2010年10月16日

赤い羽根共同募金

 1947年にはじめられた国民助け合い共同募金運動が
もとになって、継続している赤い羽根共同募金が、
10月1日から、12月31日まで、おこなわれているようです。
最近は、あまり見かけなくなった気がします。
 赤い羽根も、鳥の羽を使わずに、
羽根の形をしたピンバッチとかを、100円募金するとか
といった方法にしても良いのかなという気がします。

 生活保護の方が、年金よりも多い金額が支給されるとか
要介護者に、必要な介護が出来ない基準とか、
現場をしっかりと調べないで、霞ヶ関のビルのなかで
統計データのみをながめて決めている弊害が、
日本の社会保障制度を歪めてきたといえるかもしれません。

 これから冬に向けて、貧困対策、ホームレス対策、
ひとり暮らし老人対策など、しっかりと現実を見据えた
対応を実施していって欲しいと思います。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:27| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする