2010年12月27日

ウェンディの夢は・・・・・

 12月27日は、1904年、明治37年に、
イギリスにて、劇作家ジェームス・バリーの創作した
童話劇「ピーターパン」が、初上演された日だということで
「ピーターパンの日」だそうです。
 いつまでも、子どものままの姿でいるピーターパン、
そんな彼に、出会い、憧れをもって接した少女が
ウェンディです。ロンドン郊外に住んでいた彼女は、
ピーターパンと一緒に、ネバーランドにいって、
いろんな経験をして、結局は、成長していってしまうことに
なるわけです。
 ネバーランドから戻ってきたとき、
ウェンディは、ネバーランドに行く前よりも
間違いなく成長していたことでしょう。
そして、新しい夢を抱くようになったのではないでしょうか。

 人は、いつまでも子供のままではいられません。
しかし、人は誰でも、子どもであったのです。
大人になったとき、子どもの頃のことを忘れてしまうと
子どものために何をすべきか、何が必要なのかを
見間違ってしまうことがあったりします。
ようは、大人の都合で物事を考えて、それを子どもに
押し付けてしまうことになるわけです。
教育の現場で、その様なことがよく発生しています。
多くの教育現場の問題は、大人の都合で何かをしたり、
大人が楽をするために何かをしていることが原因である
のではないかと感じます。
 子どもの視点に立って考えたとき、
躾の重要さや、規則を守ることの大切さなどは、
ごく当然のことであるとわかるはずなのですが、
なぜか、徳育が置き去りにされて、
知育ばかりに力がいれられてしまうようです。
まさに大人の都合であるといえるでしょう。
義務教育で外国語を学ぶ必要など本来あるのでしょうか?
外国語は、必要になったときに必要な外国語を学べばよいのであって
義務教育で時間を多くつかうものではないはずなのに
大人の都合で、アメリカ従属の象徴として行われているわけです。
子どもにとっては、まず母国語をしっかりと学び、
読み書きそろばんの基礎と、社会生活のなかで必要なモラルや
慣習などの徳について学ぶべきであるといえるでしょう。
義務教育改革は、まず英語をなくすことから始めるべきなのかも
しれません。
 国語や日本の歴史、日本の社会のことをもっと多く学び
地域の歴史や史跡や文化について深く学ぶことこそが
義務教育の現場で必要とされていることであるといえるでしょう。
日本人として、きちんとした学びをせずに
国際人になれるはずかないということに
なぜか気が付かない大人がいるということが残念でなりません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:03| 静岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする