2010年12月04日

聖バルバラの日

 昨日は、聖ザビエルの日であったそうです。
そして、今日は、聖バルバラの日だそうです。
キリスト教の信者の命日ですね。
聖バルバラは、ローマ時代の人であり、
未婚の女性の守護聖者とされているそうです。
桜桃、杏、林檎の枝を瓶に挿して、
「第一にその人が私を愛してくれ、
 第二にその人がまだ若く、
 第三にその人が物持ちであること」
と願い事を囁き、紙に書いて、
それを枝に結んでおき、
クリスマスにその枝に花が開くと
願いがかなうという話しがあるそうです。
実際には、ローマの言葉でないと、
効果ないのでしょうけどね。
おまじないの好きな日本人にとっては、
面白いお話ということで、受け入れられるのかも
しれません。
 本当のキリスト教系のマジックは、
オラシオンによるものであるわけですが、
その継承は、多くが秘密とされていたりします。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:43| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする