2011年02月18日

新生、清水エスパルスは、なかなか面白そうです。

 さて、岡崎の移籍問題では、しっかりとJリーグのクラブとして
FIFAの規定に従った主張をしている清水エスパルスです。
今回の移籍のトラブルは、その正しい情報がメディアで報道される
ことがないという事実を、明確にした事例となったとも
いえるでしょう。
まさに、メディアは真実を語るものではないということです。
日本の大衆は、メディアに踊らされないように、
情報リテラシーをより高めていくことが必要であるという
ことになるのかもしれません。
 清水エスパルスの公式サイトでの公開情報などに
経過が明らかになっているので、移籍について関心のある方は
目を通しておくとよいかもしれません。
http://www.s-pulse.co.jp/news/20110217-3108.html
http://www.s-pulse.co.jp/news/20110214-3094.html

さて、それはさておいて、
清水エスパルスは、新監督のもと、なかなか順調に
調整と強化が進んでいるようです。
何人かが、複数のポジションを試されているようですし
やはり優勝を目指すには、複数のポジションをこなす選手が
何人かレギュラークラスに必要ですから。
守備の強化と、攻撃力の低下防止が、
ある意味では、今季の課題であるわけですが、
どうやら何とかなりそうな感じです。
鹿児島キャンプでの練習試合も、課題が明らかに出来て
よい経過できているという感じではないでしょうか。
開幕に向けて、レギュラーがどう固定されていくのか、
注目されるところです。
楽しみな清水エスパルスといったところでしょう。


<2011年のキャッチフレーズ>
「Spirit Up!」
2011年、闘う心に刻むのは、Spirit Up!

<メンバー>
0 パルちゃん
1(GK) 山本海人(Kaito YAMAMOTO) 188cm 1985.7.10
2(DF) 児玉新(Arata KODAMA) 179cm 1982.10.8
3(DF) 平岡康裕(Yasuhiro HIRAOKA)183cm 1986.5.23
4(DF) 太田宏介(Kosuke OTA) 178cm 1987.7.23
5(DF) 岩下敬輔(Keisuke IWASHITA)181cm 1986.9.24
6(MF) 杉山浩太(Kota SUGIYAMA) 177cm 1985.1.24
7(MF) 山本真希(Masaki YAMAMOTO) 176cm 1987.8.24
8(MF) 枝村匠馬(Takuma EDAMURA) 177cm 1986.11.16
9(FW) 永井雄一郎(Yuichiro NAGAI)184cm 1979.2.14
10(MF) 小林大悟(Daigo KOBAYASHI) 178cm 1983.2.19
11(FW) 大前元紀(Genki OMAE) 166cm 1989.12.10
12 Supporter's Number
13(FW) 高木俊幸(Toshiyuki TAKAGI)170cm 1991.5.25
14(FW) 伊藤翔(Sho ITO) 184cm 1988.7.24
15(DF) 辻尾真二(Shinji TSUJIO DF)180cm 1985.12.23
16(FW)・木島悠(Yu KIJIMA) 169cm 1986.5.18
17(DF) エディ ボスナー(Eddy BOSNAR)192cm 1980.4.29
18(MF) 小野伸二(Shinji ONO) 175cm 1979.9.27
19(FW) 高原直泰(Naohiro TAKAHARA)181cm 1979.6.4
20(MF)・橘章斗(Akito TACHIBANA) 173cm 1988.10.13
21(GK) 武田洋平(Yohei TAKEDA) 190cm 1987.6.30
22(FW)・樋口寛規(Hiroki HIGUCHI) 173cm 1992.4.16
24(MF)・柴原誠(Makoto SHIBAHARA) 165cm 1992.4.23
25(DF)・岡根直哉(Naoya OKANE) 189cm 1988.4.19
26(DF) 村松大輔(Taisuke MURAMATSU)176cm 1989.12.16
27(FW)・鍋田亜人夢(Atomu NABETA) 178cm 1991.5.1
28(MF)・竹内涼(Ryo TAKEUCHI) 173cm 1991.3.8
29(GK)・碓井健平(Kenpei USUI) 181cm 1987.5.15
30(FW) アレックス ブロスケ(Alex Brosque) 183cm 1983.10.12
31(GK)・櫛引政敏(Masatoshi KUSHIBIKI)185cm 1993.1.29

A登録選手25名以内(4500K以上,初年度7000K以下)
B登録選手(4500K以下)
C登録選手(4500K以下:入団3年目まで・印選手)

29名体制(A-18?/BC-11?かな)

<スタッフ>
監督 アフシン ゴトビ(Afshin GHOTBI) 1964.2.8 イラン(テヘラン)
ヘッドコーチ 木山隆之(Takashi KIYAMA) 1972.2.18 兵庫県
GKコーチ 眞田雅則(Masanori SANADA) 1968.3.6 静岡県
コーチ 北原次郎(Jiro KITAHARA) 1981.10.23 北海道
コーチ 栗山友文(Tomofumi KURIYAMA) 1981.7.21 岡山県
フィジカルコーチ 石栗建(Tatsuru ISHIGURI) 1971.10.16 新潟県
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 01:50| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアメール・・・・今は、イーメール・・・

 飛行機によって、はじめて手紙が運ばれたのが
1911年の2月18日であったそうです。
今から100年前のことですね。
手紙を運ぶのが、飛行機になった時代から、
今は、ネットで運ばれる手紙、イーメールによって
世界が繋がれるようになっているわけです。
でも、電子の世界は、やはりバーチャル、
リアルな世界の紙に書かれた文書の香りは、
やはり、今でも不思議な感覚があるような気がします。
手紙の魅力、エアメールによる時間のかかる文通に
何か大切なものがあるような感じって、
どこかにないでしょうか。
便利になって、早くなるだけが、
必ずしも全て良いのか、そんな疑問も感じることが
あったりするものです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 00:24| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天使の囁き・・・ノアの洪水・・・・

 もう、昨日になってしまいましたが、2月17日。
創世記によると、ノアが600歳のときに洪水がおきたと
されている日だそうです。
仕事帰りに、雨が降る冬の夜・・・・。
北海道では、昭和53年に、マイナス41.2℃を記録して、
それにちなんで、天使の囁きを聴く集いが開催される日だそうです。
天使の囁き、ダイヤモンドダストの舞う自然の光景は、
神秘的であることでしょう・・・・。
このところ、なんだか急に忙しく、
ブログの更新もなんだか滞ってしまいましたが・・・・
ケセラセラ・・・・・
雪降る東京も過ぎて、雪も消えゆく雨・・・・。
この週末は、良き学びと出会いが待っていてくれると
信じながら・・・・。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 00:13| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする