2010年09月13日

法による世界平和をめざして


 9月13日は、1965年に、ワシントンで開催された
「法による世界平和についての国際会議」にて、
採択された宣言
「国際間に法の支配を徹底させることで世界平和を確立しよう」
を記念して、
世界の法の日とされているそうです。
 残念ながら、この宣言は、なかなか、
思い通りに進んでいないといえるのかもしれません。
 9.11にからみ、アメリカでのイスラム教への
無意味な迫害行動をふくめ、利己主義により、
何かを見失っている社会があるために、
大切なことを感じられなくなっているような気がします。
コーランを焼く人は、それは聖書を焼いているということに
なっているのだと気が付くべきだといえるでしょう。
 法に正義があるのか、単に法哲学から考えるだけでなく
もっと根本的なこと、人の存在価値そのものに
立ち返って、考えていくべきこともあるのかもしれません。

 さて、日本では、司法保護記念日であるそうです。
犯罪の予防と犯罪者に対する更正の道を見守るために
存在している機関の意味や働きについて、
社会の多くの人に理解をしてもらうという啓蒙のための日と
いうことです。最近は、犯罪への処罰の話題ばかりが
先行しているような気がします。
いつのまにか、更正ということの大切さが語られることが
なくなって、厳罰という流れになってしまっている
そんな印象を受けるのは哀しいことだとおもいます。
司法保護司や保護機関の活動をもっと評価していくべきで
あるし、強化していくことが必要であるといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:05| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。