2011年05月15日

葵祭・三社祭・神田祭・・・・5.15事件から79年

 京都では、上賀茂神社と下鴨神社の例祭の日、
 東京では、浅草神社と神田明神の例祭の日、
 なんだか、一部、間違った自己満足のために、
 自粛というのもあるみたい?。
 自粛の自粛こそが、本当の意味で、復興支援であり
 神への例祭は、こんなときこそ、より盛大に
 行って、復興や復活を願い祈るべきであると
 いえるでしょう。
 あと、明治政府の愚策であった神仏分離をあらためて
 元に戻していくことも必要なのではないのかなと
 感じます。
 明治維新前の良き慣習は、捨てることはないと
 いえるでしょう。
 観音祭、浅草祭と呼ばれるようになって欲しいものです。

 そういえば、昭和7年に、5.15事件があった日でも
 あったりします。
 もし、今が、当時と同じような社会であったなら、
 同じような事件が起きてもおかしくないといえる
 状況なのかもしれません。
 政府の信用は残念ながら失墜していますし、
 首相の発言や行動は、多くの失望を生んでいますから。

 土地を守る神(エンティティ)に、
 平安と安寧を、祈り願い、災害を乗り越えて、
 この一年を、より充実したものにしていけたら良いなと
 おもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:42| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄本土復帰記念日・・・米軍基地問題は

 昭和47年5月15日に、沖縄が日本に返還され、
沖縄県がスタートしました。来年には40年になる
わけですが、沖縄の戦後は、まだ続いています。
占領軍である米軍が、いまだに存在し続けていて、
住民を苦しめているのですから。
基地問題は、沖縄県民の自主性を重視して、
その判断に従うべきだといえるでしょう。
昔は人が住んでいたこともあり、今は無人になった
島に移転してしまえば良いともいえる気がします。
攻撃目的の海兵隊には良い場所だと思うのですけど・・・。
 国連が制定した国際デーである
国際家族デーでもある日ですが、
家族問題に取り組むには、やはり家族が安心して
安全に暮らせる環境が大切です。
基地問題は、その環境問題であるということに
なるわけですから、国民の安心と安全を考えた対応を
政府には望みたいとおもいます。
もちろん、空想・想定のリスクではなく、
より身近なリスク・確実性の高いリスクを
優先していくべきだといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:31| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする