2011年05月06日

立夏に・・・

 季節は、野山に夏の気配が立つころ、
二十四節気のひとつ、立夏となりました。
昼が一番長くなる日です。
これから昼は短くなるものの、
気温は、高くなっていく一方であったりします。
今年の梅雨は、ダム上流にはしっかりと降雨があり
ダムの水位をたもってもらわなければ困ります。
そして、出きれば夏はそれほど暑くなく
過ぎていってくれると、
電気の問題もクリアできて、良いのですが、
さて、地球は、どんな季節を日本に与える
でしょうか。
 省エネという人の努力が求められている今、
環境に優しく、かつ、便利さを向上させて
より快適で、より自然と協調した生活が
おくれるような社会に向けて、
科学や技術の進歩と同時に、
インフラなどへの投資や、消費のあり方
生活スタイル、生活意識の改善をなしていく
ことが必要であるといえるでしょう。
地産地消への移行は、その為にも重要なテーマで
あるといえるでしょう。
食料だけでなく、エネルギーについても
地産地消へ向けて、システムやプロセスを
構築していくことが重要であるといえます。
行政も民間も互いに協力しあって、
市民ひとりひとりが、地域のあり方を
見直していくことが必要だということでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:32| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする