2010年09月28日

パソコン記念日〜パソコンのこれから・・・


 今日は、1979年に、PC-9801が発表されたということで、
パソコンの一般普及が、はじめっていくようになった先駆けであると
いうことなのか、パソコン記念日だそうです。
PC-9801は、当時の価格で16万8000円だったとか、
でも本体だけでしょうから、CRTとかプリンタとか周辺そろえると
結構な金額になったのではないでしょうか。
私が、最初に購入したパソコンは、CRTとHDDとプリンタに
数値演算プロセッサ(8087)を含めて、100万くらいしたものです。
640Kのメモリで、1MのFDDという環境で、ワープロ、ゲーム、開発環境が
動作できていた時代です。
 コンピュータの世界は、ハードウェアの進歩が急激で、
ソフトウェアは、あまり進歩していません。
基本ロジックについては、昔も今も同じであり、
ハードウェアに対応するように変化してきただけだともいえるでしょう。
ノイマン型のコンピュータ、2進数の世界の論理回路、それらを
超えるものが登場して、はじめて、ソフトウェアの進化といえるの
かもしれませんね。
 ちなみに、パソコンは、最初の購入より、現在は、8代目になってます。
ということは、過去のパソコンへの投資は、結構な金額に累計は
なっているなといったところでしょうか。
PC98シリーズのデスクトップから、モノクロノート、カラーノート、
パナソニックのウッディ、IBMのシンクパッド、DELノート、HPノート、
国産K社のノート。
自宅が片付けば、作業用にディスクトップが欲しい感じでは
あったりします。
 一般的には、パソコンの時代から、モバイル端末へと移行すると
言われています。iPadに続く、タブレットPCも続々登場してきて
いますし、一般用には、確かにその方向であるかもしれませんが、
開発用にはやはりPCでないと辛いものがあるので、
登場当時と同じくらいの市場は残ることになるでしょう。
 アプリケーションも、開発ツールが優しくなっていくこともあって
一般ユーザも気楽にカスタマイズできるようになるのかもしれません。
深い部分については、ハードと一緒に提供されるものになるのかなと
いった感じもします。
IT関連の仕事を行っているものとしては、パソコンは必需品である
ことに変わりはないのですが、今後、どのような方向に
進化していくのか、楽しみではあったりします。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:55| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする