2011年06月12日

恋人の日・・・・・

 ブラジルのサンパウロ地方の習慣で、6月12日に、
恋人達が自分の写真を写真立てに入れて贈り合うと
いう日があるということで、
日本経済界の得意技で、その習慣を拝借して
恋人の日として、日本に持ち込んだということです。
額縁のPRが、輸入目的であったようですね。
(独り身の私にはいまだ縁がない日ですけど・・・)
バレンタインをはじめ、海外のいろんな慣習を
取り入れてお祭り騒ぎにしていくのは、
お祭り好きな日本民族の特性であるといえるのかなと
感じます。
だからこそ、日本で長く続く、伝統的なものを
もっと大切にしていきたいし、より盛り上げて
いって欲しいと思います。

 1978年の宮城県沖地震にちなみ、
宮城県民防災の日だそうです。
今、東日本大震災の復興のなかで、
過去の防災意識を、大きく見直すべきときでも
あったりします。
予断をせずに、避難できるマインドを
どのように絶えることなく維持していくことが
できるのか、物質的な復興だけでなく、
精神的な復興に関しても、多くの課題があり、
被災地以外においても、考えていくべきことで
あるといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 10:15| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする