2010年09月02日

高円宮杯第21回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会

 さて、ユース世代のクラブ日本一を決定する大会が
今年も開幕します。
出場するチームは、

JFAプリンスリーグU-18の勝者20チーム
全国高等学校総合体育大会(インターハイ)上位2チーム
日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会上位2チーム

の計、24チームです。

まずは、1次ラウンドを、
6つのグループに分かれて、総当たり戦を行います。
各グループの上位2チームと、3位の成績上位4チームが
ベスト16に勝ち上がります。

GroupA
柏レイソルU-18(関東地域代表/千葉県)
ジュビロ磐田ユース(東海地域代表/静岡県)
ヴィッセル神戸U-18(関西地域代表/兵庫県)
サンフレッチェ広島F.Cユース(中国地域代表/広島県)

GroupB
清水エスパルスユース(東海地域代表/静岡県)
浦和レッズユース(関東地域代表/埼玉県)
滝川第二高校(関西地域代表/兵庫県)
流通経済大学付属柏高校(関東地域代表/千葉県)

GroupC
コンサドーレ札幌U-18(北海道地域代表/北海道)
愛媛FCユース(四国地域代表/愛媛県)
セレッソ大阪U-18(関西地域代表/大阪府)
東京ヴェルディユース(関東地域代表/東京都)

GroupD
ジェフユナイテッド千葉U-18(関東地域代表/千葉県)
立正大学淞南高校(中国地域代表/島根県)
静岡学園高校(東海地域代表/静岡県)
青森山田高校(東北地域代表/青森県)

GroupE
横浜 F・マリノスユース(関東地域代表/神奈川県)
三菱養和サッカークラブユース(関東地域代表/東京都)
アビスパ福岡U-18(九州地域代表/福岡県)
名古屋グランパスU18(東海地域代表/愛知県)

GroupF
広島観音高校(中国地域代表/広島県)
市立船橋高校(関東地域代表/千葉県)
FC東京U-18(関東地域代表/東京都)
富山第一高校(北信越地域代表/富山県)

・1次ラウンド
9月4日(土)第1試合11:00〜、第2試合13:20〜
9月12日(日)第1試合11:00〜、第2試合13:20〜
9月18日(土)第1試合11:00〜、第2試合13:20〜

・決勝トーナメント
9月20日(祝)ラウンド16 第1試合11:00〜、第2試合13:20〜
10月3日(日)準々決勝 第1試合11:00〜、第2試合13:20〜
10月9日(土)準決勝  第1試合12:00〜、第2試合14:30〜
10月11日(祝)決勝 15:00〜(予定)

優勝チームには、
●SBCカップ2011ドイツ / ラオプハイム (競技期間:2011年4月〜)
 への海外遠征参加権利が与えられるということです。
といっても、今回参加者の後輩への権利になるのかな。

さて、今回は、清水エスパルスも出場します。
大榎監督のもと、ぜひとも優勝目指して頑張って欲しいと思います。
決勝が、静岡ダービーになったら凄いですけどね。


高円宮杯第21回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2010/takamado_u18/index.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会いよいよ開幕。


 今年も天皇杯の季節になりました。
第90回を迎える今年は、88チームのトーナメントで
国内サッカークラブのチャンピオンが決定されます。

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2011/0101tennouhai/index.html
主催:財団法人 日本サッカー協会/社団法人日本プロサッカーリーグ
共催:NHK/共同通信社
 (1回戦から準々決勝まで、各開催会場都道府県所在共同通信加盟新聞社)
主管:都道府県サッカー協会
特別協賛:スルガ銀行株式会社
オフィシャルスポンサー:アディダス ジャパン株式会社
協力:株式会社モルテン

さて、参加チームは、
J1-18チーム、J2-19チーム、JFL前期上位3チーム が2回戦より登場し、
第34回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント優勝チーム、
都道府県代表47チーム
が、1,2回戦より登場します。

まず、9月3日(金)に1回戦が行われます。
そして、中一日の9月5日(日)に2回戦ということになってます。
正直いって、1回戦参加クラブにとっては、きつい日程です。
Jクラブ相手に万全でいきたいのに、そうできないというのは
日程としては、再考すべきであるように感じます。
JFAは、来年は、もっとちゃんと考えて欲しいなという気がします。
といいたいところですが、どうも、お金のないクラブが
移動を少なくして2試合ということで、金曜の試合のあと
現地に泊まって日曜日に試合ということなのかなとも思ったりしました。

さあ、まずは明日の1回戦。
24試合が、全国各地で開催されます。

1.流通経済大学 - アルテ高崎
2.福島ユナイテッドFC - ソニー仙台FC
3.サウルコス福井 - 富山新庄クラブ
4.ツエーゲン金沢 - JAPANサッカーカレッジ
5.四日市大学 - 中京大学
6.札幌大学 - グルージャ盛岡
7.佐川急便中国SC - デッツォーラ島根E.C
8.カマタマーレ讃岐 - 高知大学
9.HOYO Atletico ELAN - ホンダロック
10.東京ヴェルディユース - 駒澤大学
11.佐川印刷SC - 奈良クラブ
12.FC琉球 - 徳島ヴォルティス・セカンド
13.Y.S.C.C - 鹿屋体育大学
14.山形大学 - ブラウブリッツ秋田
15.レノファ山口 - 米子北高校
16.Honda FC - FC岐阜SECOND
17.V・ファーレン長崎 - 環太平洋大学
18.佐賀大学 - 熊本学園大学付属高校
19.アルテリーヴォ和歌山 - 大阪体育大学
20.関西学院大学 - MIOびわこ草津
21.順天堂大学 - ヴァンラーレ八戸FC
22.東京国際大学 - 栃木ウーヴァFC
23.福岡教育大学 - 愛媛FCしまなみ
24.松本山雅FC - 玉穂フットボールクラブ

そして、その勝者を含めての2回戦が、
9月5日(日)に開催されます。

25. 鹿島アントラーズ - No.1の勝者
26. ロアッソ熊本 - 愛媛FC
27. ベガルタ仙台 - No.2の勝者
28. No.3の勝者 - セレッソ大阪
29. アルビレックス新潟 - No.4の勝者
30. 町田ゼルビア - 東京ヴェルディ
31. 名古屋グランパス - No.5の勝者
32. コンサドーレ札幌 - No.6の勝者
33. サンフレッチェ広島 - No.7の勝者
34. ファジアーノ岡山 - アビスパ福岡
35. 大宮アルディージャ - No.8の勝者
36. 大分トリニータ - No.9の勝者
37. ザスパ草津 - ギラヴァンツ北九州
38. FC東京 - No.10の勝者
39. No.11の勝者 - 京都サンガF.C
40. ジェフユナイテッド千葉 - No.12の勝者
41. 川崎フロンターレ - No.13の勝者
42. カターレ富山 - 横浜FC
43. モンテディオ山形 - No.14の勝者
44. 湘南ベルマーレ - No.15の勝者
45. 清水エスパルス - No.16の勝者
46. 水戸ホーリーホック - SAGAWA SHIGA FC
47. 横浜F・マリノス - No.17の勝者
48. サガン鳥栖 - No.18の勝者
49. ガンバ大阪 - No.19の勝者
50. FC岐阜 - 栃木SC
51. No.20の勝者 - ヴィッセル神戸
52. 柏レイソル - No.21の勝者
53. 浦和レッズ - No.22の勝者
54. 徳島ヴォルティス - ガイナーレ鳥取
55. ジュビロ磐田 - No.23の勝者
56. ヴァンフォーレ甲府 - No.24の勝者

今年も、ジャイアントキリングは起こるのか。
Jリーグクラブが、全て順当に勝ち上がるのか、
注目されるところです。

そして、3回戦は、10月9日、10日、13日の開催です。
4回戦は、11月17日の開催となります。
準々決勝は、12月25日(土)のクリスマス、
準決勝は、12月29日(水)に行われて、
決勝は、2011年1月1日(元日)に、国立競技場で開催されます。

表彰は、優勝クラブに対しては、
天皇杯、NHK杯、共同通信社杯、JOC杯、ドイツ杯、表彰状、メダルの授与があり、
準優勝クラブに対しては、NHK杯、共同通信社杯、表彰状、メダルの授与があります。
そして、賞金ではなく、チーム強化費として、
優勝クラブには、100,000,000円
準優勝には、50,000,000円
第3位には、20,000,000円
が、提供されることになっています。

また、優勝クラブには、ACLへの出場権が与えられます。

さて、ここ2年間は、ガンバ大阪が優勝しており、
今年、3連覇を目指しています。
しかし、トーナメントは何が起こるかわかりません。

もちろん、私は、元旦に、国立で、エスパルスの優勝を観たいと
思っています。
ぜひとも、その期待に、こたえて欲しいなとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:47| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝くじ・・・くつ・・・


 9月2日ということで、「く、じ」、「く、つ」と
語呂合わせできることから、
宝くじに日、靴の日ということのようです。
 宝くじやトト、なかなか当たらないものです。
でも、世の中には当選している人もいるわけです。
宝くじなどで、大金を手にした人のその後について
あまり幸福ではないらしいといった話もあるようですね。
ナンバーズの高額当選者の自伝が、
ドラマになったことがありましたが、
結局は、あぶく銭なのに、お金に固執するように
なってしまって、ある意味、心が壊れたような
ことに陥っている様子がわかります。
実は、このような形での収入は、自分の持っている
前世からの徳分を消費して得ているともいわれます。
そのために、徳分がなくなってしまい、
それまでは、徳分のおかげで、解消を求められなかった
カルマに対しての解消が要求されるために、
試練が与えられることになるために、
不幸なことが、多く起こるのだともいわれます。
 億万長者になる必要など何もないのですが、
ちょっとはお金あると、いろいろ楽ではあります。
ということで、カルマ解消が押し寄せても、
少し臨時の収入があったら嬉しいかもしれません。
もちろん、仕事で得られる収入で、ビックなチャンスが
ある方が、ずっと良いのですけど・・・・・。
 天使の靴でも履いていけば、ラッキーがあるのかも
しれませんが、世の中、そうはうまくはいかないものです。
宝くじは、いってみれば、お返しがあるかもしれない
税金のようなものですからね。
自治体が有効に活用してくれることを願って、
チャンスとワクワクを買うといったところでしょうか。
トトの方も、スポーツ振興の資金として、
しっかりと活用していって欲しいとおもいます。
サッカーだけでなく、マイナースポーツへの下支えに
なるように、考えて資金運用して欲しいですね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:39| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする