2010年08月09日

第49回 日本SF大会 2010 TOKON10 閉幕〜参加して(1)

 8月7日、8日に、江戸川区のタワーホール船堀で
開催された第49回 日本SF大会 2010 TOKON10に
参加してきました。参加者番号0003。
http://tokon10.net/
http://blog.tokon10.net/

初日は、登録を済ませた後に、展示ホールを見学しました。
既に、加藤直之さんのパワードスーツのライブペンティングが
はじまっていました。メインゲストの紹介コーナーや、
ソユーズロケット模型、SFマガジン表紙展示、SFアート・デジタル展と
SFはアートだを楽しみつつ、
来年のSF大会の申し込みを済ませて、5階のホールへ移動、
開会式に参加しました。
http://tokon10.net/programs/opening_ceremony.html
http://www.ustream.tv/channel/tokon10
開会式は、オープニング映像に続き、正確な順番は忘れてしまいましたが、
ゲストの宝野アリカさんによる、2010年宇宙の旅にあやかって、
メインテーマの歌唱があり、ゲストの紹介で、夢枕獏さんと岡野栄之さんが
挨拶をされました。萩尾望都さん、佐藤嗣麻子さんは移動中とのこと。
そして、第41回星雲賞の発表があり、
特別賞の受賞、そして、今大会のゴースト・オブ・オナーの
柴野拓美さんの紹介があり、会場内は拍手で満ちあふれました。
http://takumi-shibano-memorial.info/
最後に、スペシャルゲストの宝野アリカさんのライブショーが
行われ、素晴らしい歌声と魅惑的なパフォーマンスが
舞台で披露されました。


開会式のあと、折角なので、ゲストの映画監督佐藤嗣麻子さんの企画に
参加してみることにしました。

佐藤嗣麻子の映画&トークショー「阿佐美黄金時代から『宇宙戦艦ヤマト』まで」
http://tokon10.net/programs/2732.html
エコエコア
ザラク WIZARD OF DARKNESS [DVD]
の佐藤嗣麻子監督の他に、山崎貴監督、イラストレータの寺田克也さんが、
K-20 怪人二
十面相・伝 通常版 [DVD]
のオープニングに続いて登場、
佐藤嗣麻子監督の頭上にはヤマト模型がのっていました。
阿佐美の学生時代のお話などが話されていくなか、
西遊奇伝・
大猿王 1 (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)
などの作品を描いた
寺田克也さんがiPadを使ってライブでイラストを
描いてみせて下さいました。
そんな中、夢枕獏さんが登場、何と、監督お二人の
卒業制作の作品フィルムを持って来られたとのこと
16ミリフィルムの2人の作品は、それぞれに
印象深いものでした。
ジュブナイ
ル [DVD]
BALLAD 名もなき恋のうた スペシャル・コレクターズ・エディション 【初回限定生産】 [Blu-ray]
ALWAYS 三丁
目の夕日 通常版 [DVD]
などの山崎貴監督は、現在「宇宙戦艦ヤマト」の追い込み中とのことでした。
キムタクの意外な特技の話しなどもあったり、
寺田克也さんと夢枕獏さんの旅行秘話など、
楽しいお話のあった時間の最後は、
宇宙戦艦ヤマトの予告篇の上映でした。
ヤマト、結構、面白いかも。

さて、引き続いて、参加した企画は、
慶應義塾大学グローバルCOEプログラム市民講座「幹細胞医学が見る夢」
http://tokon10.net/programs/public_programs/2418.html
市民公開講座「幹細胞医学が見る夢」(一般公開)
http://www.gcoe-stemcell.keio.ac.jp/news/000269.html
グローバルCOEプログラムの紹介からはじまり、
第壱部は、3人の方による講演が行われました。
パラサイ
ト・イヴ (新潮文庫)
瀬名秀明ロボット学論集などの著作がある薬学博士・元東北大学機械系
特任教授の作家、
瀬名秀明先生による「未来が生命とSFを結ぶ」
慶應義塾大学理工学部生命情報学科講師の牛場潤一先生による
「ブレイン・マシン・インターフェースで拓く
 リハビリテーション医療の可能性」
慶應義塾大学医学部教授の岡野栄之先生による
「幹細胞医学が見る夢」

iPS細胞、ES細胞、再生医療の先端をいく生命科学の現状と
今後の可能性について、そしてSFのもつ空想力と表現力が
与えてきた科学への影響について、
それぞれの専門の立場から、解説され考察されて
いく内容であったようです。

第弐部は、第壱部の講演者に加えて、
動物化する
ポストモダン オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)

日本的想像
力の未来〜クール・ジャパノロジーの可能性 (NHKブックス)
などの著作や
評論などで知られる東浩紀先生が参加されて
パネルディスカッションが行われました。
脳のもつ可能性、生命の力、そして、科学の進歩が、倫理観に影響を
与えていく、その先に何があるのか、
小松左京論から、鉄腕アトムやブラックジャックなどの
日本の科学に与えた影響、そして、人はどこに向かうのか
理系からの視点に、人文系からの視点を、交えていく
ことで見えてくるかもしれないもの、
また、その限界、なかなか興味深い議論でした。
個人的には、神の叡智から思考すれば、
未来は自ずと見えてくるという感じで聞いていました。

初日の最後は、野尻抱介さんらの出演する
はやぶさの部屋に行こうかなと思ったけど、
余りの人気に、ちょっとやめにして、
コンテンツビジネスに関心のある私にとって
面白そうな、本屋パネルに参加しました
http://tokon10.net/programs/2557.html
小浜徹也さん、木原浩貴さん、榎本秋さんの
出版界の現状や、書店動向の裏話など、
なかなか、面白く興味深い話しをお聞きすることが
出来ました。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:53| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PEACE DECLARATION 平和宣言 を読みましょう。

65年前、日本の広島と長崎に、原子爆弾が投下されました。
老若男女、怪我人も病人も子どもも妊婦も、戦争に関係のない
一般市民の多くが、その爆弾によって、地獄を味わうことに
なったのです。
それから、65年が経過しました。
当時、まだ生まれていなかった人も還暦を過ぎる時間が経過して
今なお、世界は原爆の恐怖にさらされています。
最初の原爆被災地である広島と、
最後の原爆被災地でありたいと願う長崎から
世界に向けて発信されたメッセージが、
平和宣言です。
日本人であるならあたりまえの事として、
世界の人々にも、ぜひとも読んでおいて欲しいメッセージです。
世界の平和と、未来の子どもたちのために、
今、世界の人々が何をなすべきなのか、何を想うべきか、
何を感じておくべきなのか、考えてみて欲しいと感じます。

☆長崎平和宣言
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/
・10ヶ国語
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/index.html
日本語 Japanese
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/japanese.pdf
英語 English
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/english.pdf
中国語 Chinese
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/chinese.pdf
韓国語 Korean
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/korean.pdf
フランス語 French
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/french.pdf
ロシア語 Russian
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/russian.pdf
スペイン語 Spanish
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/spanish.pdf
アラビア語 Arabic
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/arabic.pdf
ポルトガル語 Portuguese
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/portuguese.pdf
オランダ語 Dutch
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/pdf/2010/dutch.pdf

☆広島平和宣言
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1110537278566/index.html
・英語版(English) August 6, 2010
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1110537278566/files/Peace_Declaration_2010.pdf
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:24| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする