2011年05月17日

世界遺産・日光東照宮・春季例大祭・世界電気通信記念日

 世界遺産の日光東照宮の春の祭礼の日だそうです。
流鏑馬神事がおこなわれ、明日は、百物揃千人武者行列が
おこなわれるとか、日光も、東日本大震災の風評被害で、
観光客が減少して、経済的に厳しいようです。
ぜひ、祭礼でもって、運気を取り戻して欲しいとおもいます。
 また、5月17日は、万国電信連合が発足した日ということで
世界電気通信記念日ということです。
通信技術の進歩は、まさに情報の伝達速度をあげ、
地球における情報距離を短くしてしまいました。
今や、世界の裏側で起こったことも瞬時に伝わってくる
そんな時代になっているわけです。
それゆえに、情報を制御し、情報を握ることが、
いろんな面で重要なことにもなってきています。
風評被害なども、まさに情報のなせるわざであったりします。
しかも、拡散速度が早いために、被害の拡大も
早かったりするだけにやっかいです。
 情報戦争ともいわれる時代のなかで、
人々には、より高いレベルの情報リテラシィが要求される
ようになってきているといえるでしょう。
教育の場でも、そのあたりの学びを、どのように充実させて
いくのかが問われているといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:51| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする