちも、しっかりと学び、認識することが
必要であるのかもしれません。
戦後からの脱却に向けて、歩みだすために、
戦前の失敗と、戦後の失敗を、きちんと分析に、
認知し、確認すること、そして、その失敗や過ちを
繰り返さないために、どうすべきなのかを考えて
実行していくことが、求められているように感じます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:19| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

日本代表 パラグアイ代表戦・グアテマラ代表戦 チケット販売開始

さて、ワールドカップが終了し、Jリーグが再開されるなか
新しい日本代表監督が、初采配することになる試合の
チケット販売が開始されました。
新生日本代表に、新監督は、どんなメンバーを召集し、
どんなサッカーを目指すのか、
その片鱗がみられるのかどうかも含めて
注目されるところでしょうか。

キリンチャレンジカップ2010
8月14日(土)10:00〜チケット発売開始

【試合日】2010年9月4日(土) 19:20キックオフ(予定)
【会 場】日産スタジアム(神奈川)
【対 戦】SAMURAI BLUE(日本代表) vs パラグアイ代表
http://www.mp.pia.jp/jfa/c.p?22c2aQz1kgB

【試合日】2010年9月7日(火) 19:45キックオフ(予定)
【会 場】大阪長居スタジアム
【対 戦】SAMURAI BLUE(日本代表) vs グアテマラ代表
http://ticket.jfa.or.jp/daihyo-100907a.html

キリンチャレンジカップ2010
SAMURAI BLUE(日本代表) vs 対戦相手未定
2010年10月8日(金)、埼玉スタジアム2○○2

AFCチャンピオンズリーグ2010決勝戦
2010年11月13日(土)、国立競技場(東京)

「ワールドカップを日本へ!」トークバトル【東京】
2010年8月22日(日)、早稲田大学大隅記念講堂 大講堂にて開催
http://www.dream2018-2022.jp/jp/talk/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 10:11| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SBSカップ国際ユースサッカー〜34回目の今年もユースに注目

今年も、静岡で、SBSカップ国際ユースサッカー大会が
開催されます。

日本代表と、静岡選抜に、
スペイン代表とガーナ代表を迎えて
競われる大会の中から、
次の世代を担う逸材が、出てきてくれることに
期待したいと思います。

SBSカップ国際ユースサッカー
http://www.digisbs.com/youth_soccer

◇2010年8月21日(土)草薙陸上競技場
 日本 VS スペイン 12:15~
 静岡 VS ガーナ  14:35~  

◇2010年8月22日(日)藤枝総合運動公園サッカー場
 静岡 VS スペイン 15:00~
 日本 VS ガーナ  17:20~ 

◇2010年8月24日(火)エコパスタジアム
 日本 VS 静岡    14:00~  
 スペイン VS ガーナ 16:20~ 
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:12| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

銀河鉄道999 虹の道標 〜北九州の歩み

 北九州市が、こんな作品を製作していたとは、
銀河鉄道999を使って、
北九州の歴史を語る作品、
これは、地元の紹介として、小学校とかで
流すのも良いし、なかなか素敵な作品です。
 メーテルと鉄郎が、未来という少女の案内で、
北九州の歴史を語っていく、
最後の白いページに、
子どもたちの夢を託して、

未来の声とエンディングが、
アニソンの女王であるミッチーとは、

北九州市民、羨ましいです。

コンテンツと地方のコラボレーションの素敵な事例の
ひとつであるといえるでしょう。

銀河鉄道999の脚本、SFマインドの優れた方によって
書かれてます。
やはり、名作は、古さを感じさせない魅力を持っているものです。


『あなたが選ぶ「銀河鉄道999」』視聴者投票結果ベスト20

第113話 青春の幻影 さらば999 後編
 惑星プロメシューム 脚本・山浦弘靖 演出・井内秀治
第1話 出発のバラード
 地球 脚本・山浦弘靖 演出・西沢信孝
第112話 青春の幻影 さらば999
 惑星プロメシューム 脚本・山浦弘靖 演出・井内秀治
第16話 螢の街
 真理子の螢 脚本・藤川桂介 演出・大谷恒清
第3話 タイタンの眠れる戦士
 タイタン 脚本・吉田喜昭 演出・湯山邦彦
第22話 海賊船クイーン・エメラルダス
 海賊惑星ジュエル 脚本・藤川桂介 演出・西沢信孝
第5話 迷いの星の影(シャドウ)
 冥王星 脚本・山浦弘靖 演出・明比正行
第13話 化石の戦士 後編
 化石の星 脚本・山浦弘靖 演出・明比正行
第81話 時間城の海賊 後編
 ヘビー・メルダー 脚本・山浦弘靖 演出・大谷恒清
第49話 これからの星
 これからの星 脚本・藤川桂介 演出・葛西 治
第37話 ミーくんの命の館
 ミーくんの命の館 脚本・藤川桂介 演出・生頼昭憲
第4話 大盗賊アンタレス
 アンタレスの家 脚本・藤川桂介 演出・湯山邦彦
第12話 化石の戦士 前編
 化石の星 脚本・山浦弘靖 演出・明比正行
第60話 大四畳半惑星の幻想 前編
 明日の星 脚本・藤川桂介 演出・大谷恒清
第61話 大四畳半惑星の幻想 後編
 明日の星 脚本・藤川桂介 演出・川田武範
第110話 メーテルの旅 後編
 遊星ファントム 脚本・藤川桂介 演出・大谷恒清
第80話 時間城の海賊 中編
 ヘビー・メルダー 脚本・山浦弘靖 演出・葛西 治
第79話 時間城の海賊 前編
 ヘビー・メルダー 脚本・山浦弘靖 演出・川田武範
第52話 透明海のアルテミス 後編
 巨大不定形生命体 脚本・藤川桂介 演出・葛西 治
第109話 メーテルの旅 前編
 遊星ファントム 脚本・藤川桂介 演出・葛西 治
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:47| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

航空安全の日〜過去に学び未来へと繋ぐ

 日航機123便が群馬県御巣鷹山に墜落して
四半世紀が経過しました。
事故の犠牲者の遺族のみなさんにとっては
まだ、事故は昨日のことのように
感じられていることでしょう。
 事故や災害の犠牲、
戦争の犠牲、
そういった、多くの犠牲の末に
あきらかになったこと、
そこから学ぶべきことを
私たちは、決して忘れてはならないと
いえるでしょう。
その学び、教訓を、たえることなく
未来へと継承していくことが
今を生きるものの義務であると
いえるようにおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 11:15| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がんばれの日から、君が代の日へ

 昨日は、昭和11年に開催された第11回のベルリンオリンピックで
ラジオ中継でのアナウンサーの「がんばれ」の連呼が
有名になったことから、ガンバレの日であったそうです。
そして、今日は、明治26年に、君が代が儀式用唱歌として
公示された日だそうです。
 古今集からの和歌が、日本の国歌となって、
多くの歴史が刻まれました。
君が代には、日本の歴史が刻まれてきたといえるでしょう。
日本人として、日本の歴史に責任をもっていけるように
君が代を日本の国歌として愛していくことが、
必要であるように感じます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 11:04| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

ジブリ創作のヒミツ(NHK)〜ジブリは存続するのか

 日本の映画、アニメを牽引してきたといえる
スタジオジブリ、このジブリは、2人の巨匠といわれる
監督の為に創られたものだといわれてきました。

宮崎駿監督と高畑勲監督の2人です。

過去、鈴木プロデューサーは、2人が辞めたら
潰れてもしかたないといった感じの発言もされています。
しかし、今や、日本の映画界、アニメ界を支える
ブランドとなったジブリ、
やはり、今後も、存続していって欲しいし、
2大巨匠なきあとも、日本の映画界、アニメ界を
牽引して欲しいと思います。

そこで、大きな課題になっているのが、
2人の監督の後を引き継ぐ人材です。
また、鈴木プロデューサを引き継ぐ人材も必要です。
この人材育成の問題が、
まさに、ジブリに存続のもっとも大きな課題といえるかも
しれません。

監督の影響が大きすぎることが、大きな原因とも
いわれてきていました。
「スタジオカジノ」「スタジオギブリ」といった
別レーベルをつくる必要があったのも、
まさに、監督の影響を排することがあったのかもしれません。

風の谷のナウシカ  宮崎駿 1984年3月11日 116分 東映
天空の城ラピュタ  宮崎駿 1986年8月 2日 124分 東映
となりのトトロ   宮崎駿 1988年4月16日 86分 東宝
火垂るの墓     高畑勲 1988年4月16日 88分 東宝
魔女の宅急便    宮崎駿 1989年7月29日 102分 東映
おもひでぽろぽろ  高畑勲 1991年7月20日 119分 東宝
紅の豚       宮崎駿 1992年7月18日 93分 東宝
平成狸合戦ぽんぽこ 高畑勲 1994年7月16日 119分 東宝
耳をすませば    近藤喜文 1995年7月15日 111分 東宝
同時上映『On Your Mark』
もののけ姫     宮崎駿 1997年7月12日 133分 東宝
ホーホケキョ となりの山田くん
高畑勲 1999年7月17日 104分 松竹
千と千尋の神隠し  宮崎駿 2001年7月20日 125分 東宝
猫の恩返し     森田宏幸 2002年7月20日 75分 東宝
同時上映『ギブリーズ episode2』
ハウルの動く城   宮崎駿 2004年11月20日119分 東宝
ゲド戦記      宮崎吾朗 2006年7月29日 116分 東宝
崖の上のポニョ   宮崎駿 2008年7月19日 101分 東宝
借りぐらしのアリエッティ
米林宏昌 2010年7月17日 94分 東宝

ジブリが最初に大抜擢した期待のアニメーターが、
近藤喜文さんでした、しかし、近藤さんは早逝してしまいます。
『魔女の宅急便』における片渕須直さん、
『ハウルの動く城』における細田守さん、
といった外部からの演出家の招聘で失敗しており、
森田宏幸さんが成功したくらいであったりするわけです。

そこで、鈴木プロデューサが、抜擢したのが、
宮崎吾朗さんでしたが、興行的には成功といえるものの
今ひとつの評価であった気がします。
そして、今回は、 宮崎駿さんもみとめた、監督抜擢で、
アニメーターの米林宏昌さんが、演出をまかされたわけです。

これまで、宮崎さんにおんぶにだっこでは、監督など
ジブリからは育たないといわれてきましたが、
ようやく、そんなこともないという感じの人材が
出てきたというところでしょうか。
今回、作画監督であった山下明彦さん、
「ちゅうずもう」で、短編監督も務めてます。

ジブリからの新しい監督として、次代のジブリ映画を
支える人材として、
米林宏昌さん、山下明彦さん、
には、注目といった感じでしょうか。
お二人の次回作が、楽しみです。

ジブリの問題のもう一方、鈴木プロデューサの
後継者の方が、どうなっていくのかにも
関心があるところです。

宮崎さん、よく口出さずに我慢したなと思います。
そして、宮崎さんの影響の濃いスタジオのなかで
マロさん、頑張ったとおもいます。
宮崎さんに絵コンテチェックしてもらわないのは
当たり前のこと、それを不安がるスタッフの方が
問題ありなのですが、そこが改善されるには、
まだ少し時間がかかるのかもしれませんね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 00:24| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

道と宿、健康ハートに、ハットの日、泳ぐ・・・・

 8月10日、この日は、国民皆泳の日、ハット(帽子)の日、
健康ハートの日、宿の日、道の日、ということだそうです。

 今年は、猛暑で、倒れて逝ってしまう人が
100人をこえたそうです。
旅行でも、道の宿で休むことも必要でしょうし、
水分補給をわすれずにおこなっていくことも
大切ですし、日よけなどで、直射日光を防ぐのも
必要でしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 23:22| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第49回 日本SF大会 2010 TOKON10 閉幕〜参加して(2)

 第49回 日本SF大会 2010 TOKON10
参加者番号0003。参加の2日目は、
http://tokon10.net/
http://blog.tokon10.net/

まず、何となく、

すごい科学で守ります!
http://tokon10.net/programs/2518.html

に参加してみました。
長谷川裕一さん、笹本祐一さん、重馬敬さん、環望さん、こやま基夫さん
特撮戦隊シリーズと仮面ライダーシリーズに関して
今の作品への評価や解釈、過去の作品との関連、
そして、作品中の科学に関する考証と、尽きぬ話題に
花が咲くといった感じで、大人の視点で楽しむ
特撮ヒーロー作品という感じの面白く興味深い企画でした。

移動するのが面倒な気持ちにもなって、
アニメ企画もひとつ聞かないとという気持ちもあって
そのまま、
スペオペアニメ今昔
http://tokon10.net/programs/2365.html
を聴講しました。
司会はSF作家の笹本祐一さん、
石黒昇監督 (宇宙戦艦ヤマト・超時空要塞マクロス・銀河英雄伝説など)
佐藤竜雄監督 (機動戦艦ナデシコ・宇宙のステルヴィアなど)
菊川幸夫プロデューサー( 銀河英雄伝説・TYTANIAなど)
アニメの世界で、47年になる石黒監督に、25年になる佐藤監督、
宇宙の背景の描き方や、SF考証とアニメ表現について
ヤマトやナデシコの裏話、
戦闘機が飛び立つとき、一旦沈む表現になったり、
傾くヤマトなど、SF的には、えっという表現が
なぜ採用されたのか、実は、プロデューサーが・・・
などなど、劇場版公開時の苦労とか、
面白いお話が楽しく聴けました。
そして、実写版に、リメイク版(出渕裕版?)への
期待などにも少しふれられ、
そして、笹本さん原作の地上波デジタル化にあわせて公開される
予定という佐藤監督の最新アニメの特別予告篇が
紹介されました。
佐藤監督の久しぶりのスペオペアニメに期待大です。

その次は、
まず、自分で行くことはないであろうアニソン歌姫のライブを
SF大会で経験できるということで、
桃井はるこSFライブ
http://tokon10.net/programs/public_programs/2414.html
を観賞しました。
元気いっぱいの桃井はるこさんは、
海外のコンペにも多数招待されて、歌を披露している
アニメ好き、SF大会への参加は初めてということで、
いつか参加しなくてはと思っていたそうです。
ホールは、見事に2つに別れました。
座って聴くSF大会参加者と、
たって楽しむ桃井はるこファンのみなさん、
ファンがどんな感じでイベントを盛り上げ
楽しむのかを魅せて頂きました。
歌も素晴らしかったです。
ちょっと、気分転換したといった感じでしょうか。


そして、桃井はるこさんは、引き続き、
勝手に「ねとすた」同窓会という
NHKの番組に関連した企画に参加されるということで
そちらの企画も大人気のようでした。
私は、仕事がらもあって、
通信技術の近未来&遠未来!
http://tokon10.net/programs/2748.html
という企画を聴講しました。
鹿野司さん(科学ライター)
小飼弾さん(オープンソース開発者)
本林良太さん(通信エンジニア)
東野司さん(作家)
による通信の現状と最新技術動向の話しに、
超光速通信の可能性、
ニュートリノ通信、量子通信、ジョ. セフソン素子、
現状と実現への課題、光通信の限界の問題、
などなど、通信の過去から今、そして、
今後について、楽しく聴かせて頂きました。
ニュートリノに質量があった場合には、
違った制御も考えられるわけですが、
テレパシー通信やテレポート通信なども一部で
実現されているかもしれません。
通信というと、クリスタルシンガーを思い出して
しまったりします。宇宙には、もしかしたら
特殊な鉱石があり、超通信を可能にするのかも
しれませんね。

さて、最後は、閉会式です。
http://tokon10.net/programs/closing_ceremony.html

まずは、
第51回日本SF大会 Varicon(ヴァリコン)
http://www.varicon2012.jp/
@varicon2012 ハッシュタグ #Varicon2012
開催日時:2012年7月7日(土)〜8日(日)
会 場:合宿の宿 ひまわり (北海道夕張市)
※本大会は「完全合宿性」です。
の紹介がありました。
それに続いて各賞の発表と受賞式、
・シール大賞発表
・ベスト地球・海洋SFファン投票発表
・第20回暗黒星雲賞
・ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞
 &センス・オブ・ジェンダー賞合同授賞式
授賞式の最後は、
第41回星雲賞授賞式ということで、
各受賞者の挨拶がありました。

おわりに、
第50回日本SF大会 ドンブラコンL
日時 2011年9月3日(土)〜4日(日)
会場 静岡県コンベンションアーツセンター
「グランシップ」JR東静岡駅前
静岡県静岡市駿河区池田79-4
http://www.sf50.jp/
主催 第50回日本SF大会実行委員会
後援 静岡市
@sf50_japan ハッシュタグ #sf50_japan
の紹介があって、
エンディング映像が流れ・・・・

TOKON10、無事終了。
楽しい2日間でした。
(ちょっと居眠りして疲れあったようですけどね)
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 01:21| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

第49回 日本SF大会 2010 TOKON10 閉幕〜参加して(1)

 8月7日、8日に、江戸川区のタワーホール船堀で
開催された第49回 日本SF大会 2010 TOKON10に
参加してきました。参加者番号0003。
http://tokon10.net/
http://blog.tokon10.net/

初日は、登録を済ませた後に、展示ホールを見学しました。
既に、加藤直之さんのパワードスーツのライブペンティングが
はじまっていました。メインゲストの紹介コーナーや、
ソユーズロケット模型、SFマガジン表紙展示、SFアート・デジタル展と
SFはアートだを楽しみつつ、
来年のSF大会の申し込みを済ませて、5階のホールへ移動、
開会式に参加しました。
http://tokon10.net/programs/opening_ceremony.html
http://www.ustream.tv/channel/tokon10
開会式は、オープニング映像に続き、正確な順番は忘れてしまいましたが、
ゲストの宝野アリカさんによる、2010年宇宙の旅にあやかって、
メインテーマの歌唱があり、ゲストの紹介で、夢枕獏さんと岡野栄之さんが
挨拶をされました。萩尾望都さん、佐藤嗣麻子さんは移動中とのこと。
そして、第41回星雲賞の発表があり、
特別賞の受賞、そして、今大会のゴースト・オブ・オナーの
柴野拓美さんの紹介があり、会場内は拍手で満ちあふれました。
http://takumi-shibano-memorial.info/
最後に、スペシャルゲストの宝野アリカさんのライブショーが
行われ、素晴らしい歌声と魅惑的なパフォーマンスが
舞台で披露されました。


開会式のあと、折角なので、ゲストの映画監督佐藤嗣麻子さんの企画に
参加してみることにしました。

佐藤嗣麻子の映画&トークショー「阿佐美黄金時代から『宇宙戦艦ヤマト』まで」
http://tokon10.net/programs/2732.html
エコエコア
ザラク WIZARD OF DARKNESS [DVD]
の佐藤嗣麻子監督の他に、山崎貴監督、イラストレータの寺田克也さんが、
K-20 怪人二
十面相・伝 通常版 [DVD]
のオープニングに続いて登場、
佐藤嗣麻子監督の頭上にはヤマト模型がのっていました。
阿佐美の学生時代のお話などが話されていくなか、
西遊奇伝・
大猿王 1 (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)
などの作品を描いた
寺田克也さんがiPadを使ってライブでイラストを
描いてみせて下さいました。
そんな中、夢枕獏さんが登場、何と、監督お二人の
卒業制作の作品フィルムを持って来られたとのこと
16ミリフィルムの2人の作品は、それぞれに
印象深いものでした。
ジュブナイ
ル [DVD]
BALLAD 名もなき恋のうた スペシャル・コレクターズ・エディション 【初回限定生産】 [Blu-ray]
ALWAYS 三丁
目の夕日 通常版 [DVD]
などの山崎貴監督は、現在「宇宙戦艦ヤマト」の追い込み中とのことでした。
キムタクの意外な特技の話しなどもあったり、
寺田克也さんと夢枕獏さんの旅行秘話など、
楽しいお話のあった時間の最後は、
宇宙戦艦ヤマトの予告篇の上映でした。
ヤマト、結構、面白いかも。

さて、引き続いて、参加した企画は、
慶應義塾大学グローバルCOEプログラム市民講座「幹細胞医学が見る夢」
http://tokon10.net/programs/public_programs/2418.html
市民公開講座「幹細胞医学が見る夢」(一般公開)
http://www.gcoe-stemcell.keio.ac.jp/news/000269.html
グローバルCOEプログラムの紹介からはじまり、
第壱部は、3人の方による講演が行われました。
パラサイ
ト・イヴ (新潮文庫)
瀬名秀明ロボット学論集などの著作がある薬学博士・元東北大学機械系
特任教授の作家、
瀬名秀明先生による「未来が生命とSFを結ぶ」
慶應義塾大学理工学部生命情報学科講師の牛場潤一先生による
「ブレイン・マシン・インターフェースで拓く
 リハビリテーション医療の可能性」
慶應義塾大学医学部教授の岡野栄之先生による
「幹細胞医学が見る夢」

iPS細胞、ES細胞、再生医療の先端をいく生命科学の現状と
今後の可能性について、そしてSFのもつ空想力と表現力が
与えてきた科学への影響について、
それぞれの専門の立場から、解説され考察されて
いく内容であったようです。

第弐部は、第壱部の講演者に加えて、
動物化する
ポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)

日本的想像
力の未来〜クール・ジャパノロジーの可能性 (NHKブックス)
などの著作や
評論などで知られる東浩紀先生が参加されて
パネルディスカッションが行われました。
脳のもつ可能性、生命の力、そして、科学の進歩が、倫理観に影響を
与えていく、その先に何があるのか、
小松左京論から、鉄腕アトムやブラックジャックなどの
日本の科学に与えた影響、そして、人はどこに向かうのか
理系からの視点に、人文系からの視点を、交えていく
ことで見えてくるかもしれないもの、
また、その限界、なかなか興味深い議論でした。
個人的には、神の叡智から思考すれば、
未来は自ずと見えてくるという感じで聞いていました。

初日の最後は、野尻抱介さんらの出演する
はやぶさの部屋に行こうかなと思ったけど、
余りの人気に、ちょっとやめにして、
コンテンツビジネスに関心のある私にとって
面白そうな、本屋パネルに参加しました
http://tokon10.net/programs/2557.html
小浜徹也さん、木原浩貴さん、榎本秋さんの
出版界の現状や、書店動向の裏話など、
なかなか、面白く興味深い話しをお聞きすることが
出来ました。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:53| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PEACE DECLARATION 平和宣言 を読みましょう。

65年前、日本の広島と長崎に、原子爆弾が投下されました。
老若男女、怪我人も病人も子どもも妊婦も、戦争に関係のない
一般市民の多くが、その爆弾によって、地獄を味わうことに
なったのです。
それから、65年が経過しました。
当時、まだ生まれていなかった人も還暦を過ぎる時間が経過して
今なお、世界は原爆の恐怖にさらされています。
最初の原爆被災地である広島と、
最後の原爆被災地でありたいと願う長崎から
世界に向けて発信されたメッセージが、
平和宣言です。
日本人であるならあたりまえの事として、
世界の人々にも、ぜひとも読んでおいて欲しいメッセージです。
世界の平和と、未来の子どもたちのために、
今、世界の人々が何をなすべきなのか、何を想うべきか、
何を感じておくべきなのか、考えてみて欲しいと感じます。

☆長崎平和宣言
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/
・10ヶ国語
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/index.html
日本語 Japanese
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/japanese.pdf
英語 English
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/english.pdf
中国語 Chinese
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/chinese.pdf
韓国語 Korean
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/korean.pdf
フランス語 French
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/french.pdf
ロシア語 Russian
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/russian.pdf
スペイン語 Spanish
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/spanish.pdf
アラビア語 Arabic
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/arabic.pdf
ポルトガル語 Portuguese
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/portuguese.pdf
オランダ語 Dutch
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/dutch.pdf

☆広島平和宣言
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1110537278566/index.html
・英語版(English) August 6, 2010
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1110537278566/files/Peace_Declaration_2010.pdf
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:24| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

第49回 日本SF大会 2010 TOKON10 本日より

 いよいよ、SF大会が開幕します。
首都・東京での開催は、今回で10回目ゆえに
TOKON10。
http://tokon10.net/

公式ブログでは、10回目の首都開催にちなんで
SFの話題が、豊富に公開されています。
http://blog.tokon10.net/

 今年の会場は、タワーホール船堀です。
メインゲストは、
 萩尾望都さん、夢枕獏さん、佐藤嗣麻子さん
スペシャルゲストは、
 宝野アリカさん、岡野栄之さん

オープニングセレモニーの開演は、本日7日の11:00
前半については、ネット中継をするようです。
http://www.ustream.tv/channel/tokon10

そして、既に満員であった参加定員について
当日受付が、緊急に100名追加募集となったそうです。
http://osirase.tokon10.net/?eid=20
参加したいという皆さん、朝9時くらいから受付の
当日募集で、参加のチャンスがまだあります。

毎回、どの企画に参加するべきか、悩むのがSF大会です。
ことしも、観たい企画が、同じ時間に多数重なっていて
選択に頭を悩ましてしまいます。
本当に、どの企画も興味深いですからね。
涙を飲んで断念して、ひとつの企画に参加することに
今年もなるでしょう。

SFの世界は、単なる文学の世界ではなく、
科学や精神、宇宙や神秘、謎や冒険と、
非常に広域に、おの世界、宇宙と、人間を探求するもので
あったりします。

一般参加可能な企画も一部ありますし、
展示コーナもありますので、
ぜひ、訪れてみて、SFの世界に触れてみて下さい。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 02:51| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立秋・ゆかたの日〜残暑お見舞い申し上げます。

 暦の上ではこの頃から秋風が吹きだすころ
24節気のひとつを迎えました。
大阪府柏原市が、地場産業振興のために制定した
ゆかたの日が、8月の第1土曜日ということで
今年は、立秋とかさなりました。
 残暑見舞いの日となりますが、
夏の暑さは、まだまだ、これからという
感じのようですね。
 なんとか、乗り切って、
よき日々が訪れることを願ってやみません。
変化が良い方向に訪れますように、
そして、素敵な出会いがありますように・・・
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 02:05| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

今年も、広島原爆の日が、訪れました・・・


 今年も、8月6日が訪れました。
昭和20年のこの日、午前8時15分17秒に、
世界ではじめて、人の住む都市に、原子爆弾が投下されたのです。
今年の慰霊祭には、これまで参加してこなかった
核保有国から、参加者が出たということで、
小さな一歩が、前進したともいえるでしょう。
核の悲劇は、人類には必要のないものとしたいものです。
 原子力発電についても、地球上では不要なものと
していきたいものだとおもいます。
ちょうど、昭和56年のこの日に、
世界初の太陽熱発電が日本の香川県三豊郡仁尾町の
電源開発仁尾太陽熱試験発電所で、成功しています。
太陽熱発電の日でもあるこの日、
原子力から、太陽エネルギーへの変化を促す日でも
あるように感じられます。
 被爆認定について、政府はどうも対応がまだまだ
悪いようです、官僚の意識の低さの表れだとも
いえるかもしれません。何のだめの官僚であり、
公務員であり、政府であるのか、
原点にかえって意識して行動すれば、
政策の実行も、もっとよくなっていくのかもしれません。
 被爆者の皆さんの苦労は、
今も続いていることを、世界中の人々とともに
忘れてはならないということを、
再認識すべきだといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:01| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする