2011年03月06日

Jリーグ開幕!・清水エスパルス黒星スタート #spulse

 今シーズンのJリーグが開幕しました。
選手が大きく入れ替わり、新監督を迎えた
清水エスパルス、新体制での調整は、まだ一ヶ月、
まだまだ未完成のままで、シーズンインです。
そんな状態で、アウェイでの試合、
相手はJ2で圧勝して優勝し復帰してきたレイソル。
厳しい戦いとなるのは予想していましたが、
ここまできつい試合展開となって、
0−3の敗戦に終わるとは、まあ仕方ないとも
いえますが、厳しい結果となったといえるでしょう。


<先発>

山本海人
辻尾真二 平岡康裕 ボスナー 太田宏介
枝村匠馬 岩下敬輔
大前元紀 小野伸二 アレックス
伊藤翔

<控え>
 GK 武田洋平
 DF 岡根直哉、村松大輔、児玉新
 MF 山本真希
 FW 永井雄一郎、高原直泰

●警告:岩下
●失点X3
○交代:アレックス→高原直泰

山本海人
辻尾真二 平岡康裕 ボスナー 太田宏介
枝村匠馬 岩下敬輔
大前元紀 小野伸二 伊藤翔
高原直泰

●退場:ボスナー

山本海人
辻尾真二 平岡康裕 岩下敬輔 太田宏介
    枝村匠馬
大前元紀 小野伸二 伊藤翔
高原直泰


前半の失点は、見事なFKで、仕方ないといえるでしょう。
2点目も、サイドからのセンタリングのカバーミスを決められたもの
3点目は、サイドの裏を完璧にとられて、GKとの1対1を
決められたという内容で、まあ仕方ない失点という印象でした。
攻撃では、少ないもののチャンスもあり、
きっちり決めていれば試合の流れも変わったかもしれません。
ボスナーの退場は、ボールにいっていたのに、
流れたボールをさわっていない方の足が相手にかかったもの
これで一発退場はちょっと厳し過ぎるでしょうが
審判は見えてなかったのでしょう。運がなかったという
ことでしょうね。
この試合、ポジションを固定した感じで、バランスをとるのが
精一杯という感じの動きで、相手にとっては対応しやすく
ポジェッションも低いという流れに終始していた印象です。
シュート数も少なく、まだまだという感じでした。
ボランチ不在、ディフェンシブハーフ2枚で、中盤を構成できず、
全体としての連動した攻撃、守備が、まだまだ出来上がって
いないという印象を受けました。
補強した、高木や村松などは、どうだったのかなども
気になるところではあります。
DFからボランチへコンバートした岩下ですが、
まだまだという感じです。過去に同じ様なコンバートで
成功した戸田のようになれるのか、それとも失敗した
高木のようにまたDFに戻ることになるのか注目されます。
枝村も、今ひとつな動きでした。山本真や杉山はどうで
あったのか、またやはり小林が復帰したら変わるのか、
といったところも、気になる感じです。
攻撃では、大前がひとり頑張っていた感じでした。
伊藤とアレックスは、いまひとつな印象な感じで、
高原は、まあこれからか、高木、木島といったあたりが
出てきてくれる可能性もありますから、良いですが、
小野が抜けたときに、果たして、どうなるのか、
不安なところではあるという気がしてしまうのは
ちょっと残念なことではあるでしょうか。
とはいえ、課題があるのは、しかたのないところ
次節のホーム初戦までに、どう修正してくるのか
注目されるところです。
ゴトビ監督の手腕に期待しましょう。
また、小野の代役になり得る選手が出てきてくれると
良いのですけどね。

さて、次節はボスナー不在、センターバックには
岩下を下げるのか、岡根か村松か児玉を起用するのか
ホームの初戦は、鹿島があいて、
それでも、初勝利できるのか、新生エスパルスの
仕上がりが、どこまで進むのか、チェックするのには
最高の相手といえるでしょう。

ゴトビ監督は、あまり選手をいじらないでいく監督の
ようですので、次節の先発は、

山本海人
辻尾真二 平岡康裕 岡根直哉 太田宏介
枝村匠馬 岩下敬輔
大前元紀 小野伸二 アレックス
高原直泰

こんな感じなのかもしれません。
ともあれ、この3月の試合の中で、
せめて勝率5割以上でいって欲しいなと願ってます。
うまくいけば、上位も狙えると思ってますので、

いつまでも、いつでも、見守ってるよ、エスパルス。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:01| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする