2010年11月28日

平和な・穏やかな大洋

 マゼランが、マゼラン海峡を通過して、
大海にでたとき、その海を名付けたのが、
Pacific Ocean(平和な・穏やかな大洋)であったことを
記念して、太平洋記念日ということのようです。
多くのことが、欧米の視点で語られ名付けられ、
それが世界標準になっている面がありますが、
太平洋は、当然、マゼランよりも前に
その存在を知っていた人はいるのだし、
文明もあったわけです。
そこで呼ばれていた名称が何であったのか、
葬られてしまったともいえるでしょう。
 歴史の多くが、ある文明の視点からしか
語られていなかったりします。
そして、多くの真実が、葬られてきたとも
いえるでしょう。
歴史の真実、それは今教わっているものが
すべて正しいとわ限らない、
誰かの視点で解釈されたものでしかない
ということを認め、あらゆる可能性があると
いうことを考慮することから見えてくるのかも
しれません。

 さて、太平洋の周辺の国々の集まりが
先だって、横浜で開催されていました。
太平洋の時代が、本当にやってくるのか、
しかし、シナ海周辺の抗争など、
難しい国家エゴの対立がある限り、
平和で穏やかな海になるのは、まだ遠い先なのかも
しれません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 11:32| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする