2010年09月04日

「タッチ」「あらしのよるに」「まんが日本昔ばなし」制作のグループ・タックが破産

株式会社グループ・タックが、9月1日付けて
「準自己破産を申請、破産手続き開始決定受ける」
ことになったようです。
負債6億5000万円。

 1968年(昭和43年)3月に設立されたアニメーション制作会社、
グループ・タックが、近年の不況のなか受注が激減して、
なんとか業績回復のための努力をしていたものの
7月に、社長の田代敦巳氏が、亡くなられるという不幸もあって
社内体制の見直しも難航し、事業継続を断念したとのことです。
 アニメーション業界で、40年以上の長きにわたり
さまざまな作品の制作を手掛けてきた老舗がひとつ消えました。

・テレビ作品
http://www.g-tac.co.jp/animetion/tv.html
・ビデオ作品
http://www.g-tac.co.jp/animetion/video.html
・劇場作品
http://www.g-tac.co.jp/animetion/movie.html

劇場用長編アニメ「あらしのよるに」で、
日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞受賞。

「ミュンヘンの道」
「まんが日本昔ばなし」「タッチ」
「銀河鉄道の夜」「ナイン」
「ときめきトゥナイト」
「ふしぎの海のナディア」
「ヤダモン」「飛べ!イサミ」
「吸血鬼 美夕」「天地無用! 真夏のイヴ」
「学園アリス」「YAT安心!宇宙旅行」
「ふたつのスピカ」「エリア88」
「半分の月がのぼる空」
「しにがみのバラッド。」

など、素敵な作品の制作をになってきたスタジオだけに
倒産は、残念です。
アニメ業界も、まだまだ不況のなかということでしょう。
構造的な問題だけでなく、経営的な問題も含めて
改善すべき点を改善していくことが、
求められているということなのだとおもいます。

アニメ業界の中小企業が、元気になれるように
ITコーディネータとして、何か出来ることがあれば
ぜひ協力させて頂きたいとあらためて感じた次第です。

・・・
仏陀再誕が失敗だったということではないですよね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 00:46| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする