2010年10月01日

新体制の日本代表・まずはお手並み拝見

 ワールドカップが終了して、
次回のワールドカップに向けての新体制がスタートする
サッカー日本代表チーム
新監督の初采配となるのは、
国際親善試合、
キリンチャレンジカップ2010
10/8 vs アルゼンチン代表 埼玉ス
10/12 vs 韓国代表@韓国・ソウル
の2試合です。
なかなか、良い試合カードを組めたようにおもいます。
ザックJAPANの船出、どんな試合をみせてくれるでしょうか。

まずは、スタッフと選手が発表されました。
選手は、ワールドカップメンバを中心として構成となりましたが
アジアカップもあることですし、無難な選出といった
ところではないでしょうか。
特に驚くような選抜もなかった気がします。
もう少し、多く選抜するのかなと思いましたが、
シーズン中ということもあって、そうもいかないのでしょう。
アルゼンチン代表と、韓国代表を相手に、
選手の見極めと、戦術の方向性を探る試合になるのかなと
おもいます。
結果も重要ですが、今は内容の方がより重要なところで
あるといえるでしょう。


<スタッフ>
監督:アルベルトザッケローニ(Alberto ZACCHERONI)
コーチ:ステファノ・アグレスティ(Stefano AGRESTI)
    関塚隆
GKコーチ:マウリツィオ・グイード(Maurizio GUIDO)
フィジカルコーチ:エウジェニオ・アルバレッラ(Eugenio ALBARELLA)
アシスタントコーチ:和田一郎
テクニカルアシスタント:ジャンパオロ・コラウッティ(Giampaolo COLAUTTI)

<選手>
GK
川島永嗣 83.03.20 185cm リールセSK(ベルギー) 15/-12
西川周作 86.06.18 183cm サンフレッチェ広島 1/0
権田修一 89.03.03 187cm FC東京 1/-2
DF
田中マルクス闘莉王 81.04.24 185cm 名古屋グランパス 43/8
駒野友一 81.07.25 172cm ジュビロ磐田 59/0
栗原勇蔵 83.09.18 184cm 横浜F ・マリノス 3/0
伊野波雅彦 85.08.28 179cm 鹿島アントラーズ 0/0
長友佑都 86.09.12 170cm ACチェゼーナ(イタリア) 32/3
槙野智章 87.05.11 182cm サンフレッチェ広島 4/0
内田篤人 88.03.27 176cm FCシャルケ04(ドイツ) 32/1
MF
遠藤保仁 80.01.28 178cm ガンバ大阪 98/9
中村憲剛 80.10.31 175cm 川崎フロンターレ 50/5
阿部勇樹 81.09.06 177cm レスター・シティー(イングランド) 49/3
今野泰幸 83.01.25 178cm FC東京 38/0
長谷部誠 84.01.18 177cm VfLヴォルフスブルク(ドイツ) 35/1
本田拓也 85.04.17 177cm 清水エスパルス 0/0
細貝萌 86.06.10 176cm 浦和レッズ 2/0
FW
松井大輔 81.05.11 175cm FCトム・トムスク(ロシア) 28/1
前田遼一 81.10.09 183cm ジュビロ磐田 5/2
関口訓充 85.12.26 170cm ベガルタ仙台 0/0
岡崎慎司 86.04.16 174cm 清水エスパルス 34/17
本田圭佑 86.06.13 182cm CSKAモスクワ(ロシア) 21/6
森本貴幸 88.05.07 180cm カターニャ(イタリア) 8/3
金崎夢生 89.02.16 180cm 名古屋グランパス 4/0
香川真司 89.03.17 172cm ボルシア・ドルトムント(ドイツ) 15/3
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 10:43| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋のアニメ新番組〜どんな作品が期待でしょうか?

 さて、ことしも、あと三ヶ月になりました。
丁度、TV番組も編成替えの季節です。
長月に、多くの作品が、最終回を迎えました。
惜しまれながら終わった作品もあれば、
人知れず終わった作品もあります。
人気あったら次のシリーズもあるぞという形で
終わる作品が多くなっているのも、TVアニメ業界の
流れであるといえるでしょう。
 神無月になって、新しい作品の放送が、
はじまってきます。
前作の人気をふまえたシリーズ化の作品、
コミック、ゲーム、ライトノベルの原作のアニメ化、
やはり、主流は、そんな作品となってます。
そんな大勢のなかでのオリジナルアニメには期待したい
ところです。
一部の作品を簡単に紹介してみます。


「バクマン。」
http://www9.nhk.or.jp/anime/bakuman/
http://bit.ly/bhnuim
○少年ジャンプの作品をNHKがアニメ化。
 原作:大場つぐみ・小畑健、監督:カサヰケンイチ、秋田谷典昭
 シリーズ構成:吉田玲子、制作:J.C.STAFF、主題歌:コブクロ
◆NHKの教育で、メジャーの後番組として放送されるアニメ、
 マンガ業界マンガを、どんなアニメ作品にするのか、
 NHKがジャンプ作品を扱うのは初のことなので注目されます。

「アイアンマン」
http://www.animax.co.jp/marvelanime/
http://bit.ly/c7Zf15
○映画でもおなじみのマーベルコミック作品をマッドハウスがアニメ化
 監督は「逆境無頼カイジ」の佐藤雄三。放送はアニマックス。SF活劇。
◆アメリカンコミックのアニメ作品は、最近劇場でも注目な
 感じです。地上波放送はないようですが、海外向けの作品としても
 注目といった感じでしょうか。

「えむえむっ!」
http://www.butaro.net/
http://bit.ly/cRFnN3
○MF文庫の松野秋鳴による原作をXEBECがアニメ化。
 監督:長澤剛、シリーズ構成:小鹿りえ、
 脚本:小鹿りえ・丸川直子、キャラクターデザイン&総作画監督:堀たえ子
 AT-XとU局放送。学園ラブコメ。
◆ひらがなの題名が流行という誤解(実際にはそんな多くない)も多いようですが、
 そんな作品のひとつということになるのかもしれません。
 ライトノベルの王道系の物語かなという気がするので
 どんな特徴を出してくるのか演出手腕が問われます。

「おとめ妖怪 ざくろ」
http://www.otome-zakuro.jp/top.html
http://bit.ly/aixC5l
○原作:星野リリィ(幻冬舎コミックス刊)監督:今千秋、
 シリーズ構成:岡田麿里、制作はJ.C.STAFF。
 文明開花の頃「妖人省」なる組織が、悪い妖人を・・・
 大正ロマンに妖怪活劇といった感じでしょうか。
◆いわゆる、明治・大正という、維新から戦前の時代の
 作品です。妖怪ものと和風のテーストを味わい良く
 出して欲しいなとおもいます。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
http://www.oreimo-anime.com/
http://bit.ly/9UaWPW
○電撃文庫の伏見つかさによる原作のアニメ化。制作はAIC Build。
 監督:神戸洋行、シリーズ構成:倉田英之、スーパーバイザー:川口敬一郎
 原作イラスト:かんざきひろ。
 学園ラブコメ妹萌え系といったところか。
◆製作サイドへ企画プレゼンをするときのキーワードを
 きっちり持った作品なのかなという印象です。

「神のみぞ知るセカイ」
http://kaminomi.jp/index.html
http://bit.ly/aV4ZCl
○少年サンデー連載の若木民喜による
 制作はマングローブ、監督:高柳滋仁、シリーズ構成:倉田英之、
◆サンデーアニメ、他の作品にどこまで迫れるのか、
 退魔・恋愛シミュレーションゲームといったテーストな
 作品なだけに、マンネリな演出にならないで欲しいですが・・・

「カルルとふしぎな塔」
http://www.karl-tower.net/
http://bit.ly/d1HyrE
○「めばえ」に連載されている作品をアニメ化
 イラストレーターの寺田順三のキャラクターを
 うもとゆーじ・ウサギ王(CG制作・演出)が映像化
 名作につよい日本アニメーションが贈る作品。
◆安心して、親子で観れるアニメの王道作品です。

「海月姫〜くらげひめ〜」
http://kuragehime.noitamina.tv/
http://bit.ly/aXiSzn
○講談社漫画賞受賞の東村アキコの原作を、大森貴弘監督が
 アニメ化、制作はブレインズ・ベース。
 フジテレビのノイタミナ枠の新作です。
◆ノイタミナらしい作品だという気がします。
 これまで取り上げてきたコミック原作と同様な
 路線でのアニメ化なのか、それともアレンジあるのか
 注目されるところです。

「侵略!イカ娘」
http://www.ika-musume.com/
http://bit.ly/9jHkSA
○少年チャンピオン連載の安部真弘の原作を
 ディオメディアがアニメ化、監督:水島努、
 シリーズ構成:横手美智子 となかなか期待のコンビです。
◆題名から、何って感じの作品ですが、
 原作コミックよりも、面白く、迫力もある作品に
 なって欲しい気もします。

「心霊探偵 八雲」
http://www3.nhk.or.jp/anime/yakumo/
http://bit.ly/cFH4uG
○原作:神永学、キャラクター原案:小田すずか、
 監督:黒川智之、シリーズ構成・脚本:川崎ヒロユキ、
 制作は、ビィートレイン。NHKアニメの新作。
◆NHK-BSの夜のアニメ枠の新作です。
 原作の雰囲気をどこまで華麗に演出表現できるのか
 雰囲気が大切な作品だと思うので注目される
 ところでしょうか。

「スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター」
http://www.suparobo.jp/srw_lineup/srw_ogin/
http://bit.ly/9Rkv6D
○原作はSRプロデュースチーム、JAM Projectが主題歌を歌い、
 旭プロダクションが制作する。ロボットメカアクション。
 監督は大張正巳、多数のメカデザイナーが参加。
 シリーズ構成は、竹田裕一郎・八房龍之助。
 ディバイン・ウォーズの続編が始動します。
◆なにも言うこと無し、ロボットアニメの源流を継ぐ作品。

「STAR DRIVER 輝きのタクト」
http://www.star-driver.net/
http://bit.ly/dhLFkL
○ボンズが贈るオリジナルSF学園アニメ。
 南十字島、地下の巨人像、秘密結社、
 颯爽登場、銀河美少年!というのは?
 TBS系日曜5時枠戦国BASARAの後番組です。
 原作:BONES、監督:五十嵐卓哉
 シリーズ構成:榎戸洋司
 キャラクター原案 : 水屋美沙×水屋洋花
 アニメーション制作 : ボンズ
◆貴重なオリジナルアニメです。
 ぜひとも成功して欲しいと思います。
 しかも、ハガレン、バサラの次を担うのですから
 注目です。

「そらのおとしもの f (フォルテ)」
http://newtype.kadocomic.jp/soraoto/
http://bit.ly/aLlQbv
○第二シーズン始動。「少年エース」連載の原作:水無月すう。
 監督:斎藤久、シリーズ構成&脚本:柿原優子、
 制作:AIC ASTA。
◆空飛ぶパンツで注目された作品の第二シーズンです。
 さて、最初のシリーズと同テイストでいくのか、
 それとも変えるのか。

「それでも町は廻っている」
http://www.tbs.co.jp/anime/soremachi/
http://bit.ly/9HqVwD
○OPは、坂本真綾『DOWN TOWN』
 女子高校生探偵、メイド喫茶、天然少女、さて・・・
 原作 : 石黒正数(少年画報社/月刊「ヤングキングアワーズ」連載)
 総監督 : 新房昭之。シリーズ構成 : 高山カツヒコ
 アニメーション制作 : シャフト
◆今、流行といった感じのアニメ作品テーストなものに
 なるのか、それとも・・・・

「探偵オペラ ミルキィホームズ」
http://milky.weblogs.jp/blog/2010/08/tv-3df8.html
http://bit.ly/dCgiLz
○ブシロードの美少女探偵アドベンチャーゲームが
 TVアニメに、制作は、J.C.STAFF。
◆メディアミックスとしてのアニメ作品。
 アニメとしてのオリジナリティをどこまで出せるか。

「とある魔術の禁書目録U」
http://www.project-index.net/
http://bit.ly/9CTnIc
○電撃文庫の人気シリーズが再びアニメ化、
 原作:鎌池和馬、原作イラスト:灰村キヨタカ、
 監督:錦織博、制作:J.C.STAFF。
◆人気があるだけに、前2作との比較されることに
 なるでしょう。期待をうわまわる出来映えになるか。

「テガミバチ REVERSE」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/tegamibachi/
http://bit.ly/axtA9f
○「ジャンプSQ.」連載中の浅田弘幸の作品のアニメ化
 前回のシリーズは途中で終了、その続編がいよいよ登場です。
 監督:岩永彰、シリーズ構成:赤星政尚、
 キャラクターデザイン:芝美奈子、制作:studioぴえろ。
◆前シーズンが、原作からみても、途中という感じで
 終了しただけに、今回は、どこまで描き、
 どんな終了にするのか、注目されるところです。

「咎狗(とがいぬ)の血」
http://www.togainu.tv/
http://bit.ly/9RWXrQ
○BLゲームのアニメ化、第三次世界大戦後の世界で・・・
 原作:Nitro+CHiRAL.監督・キャラクターデザイン:紺野直幸.
 シリーズ構成:高橋ナツコ.制作:A-1 Pictures.
◆腐女子をどこまで満足させることが出来るのか。
 ゲームのコンセプトへのアニメならではの味付けに
 注目といった感じでしょうか

「薄桜鬼 碧血録」
http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/anime/hakuoki/
http://bit.ly/cKueAK
○新撰組を扱ったゲームのアニメ化作品の第二シリーズが登場です。
 主人公の少女が、新撰組と歩むその先には・・・。
 原作:オトメイト
 監督:ヤマサキオサム、キャラクタデザイン:中嶋敦子、
 制作:スタジオディーン
◆前シーズンの後を受けて、さて、どこまで歴史的には
 描くことになるのでしょうか。
 腐女子を更に惹きつけられるのか。

「百花繚乱・サムライガールズ」
http://www.hyakka-ryoran.tv/
http://bit.ly/cI4LyI
○HJ文庫のアニメ化、サムライ美少女アクション
 原作:すずきあきら、監督:KOBUN、
 シリーズ構成:金月龍之介、制作:アームス
◆柳生に、真田に、徳川、服部と・・・女の子
 三国志も女の子ものにした日本ならではの作品かも
 しれませんが、さて、女子版戦国時代はいかに。

「FORTUNE ARTERIAL 赤い約束」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/fortune/
http://bit.ly/cWB6Fr
○18禁PC美少女ゲームのアニメ化、最近の流行ですね。
 全寮制の学校に転入した主人公を巡る女学生との・・・。
 原作:AUGUST、監督:名和宗則
 アニメ制作:ゼクシズ・フィール
◆最近、かならずある、ゲームのアニメ化ですが、
 どの作品も似たり寄ったりになってしまっていて、
 だいぶ飽きてきました、今回の作品はどうでしょうか。

「ポケットモンスター ベストウィッシュ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pokemon_bw/
http://bit.ly/ahRDkw
○シリーズの新作、新しい冒険の地は、イッシュ地方。
 サトシと同行するのは、アイリスと、デント。
 さて、どんな冒険と出会いが待っているでしょうか。
 総監督:湯山邦彦.監督:須藤典彦.シリーズ構成:冨岡淳広.
◆何も言うこと無し、名作シリーズとなった作品は、
 まだまだ、健在です。

「もっとTo LOVEる -とらぶる-」
http://www.j-toloveru.com/
http://bit.ly/bx6XLd
○原作:矢吹健太朗・長谷見沙貴(集英社ジャンプコミックス刊)
 監督:大槻敦史。アニメーションキャラクターデザイン:岡 勇一
 シリーズ構成:山田靖智、アニメーション制作:ジーベック
◆定番の第二シーズンがはじまります。
 コミックにOVAがついていた作品ですが、
 それも含めた展開となるのでしょうか。

「ヨスガノソラ」
http://www.starchild.co.jp/special/yosuganosora/
http://bit.ly/bsZmjn
○両親を亡くした姉妹が訪れたのは
 祖父の住む田舎の奥木染・・・・
 原作:Sphere、キャラクター原案:橋本タカシ・鈴平ひろ
 監督:高橋丈夫、シリーズ構成:荒川稔久
 キャラクターデザイン:神本兼利
 アニメーション制作:feel.
◆神社と田舎と女子学生、なんとなく定番のイメージですが
 どんな雰囲気の作品になるのか注目されます。

「リタとナントカ Rita et Machin」
http://www.rita-machin.jp/
http://bit.ly/cNCcXR
○2006年にフランスで生まれたシリーズ絵本
 「Rita et Machin」(リタエマシャン)
 作:ジャン=フィリップ アルー=ヴィニョ
 画:オリヴィエ タレック
 制作:日本アニメーション
◆NHK教育にて11月1日(月)放送開始
 5歳のおしゃまな女の子の“リタ”と、
 なまけもので名前のない犬、“ナントカ”の
 愉快な日常を描いています。

「荒川アンダー ザ ブリッジ×2」
http://www.starchild.co.jp/special/arakawa_ub/
http://bit.ly/dulsgf
○「ヤングガンガン」掲載作品のアニメ化、
 シリーズ第弐弾、荒川河川敷を舞台に・・・
 原作:中村光、監督:新房昭之
 アニメーション制作:シャフト
◆独特の雰囲気をもった作品、第弐シーズン、
 前回にもましての展開が期待されるところです。

「パンティ&ストッキング with ガーターベルト」
http://newtype.kadocomic.jp/psg/top.php
http://bit.ly/cXK0zD
http://youtu.be/iZbGlVqKXTM
○原作:GAINAX、監督:今石洋之、副監督:大塚雅彦
 シリーズ構成:ギークフリート。
◆ダテンシティを舞台に、繰り広げられる怪事件?
 ガイナックスのオリジナルアニメだけに、
 期待も大きなところです。




「ロビンくんと100人のお友達」
http://www.robin100f.com/jhome.html
http://bit.ly/do2T0V
○作者:PansonWorksR 、監督:Max Weintraub、
 音楽:木原健太郎、脚本:橋本博行、
 こえ:高垣彩陽 梶裕貴 藤田咲 成田紗矢香ほか
◆親子で、楽しみながら、友情やエコについて、
 考えていく物語。

「夢色パティシエールSP プロフェッショナル」
http://www.ytv.co.jp/yumepati_pc/
http://pierrot.jp/title/yumeiro/
http://bit.ly/dpbdwR
http://bit.ly/aJJXEb
○松本夏美のりぼん掲載コミックのアニメ化
 監督:鈴木行、シリーズ構成:山田隆司。
 制作:studioぴえろ。
◆中学生時代のシリーズが終了して、
 装い新たにはじまります。
 高校生になったヒロインは、パティシエール目指して。


まだまだ、秋の新番組、注目されるところです。
日本のアニメは、元気です。
そう言えるようになっていって欲しいとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:12| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

煙草の値上げ、欧米なみにもっと値上げすべき、税収より健康

CO2を出し、死亡誘因ガスをまき散らす、
超贅沢な嗜好品が煙草です。

・たばことがん
http://www.med.or.jp/nosmoke/canser/cont/04.html

・受動喫煙で6800人死亡
http://bit.ly/cNHVHS
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2010092801000081/1.htm

欧米なみの価格まで高くしても良かったと思います。
今回の値上げ価格の倍くらいにしてしまってよいでしょう。

禁煙治療には、健康保険がきくのですから
病気ということなのです。

いまだに、ポイ捨てのたばこの吸い殻を見かけますし
危険な歩き煙草も見かけます。

高い嗜好品にして、贅沢なものにすべきでしょう。
自分のリスクだけでなく、廻りにもリスクを強要するような
ものなのですから。

税収については、ゼロになっても良いという
考え方で、県民や市民の健康や環境を重視するという
姿勢で、行政にはいて欲しいと思います。

・落ち込む税収? 県財政直撃 たばこ、あすから大幅値上げ 静岡
http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/shizuoka/100930/szk1009300248003-n1.htm

たばこの税収を当てにしての予算編成を止めると
宣言するくらいであって欲しいものだと思います。
財政改革にあたって、純税収から、たばこ税や酒税などを
いれずに歳出計画をするくらいのつもりで
行政を舵取りするくらいの気概が欲しいとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:27| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする