2010年10月23日

霜降の日に・・・・・

 秋が一段と深まって、霜が降りることが多くなる季節。
24節気のひとつ霜降になりました。
木枯らしが吹きはじめ、紅葉がはじまり、
冬が、また近づく日々であるのですが、
つい最近まで、夏日があったりしたのが不思議です。
 集中的な雨により、災害が発生したりしています。
自然の力の凄さを感じさせれる次第です。
 生物多様性というテーマで国際会議が開催されて
いますが、自然と生物という関係のなかで、
生物多様性を守るということは自然を守っていくと
いうことであるといえるでしょう。
それには、便利さを断念することも必要なのかもしれません。
 人が自然とともに生きていくということ
その中で得られるものと、得られないもの、
何が大切なのか、しっかりと考えていくべき時代で
あるといえるのかもしれません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:22| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「スクリーンツーリズム促進プロジェクト」第二期

観光庁主催・公益財団法人ユニジャパンによる
アニメ制作のロケハン費用などの助成事業が、
募集を行っているようです。

「スクリーンツーリズム促進プロジェクト」第二期
 企画支援(100万円)の募集がスタート!
 募集期間 2010年10月25日(月)〜11月5日(金)
 応募詳細→http://www.unijapan.org/news/film/post_31.html
 支援内容:審査の結果、3件に、
  情報提供と日本におけるシナハン・ロケハンへの支援
  (100万円以内)

 観光庁は、国内のロケハン・シナハンなどにより、
作品を通じて、地域の知名度をあげて、
いわゆる撮影・モデルとなった場所を巡るなどの
観光のサポートとすべくということで、
そのロケ関連の費用を助成支援しようということを
行うということのようです。

 東京国際映画祭TIFFCOM2010でも、
関連のブース出展を行うということです。

東京国際映画祭期間中、10月26〜28日開催のTIFFCOM2010にて出展
 http://www.tiffcom.jp/2010/index.html
 場所:六本木ヒルズ森タワー 40F マーケット会場
   (六本木アカデミーヒルズ40)

“スクリーンツーリズム”は、確かに観光資源なり得るものですが、
もともと、その地域や土地のもっている魅力があってこそ
成り立つものでもあったりします。
また、作品そのものにも、魅力がなければなりません。
支援の規模も、ちょっとメジャーというよりも、
インディーズ系の作品への支援のような金額であるように感じるので
今ひとつの支援なのかなという感じもします。
ともあれ、支援事業があるのですから、
関係者のみなさんは、利活用するのもよいのではないかとおもいます。

応募の詳細■ユニジャパンHP
 http://www.unijapan.org/news/film/post_31.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:27| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする