2011年05月17日

世界遺産・日光東照宮・春季例大祭・世界電気通信記念日

 世界遺産の日光東照宮の春の祭礼の日だそうです。
流鏑馬神事がおこなわれ、明日は、百物揃千人武者行列が
おこなわれるとか、日光も、東日本大震災の風評被害で、
観光客が減少して、経済的に厳しいようです。
ぜひ、祭礼でもって、運気を取り戻して欲しいとおもいます。
 また、5月17日は、万国電信連合が発足した日ということで
世界電気通信記念日ということです。
通信技術の進歩は、まさに情報の伝達速度をあげ、
地球における情報距離を短くしてしまいました。
今や、世界の裏側で起こったことも瞬時に伝わってくる
そんな時代になっているわけです。
それゆえに、情報を制御し、情報を握ることが、
いろんな面で重要なことにもなってきています。
風評被害なども、まさに情報のなせるわざであったりします。
しかも、拡散速度が早いために、被害の拡大も
早かったりするだけにやっかいです。
 情報戦争ともいわれる時代のなかで、
人々には、より高いレベルの情報リテラシィが要求される
ようになってきているといえるでしょう。
教育の場でも、そのあたりの学びを、どのように充実させて
いくのかが問われているといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:51| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

旅の日に、逝く時までの路行きを想う・・・・

 5月16日は、旅の日だそうです。
松尾芭蕉が、奥の細道に旅立った日を太陽暦した日と
いうことのようです。
旅にもいろんなものがあります。
いろんな目的で、いろんな気持で、
いろんな状況や条件で、
旅をするわけです。
 故郷への旅、学びの旅、傷心を癒す旅、
リフレッシュの旅、旅を楽しむ旅、・・・・・
 人それぞれに、旅することがあるわけです。
人生を生きることも、ひとつの旅だといわれます。
生まれたときからはじまった、戻ることのできない旅です。
そして、終わりも決まっている。
その決まっている終わりがいつくるのかはわからない。
そんな旅の途中で、残りの旅路を思い描くとき、
何を感じ、何を願うのか、
本当にいろいろ、人それぞれなのだとおもいます。
その旅路を、共に歩んでいける人との出会いは、
本当に大事なものであり、重要なものであると
いえるでしょう。
そんな出会いがあったなら、大切にして欲しいと
おもいます。
 ひとり旅が長いと、やはり疲れるものですから・・・・
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:13| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

葵祭・三社祭・神田祭・・・・5.15事件から79年

 京都では、上賀茂神社と下鴨神社の例祭の日、
 東京では、浅草神社と神田明神の例祭の日、
 なんだか、一部、間違った自己満足のために、
 自粛というのもあるみたい?。
 自粛の自粛こそが、本当の意味で、復興支援であり
 神への例祭は、こんなときこそ、より盛大に
 行って、復興や復活を願い祈るべきであると
 いえるでしょう。
 あと、明治政府の愚策であった神仏分離をあらためて
 元に戻していくことも必要なのではないのかなと
 感じます。
 明治維新前の良き慣習は、捨てることはないと
 いえるでしょう。
 観音祭、浅草祭と呼ばれるようになって欲しいものです。

 そういえば、昭和7年に、5.15事件があった日でも
 あったりします。
 もし、今が、当時と同じような社会であったなら、
 同じような事件が起きてもおかしくないといえる
 状況なのかもしれません。
 政府の信用は残念ながら失墜していますし、
 首相の発言や行動は、多くの失望を生んでいますから。

 土地を守る神(エンティティ)に、
 平安と安寧を、祈り願い、災害を乗り越えて、
 この一年を、より充実したものにしていけたら良いなと
 おもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:42| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄本土復帰記念日・・・米軍基地問題は

 昭和47年5月15日に、沖縄が日本に返還され、
沖縄県がスタートしました。来年には40年になる
わけですが、沖縄の戦後は、まだ続いています。
占領軍である米軍が、いまだに存在し続けていて、
住民を苦しめているのですから。
基地問題は、沖縄県民の自主性を重視して、
その判断に従うべきだといえるでしょう。
昔は人が住んでいたこともあり、今は無人になった
島に移転してしまえば良いともいえる気がします。
攻撃目的の海兵隊には良い場所だと思うのですけど・・・。
 国連が制定した国際デーである
国際家族デーでもある日ですが、
家族問題に取り組むには、やはり家族が安心して
安全に暮らせる環境が大切です。
基地問題は、その環境問題であるということに
なるわけですから、国民の安心と安全を考えた対応を
政府には望みたいとおもいます。
もちろん、空想・想定のリスクではなく、
より身近なリスク・確実性の高いリスクを
優先していくべきだといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:31| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

東日本大震災関連のコンテンツ・・・

2011年3月11日 14時46分18秒 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」
観測史上最大規模の地震が発生し、直接被害以外にも、
首都圏は電車が停止するなどによって、混乱を生じました。
しかし、本当の被災は、そのあとに訪れたのでした。
観測史上最大の大津波、そして、原発事故。
関東大震災、世界大戦、大正と昭和の悲劇に続き、
平成の日本を襲った大災害は、
死者行方不明3万人におよぶものとなっています。
被災から2ヶ月が経過して、今なお捜索が続くなかで、
避難生活者が11万人をこえるなかで、
メディアが伝えるものにも、いろいろな形や内容があります。
情報があふれるなかで、
ひとりひとりが、情報を精査しながら、しっかりと
受け止めていくことが大切であるといえるでしょう。


















映像関連
http://www.youtube.com/watch?feature=player_profilepage&v=xXZMX_i_hmE
http://youtu.be/UCEtK3nW6iM
http://youtu.be/XRvBbP_s7o8
http://youtu.be/3xiT4baxDk4
http://youtu.be/uyOyLeGMisU
http://youtu.be/bdmvCydsjC4
http://youtu.be/MbNjUaVnokw
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:18| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

+ pray forJapan + 東日本大震災チャリティ同人誌の魅力

 東日本大震災のチャリティとして
販売されているものがあったりします。
コンテンツビジネスの世界でも、
クリエイターの皆さんが、チャリティのために
活動されています。
 そんな商品に出会うことがあったらぜひ、
多くの人に購入してもらいたいとおもいます。
チャリティの為、そして、コンテンツの魅力を
感じてもらうために。

 さて、先日、吉祥寺駅の書店で、
購入させて頂いたのが、日本のコンテンツの魅力を
支える漫画家のみなさんによる
チャリティ同人誌「+ pray for Japan +」でした。
この同人誌が、どんなものなのか、
ちょっと御紹介したいとおもいます。
ぜひ、見かけたら1冊購入してみて下さい。

東日本大震災チャリティ同人誌「pray for Japan」

 両面からめくる冊子は、
片方は、イラストレーションのページ、
片方は、短編作品のページ、
となっています。

 イラストレーションにカラーイラストを
届けているのは以下のみなさんです。

 藤村あゆみ、ネスミチサト、菊田みちよ、
 白沢まりも、遠山えま、花森ぴんく、
 桃雪琴梨、PEACH-PIT、あゆみゆい、
 愛本みずほ、大久保ヒロミ、末次由紀、
 よしだもろへ、天乃咲哉、中川翔子、
 のぶみ、西又葵、かゆらゆか、
 中邑天、綾峰欄人、瀬尾公治、
 月山可也、藤沢とおる、村上よしゆき、
 雷句誠、玉越博幸、中丸洋介、古河美希

そして、短編作品・メッセージを届けて下さっているのは、
以下のみなさんです。

レディ誌「Kiss」から
 二ノ宮知子【のだめカンタービレ ピンクのモーツァルト編】
 小野直美
 ひうらさとる【ホタルノヒカリ番外編 ずっと来たかった場所】
 海野つなみ【いえないきもち】
 六花チヨ【IS〜その後〜】

「コーラス」「花とゆめ」「別冊フレンド」「りぼん」から
 花津ハナヨ【「たたかえ!WACちゃん」取材日記】
 柚月純【学園王子のキャラが幼稚園児だったら】
 樋口橘
 種村有菜【神風怪盗ジャンヌ】

「なかよし」から
 フクシマハルカ【ヒャクシキ】
 えぬえけい
 安藤なつみ/小林深雪【キッチンのお姫さま】
 永遠幸【桜と少女とラブレター】
 こげどんぼ*【かみちゃまかりん】
 原明日美【最強生徒会ツバキヨ】
 水上航【少年と猫】
 山田デイジー【ドキドキ】

「ヤングガンガン」から
 蜷川ヤエコ【担当物語】

「ビーンズ文庫」「脚本家」
 結城光流【花送りのゆうべ】
 高橋ナツコ

「マガジン」から
 小林尽【歌舞伎町そのころ】
 渡辺静
 真島ヒロ【おおネコハッピー】

お気に入りの作家さんや、好きな作品の作家さんの
メッセージをぜひみて下さい。
そして、東日本大震災の被災者のみなさんに
支援のサポートを。

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 10:39| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

13日の金曜日−メイストーム・デー

 今日は、バレンタインデーから88日目ということで
別れ話を切り出すのには絶好の日だそうです。
ということで、メイストーム・デーといわれるようですね。
しかも、13日の金曜日です。
 精霊、エンティティの影響を受けて、
どんな行動をするのか、人それぞれといった感じでしょうか。
また、愛犬の日だそうです。
今、多くの動物愛護の皆さんは、東日本大震災の被災地での
動物たちのことに、心を痛めていらっしゃることでしょう。
原発事故の近隣では、殺戮が行われてもいます。
仕方がないという言葉では、何の救いもない、
もっとも大きな罪を、犯してしまっている人類の姿が
そこにはあります。
殺すなかれは、聖者が共通して示す教えなのですから。

 恐怖といえば、今は放射線の恐怖が、ネットを徘徊して
いますね。原発事故としては、チェルノブイリ以来の
放射線漏れですが、人類は過去に大気も海も、もっと多くの
放射性物質で汚染させていた時代がありました。
終戦後から、1960年代にいたるまでに行われた核実験です。
その多くは、島や海で実施されており、
広島や長崎と比べ物にならない量の核爆発があり、
核汚染が行われていたわけです。
当時の日本には、今の千倍以上もの放射性物質が降り注いでいました。
でも、当時の日本人は、そのことについて何の気にもせずに
生活していたわけです。
今回は、その当時と比べて、非常に過敏に反応しています。
過剰な部分もあるといってよいでしょう。
恐怖は恐怖を呼び、バッドスピリッツを呼び寄せます。
理性ある行動と、理性ある判断が求められていると
いえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:14| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

ナイチンゲールと看護の日

 5月12日は、1820年に、赤十字の母と呼ばれている
フローレンス・ナイチンゲール女史が、
イタリアのフィレンツェで生まれた日ということで、「
ナイチンゲール・デーだそうです。
そして、看護する心、ケアの心についての啓蒙のため、
国債看護士協会や、日本看護協会などにより
看護の日とされているそうです。
この日を含めて、看護週間ということです。
 東日本大震災にあたり、
医療の問題が、大きく表面化してきています。
医師不足、看護士不足、地域医療の崩壊の実態が、
震災による被災者看護や対応のなかで、
より明確に浮き彫りにされています。
 救急医療の問題だけでなく、
老齢社会における医療のあり方、
地域医療のあり方が、問われています。
 高度医療と予防医療、総合医療と専門医療、
どのような医療体制やシステムが、
市民や国民を守るために効率的であり、
必要であるのか、医療の目的の原点に戻って
考えていくべき時代にあるといえるでしょう。
 ゆりかごから墓場まで、
予防を含めた、統合医療ことが求められていると
いえるでしょう。
 自殺者の削減も、心の医療のあり方が
問われているともいえるわけです。
 ホリスティックに、人の健康を考えていく
そして、安心で安全な生活をおくっていける環境を
官民一体となって、つくっていくべきときであると
いうことです。
 東日本大震災の復興にあたっては、
そんなホリスティックな視点からの検討も
重要であるといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:47| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

第19回キンダー・フィルム・フェスティバル作品募集

 こどもたちの世界映画祭、19年目を迎える
映画祭が、今年も夏に開催されるということです。
その映画祭でのコンペティション部門の上映作品が
今週末くらいまで募集中とのことです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
名称:第19回キンダー・フィルム・フェスティバル
http://www.kinder.co.jp/index.html
日時:8月12日(金)〜13日(土) 日比谷公会堂
   8月18日(木)〜21日(日) 調布市文化会館たづくり
募集形態:DVDでのご送付をお願い致します
募集作品:こども向け(幼児〜小学3年生対象)の
     長編・アニメ・短編
  ※長編は80分以内が好ましい
  ※短編は3分〜30分以内が好ましい
  ※教育色が強い作品より、良質で大人が子供に見せたい、もしくは
   一緒に見たいと思えるような作品を広く募集しております。
  ※お送りした素材は返却できませんので、あらかじめご了承ください。
応募締切:5月15日(日)必着
詳細な募集内容および参加申込み方法等については、下記URLをご参照ください。
http://www.kinder.co.jp/audition/films.html
■お問い合わせ■
一般社団法人キンダー・フィルム 担当:藤木
Tel: 03-5355-1225
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

映画祭実行委員長には、女優であり、ベテラン声優でもある
戸田恵子さんとのことです。
1992年にスタートしたということで、
エスパルスサポータとしては、何となく親近感を覚えてしまいます。

目の前で日本語に吹替える"ライブ・シネマ"といった上映スタイルを
ふくめて、いろんな面白い体験型プログラムを行なう
こどもたちの世界映画祭ということです。
東日本大震災のあと、子どもたちの心を元気にしてくれる
イベントになってくれると良いなとおもいます。

ちなみに、コンペ部門にて、グランプリを獲得すると
東京国際映画祭に正式招待・上映されるとということです。

http://www.kinder.co.jp/index.html

こどもたちに笑顔や、勇気や、夢を届けてくれる作品が
沢山上映されることを願っています。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:44| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東日本大震災・・・M9から2ヶ月・・・

3.11から、2ヶ月。
国内観測史上最大マグニチュード9.0の大地震、
それにともない発生した過去例をみない大津波、
その天災の上で更に人災が重なって発生した福島第1原発事故、
いまだに、安定化しない原発事故、
身元確認できていない遺体、まだ放置されたままの瓦礫、
水没したままの土地、ライフラインが復旧していない地域もあり、
復興への道のりは、まだまだ遠いという感じであったりします。
梅雨の季節、そして、夏へ向かって、
行方不明者の捜索は、まだまだ続くし、
瓦礫の撤去、非難生活者の生活安定、課題は山積みです。
仮設住宅については、大胆に建設することを断行することも
必要でしょう。
その一方で、地域のコミュニティを維持した形での
集団疎開を実施できるように、
被災地域や盛んでない観光地などの旅館とか
ホテル、公共住宅や社宅などを、柔軟に活用していくことが
求められます。仮設住宅を建てるための費用を、民間施設の転用の
費用に廻すことで、早く安定した生活に入ることが出来るように
することが可能であるのですから、
行政は、杓子定規な運用に拘ることなく、避難住民を中心に考えて
柔軟で横断的な対応を実施するように頭を切り替えることが
必要となっていることを、首長はもとより、公務員全員が
意識することが必要とされています。
もちろん、国は当然のことであり、行政が硬直化して動かないなら
動けるように法改正や省令を出して迅速な対応をすべきでしょう。
放射線についての問題に関しては、子どもや女性を中心に考慮し、
より安全サイドで対応を行なうべきであり、
放射性物質の除去にあたっては、汚染土壌は低濃度汚染物質として
扱うべきであり、その場の地下に埋め戻すなどという不正投棄を
国が指示するような愚行は早急にあらためて、
きちんと処分方法を考えて対応するようにしてもらいたいものです。
長期汚染地域となる原発近郊に、暫定処分場を設置するしか
現状ではないことは明白なのですから、責任をもって、
しっかりと、迅速に、決断して欲しいとおもいます。

東日本大震災 死者・行方不明者数(5/10警察庁まとめ)

死者: 1万4949人.
(宮城8941人、岩手4400人、福島1544人、茨城23人、千葉19人、他全
12都道県)

行方不明者: 9880人.
(宮城5969人、岩手3275人、福島632人、他)

避難生活者:約11万7000人
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:33| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

愛鳥の日〜愛鳥週間

 昭和25年より、野鳥を愛護することへの啓蒙などを
目的に環境庁が制定した週間、その初日が愛鳥の日。
最近は、鳥たちも、インフルエンザに悩まされているようです。
人が鳥を殺さないようになっていけば、
自然の摂理のなかで、鳥は幸せに与えられた命をまっとうする
ことができるでしょう。
 肉食をやめること、それがより高い次元における
愛鳥の活動であるということです。
本当に魂から、愛鳥を語るのであれば、
ぜひともベジタリアンになるべきでしょう。
 鳥を愛して、鳥肉を食べる。その矛盾に何かを
感じるのであれば、ぜひ殺した死肉を食べるのを
やめてみては如何でしょうか。
きっと、あたらな世界がみえてくることでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:13| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

アイスクリームの日〜やはりベジタリアンなあいすくりんが素敵です。

 明治2年5月9日に、日本ではじめて、
アイスクリーム、あいすくりん、が販売されたと
いうことで、アイスクリームの日だそうです。
やはり、ミルクのみでつくられたベジなアイスが
最高でしょう。
卵とかノンベジのものが入ってしまったら台無しです。
死骸アイスクリームはちょっとね・・・・。
ラクトペジタリアンにとっての魅力あるお菓子、
アイスクリームが、もっと多くなって欲しいなとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:50| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

厳寒の三友・・・松の日

 松竹梅といわれるもの
日本では慶事のシンボルとして親しまれている
ものです。
寒さに強い木ということで、厳寒の三友といわれる
樹木ということです。
その中の、松について、
平成元年に、日本の松の緑を守る会の皆さんが
松の日としたのが、5月8日だそうです。
全国大会の開催記念日を、そう呼ぶことにしたそうです。

 故郷静岡には、千本松原とか、三保の松原といった
松にまつわる名勝があります。
三保の松原から、駿河湾の先にみえる富士山は
とてもきれいであったりします。
そして、三保の松原には、伝説の羽衣の松があります。
天女が舞い降りて、その羽衣を掛けておいたという
天女伝説に纏わる松の木です。
今は二代目になっているようですが、
SF&恋愛ストーリーの古典のひとつと
いえる伝説です。
 そんな伝説に纏わる品物もあったりするようです。
伝説のもつ魅力、風景と共に味わって欲しいと
おもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 10:55| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皐月の第二日曜日は母の日

 母の日は、日本ではもともと、地久節に
おこなわれていたものだそうです。
昭和24年頃から、アメリカにならって、
カーネーションをおくるようになり、
この日に行われるようになったとか。
カーネーションは母性愛のシンボルとされて
いるそうです。
 アメリカの逸話で行われる行事であっても
母親を大事にして感謝することは大切なことなので
良いことだと思いますが、
ぜひ、日本では、日本で行われていた日、
地久節を、母の日として祝うことを、
また行うようにしていっても良いのではないでしょうか。
日本の文化と慣習を大事にすることが
日本人を強くしていくことのひとつであると
おもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:36| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

博士の日

 明治20年学位令制定、
 明治21年初の博士号が25人に授与、
 5月7日のこと。
 さて、博士号と教員免許は、
 取っておけるのであれば、
 とっておくほうが良いなと
 思います。
 とっていなかったこと、
 とれなかったことを惜しく思っています。
 昔は、旧帝大にしか博士課程がなく
 狭き門でしたが、
 今は、どの大学にも博士課程がありますからね。
 羨ましい限りです。
 勤務先では博士号とれるような
 システムも制度もなかったので、
 結局、修士止まりですから・・・・。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:05| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

立夏に・・・

 季節は、野山に夏の気配が立つころ、
二十四節気のひとつ、立夏となりました。
昼が一番長くなる日です。
これから昼は短くなるものの、
気温は、高くなっていく一方であったりします。
今年の梅雨は、ダム上流にはしっかりと降雨があり
ダムの水位をたもってもらわなければ困ります。
そして、出きれば夏はそれほど暑くなく
過ぎていってくれると、
電気の問題もクリアできて、良いのですが、
さて、地球は、どんな季節を日本に与える
でしょうか。
 省エネという人の努力が求められている今、
環境に優しく、かつ、便利さを向上させて
より快適で、より自然と協調した生活が
おくれるような社会に向けて、
科学や技術の進歩と同時に、
インフラなどへの投資や、消費のあり方
生活スタイル、生活意識の改善をなしていく
ことが必要であるといえるでしょう。
地産地消への移行は、その為にも重要なテーマで
あるといえるでしょう。
食料だけでなく、エネルギーについても
地産地消へ向けて、システムやプロセスを
構築していくことが重要であるといえます。
行政も民間も互いに協力しあって、
市民ひとりひとりが、地域のあり方を
見直していくことが必要だということでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:32| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

端午の節句〜こどもとおもちゃわかめとくすり・・・

 5月5日、五節句のひとつ、初午、端午の日、
菖蒲や蓬をつかって、お祝いをする習わしが昔からあり
こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、
母に感謝する日として国民の祝日とされた日です。
五節句すべてを国民の祝日にしてしまうべきだと
思いますので、政府にも考えて欲しいなと感じます。
こどもの日にちなんで、おもちゃの日、くすりの日、
わかめの日であったりするようです。
子供の権利宣言である児童憲章が昭和26年に制定された日でも
あるようですね。
 今回の東日本大震災では、
多くの子どもたちも被災し、両親を失い孤児となった
子どもたちも大勢います。
また、原発事故で、放射線に曝されてしまった
子どもたちもいます。
そんな被災した子どもたちの為に何ができるのか
大人たちがしっかりと考えていかなければダメでしょう。
政府の動きは、どうも遅いし子ども本意、現場主義に
なっていないようで残念です。
しかし、そんな政府を構成する議員を選んだのは
国民であり、大人たちであるわけです。
投票という権利と義務を、しっかりと考えて
自分のためではなく、子どもたちや日本の未来のために
行使することができる大人が、増えていかなければ
だめであるということでしょう。
こどもの日に、ぜひ、こどもたちのこと
そして未来のことを考えてみて、いろいろと
見直していく、きっかけになっていけば良いなと
感じます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 15:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

みどりの木漏れ日にラムネのビー玉キラキラと

 みどりの日、昭和の日の誕生にともない
2007年に、5月4日になったこの日は、
日本の自然のみどりに関する日、
環境について、自然について、
感じてみたり、考えてみたり、
ファミリーの日でもあるこの日、
ラムネの日でもあるこの日に、
自然のなかで、家族で、ラムネでも飲みながら
語り合ってみるというのもよいかも
しれません。





「根っこ力」が社会を変える-志と共に市民の時代を生きる-
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

憲法記念日〜世界報道自由の日〜


「主権在民」「戦争放棄」「基本的人権の尊重」
日本国憲法が施行されたのは、昭和22年5月3日、
占領下の国会で、占領軍のもとで制定されたもので
あることから、日本の憲法としての是非が
いまも、多くの人の間で議論されています。
改憲、護憲、いろいろと思いをもって
語られていますが、やはり、一度、改憲案を
国民投票にかけて、決着を付けた方が
よいのかもしれません。
平和憲法として、より洗練されたものとして
日本の国民の総意のもとで認められたものに
することが、日本にとっても良いのでは
ないのかなという気もします。

さて、5月3日は、国連の定めた国際デー
世界報道自由デーということです。
報道の自由、報道の独立性、報道の多元性が
民主主義には不可欠であるということで
定められたものであるということですが
過剰に装飾さて、事実をねじ曲げられた報道が
多くの悲劇や、被災を生みだしてしまうことも
あるということが、
今回の東日本大震災においても生じています。
報道の自由の重要性には、
報道の義務と責任があるべきだということも
もっと明確にしていくことが
必要であるように感じます。
誤報と誤報によって生じた事象に対して
あまりにも無責任過ぎる状況は、
見直されるべきではないでしょうか。

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

八十八夜に、新茶の香りを

 今年も、卯月を過ぎ、立春から88日を
経過してしまいました。
八十八夜に摘んだ新茶は特別で、長生きすると
いわれているそうです。
 仙薬ともいわれることのある御茶は、
今や日本のもっともスタンダードな飲み物であると
いえるでしょう。
 我が故郷、静岡の名産でもある御茶を、
ゆっくりと味わって、憩いの時を過ごしたいものだと
おもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:05| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする