2010年11月10日

学生が作る1万人規模のワールドシフトのテーマパーク『WorldShift Osaka』

さて、この週末に、大阪で、世界について考えるイベントが
開催されるようです。
重要なテーマに食の問題もあるとおもうのですが、
取りあがられるのか不明です。
環境問題に対しても、食料問題に対しても、
ベジタリアンの選択は、非常に意味のあることなのですが、
食の多様性などと含めて、世界を変えていく大きな力に
なるものだといえるものの、認知は低いのかなという感じです。
今回のイベントでも、自らベジタリアンである登壇者が
いらっしゃるのか不明ですし、関連した話題が取り上げられるのかも
不明であり、少し残念である気がしていますが、
何か、新しいことを気付けるかもしれません。
興味のあるかたは、参加されてみては如何でしょうか。

<<<<< 転載・転送歓迎 >>>>>
■□-----------------------------------------------------------------□■
学生が作る1万人規模のワールドシフトのテーマパーク
『WorldShift Osaka』 開催のご案内

21世紀の進歩と調和とは 〜若者が世界に問いかける〜

11月13日(土)・14日(日) @大阪万博記念公園エキスポランド跡地

主催:WorldShift Osaka 実行委員会
(関東・関西の200名以上の大学生により構成)

http://worldshift-osaka.com/
■□-----------------------------------------------------------------□■
「どうする?この世界を。」

2009年9月、世界的な金融・経済危機と環境問題に対応するために、
システム哲学者アーヴィン・ラズロ博士やゴルバチョフ元大統領、
ダライ・ラマ法王などが参画する世界賢人会議「ブダペストクラブ」は、
持続可能で平和な社会への転換(WorldShift:ワールドシフト)
の緊急提言を呼びかけました。
ワールドシフトとは、すべての存在がつながっているとの認識に立ち、
人類全体・地球全体を視野に入れて自身の言動を決定していく意識を根底に
「文明の発展の方向性を変える」「持続可能で平和な世界に向けての変革」
のことです。

2010年4月には日本でワールドシフトのムーブメントがキックオフされました。
WorldShift Osakaはこのムーブメントを多くの人に、
特に、未来を担う若者に広めるために開催されるイベントです。
当日は、プレゼンテーション・展示・パフォーマンス・
ワールドカフェダイアログ・ワークショップ等を通じて
ワールドシフトを提案していきます。

「どうする?この世界を。」
私たちと一緒に地球のことを考えてみませんか。

【日時】2010年11月13日(土)・14日(日) 10:00〜19:00
【会場】大阪万博記念公園エキスポランド跡地
    〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園
【お申込み】
 プログラムの内、プレゼンテーションについての参加を希望される方は、
 Webサイトからチケットを購入してください。
 http://worldshift-osaka.com/
 1日券:2000円(当日券:2500円)。両日券:3000円
 ※残席がある場合のみ当日券を会場にて販売いたします。
 ※プレゼンテーションに参加されない場合は事前の申込みは必要ありません。
【主催】WorldShift Osaka 実行委員会
   (関東・関西の200名以上の大学生により構成)

【プログラム】

□□ プレゼンテーション □□

様々なジャンルの方の「WorldShift」を
テーマにした18分間のプレゼンテーションです。

●13(土)登壇予定者
・田中優 (ap bank 監事)
・堀江貴文 (実業家)
・木内鶴彦 (天文学者)
・貝谷嘉洋 (ゴールドコンサート主宰)
・荒巻豊志 (大手予備校講師)
・柳明菜 (映画監督・カフェオーナー)
・石川仁 (カムナ葦舟プロジェクト・冒険家)
・神谷宗幣 (龍馬プロジェクト全国会 代表)

●14(日)登壇予定者
・クリストファー・カレル (アーティスト・プロデューサー)
・塩見直紀 (半農半X研究家)
・船井勝仁 (船井本社 代表取締役社長)
・鎌田東二 (京都大学こころの未来研究センター教授)
・宇梶静江 (アイヌ絵本作家)
・野中ともよ (WorldShift Network Japan理事)
・梶妙壽 (茲受院門跡住職)

●学生登壇予定者
・原田謙介 (東京大学)
・倉崎憲 (同志社大学)
・平井麻祐子(青山学院大学院)
・大西千晶 (神戸大学)
・MUI (アーティスト)

※ご注意
上記ご登壇者は順序・日程含めて変更になる可能性があります。


□□ 展示 □□

●The Exhibition〜発展途上国で求められるデザイン
(協力:世界を変えるデザイン展)
●高木由利子写真展

□□ ワークショップ □□

●希望への旅 (難民体験キャンプ)
●カムナ葦舟プロジェクト(葦舟づくり)
●森の遊学舎 (火おこし体験)
●ちかけん (竹のワークショップ)
●NEWSD (廃棄物再生ワークショップ)
●ハガレックス(不思議絵具体験)
●世界一大きな絵2012 WorldShift in Osaka

□□ パフォーマンス □□

●岡野弘幹 (民族音楽家)
●クリスファー・カレル (音楽家)

※ご注意
上記展示・ワークショップ等は変更になる可能性があります。


・ホームページ:http://worldshift-osaka.com/
・お問合せ:info@worldshift-osaka.com
・Twitter:WS_Osaka (WorldShift Osaka)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:16| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アップル社・・・犯罪に加担することに

 電子出版における著作権侵害の事件に関する
記事がネットに流れましたね。

「容疑者Xの献身」の日本語海賊版も 米アップルサイト
http://www.asahi.com/national/update/1110/NGY201011090036.html
http://bit.ly/dbvH2J

米アップルサイトに「1Q84」海賊版 中国語訳
http://www.asahi.com/digital/internet/NGY201011090006.html
http://bit.ly/cj2aNp

 いずれも、アップルの公式販売サイトで発売された
電子書籍です。
これは、いわゆる海賊版を、アップルが公式販売して、
30%利益を得ていたということになります。
 違法商品を、チェックした上で公式に販売したという事実に
変わりありません。
まさに、違法販売に加担した犯罪社となったといえるでしょう。
この事実に対して、アップル社は、削除処理を一応行ったようです。
しかし、いってみれば、店頭で盗品を販売していたわけです。
しかも、誰でもちょっと調べれば盗品とわかるレベルのものを
販売していたことに関して、アップルに責任がないとは
いえないように感じます。
(ベストセラー著作ですからね)

 アップルが、何冊の盗品を発売したのか、
正式に公表し謝罪するのが、企業倫理上のあるべき姿勢であると
感じますが、果たしてそのような対応を行うのか、
今後のアップルの対応に注目といった感じでしょうか。
いわゆる判断基準の微妙な盗作著作ではなく、
完全なるデッドコピーの海賊版ですからね。
これがディズニーのものであったなら、
どう対応したのかなというのも興味深いところです。

 アップルは自社のソフトが、他社の公式サイトで
違法販売されていたときどうするのでしょうか。
それと同じことを自分たちが行っていたことの意味を
考えて欲しいなという気がします。

 ネットにおける著作権違反に対する対応については、
これまでも多くの問題を投げかけてきました。
責任の所在を含めて、今回の件についても、
今後の電子出版に関連して、検討していくべき課題を
提示しているものであるといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:46| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これから観る・観たい劇場公開映画の予告など

 映画好きな私としては、
コンテンツビジネスについても関心があることもあり
コンテンツそのものに対する造詣を深めることも
大事なことだと思いつつ、
とくに、アニメやSF関連を中心に、劇場で鑑賞するように
しています。
やはり、映画は劇場で鑑賞するのが一番良いとおもいます。
スポーツが生で観戦(スタジアムや競技会場)した方が良いのと
同様ですね。
 さて、前売りを買ってしまったものや、
これから公開予定の作品など、観てみたいものも
いくつかあります。
 無事に鑑賞できれば良いのですが・・・
(過去、何回か、前売りを使わずに終わった経験あったりします)

 映画館の入りや、場内の雰囲気も、なかなか楽しみであったり
するのでした。


・マリア様がみてる
http://www.mariasama-movie.jp/index.html
http://www.mariasama-movie.jp/index.html#/movie/flash1
 とりあえず、小説読みたさに前売り買ってしまったので
 観にいこうと思います。

・ボトムズ フェスティバル
http://www.votoms.net/festival/index.html
 ボトムズ3作品、ぜひ劇場で鑑賞したいと思います。

・劇場アニメ『マルドゥック・スクランブル 圧縮』
http://m-scramble.jp/
 観にいきたいのですが、公開劇場が少ないので果たして。

・ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
<a href="http://video.jp.msn.com/?mkt=ja-jp&v id=c8bf42dc-22a0-4307-a4d6-6ccad1a7ba9f&from=ja-jp&fg=dest" target="_new" titl e="ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 予告編">ビデオ: ハリー・ポッターと死の秘宝<br /> PART1 予告編</a>
 定番シリーズ、一応観ないとね。

・宇宙戦艦ヤマト
http://yamato-movie.net/index.html
http://yamato.mapping.jp/
http://yamato-movie.net/movie.html
http://www.mext.go.jp/yamato/
 先のSF大会で、山崎監督の卒業作品を鑑賞させていただきましたが
 さて、最新作品はどんな特撮演出をみせてくれるのか楽しみです。

・マクロスF 恋離飛翼 〜サヨナラノツバサ〜
http://www.macrossf.com/movie2/
 マクロスシリーズの新作、やはりチェックしないとね。

・劇場版BLEACH 地獄篇
・マジンカイザーSKL 第1話 Death Caprice(デスカプリース)
・蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
・ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島
・ONE PIECE 3D 麦わらチェイス
・FANTASTIC MR.FOX(原題)
・鬼神伝
・手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく
・ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2
・メン・イン・ブラック3
・スマーフ
・HEREAFTER(原題)
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする