2011年03月07日

PROJECT A 若手アニメーター育成プロジェクト作品 3月11日まで劇場公開中


一般社団法人日本アニメーター・演出協会(JAniCA)が、
文化庁の事業を引き受けて実施したのが、
若手アニメーター育成プロジェクトです。
http://janica.jp/pja/
公式Twitter: DaisukeP

日本のアニメ業界の課題のひとつに、優秀なアニメーターが
育ってきていないということがあります。
理由は、労働環境や製作環境も含めた、これまでの業界の流れなど
いろいろとあるわけですが、
とにかく、優れた先人の技術を継承していく若い人材を
育てていくための機会を増やしていくことが大切であるのは
間違いのないことです。
そんな、ひとつの機会として、このプロジェクトは実施されて
いるわけです。
若手アニメーターが、参加して製作された作品が
4つあります。
その作品が、現在、劇場公開中です。
ぜひ、多くのアニメファンに鑑賞して欲しいと思います。


<劇場公開>
3月5日(土)〜3月11日(金) 1週間限定上映 1日2回 4作品まとめて
東京 新宿バルト9 19:45 23:45
神奈川 横浜ブルク13 11:40 18:40
東京 T・ジョイ大泉 11:35 18:00
広島 広島バルト11 11:25 19:50
京都 T・ジョイ京都 12:20 19:05
新潟 T・JOY新潟万代 11:30 17:20
福岡 T・ジョイ博多 9:05 15:50
大阪 梅田ブルク7 9:00 17:15

<テレビ放送>
毎日放送 土曜アニメシャワー3段目
2011.03.05 26:58〜27:28 万能野菜 ニンニンマン/P.A.works
2011.03.12 26:58〜27:28 おぢいさんのランプ/テレコム
2011.03.19 26:58〜27:28 キズナ一撃/アセンション
2011.03.26 26:58〜27:28 たんすわらし。/Production I.G


さて、作品は、制作会社の所有となって、
今後の展開がなされていく予定になりますが、
それぞれ魅力ある作品なだけに、各制作スタジオが、
どのように作品を今後展開していくのか注目されるところです。
そして、この作品に参加した若手アニメーターの皆さんが、
更なる飛躍をなして、日本のアニメーションを支えていって
欲しいと願います。

私は、新宿バルト9にて、作品を鑑賞させていただきました。
非常に良い作品ばかりでした。
千円で、この4作品を劇場で鑑賞できるのは、
はっきりいって安いと思います。
こんなチャンスは、そうはありませんから、
アニメ好きな皆さんは、ぜひ劇場の大スクリーンで、
作品を鑑賞してみて欲しいです。

さて、その素晴らしい4作品ですが、

「キズナ一撃」…制作:アセンション/監督:本郷みつる

 ・格闘ファミリーギャク作品ということで、
  主人公は、中学生の女の子、でも格闘技で世界一になっちゃう
  強い女の子。その女の子に戦いを挑む挑戦者たち。
  おじいさん、おとうさん、そして、ねこ。
  それから、修行の旅に出ていて不在のおかあさん、
  取材にやってきた女性記者、ドタバタコメディー調の作品は、
  なんとなく、しんちゃんとかチエちゃんとか、思い出してしまいました。
  シリーズになるかもしれない作品ですね。

「万能野菜ニンニンマン」…制作:P.A.WORKS/監督:吉原正行

 ・小学校2年生の女の子は、苦手なものがいろいろあって・・・
  そんな女の子のもとに、突然登場した、3人?のもののけ?、
  ニニニンマン、ピーマン、ミルク。
  女の子を助けて、大活躍?。
  ほのぼのした感じのなかで、女の子の頑張り、友情が、暖かい。
  そんな素敵な作品です。

「おぢいさんのランプ」…制作:テレコム・アニメーションフィルム/監督:滝口禎一

 ・「ごんぎつね」で知られる新美南吉の童話のアニメ化作品は、
  文明開化の明治時代の田舎に、新しいものが入ってくるなかで、
  ひとりの少年が、成長していく様子を描いたものになっています。
  明かりのない時代から、ランプへ、そして、電灯へ。
  成功と挫折、そして、気付き。懐かしい思い出。
  アルバムの中をのぞいてみたら・・・・。

「たんすわらし」…制作:Production I.G/監督:黄瀬和哉

 ・独り暮らしのOLの元に、親元から送られてくる和ダンス。
  その和ダンスから、OLの家系をみまもってきた
  たんすわらしたちが現れて・・・。
  知らず知らずのうちに成長していく女性。
  日本の社会がもっていた、もののけとの暮らし、
  神さまとよんでみたり、もののけとよんでみたり、
  みまもってくれている精霊たち。
  伝えること、継承されていくことの素敵さと価値を
  感じさせてくれるお話です。

このプロジェクトを進行していった、JAniCAですが、
発足して直ぐに、応援団、賛助会員(個人)として、
みまもってこさせていただいています。
アニメファンとして、日本のアニメの魅力が、これからも
失われることのないように、産業としても継続していって欲しいと
願っています。
また、作品を支えている人材が、絶えることなく、
優れた技術が継承され、さらに発展していくことを願っています。
そのために、何かできることがあるなら、
協力していきたい、そんな気持であったりします。


創作ブレイン
http://sousakubrain.jp/
コンテンツビジネス研究会
http://sousakubrain.jp/cbken/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:19| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

啓蟄過ぎて、雪が降る・・・・

 昨日は、二十四節気のひとつ、
啓蟄でした。暖かな日で、まさに地中で冬篭りしていた
虫が穴をあけて地上に這い出てくる季節という感じであったのですが、
一転して、今日は、雪降る寒さ。
虫も雪の絨毯の下で、寝なおしでしょうか。
春雷が轟き、春雨が降るようになれば、
桜の季節ということですが・・・・。
 今年は、日本は降雪量が多かったようですから、
春の雪解けの水も、多いことでしょう。
また、暑い夏、寒い冬、ときて、花粉の春となるようです。
 自然のなかで暮らし、生きていくということについて
その地域の自然や気候にあった衣食住を考えて、
暮らしをなし、文化を育んできたことを、
思い起こすことが、自然を無視した便利さに溺れた人類が
考えていくべきことなのかもしれません。

 さて、今日は、消防記念日だそうです。
また、警察制度改正記念日でもあるそうです。
いずれも、昭和23年の戦後の改定に纏わるものです。
行政サービスのあり方について、いろいろと見直しが
必要といわれるなか、戦前の制度や明治維新前の暮らしのあり方も
含めて、日本人と日本社会のあり方のなかで、
何が良く、何が悪かったのか、考えていくなかで、
未来の日本のあり方を思考していく必要がある気がします。
 そうそう、1900年に、未成年者喫煙禁止法が制定された日でも
あるようですね。
禁酒禁煙は、健康だけでなく、心のためにも奨励される
べきことであるといえるでしょう。
もちろん、するしないは、成人になれば自己判断であり、
自己責任であるわけです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:18| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする