2010年09月30日

ジョン・レノン・ミュージーアム本日閉館


 さいたまスーパーアリーナにある
ビートルズのメンバのひとりである
ジョン・レノンに関する記録や活動などを紹介している
ミュージアムが、維持できなくなったということで
本日をもって閉館するそうです。

ジョン・レノン・ミュージーアム
http://www.taisei.co.jp/museum/

 賃料や管理費などに対して、
入場料やグッズ販売などの売り上げが
少なすぎるということのようですね。
民間のミュージーアムは、大きな黒字にはならなくても
赤字になることだけは避けないと、
このように閉館するしかなくなるということです。
賃料も高いのではないのかなと思ったりもします。
さて、ビートルズは、歴史に残るアーティストです。
折角のミュージーアムで、紹介されていた
ジョン・レノンの記録、
どこか、別な形で、また多くの人に観てもらえるように
なればよいなとおもいます。


ナショナル・トラスト
http://www.nationaltrust.org.uk/beatles/

Bネット/ザ・ビートルズ・インターネット・クラブ
http://www.thebeatles.co.jp/contents/index2.htm 日本のビートルズ公認サイト。

Dream Power公式サイト
http://www.dreampower-jp.com/

ジョン・レノン・ドット・コム
http://www.johnlennon.com/

東芝EMIのビートルズ・ページ
http://www.toshiba-emi.co.jp/beatles/

IMAGINE PEACE
http://www.imaginepeace.com/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:37| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

ユニバーサルスタジオも食のサービスはレベル低く残念・・・


 会社の社員旅行が、大阪のユニバーサルスタジオジャパン(USJ)と
いうことであったのですが、
一泊二日の旅で、大阪近郊を巡る3つのコースより選択というので
折角の機会でもあり、大阪近郊でいきたいところもあったので
参加することにしました。
 さて、参加にあたり、私は、禁酒、ベジタリアンですので、
初日の夜に行われる参加者全員参加のUSJでのセレブリティパーティーに
ついて、ビーガンでも食べられるメニューがあるのかという
問い合わせをしたところ。
 USJの回答は、ビーガン対応は特にしていないし出来ないので
用意されているメニューを確認してくださいという、
誠にセレブ的ではないものでした。

 今や、食文化について、セレブと呼ばれる人のなかでも
ビーガンである人は多くなってきています。
また、国際的な対応をサービスとして掲げるのであれば、
当然、多様な食文化への対応は実施されているべきだと
いえるでしょう。
即ち、観光庁のまとめたマニュアル

多様な食文化・食習慣を有する外国人客への対応マニュアル
http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/sangyou/taiou_manual.html

の内容に対応できていて当たり前だという考えであるべきだと
思います。
残念ながら、USJは、対応できていないようです。
原則、食事関連の持込を禁止しているのであれば、
なおさら、上記のマニュアルの内容に対応しておくべきであるはずです。
しかし、まったく対応していないのが現状であるようです。

もしかしたら、幕張の米国系のアミューズメントパークも
同レベルなのかもしれませんが、
やはり、米国の企業系は、まだまだ意識レベルもサービスレベルの
低いということなのでしょうか。
しかし、日本国内で、国際化対応を検討しているような
飲食サービスや宿泊サービスなどの提供企業が、
現状で、非常にレベル低く、食文化・食習慣への対応が
出来ていないことも事実です。
折角、日本には、伝統的な食として、ビーガンにも対応できる
純菜食の和菓子や精進料理といったものがあるのに、
まさに、もったいないというべきでしょう。
また、エコ的にも、ベジタリアンメニューが注目されていることから
環境に優しく、食文化や食習慣にも優しい国際派という
看板を出せるのは、まさしく、上記のマニュアルの内容を
サービスとして提供できるようになっていることが重要であると
いえるでしょう。

観光庁だけでなく、各地方自治体、業界団体においても、
食への対応、サービスの充実について、もっと真摯に取り組んで
欲しいと感じます。
真の観光立国を目指すというのであれば、
このサービスの充実は欠かせないものであるはずなのですから。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:42| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明から38年


 1972年9月29日に、北京で、
周恩来首相と田中角栄首相のもと、
「日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明」が
なされて、国交が正常化したわけです。
 あれから、いろんな事が、日中間にあったわけですが、
中国が、資本主義経済を導入していくなかで、
共産主義政権下において、急速な発展をしてきて、
世界的にも大きな発言力をもってきたなかで、
まだまだ、様々な問題が、両国間には残されていると
いったところでしょうか。
 今は、中国側の欲望により産み出された領土問題で、
トラブルが発生していますが、
少し前の餃子問題とか、また黄砂により中国の汚染が
日本にも影響するとか、放ってもおくわけにも
いかない問題も多かったりします。
卑弥呼の時代から、交流のあった相手であるわけですので
随分と長いお付き合いのはずなのですが、
どうも、相手は、コロコロと変わり身の多い感じで、
信用しにくかったりするみたいな感じがします。
とわいっても、経済的には非常に大きな市場であることは
間違いないわけです。
戦争の負い目とかを持たずに、きちんと対等の国家として
向かい合っていくことが重要であるといえるでしょう。
政府においても、民間においても、よき隣人として
お付き合いしていければよいとおもいます。
ただ、もう日本が中国から学ぶことは、
あまりないような気もしますけど・・・・・。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:45| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

パソコン記念日〜パソコンのこれから・・・


 今日は、1979年に、PC-9801が発表されたということで、
パソコンの一般普及が、はじめっていくようになった先駆けであると
いうことなのか、パソコン記念日だそうです。
PC-9801は、当時の価格で16万8000円だったとか、
でも本体だけでしょうから、CRTとかプリンタとか周辺そろえると
結構な金額になったのではないでしょうか。
私が、最初に購入したパソコンは、CRTとHDDとプリンタに
数値演算プロセッサ(8087)を含めて、100万くらいしたものです。
640Kのメモリで、1MのFDDという環境で、ワープロ、ゲーム、開発環境が
動作できていた時代です。
 コンピュータの世界は、ハードウェアの進歩が急激で、
ソフトウェアは、あまり進歩していません。
基本ロジックについては、昔も今も同じであり、
ハードウェアに対応するように変化してきただけだともいえるでしょう。
ノイマン型のコンピュータ、2進数の世界の論理回路、それらを
超えるものが登場して、はじめて、ソフトウェアの進化といえるの
かもしれませんね。
 ちなみに、パソコンは、最初の購入より、現在は、8代目になってます。
ということは、過去のパソコンへの投資は、結構な金額に累計は
なっているなといったところでしょうか。
PC98シリーズのデスクトップから、モノクロノート、カラーノート、
パナソニックのウッディ、IBMのシンクパッド、DELノート、HPノート、
国産K社のノート。
自宅が片付けば、作業用にディスクトップが欲しい感じでは
あったりします。
 一般的には、パソコンの時代から、モバイル端末へと移行すると
言われています。iPadに続く、タブレットPCも続々登場してきて
いますし、一般用には、確かにその方向であるかもしれませんが、
開発用にはやはりPCでないと辛いものがあるので、
登場当時と同じくらいの市場は残ることになるでしょう。
 アプリケーションも、開発ツールが優しくなっていくこともあって
一般ユーザも気楽にカスタマイズできるようになるのかもしれません。
深い部分については、ハードと一緒に提供されるものになるのかなと
いった感じもします。
IT関連の仕事を行っているものとしては、パソコンは必需品である
ことに変わりはないのですが、今後、どのような方向に
進化していくのか、楽しみではあったりします。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:55| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

世界観光日〜食文化の多様性に対応してない国際化はない


 今日は、世界観光機関(WTO)の定めた、
世界観光日だそうです。

 観光の振興と発展に関連した活動を行い、
経済的な発展、国際間における相互理解、
平和と繁栄を目的に、観光の振興を行っていくということのようです。

 日本も観光立国といったことで、
観光に力を入れていくということで、
観光庁をつくって、海外からの観光客の増加のための
施策を行っているようですが、
すべきことが何なのかという点において、
誤らないように注意して欲しいなと感じます。
観光客のために必要なサービスと、
必要ではないサービスがあるということ。
観光地の資源そのものを変えてしまうようなことは
意味がないということ。
観光地の地元が、その地を愛していけるような状況に
していかなければダメだということ、
などなど、いろいろありますが、
そのなかで、観光客に対して、重要なサービスは、
食の多様性への対応であるといえるでしょう。
http://bit.ly/bzywIV
衣食住についての禁忌にあたるものに関しては、
きちんと世界の多様性を認識した上で、対応できるようで
なければ、国際観光地とはいえないでしょう。
また、国際ホテルとか、国際化に対応したサービスとか
言っても偽者であるということになります。
 特に日本のホテルや旅館などにおいて、
無神経なのが、食文化の多様性に対するサービスであると
いえるでしょう。
 観光庁が折角、マニュアルを作成していますが、
まったく浸透していないようであり、
観光庁も広めていくような活動をしていないようで、
非常に残念でなりません。
 もっと積極的に啓蒙活動を実施していって欲しいと
思います。

多様な食文化・食習慣を有する外国人客への対応マニュアル
http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/sangyou/taiou_manual.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:56| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

彼岸明け、秋も深まる頃・・・

 今日は、彼岸の明けということで、
雑節のひとつです。台風の接近などもあり、
夏日が続いていたのが、急に秋の風が吹き、
寒さも感じられるようになってきました。
と、思いきや、暑くなることもあるようで
なかなか体調管理も難しくなっているようです。
空調なしで過ごした夏は、自宅では暑さに耐えるのが
精一杯で何も出来なかったという感じでした。
これからは、少しは自宅でも何か出来るかなと
思いつつ・・・。
昨日の愛するエスパルスの大敗ショックと
ともに、少々、体調おとしぎみな感じ・・・・
ひとり暮らしの哀れさか・・・・
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:03| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

大人も子供も夢を語り千葉を元気に【9月27日】

 千葉で、ドリームプレゼンテーションが開催されるそうです。
その開催にあたって、応援イベントが行われるとのこと。

 その応援イベントとは、

9月27日 大人も子供も夢を語り千葉を元気に 大嶋啓介氏 講演会

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

☆大嶋啓介さん講演会☆

日時:9月27日(月) 19:00〜21:30(開場18:00)
場所:千葉市民会館小ホール千葉市中央区要町1−1
ゲスト:大嶋啓介氏(居酒屋てっぺん)
内容: 大嶋さん講演会、さわとんプレゼンなど
参加費:1,000円(当日会場でお支払いください)
定 員:300名
主 催:千葉ドリ実行委員会
申込:http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P92611934

居酒屋てっぺん



(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

というものです。

そう、このイベントに、我が友、さわとんが登壇します。

いま取り組んでいるミッションについて、
プレゼンテーションするようです。
先日、NHKの放送、
ミドルエイジクライシス
http://www.nhk.or.jp/shutoken/project/mc1/
に登場して、30代のうつ病や自殺について
語っていました。
『急増する自殺 なぜ30代が』
http://www.nhk.or.jp/shutoken/project/mc1/lineup/index.html

さわとんの目指す社会は、うつになっても、
元気になれる、そんな経験をも糧にしていける
それが自然に行えるような社会です。
ぜひ、さわとんの言葉を聴いてみたいという方は、
イベントに足を運んでみては如何でしょうか。


(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)

毎日ほんわか、あったか、なごやか
『さわとんの、今日の「ありがトン」』
【PC】http://archive.mag2.com/M0088094/index.html
【携帯】http://mobile.mag2.com/mm/M0088094.html

(^0_0^)(^0_0^)(^0_0^)
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:57| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

清掃の日・・・・最近のニュース・・・


 1971年に、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」が
施行されてので、清掃の日だそうです。
廃棄物、ゴミの減量化、リサイクルの促進といったことを
テーマの行事などが行われるとのこと。
 最近、どうも同じアパート内に、ゴミを指定のゴミ袋で
出さない人がいるようで、もっていってもらえずに
ゴミ置き場に溜まっています。自分の部屋の前であったらと
考えて欲しいという気がします。
少し前までは、なかったので、最近入ってきた人だと
思われるのですが、夜しかいないのでわかりません。
全室に注意喚起の紙を配布しようかとも思っています。

大リーグでは、イチロー選手が、10年連続の200本安打という
記録を達成しました。これは、怪我をしないで、常に良いコンディションを
保っていくということが必要である大変なことです。
普通に、年間200本安打するのも大変なのですから。
野球が好きで、自分の仕事にプライドをもっていて、
常に向上心を持ち続けているからこそ出来ることなのかなと思います。

日本政府、新内閣になって、親米路線をまっしぐらという
感じですが、対中政策についても、きちんとして欲しいところです。
アメリカに対しても、NOといえる日本であって欲しいですし、
何よりも、国民の利益を最優先に考えて欲しいとおもいます。

メディアや影で文句を言う前に官僚が実施しているべきことだという意識が必要でしょ
う。
こんな記事が出る程度の官僚だから、日本がダメになる?ともいえるかも・・・。
もちろん素晴らしい人もいらっしゃるのですが。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100317/trd1003170128000-n1.htm

生活保護受給者、190万人突破
http://topics.jp.msn.com/digital/general/article.aspx?articleid=411931

文化の違い、社会環境の違い、モラル意識の違い、なかなか大変です。
中国は、民主主義ではなく社会主義の国ということを忘れてはいけないと
いえるような事件が、最近ニュースにあがってますね。
輸出の抑制、逮捕、不買運動、イベント中止、無関係なことでも
政治に利用するのが、中国という国だということです。

■石を持ち出す中国人、ペット連れ登山も…“案内人”がつぶさに見た「富士山問題」
http://sankei.jp.msn.com/life/environment/100920/env1009201801003-n1.htm

■浅草寺トイレで“日中摩擦” 水に流さぬ中国人観光客 ゴミ箱に使用済み紙
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100818/trd1008182310017-n1.htm

さて、呟きは、より面白くなる?、それとも重くなるだけ?

○Twitterのサイトリニューアル--2つのペインがもたらす新たな体験
http://japan.cnet.com/news/commentary/story/0,3800104752,20420128,00.htm
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:37| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日


 今日は、24節気のひとつ、昼と夜の長さが
ほぼ同じになる日であり、太陽が真西に沈む日。
そして祝日として
「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日」
雑節のひとつ、彼岸でもある日。

 今、あるのは、両親のおかげであり、
存在は、祖先の存在あってのものであると
いう事実を、しっかりと認識し、自分の存在が
あることへ感謝をするのであれば、
自分の祖先に感謝することも大切であると
いえるでしょう。
また、亡くなった人を偲ぶ日でもあるということで
お墓参りなどして、お世話になった人、
影響を受けた人に感謝することも大切です。
自分を育んでくれた人に、感謝することは、
自分自身を大切にすることでもあるのですから。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:58| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

仲秋の名月・・・・・


 今日は、十五夜、旧暦の暦では
秋の月の真ん中の月の満月の日ということで
秋の名月を愛でながら、
季節と自然を感じながら、
時を過ごし、楽しむといった風情のある日で
あるわけですが、
都会では、あまり風情がある情景は
ないとも言えます。
中秋の名月を鑑賞する季節なのに、日中は30度を越える
暑さが残っています。
彼岸すぎれば、もう暑くなくなると予報されて
いるようですが、さて、どうなのでしょう。
今夜は、雨模様のようです。
雲間から、のぞく、月が、きれいにみえると
よいなとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:25| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

国際平和デー・世界スカウト平和の日


 9月21日は、国連が制定した国際平和デーということです。
戦争状態にあるのであれば、停戦を呼びかけ、
平和への道筋をつける努力をする日ということでしょうか。
第57回国連総会で、この日になったということです。
 世界スカウト平和の日は、9月の第3火曜日ということで、
1990年に、第32回世界スカウト会議にて、制定されたことだ
そうです、平和のための活動、地域社会への貢献、など
ボーイ・スカウトの精神に従って、善きことを
積極的に実践していくことで、平和な社会へと繋げていく
そんな感じであるのでしょう。
 私が、ボーイスカウトであったことには、
まだ制定されていなかった日です。
ボーイスカウト活動では、学校などでは体験できないこと
学べないことを、得られたと思っています。
他校の人、同世代だけでなく、年上や年下の仲間たちと
一緒になって、奉仕活動や、ゲーム、キャンプや、
ハイキング、勉強などを行っていくなかで、
体験し、経験していくことは、人の成長において
とても意味のあるものであるといえるでしょう。

 平和といえば、安全も大切です。
今日から、秋の全国交通安全運動が、月末まで、
実施されることになっています。
交通事故は、法改正などや、罰則強化で、
かなり減少してきています。
しかし、最近では、老人や子どもに関連した事故が
比率として多くなってきているようです。
日ごろから、安全を心がけて行動することが
大切であるといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:56| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡県立清水東高等学校同窓会/平成22年度懇親パーティー

今年も、母校の同窓会が、開催される季節になりました。
4年後には、自分たちの年代が、幹事をすることに
なるようです。
来年は、同期の同窓会も開催することになっています。
地元の発展に、何らかの貢献をしていける
同窓会であれば、よいなと思います。

静岡県立清水東高等学校同窓会
平成22年度懇親パーティー

日時:平成22年11月6日(土)
 17:30〜受付 18:00〜懇親会
会場:マナーハウス・エリザベート
   静岡市清水区辻1-7-1
   TEL054-366-3111
   http://www.elizabate.com/
参加費:8000円
申込締切:平成22年10月12日(火)
幹事:第29回生(協力:第28、30、39回生)
連絡先:平成22年度静岡県立清水東高等学校同窓会
    実行委員長(第29回生 八木宏仁)

※宿泊希望の方に同窓生の経営する宿を御紹介
 して下さるそうです。
  ベイホテル入船館(20回生 大澤恒幸)
http://www.irifunekan.com/
  ホテルクエスト清水(25回生 竹内滋)
http://www.hotelquest.co.jp/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 01:18| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010Jリーグ ディビジョン1 残り11試合

 さて、今シーズンのJリーグも、
終盤に入りました、残り11試合で、
名古屋がリードしています。それを連覇を狙う鹿島が
追いかける展開です。勝ち数で、4つの差を付けられた
3位以下のクラブにとっては、残り試合数からいっても
これ以上の差がつくと逆転は難しいといえるでしょう。

さて、我が清水エスパルスにとっては、
次節の名古屋戦が、まさに重要な試合となっています。
負けたら優勝が遠のくだけではなく、
8位と賞金圏外に転落という結果もあり得る試合と
なっているからです。
まさに、今年のシーズンの結果を左右することになる
試合となったといって良いでしょう。
シーズンの折り返しで首位にたったものの
その後は、勝てずに転落していくばかりで、
ここまで来てしまっています。
このままでは、昨年の弐の前となってしまうだけに、
昨年とは違うという姿をサポータに見せて欲しいところです。
勝って、更なる上を目指すきっかけにしてほしいです。
ホームで迎える東海ダービー、
ホームであるし、負けられない試合ともなっているだけに
チケットも指定席は完売、サポーターも熱い想いで
スタジアムに集うことになるでしょう。

ぜひ、清水らしいサッカーで、ホームのサポータと
観客に、勝利の花火を魅せてあげて欲しいと思います。


順位 チーム 勝点 勝-分-敗 得点 得失点差
1 名古屋グランパス 48 15-3-5 36 +11
2 鹿島アントラーズ 43 12-7-4 38 +17
3 セレッソ大阪   40 11-7-5 38 +16
4 ガンバ大阪    40 11-7-5 43 +12
5 清水エスパルス  40 11-7-5 43 +10
6 川崎フロンターレ 38 11-5-7 41 +9
7 横浜F・マリノス 38 11-5-7 32 +8
8 アルビレックス新潟 35 9-8-6 32 +4
9 サンフレッチェ広島 34 9-7-7 27 +0
10 浦和レッズ    32 9-5-9 33 +6
11 ジュビロ磐田   30 8-6-9 27 -6
12 モンテディオ山形 28 8-4-11 18 -10
13 ベガルタ仙台   24 6-6-11 28 -6
14 大宮アルディージャ 24 6-6-11 20 -8
15 ヴィッセル神戸  22 5-7-11 22 -11
16 FC東京     21 4-9-10 22 -6
17 京都サンガF.C.  15 3-6-14 22 -19
18 湘南ベルマーレ  14 3-5-15 25 -27
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 01:10| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

対話を通じて持続可能な地球を創る活動

 友人より、紹介のあった活動を、みなさんにも
紹介したいと思います。

 その活動の紹介文には、次のような言葉が
添えられていました。

「国連や政府では辿れない、私たち自身の新しい希望に向けて。」

今、世界はいろんな問題を抱えています、そのなかで、
世界はインターネットなどのIT技術により、情報伝達のスピードは
早くなり、多くの情報が行き交うようになりました。
しかし、情報リテラシーは、その情報量に追い付いていないようでも
あったりします。

 2012年に、リオ地球サミットが開催されることに
なっているということです。
その開催に向けて、地球について、多くの人たちが、
考えていく、また活動していくことが必要であろうということ
そのために、プラットフォームを提供しますというのが、

「EarthSummit2012 Project」
http://bit.ly/dsXaoz
http://www.earthsummit2012.jp/handout.pdf

ということです。
その活動の一環として、

持続可能な生活を考える会:サステナ・ライフ
http://www.blog-headline.jp/sustena/

が、開催する会が、

EarthSummit2012PJ=DISCOVER EARTH=エネルギー問題勉強会

ということです。

主催者は、問いかけます。

「地球の将来をを語る前に、もっとこの惑星について学び、
 基本的な情報をお互いに共有しなければならないのでは?」

その通りだと思います。知識や情報なしでの議論には、
重みもなく、空想で終わってしまうものになりがちです。
まずは、情報を得て、その情報を吟味して、検討した上で
議論していくことが大切でしょう。

まず、優先度の高いといえる地球というか人類の課題は
エネルギー問題があるといえます。
そのエネルギー問題を考えるにあたって、
現状をしっかりと認識しようということで、
原子力発電について、学びましょうという催しが
開催されるということです。
なぜ、原子力が必要なのか、エネルギー供給側からみた
理由をしることは、エネルギー問題を考えていく上で
重要な情報であるといえるでしょう。
エネルギー問題に関心のある方で、どうも何故原子力が
必要なのかわからないという方には、
まず、必要という理由を、素直に聞いてみるよい機会で
あるかと思います。

ここで、重要なのが、情報を得るときの姿勢です。
客観的に先入観なく、まず受け取ることが重要です。
多くの人が、自分の価値観に縛られて、最初からフィルターを
かけてしまって、情報を受け入れないことが多かったりします。
自分と違う意見は聴く価値はないと思いこむ裸の王様に
なってしまっているのです。
原発反対であっても、まずはその視点を排除して、
聞き入れて、その上で吟味するということが大切であったりします。
価値観が、多様になっている社会で、何かを行おうとしたとき
何も出来なくなってしまう多くの原因が、二項対立による
硬直にあるといってもよいでしょう。
第三の道、違ったシステムへのアプローチ、異なる方向からの
変革による原因の解消など、柔軟な発想と、現実の視点を
もった対応を、価値観を超えて行えるようになるためには
それぞれが、多様性を認め、自己の主張に固執することなく
利他心で考えることが出来るようになることが
必要であるともいえるでしょう。
対立することが一番楽な道ではあるのですが、
それでは、解決しない時代になっているように感じます。

以下に、開催告知文を紹介します。

**********重投失礼・転送歓迎*************

*催名:EarthSummit2012PJ=DISCOVER EARTH=エネルギー問題勉強会
*日時:9/28(火)開場18:45開演19:00〜20:45(終了後懇親会予定)
*場所:社会変革を創るUstハブ@千駄ヶ谷コモンズ
(渋谷区千駄ヶ谷1-13-11チャリ千駄ヶ谷4-11号室)
http://www.artisans-ce.com/map.html

*主催:持続可能な生活を考える会:サステナ・ライフ
*来場参加:申込先着20名を無料でご招待します。(懇親会別途)
*申込:本文に所属&氏名を加筆の上、このメール文を転送する形で
 manager@blog-headline.jp へご連絡ください。

*基調レクチャー:「原子力による電力安定供給の必要性」
・早坂房次氏(東京電力株式会社都市ソリューショングループ副部長)

世界人口は2010年時点で69億人と推定されています。2050年には91億
人になる見込みです。この人口増加は、エネルギー革命によります。
日本の食糧自給率は40%しかないと議論になることも多いですが、日
本のエネルギー自給率は4%(原子力を準国産エネルギーとしても19
%)しかありません。

地球の資源は有限です。安い化石燃料の時代は終わった中、狭い国土
にある日本でいわゆる自然エネルギーで賄うのは事実上不可能です。
このことについて皆様と対話させていただければと思います。(なお、
所属は東京電力ですが今回の参加は個人的立場で参加しております。
従って、本文書および当日の意見は私の個人的見解であり、所属する
組織の公式見解ではありませんので、予めご承知置きください。)

*進行:(勉強会では原発反対派もお招きする予定です)
・参加者の自己紹介(15分)
・基調レクチャー(30分)
・質疑応答&情報交換(60分)

□当イベントはUSTREAMで中継録画をさせて頂きます。
□Ust中継のチャンネルとハッシュタグは近日中にお知らせします。
□EarthSummit2012PJ=DISCOVER EARTH=ではスタッフも募集中です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

*役立つブログまとめ読み比べリンク集「Blog-Headline」
  社会貢献ジャンル:http://link.blog-headline.jp/
*「持続可能な生活を考える会サステナ・ライフ」主宰
Sustena-Life:http://www.blog-headline.jp/sustena/
*WorldShift Network Japan 戦略ボード・メンバー
             http://www.worldshift.jp/

 (株)フォーナイン・ストラテジーズ 代表 西村 豊
      e−mail:manager@blog-headline.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■99.99■■■■

***********************
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 11:18| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

違法動画が減らない理由のひとつ〜動画サイト側のやる気のなさ〜

 違法動画が、動画サイトには、数多く投稿されて
いることが、問題視されています。
でも、それはなかなか減ることはありません。
違法とわかったとしても、誰もがそれを通知できない
ようになっていること、そして、通知されても
サイト側は、基本的に、何もしないという姿勢であると
いうことが、大きな原因であるといえるかもしれません。

たとえば、大手のユーチューブで、
投稿動画について、違法性を感じた人がいたとしても
それを通知する場所として、ユーチューブという
選択肢は、まず殆どあり得ないのです。
その理由は、ユーチューブが提示している
以下の文章を読めば明らかでしょう。

====(以下、引用)=====
著作権侵害の申し立ては、法律で定められた手続きに従って
権限のある当事者が提出した場合のみ処理できます。
虚偽の通知を行った場合、多額の罰金が科せられることがあります。
詳細および手順については、ヘルプセンターをご覧ください。

プライバシーの申し立てを処理するには、詳細情報が必要です。
詳細および提出フォームについては、
ヘルプ センターまでお問い合わせください。

いじめの申し立てついて状況を正確に把握するため、
より詳しい情報をご提供いただく必要があります。
セキュリティ センターで詳細をご確認の上、
フォームを使用して情報を送信してください。

YouTube で法的な申し立ての手続きを行うには、
さらに詳細な情報をお知らせいただく必要があります。
必要な情報と情報を送信するためのフォームについては、
ヘルプセンターをご覧ください。
====(引用、おわり)======

つまり、違法性を感じても、自らが法的な責任を負うつもりが
ないのであれば、何も言うなというメッセージが提示されて
いるということなのです。
さらに言えば、著作権違法の画像があっても、
自分が著作権者でもないのに、違法と言ってきたら
虚偽通知として罰せるぞという脅しをかけています。
目の前で殺人が行われても被害者でないなら通知するなと
言っているわけです。そして通知したら罰するぞと。
また、プライバシー侵害があるなら、プライバシー情報を
よこせとも言っています。
いじめについても、より詳しく情報をよこさなければ
だめだというわけです。
こんなことを言われたら、多くの人が、通知するのを
止めるでしょうし、やりたくなくなるでしょう。
なぜなか、違法画像を放置しているサイトを、
そこまで信用できるはずなのないからです。
つまり、こんなふうに、善意の通知を封じるような
ことを行っているのですから、違法性があっても見逃される
仕組みが構築されていると言ってもよいのではないでしょうか。
やはり、もっと、自由に違法性を通報できる仕組みが
必要であると感じます。
そして、通知された中から、違法性を確認してチェックするのは
通知を受けた側で行うようにすべきでしょう。
もちろん、通知を自由にすると、違法性のないものに
関する誤った通知もあるかと思います。
しかし、それを認めた上で、違法性の是非を判断するのが
その画像を公的場に出すことを許している側の責任として
なすべきことだとも言えるでしょう。
業界や企業側で、出来ないのであれば、
法的な規制も仕方がないとおもいます。
各動画投稿サイトが、どのように違法動画を削除していく
ことをおこない自助努力のなかで、公的モラルを
維持していくのか、その姿勢が問われているといえるでしょう。
もし自己浄化できないのであれば、
法的に義務としておこなうようにするしかないと
いう流れになるのは仕方のないことだと思います。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 10:46| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苗字〜敬老〜彼岸の入りに、そろそろ残暑も・・・

 昨日は、苗字の日だったようですね。
夫婦別姓については、私は個人的には反対です。
理由は、日本における苗字の意味を考えた上でのことです。
夫婦別姓を言う人の理由は不便だからという経済的というか
表面的なことだけで、何か軽いというか利己主義的な
傲慢を感じてしまいます。文化的、社会的に考えたとき
他国でも苗字のあり方は、その国の文化や歴史に根ざした
扱いになっているのですから、日本も自国の文化や歴史に
根ざした扱いでよいとおもうからです。
明治3年9月19日に、太政官布告が出て、平民が苗字を
もてるようになったわけです。それ以前において
苗字は家を表すものであり個人のものではなく
家を重要視した貴族や武士などが持っていたもので
あったわけです。そして、明治のはじめに苗字を
誰もが付けれるようになったときも、その意味に
したがって、家を示すものとして付けられたのであって
個人のもの、個人を示すものとして付けられたものでは
ないわけです、家族を示す名前であるのですから
家族でひとつであるべきものだということです。
別姓であれば、それは家族ではないというのが
日本の文化であり慣習であり歴史であるということです。
夫婦別姓でないと不便といわれるものは、
別姓にしなくても対応し解決できる課題しかありません。
つまり、別姓にする理由にはなっていないのです。
他の制度を少し変えれば済むことだけなのです。
 コミュニティの重要さがいわれるなかで、
やはり家族というものの絆を取り戻すことが
大切であるように感じられるとき、その家族の絆の
象徴として、日本古来からあった苗字というものの
もつ意味をきちんと考えるべきではないかと感じます。
 今日は、敬老の日です。
「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」
日本が、老齢社会になってから、老人に関する問題が
社会問題とされてきました。介護の問題は、社会問題と
なっています。でも、本当は、介護の問題は、家族の問題で
あるはずなのです。大家族が崩壊したこと、地域のコミュニティが
崩壊したことが、社会の問題として出てきた理由であるとも
いえるかもしれません。先人に感謝する心を見失ってきた
日本人に科せられた天罰なのかもしれませんね。
 大家族の復活や、地域コミュニティの再生が、
日本の多くの社会問題の根本を解決していくために
必要なものであるのかもしれません。
なぜなら、大家族が生きているところ、地域コミュニティが
しっかりしているところでは、多くの社会問題が発生せずに
よき生活が営まれているからです。
ベストプラクティスを探すというのであれば、
まさに、今、よき生活を営んでいる家族やコミュニティが
どんなものなのかをみてみれば良いということでしょう。
 秋の彼岸の入りともなった今日、
先祖への感謝、老人への感謝という心を忘れずに、
過去から学び、未来へと繋いでいくことを、
考えてみるのもよいのではないでしょうか。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:52| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

第89回全国高校サッカー選手権 静岡県大会 2次リーグへ

 1次トーナメントが終了し、2次リーグの出場校が
決定しました。

・シード校4校
 静岡学園、清水商業、藤枝名誠、常葉学園橘
・1次トーナメントを勝ち上がった12校
 飛龍、浜松開誠館、静岡北、
 藤枝東、浜名、浜松市立、
 加藤学園暁秀、東海大翔洋、静岡西、
 磐田東、清水東、浜松南

最近は、全国制覇から遠ざかっている静岡県勢ですが、
そろそろ、また全国制覇を成し遂げて欲しいとおもいます。
厳しい県大会を勝ち上がったことを自信に、
全国大会に挑むのは、どの高校になるのか、注目です。

 さて、母校ですが、
小中高と同じ学舎で学んだ同窓生である高橋監督が
率いてくれてます。
1次トーナメントは、2回戦から登場して、
清水ダービーを6−0と征して、
以後も、5−0、5−0と、無失点で勝ち上がっています。
今年は、期待出来そうな気がします。
2次リーグで、どんな結果を出してくれるのか、
注目したいとおもいます。


<1次トーナメント4回戦結果>
飛龍 3(0−0 3−0)0 富士宮北
浜松開誠館 3(1−0 2−0)0 気賀
静岡北 4(2−0 2−0)0 浜松湖東
藤枝東 7(1−0 6−0)0 湖西
浜名 4(2−0 2−0)0 静清
浜松市立 1(0−0 1−1 PK8−7)1 聖隷クリストファー
加藤学園暁秀 3(2−0 1−1)1 静岡市商
東海大翔洋 1(0−0 1−0)0 浜松西
静岡西 1(1−0 0−0)0 日大三島
磐田東 4(2−1 2−0)1 桐陽
清水東 5(2−0 3−0)0 焼津中央
浜松南 3(3−1 0−1)2 吉原商

<1次トーナメント3回戦結果>
飛龍 5(2−0 3−0)0 藤枝西
富士宮北 6(2−1 4−2)3 榛原
浜松開誠館 2(1−0 1−0)0 大井川
気賀 1(0−0 1−0)0 静岡南
浜松湖東 3(2−0 1−1)1 伊豆中央
静岡北 4(2−0 2−0)0 加藤学園
藤枝東 16(7−0 9−0)0 島田樟誠
湖西 1(0−0 1−1 PK4−3)1 藤枝北
浜名 5(1−0 4−1)1 富士東
静清 5(3−0 2−1)1 富士見
浜松市立 3(1−1 2−2 PK4−3)3 袋井
聖隷クリストファー 6(0−0 6−0)0 浜松日体
加藤学園暁秀 4(2−0 2−1)1 沼津中央
静岡市商 6(1−0 5−0)0 掛川西
東海大翔洋 8(4−0 4−0)0 韮山
浜松西 2(1−0 1−0)0 静岡
静岡西 0(0−0 0−0 PK4−3)0 浜松湖南
日大三島 2(1−0 1−0)0 浜松北
磐田東 10(6−0 4−0)0 オイスカ
桐陽 3(3−0 0−1)1 島田商
清水東 5(3−0 2−0)0 浜北西
焼津中央 0(0−0 0−0 PK5−3)0 島田
浜松南 7(2−0 5−0)0 静岡城北
吉原商 6(4−0 2−0)0 金谷

<1次トーナメント2回戦結果>
飛龍 8(4―0 4―0)0 横須賀
藤枝西 7(2―0 5―0)0 富士宮東  
富士宮北 3(0―1 3―1)2 富士
榛原 2(1―0 1―0)0 掛川東
浜松開誠館 5(1―1 4―0)1 富士宮西  
大井川 2(0―1 2―1 PK4―2)2聖光
気賀 4(0―1 4―0)1 沼津東
静岡南 5(0―0 5―0)0 浜松学芸  
浜松湖東 19(11―0 8―0)0 松崎
伊豆中央 4(0―2 4―1)3 浜松東
加藤学園 0(0―0 0―0 PK3―2)0 静岡大成  
静岡北 8(2―0 6―0)0 清水国際  
藤枝東 14(7―0 7―0)0 相良
島田樟誠 5(1―0 4―1)1 小山
藤枝北 1(1―0 0―0)0 小笠
湖西 3(1―1 2―0)1 三島
浜名 8(5―0 3―0)0 吉原
富士東 2(1―0 1―1)1 浜松江之島 
富士見 4(3―0 1―1)1 二俣
静清 1(0―0 1―0)0 静岡東
袋井 1(0―0 1―1 PK5―4)1 島田工
浜松市立 2(0―0 2―0)0 掛川工
浜松日体 4(3―0 1―2)2 沼津城北  
聖隷クリストファー 7(4―1 3―0)1 静岡商
暁秀 1(1―0 0―0)0 科学技術  
沼津中央 1(0―0 1―1 PK5―4)1 常葉菊川  
掛川西 5(1―1 4―0)1 御殿場
静岡市商 4(3―0 1―0)0 焼津水産  
東海大翔洋 4(2―0 2―0)0 御殿場南  
韮山 2(1―0 1―0)0 星陵
浜松西 14(8―0 6―0)0 遠江総合  
静岡 5(4―0 1―0)0 沼津市立  
静岡西 4(1―0 3―0)0 伊東
浜松湖南 7(3―0 4―0)0 引佐
浜松北 2(0―0 2―0)0 磐田農
日大三島 1(1―0 0―0)0 磐田北
磐田東 4(2―0 2―1)1 浜松城北工 
オイスカ 6(3―0 3―0)0 三島南
島田商 2(1―0 1―0)0 浜松大平台 
桐陽 8(5―2 3―0)2 裾野
清水東 6(4―0 2―0)0 清水南
浜北西 2(1―0 1―1)1 城南静岡  
焼津中央 9(4―0 5―0)0 誠恵
島田 5(0―0 5―0)0 池新田
浜松南 3(2―0 1―0)0 吉田
静岡城北 14(8―0 6―0)0 沼津商
金谷 14(3―0 11―0)0 伊東城ケ崎 
吉原商 5(2―0 3―0)0 静岡市立

<1次トーナメント1回戦結果>
藤枝西 2(1―0 1―0)0 袋井商
富士 2(1―0 1―0)0 庵原
大井川 10(5―0 5―2)2 伊東商
気賀 5(3―0 2―0)0 吉原工
伊豆中央 6(1―1 5―0)1 稲取
静岡大成2(0―1 2―1 PK5―4)2 沼津工
島田樟誠 1(0―0 1―1 PK5―4)1 磐田南
小笠 2(1―0 1―1)1三島北
浜松江之島 2(0―0 2―0)0 沼津高専
富士見 11(3―0 8―0)0 御殿場西
浜松市立 4(0―1 4―1)2 富岳館
浜松日体 2(1―0 1―0)0磐田西
沼津中央 2(0―0 2―1)1田方農
御殿場 1(0―0 1―0)0 浜松商
韮山 2(0―0 2―0)0 浜松工
浜松西 1(0―0 1―1 PK5―3)1 清水西
浜松湖南 4(2―1 2―0)1 新居
浜松北 2(0―0 2―0)0 沼津西
オイスカ 13(8―0 5―0)0 天竜林
島田商 3(2―0 1―1)1 川根
浜北西 4(3―1 1―1)2 伊豆総合
焼津中央 2(1―0 1―1)1 興誠
静岡城北 4(1―0 3―1)1下田
金谷 1(1―0 0―0)0 芥田学園・浜松啓陽・三ケ日
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 15:19| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

個人情報保護に関するセミナー


 個人情報保護法の制定後、企業でも、一般社会でも
個人情報の取り扱いに関する関心が高まりました。
過敏な反応もあったようにおもいますが、
最近は、少し落ち着いてきたような気がします。
私も、個人情報保護については、業務でも調査することが
あったりしましたが、企業においての必要性については
経営者によって判断が異なるところでもあるようです。
私は、当時は上司から必要ないといわれました。
 さて、企業が個人情報保護に取り組んでいることを
社会に認知してもらう方法のひとつに、
第三者による認証というものを受けるということがあります。
代表的な認証としては、
プライバシーマークと、ISMSがあげられるでしょう。
折角、個人情報保護にとりくみ、セキュリティ対策を
強化しているのだから、それをきちんと伝えたいと
考えて、認証を受けたいと思ったいる方向けの
セミナーが開催されるようです。
企業で、個人情報保護やセキュリティを担当されている方や
認証の取得を主導されている方にとって、
参考になる情報を得ることができるかもしれません。


「プライバシーマーク事務局支援セミナー」
http://www.scc-kk.co.jp/education/seminar/index.html

テーマ&開催日:
・「PMSの運用のイロハ」
2010年09月21日(火)

・「ISMS認証取得の意義」
2010年09月27日(月)

開催時間:15時00分〜17時00分(受付開始14時45分〜)

開催場所: 株式会社SCC 本社
(東京都中野区中野 5-62-1 JR 中野駅北口徒歩1分)
最 寄 駅: JR または 地下鉄 中野駅
地 図: http://www.scc-kk.co.jp/company/kai_office.htm
参 加 費: 無料(1 社 2 名様までとさせていただきます)
定 員: 10 名 (申し込み先着順)
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:58| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かいわれ大根の日〜野菜が一番


 9月18日は、かいわれ大根の日だそうです。
1986年に、日本かいわれ協会によって、
定められたそうですが、その理由は、9月に会議をして
18日の1と8は、かいわれ大根の姿になるからだそうです。
かいわれ大根の姿とは、竹とんぼのかたち、
棒のうえに葉っぱが、というわけですね。
 野菜にちなんだ日は、ベジタリアンとしては
やはり、おおいに野菜普及のための催しが、
盛り上がって欲しいと思ったりします。

 肉食などやめて、カルマを増やさないで日々をおくり
人生を得した方がよいということですね。
ノンベジなものを食べるごとに、カルマが増えていって
いるということを、きちんと認識してもよいかと
おもいます。カルマが増えれば、その解消のために
いつか苦難や困難、不幸ともいえることが
降りかかってくることになるわけですから、
カルマ解消のための試練を、乗り越えるのは、
確かに成長になるともいえますが、
少ない方がよいという気がしますから。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:56| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

東京ゲームショウ2010 開催中


 今年も、東京ゲームショウが、開幕しました。
コフェスタ2010の最初を飾るイベントでもあります。

 東京ゲームショウの今回のテーマは、

 「GAMEは、新章へ。」

インターネットとモバイルの時代、
そして、3Dの時代と、いう技術潮流のなかで、
ゲームの可能性も、大きく広がっています。
また、ビジネスモデルも多様性をもつように
なってきています。

 中期ビジョンとして掲げられているものは、

「アジアNO.1の情報網羅性」
     &
  「世界最大規模」

ということだそうです。
ネットゲームでは、日本の先をいく韓国をはじめとして
3Dアーティストの育成にも力を入れている
アジア各国の中から生まれてくるゲームにも
注目をしていくということであるといえるでしょう。

 アーケードゲーム、家庭ゲーム機、
携帯ゲーム機、オンラインゲーム、カードゲームや
昔ながらの卓ゲームまで、
 多様なゲームがあり、そして、多様な内容と
遊び方がある時代になっています。
 そんななかで、コンテンツとして、
いろんなゲームに展開していくものも現れています。
まさに、魅力あるコンテンツであれば、
ソフトの移植で、フィールドを選ばずに遊べる
そんな時代になっているのだといえるでしょう。
また、リアルではなく、バーチャルの世界で、
リアルと同じゲームを楽しむという時代にも
なっていっているといえます。

 日本のソフト力と、コンテンツ力が、
どこまで、世界に受けいられていくのか、
日本のゲーム産業界の今後に注目かもしれません。

☆コフェスタ2010
http://bit.ly/bXvKhd
http://www.cofesta.jp/2010/event/index.html

☆東京ゲームショウ2010
 9.16(thu)-9.19(sun)
http://tgs.cesa.or.jp/index.html

☆国際ビジネス相談コーナー/インターナショナル・キャリアパビリオン
http://tgs.cesa.or.jp/index.html
http://bit.ly/be9BHy

☆日本ゲーム大賞2010
 9.16(thu)-9.19(sun)
http://bit.ly/9twAtP
http://awards.cesa.or.jp/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:07| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする